FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

実は悲惨な公務員

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2008年07月11日 23時02分]
今の親は子供に公務員を目指させますが、その一方、公務員バッシングをします。バッシングしても、公務員は安泰なんでしょうかね。そうは思えません。
うちの自治体のように、赤字再生団体予備軍(実は赤字債権団体準備中)のところは、もうすぐ職員がいなくなるかもしれません。(私みたいなボケた職員はリストラでしょうし、優秀な職員は自主退職するという風に違いはあるのでしょうけど)
公務員以外の方が思っているより、「いい仕事」ではないと思います。
実は悲惨な公務員 (光文社新書 340)実は悲惨な公務員 (光文社新書 340)
(2008/03)
山本 直治

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
就職人気No.1の「お気楽天国」。その虚像と実像。あなたは、それでも公務員をめざしますか。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1033-4e90b379
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin