FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

商売繁盛・老舗のしきたり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年02月17日 22時01分]
商売をされている人には金言なんでしょうね。
勤め人の場合は直接役に立つというより、(背景を含めて読めば)参考になることがあるような気がする本です。
商売繁盛・老舗のしきたり (PHP新書 525) (PHP新書)商売繁盛・老舗のしきたり (PHP新書 525) (PHP新書)
(2008/05/16)
泉 秀樹

商品詳細を見る

第1章 チャンスを生み出す力を磨く(総べて一個の事業の成功するか失敗するかの根本原因は、一にも人物、二にも人物―「安田財閥」の祖・安田善次郎 人より内輪に利得をとりてよく得意とるべし―豊島屋本店・豊島屋千右衛門 ほか)
第2章 経営のバランス感覚を磨く(雛を養い大鶴となし、種子を高松となす―江戸の木綿問屋・長谷川次郎兵衛 祖志を継承するべく相勤める―「西川産業」七代・西川利助 ほか)
第3章 己の心を磨く(商事は不及言候へ共万事情に可被入候―住友家初代・住友政友 苟も浮利に趨り、軽進すべからざること―住友家初代総理事・広瀬宰平 ほか)
第4章 すぐに役立てたい不朽の教え(義を先にし、利を後にする者は栄える―「大丸」創業者・下村彦右衛門 人々我を慎み、正直に相勤め、偽なる儀申すまじく候―「白木屋」創業者・大村彦太郎 ほか)
[要旨]
二、三十年で消えてしまう企業が当たり前なのに、三百年も続く“奇跡”の会社が日本にはある。そんな老舗の創業者や中興の祖と称えられる人たちは、社員に何を伝え、何を守ってきたのか。「義を先にし、利を後にする者は栄える」「家業を大きく伸ばすこと、傘のごとくに心得るがよい」「走る者はつまずきやすく、つま立つ者は倒れやすい」「人に愛敬ありて心高ぶらず」―。後継者の育成、顧客満足度の向上、チャンスを生み出す力、自分を磨く術。問題の答えはすべてここにある。いますぐ役立てたい21の大切な教え。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1268-8f7cddf2
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin