FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本人の生命観―神、恋、倫理

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年02月19日 22時11分]
こういう人を博覧強記と言うんでしょうね。知らないことが多い本なので読んでいて疲れました。
日本人の生命観―神、恋、倫理 (中公新書)日本人の生命観―神、恋、倫理 (中公新書)
(2008/12)
鈴木 貞美

商品詳細を見る

第1章 民族の遠い記憶―風土記、記紀、万葉
第2章 浄土と恋と土地―中古から中世へ
第3章 いのちの自由と平等―近世の多様な生命観
第4章 天賦人権論と進化論受容―生命観の近代化
第5章 宇宙大生命―大正生命主義とその展開
第6章 いのちの尊厳とは?―戦後の生命観
[要旨]
「神からの授かりもの」「輪廻転生」「物質の集まり」―生命の見方は多様だ。日本人は生命をどのように捉えてきたのか。本書は、宗教、哲学、文学、自然科学と多彩な分野からこの疑問にアプローチする。神々が身近だった記紀万葉の昔から、生命科学が著しい発展を遂げた現代まで、生命観の形成と変遷をそれぞれの時代相とともに描きだす。日本に脈々と流れる「生命本位の思想」の可能性と危険性も浮かび上がってくる。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1270-094a4dc9
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin