FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2019年11月30日 20時48分]
書名の通りの本では無い(ちょっと違うのでは?)と思いましたが、なかなか馬鹿に出来ない本でした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人の植物常識はすごい!戦国の世から江戸時代における植物と武士の知られざる関係を描く、これまでにない驚きの日本史!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 徳川家康はなぜ江戸を都に選んだのかー家康が築いた植物都市(家康が江戸を選んだ理由/湿地帯を開発すれば広大な農地が確保できる/江戸の地名と植物の深い関係 ほか)/第2章 完全リサイクルの循環型社会ができるまでー大名が投資したイネという植物(織田信長の兵農分離革命/田んぼが作った単位/武将は面積の単位も田んぼを基準にした ほか)/第3章 お城にはなぜ松が植えられているのかー植物を戦いに利用した戦国武将(松の木は軍事用の植物/黒田長政が非常食のワラビを隠した方法/加藤清正が築城した熊本城は食べられる城だった ほか)/第4章 三河武士の強さは味噌にありー地域の食を支える植物(徳川家康家臣団、強さの秘密/家康が愛した八丁味噌の由来/戦国日本を席巻した赤味噌武将たち ほか)/第5章 織田信長はトウモロコシが好きー戦国武将を魅了した南蛮渡来の植物(信長が好んだ赤こんにゃく/信長が愛した意外な花/玉蜀黍の漢字の意味 ほか)/第6章 門外不出だったワサビ栽培ー家康に愛され名物となった植物(家康と信玄の抗争から生まれた門松/薬草マニアだった家康/家康が駿府の鬼門封じに植えた果物 ほか)/第7章 花は桜木、人は武士ー武士が愛した植物、サクラの真実(日本人はなぜサクラに惹かれるのか/お花見の始まり/サクラよりもウメが愛されていた ほか)/第8章 ヨーロッパ人を驚かせた園芸大国ー植物を愛する園芸家となった武士たち(武士が築いた園芸国家/戦国武将が愛したチャ/茶器の高騰を利用した織田信長 あほか)/第9章 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのかー武将が愛した植物の家紋(三つ葉葵のモチーフになった地味な植物/フタバアオイは不思議だ/葵の紋はもともと京都賀茂神社の神紋 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

女性のいない民主主義

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年11月29日 21時12分]
未だに女性の政治参加は難しいですよね。
特に地方では難易度は非常に高そうです。

【内容情報】(出版社より)
日本では男性に政治権力が集中している。何が女性を政治から締め出してきたのか。そもそも女性が極端に少ない日本の政治は、民主主義と呼べるのか。客観性や中立性をうたってきた政治学は、実は男性にとって重要な問題を扱う「男性の政治学」に過ぎなかったのではないか。気鋭の政治学者が、男性支配からの脱却を模索する。
はじめに


第1章 「政治」とは何か
 1 話し合いとしての政治
 2 政治における権力
 3 マンスプレイニングの罠
 4 政治の争点
 5 多数決と争点


第2章 「民主主義」の定義を考え直す
 1 女性のいない民主主義
 2 代表とは何か
 3 民主化の歴史を振り返る
 4 民主化の理論と女性


第3章 「政策」は誰のためのものか
 1 男性のための福祉国家
 2 政策は誰の利益を反映するのか
 3 福祉国家が変わりにくいのはなぜか
 4 政策の変化はどのようにして生じるか


第4章 誰が,どのように「政治家」になるのか
 1 日本政治の二つの見方
 2 有権者は誰に票を投じるか
 3 政党と政治家の行動原理
 4 選挙制度の影響


おわりに
あとがき

主な参考文献・データベース

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本では男性に政治権力が集中している。何が女性を政治から締め出してきたのか。そもそも女性が極端に少ない日本の政治は、民主主義と呼べるのか。客観性や中立性をうたってきた政治学は、実は男性にとって重要な問題を扱う「男性の政治学」に過ぎなかったのではないか。気鋭の政治学者が、男性支配からの脱却を模索する。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

さよなら、カルト村。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月28日 20時45分]
こういう環境ありなのかもしれませんが、こういう出会いがあるとは思えません。
【内容情報】(出版社より)
「お金の心配しないで、言われたことだけやってれば良いんだもん。楽だし私はずっと村にいるよ」

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、過酷な労働や理不尽な掟に縛られた村の暮らしを受け入れて育ってきた著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村で過ごした13歳から19歳までの青春期を描き、当時のマスコミを騒がせた村の実態に迫る、衝撃の実録コミックエッセイ。

朝日新聞、毎日新聞、新潮45、TVブロス、アンアンなど、数多くの書評欄で取り上げられ、「その後の話が読みたい!」の声が殺到した話題作『カルト村で生まれました。』の続編。前作よりすごい、驚愕のエピソードが満載!

思春期をむかえた村の子の毎日(音楽、男女交際、一般の本を読むことは禁止。男子の部屋も女子が掃除!)。

「個別ミーティング」や内容を大人にチェックされる「日記」など、思想をコントロールする村独自の新たなシステムがスタート。

結婚相手は年の離れたおじさん!? 村の「調整結婚」とは?

高校へは行けず、朝6時から畑仕事や鶏の解体など厳しい労働の毎日。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

カルト村で生まれました。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月27日 20時39分]
私の同級生のうちの一人もこういう所に行ったと聞いたことがあります。
今どうしているかを思うと共に、共有って上手くいかないような気がするのは、資本主義?に毒されているのかなと思わないでもありません。

【内容情報】(出版社より)
「平成の話とは思えない!」「こんな村があるなんて!」と、WEB連載時から大反響!!
衝撃的な初投稿作品が単行本に!

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、19歳のときに自分の意志で村を出た著者が、両親と離され、労働、空腹、体罰が当たり前の暮らしを送っていた少女時代を回想して描いた「実録コミックエッセイ」。

〈カルト村ってどんなとこ?〉
●大人と子供の生活空間が別々 ●朝5時半起床で労働 ●布団は2人で1組
●食事は昼と夜のみ ●卵ミルクを飲ませられる ●お小遣いはもらえない
●すべてのモノが共有で、服もお下がり ●男子は丸刈り、女子はショートカット
●ビンタ、正座、食事抜きなど体罰は当たり前 ●手紙は検閲される
●テレビは「日本昔ばなし」のみ ●漫画は禁止、ペットも飼えない
●自然はいっぱい。探険など外遊びは楽しい♪

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
WEB連載時から大反響!!「所有のない社会」を目指すカルト村で生まれ、両親と離され、労働、空腹、体罰が当たり前の暮らしを送っていた少女時代を描く「実録コミックエッセイ」

【目次】(「BOOK」データベースより)
村の問題児/村の子の生活/村の子の四季/村の子旅に出る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

11月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2019年11月26日 21時25分]
昨年に比べると見劣りしますが、29/33と考えれば、なかなかの数字です。
天気がもろに関係しますね。
我が家も来年は買い取り制度から卒業です。
光熱費201911

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ひさいめし 熊本より3年 備えあれば憂いなし、ときどき猫。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年11月25日 21時31分]
被災した身につまされる内容です。
練習が必要ですね。

くまモンプロデューサー小山薫堂さん推薦! 熊本地震から3年ーー。 多くの人に伝えたいことがある。 2016年4月、熊本地震で被災したウオズミアミが描く、今だからこそ語れる被災時の想い。そして、たくさんの人に災害に備えて知って欲しい「ごはんの炊き方」「重いものの運び方」 「備蓄品のおすすめ」 など備えあれば憂いなしな、実用的単行本。 著者の「三日月とネコ」(発行:エコーズ、発売:徳間書店)が、第1回anan猫マンガ大賞の大賞作品に輝くなど、注目の作家。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人生大逆転のヒントは「お札の中の人」に訊け

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月24日 22時14分]
お札の中の人は、お金のことを聞く相手にはなり得ないような人ばかりですね。

【内容情報】(出版社より)
野口英世、樋口一葉、福沢諭吉。
みんな、最初はダメ人間だった…

野口英世・・・留学資金を一夜の宴会で使い果たした放蕩男
樋口一葉・・・親の借金、失恋、病気……人生どん底(涙)
福沢諭吉・・・商売が苦手で、周囲から「金の亡者」と罵倒される

お札の肖像になった偉人が、自分たちの人生を講演形式でユーモアたっぷりに語ります。
明日を生きる勇気が湧いてくる、 新感覚・自己啓発エンターテインメント!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
野口英世、樋口一葉、福沢諭吉。みんな、最初はダメ人間だった…生きる勇気が湧いてくる、自己啓発エンターテインメント。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1幕 野口英世篇(プロローグ 僕の働き方改革/人生大逆転講演会第1幕 大逆転のためには、とにかく人に食らいつけ!-講師:千円札の偉人・野口英世先生/エピローグ 僕の滝登り計画)/第2幕 樋口一葉篇(プロローグ わたしの舐めた仕事観/人生大逆転講演会第2幕 貧乏を創作意欲にして逆転サヨナラだ!-講師:5千円札の偉人・樋口一葉先生/エピローグ わたしの生き方改革)/第3幕 福沢諭吉篇(プロローグ 俺たちのあきらめモード/人生大逆転講演会第3幕 人と逆張りして、逆転につなげよ!-講師:万札の偉人・福沢諭吉先生/エピローグ 俺たちの独立モード)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

土地はだれのものか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月23日 22時02分]
うちの連合いも近い将来負動産を相続しそうです。
相続放棄しても、維持管理の義務は逃れられないそうです。
そこで、負動産の合法的な捨て方を考えました。
株式会社を作って、そこに土地を寄付して、会社を倒産させればいいはずです。
設立時にお金が要りますし、寄付しても譲渡税はかかるみたいですが、負動産の処理費用より少なくて済むと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
荒廃マンション、見捨てられた土地が都市を蝕む。今、手を打たなければ間に合わない!土地は、本当に「自分」だけのものなのか?“負”動産問題の根源に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 世界最速で深刻化する日本のマンション老朽化問題ー644万戸のストックの行方/第2章 土地が見捨てられる?-「所有者不明土地問題」に見る土地制度の課題/第3章 狭隘道路や私道紛争が無くならないわけー元凶の「土地所有権」にメスを/第4章 今日的課題の底流(1)-人口動態&都市の構造変化が問題を加速させる/第5章 今日的課題の底流(2)-法曹界内部から見た、日本の法制度の歪みと限界/第6章 縮減時代の土地所有と都市計画はどうあるべきかー都市計画の歴史から紐解く/第7章 近代的土地所有権をつくり上げた明治時代ーその功績と実態/第8章 異次元社会・江戸時代に見るユニークな土地所有ー持ち主は多元、持ち方は重層/第9章 ドイツはどうやって秩序ある都市をつくったのかーその都市計画と建築・開発活動/第10章 アメリカの縮減3都市の苦悩と戦略ーデトロイト、ヤングスタウン、フリントの取り組み/対談 農地再考ー農地の所有権問題は、「集落」の存在抜きには語れない
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

短篇小説講義

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年11月22日 21時33分]
短編小説の難易度は長編より高いもしれませんが、短編の方が大変そうですね。

【内容情報】(出版社より)
「短篇小説を書こうとする者は、自分の中に浸みこんでいる古臭い、常識的な作法をむしろ意識して捨てなければならない」。その言葉どおりに数かずの話題作を生み出してきた作家が、ディケンズら先駆者の名作を読み解き、黎明期の短篇に宿る形式と技法の極意を探る。自身の小説で試みた実験的手法も新たに解説する増補版。
1 短篇小説の現況
2 ディケンズ「ジョージ・シルヴァーマンの釈明」
3 ホフマン「隅の窓」
4 アンブロウズ・ビアス「アウル・クリーク橋の一事件」
5 マーク・トウェイン「頭突き羊の物語」
6 ゴーリキー「二十六人の男と一人の少女」
7 トオマス・マン「幻滅」
8 サマセット・モームの短篇小説観
9 新たな短篇小説に向けて
10 ローソン「爆弾犬」
11 筒井康隆「繁栄の昭和」

あとがき
増補版 あとがき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「短篇小説を書こうとする者は、自分の中に浸みこんでいる古臭い、常識的な作法をむしろ意識的に捨てなければならない」。その言葉どおりに数かずの話題作を生み出してきた作家が、ディケンズら先駆者の名作を読み解き、黎明期の短篇に宿る形式と技法の極意を探る。自身の小説で試みた実験的手法も新たに解説する増補版。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

それでも「老人力」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月21日 21時28分]
モウロックって何か聞いたような気がします。
認知機能がそう衰えない状況の「もうろく」はありですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これからは、「自分を解放」しよう!「老人力」の源泉は、「老いぼれ」と「もうろく」にあり!と元気よく達観して、笑いながら自画自賛するのである。「新しい自由の境地」であり、誇るべき年代、ここからが、“はじまり”なのだーちょっぴりの「知性」と「ユーモア」を!ベストセラー『「考える力」をつける本』の著者が語る、人生後半を楽しむ「極意」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「老人にガッカリなし」-敗北の一つや二つ、なんでもない!(「老人」はイコール「力」である/自分が老人であることを誇らなければならない ほか)/第2章 もっと「遊ぶ人」になれ!-知的「不良老人」のすすめ(理想の人生を「巧みに生きる」法/不良になれなかったら、生きる資格がない!? ほか)/第3章 だから、「ゆとりの時間」があるーただの「もうろく」ではなく、「酔いどれもうろく」(これからは、こんな「ゆとり」も面白い/「乾燥イモ」って知ってる? ほか)/第4章 転んでもタダでは起きない!?-「ウフフ、さすがカッコいい」(そこで「老人力」がモノをいう/ピンチも“チャンス”に変える秘訣 ほか)/第5章 「成熟した老人」になろうー「美しく年を重ねる」ヒント(「反省力」も「老人力」のうち!?/成熟する人、未熟なままで終わる人 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin