FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

厳しい時代を生き抜くための逆張り的投資術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年01月31日 21時38分]
逆張りができればいいんでしょうが、なかなか思い切れませんよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
起業して22年、不動産業界で生き残ってきた経営者兼投資家が教える「投資」と「ビジネス」で長く成功する鉄則。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 残念ながら非常に厳しい時代がやってくる/第2章 投資も逆張り的発想でうまくいくー投資実践編/第3章 経済における逆張り的思考/第4章 ビジネスも逆張りで生き残る/第5章 生き残るために直感を磨く/第6章 運と縁をビジネスに生かす/第7章 少しやっかいなお金の話/第8章 長い旅ー人生の波を越えていくために
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本が誇る「ご縁」文化

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年01月30日 21時35分]
欧米人には理解できないと書いていながら、本文中では欧米人とのご縁が出てくるのはどういうことなんでしょうかね。

【内容情報】(出版社より)
不思議な「ご縁」がきっかけになって仕事や人生が大きく変わった。そんなエピソードがぎっしり詰まった一冊。
欧米人には理解できない日本独特の世界はどのようにつくられていったのか。
たくさんの不思議な出会いが何かを変えるヒントになります。

〈たくさんの「ご縁」エピソードが出てきます〉
▼阪神・淡路大震災でビル倒壊を免れた今西建設・今西恭晟さん
▼「先義後利」の商人道を守り続けた京都の老舗「半兵衛麩」
▼初めて宇宙を飛んだ国産カメラミノルタの田嶋一雄さん
▼日本のご縁文化の価値を知っているノーベル賞大村智さん
▼アメリカに日本食を広めた共同貿易・金井紀年さんのご縁
▼ユダヤ人を救った外交官杉原千畝が紡いだご縁
▼満州帰りの闇屋から復活しご縁の不思議を経験した森繁久彌さん
▼大病を克服し実業家から住職へ転身した井本全海流ご縁の繁盛学
▼悪縁も良縁も包み込みルイボスティーに辿り着いた植松規浩さん
▼三度も死にかけて立ち直った商工会議所会頭永木康司さんの人生
▼坐禅で開眼しV9を達成した川上哲治巨人軍監督と老師とのご縁
▼檀家制度廃止で新しいご縁を築いた寺院改革の旗手橋本英樹さん
▼うつ病を克服して、ベストセラー作家になった楠木新さんのご縁
▼ご縁と経営の神様松下幸之助さん
▼寿司職人からスタンフォード大学研究員になった田舞徳太郎さん
▼「ご縁」を社名に取り入れたエン・ジャパン社の越智通勝さん
▼見返りを求めずピラミッドを修復した八木通商・八木雄三さん
▼ご縁でご円か? ご円でご縁か? ビル・ゲイツと孫正義
▼稲盛和夫さんの盛和塾の繁栄のご縁
▼釜ヶ崎あいりん地区の住民を支援するありむら潜さん
▼三和清明さんと寝屋川あいの会
▼9.11事件の犠牲者久下季哉さんの死後もつながるご縁
▼志半ばにして旅立った社会起業家・森綾子さん
▼パラオの戦死者の供養を30年続ける玉置半兵衛さん
▼ご縁のメカニズムを説明する鞍馬寺の羅網 …………
序 章 世界が注目する「ご縁」という我が国独特の伝統文化
第1章 日本人は「ご縁」の中で生まれる
第2章 ピンチをご縁で救われた日本人
 1.劇的な出会いが縁を引き継ぐ
 2.戦争が機縁の過酷なご縁
 3.病気や事業の失敗を契機にしたご縁
 4.窮すれば変ず、変ずれば通ずのご縁
第3章 ご縁の不思議を体感している日本人
 1.大事なご縁を生かした人たち
 2.宇宙エネルギーが導いた共時性のご縁
 3.モノにも不思議なご縁がある
 4.ちまたに生きてご縁を紡ぐ
第4章 ご縁は死後もつながる
第5章 究極のご縁の完成とはどんなものか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

1月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2019年01月29日 21時22分]
普通の結果ですね。
ただ使用料は過去最大級かもしれません。寒かったんでしょうね。
光熱費201901

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

洗脳された日本経済

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年01月28日 21時29分]
今までの常識を少しずらしてくれる本かもしれませんね。

【内容情報】(出版社より)
限りなくブラックに近い現実から覚醒せよ! 生産性革命・働き方改革・人づくり革命…。安倍政権の経済政策に浜矩子が大反撃!
「経済は成長しなくてはいけない」「会社は儲かりさえすればいい」「生産性は上がらなければいけない」「税金は払わなくてもいい」 人々の魂を奪い、不幸にする、思い込みという魔物退治の旅へ──。浜矩子率いる魔物バスターズが、成長、収益、生産性、税金の4つの宿を巡り、安倍政権が仕掛けた経済的洗脳を解く。今、必要な本当の経済政策がわかり、経済的・精神的苦境に苦しむ多くの国民を救う本。
プロローグ 経済の世界は思い込みだらけ
人々の運命を決定的に左右する「経済的思い込み」の正体

第1章 思い込み その1
「経済は成長しなくてはいけない」

名目値を使うか、実質値を使うかGDPの正しい考え方
「経済成長」が必要な場面は二つだけ成長は経済的万能薬ではない
「経済成長」の追求が生み出す豊かさの中の貧困問題

第2章 思い込み その2
「会社は儲かりさえすればいい」
会社は何のために儲けるのか人間を幸せにする経済活動のあり方
「攻めの経営」を推進して企業倫理を破壊するチームアホノミクス

第3章 思い込み その3
「生産性は上がらなければいけない」
労働生産性が上がれば豊かになれる!?ブラック経営者から搾取されるだけ
労働生産性を向上させるのなら「労働分配率」も上げるべき
「大日本帝国の再来」を目指すチームアホノミクスの野望

第4章 思い込み その4
「税金は払わなくてもいい」
税金を払えない人間を国民扱いしない財務省
税金に必要なのは正当性理不尽な税金には断固、抵抗を

エピローグ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
限りなくブラックに近い現実から覚醒せよ!生産性革命・働き方改革・人づくり革命…。安倍政権の経済政策に浜矩子が大反撃!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

給食の歴史

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年01月27日 21時26分]
小さい頃の給食はあまりいい思い出はありませんが、クジラ肉の竜田揚げはおいしいのもありました。
給食には色んな背景があったんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
学校で毎日のように口にしてきた給食。楽しかった人も、苦痛の時間だった人もいるはず。子どもの味覚に対する権力行使ともいえる側面と、未来へ命をつなぎ新しい教育を模索する側面。給食は、明暗が交錯する「舞台」である。貧困、災害、運動、教育、世界という五つの視覚から知られざる歴史に迫り、今後の可能性を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 舞台の構図/第2章 禍転じて福へー萌芽期/第3章 黒船再来ー占領期/第4章 置土産の意味ー発展期/第5章 新自由主義と現場の抗争ー行革期/第6章 見果てぬ舞台
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

磯野家の危機

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月26日 21時23分]
なにが「危機」なんでしょうか?
まー、時間つぶしにはちょうどいい本でした。

【内容情報】(出版社より)
200万部を超す大ベストセラーとなった『磯野家の謎』から26年。著者の「東京サザエさん学会」が、磯野家と現代日本とのギャップについて掘り下げます。昭和の代表的な家庭のように描かれている磯野家は、どこまでが一般的でどこからが異常なのか? また、昭和から平成に時代が変わり、日本の一般社会はどのように変化していったのか? 磯野家を通じて昭和を振り返り、変容しつつある現代の「家族」と比較検証していきます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現代の常識とかけ離れて「昭和の時代劇」と化すサザエさん。時代に合わなくなった家族のイメージに崩壊の危機が迫る!?サザエさん通の著者が大改造計画を提唱!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 磯野家の人々(移住ー磯野家は元福岡県民!将来はカツオが一家を率いて戻る!?/年齢ー中年の定義が激変!波平は出川哲朗、フネは石田ゆり子と同い年!?/結婚ーサザエ夫婦のようなお見合い結婚は全体の約70%から5%に激減! ほか)/第2章 磯野家と社会(住宅ー磯野家は土地だけで2億円の価値!波平亡きあと骨肉の争いに!?/給料ー波平は年収1千万円超えか?一方マスオは薄給で今後は共働き濃厚!?/仕事ー終身雇用と年功序列の崩壊に直面する係長マスオの苦難 ほか)/第3章 磯野家と文化(電話ー磯野家の黒電話がスマートフォンに変わる日/家電製品ー東芝のスポンサー降板がもたらす変化 磯野家にもルンバが登場!?/服装ー波平とマスオが着る服は百貨店からユニクロに!? ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

世界一やさしいFXの教科書1年生

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年01月25日 21時14分]
FXってやってみたいとは思うんですが、なかなかハードルが高いですね。
最近、FXで「さやとり」というのに興味を持っています。

【内容情報】(出版社より)
FXで勝てるようになる「テクニック」と「メンタル」、ほしくないですか?
大好評の「改訂 確実に稼げるFX副業入門」のエントリー版の登場です。
初めての人でも、がんばってはじめられる内容になっていますが、本気でやってほしいので、本気で取り組んでほしいレベルになっています。
やさしいだけのFX本はたくさんありますが、本当に勝てるようになる本はあまりありません。
本書は、著者が本気で「FXユーザーに勝てるようになってほしい」と活動しているから、本気度が違います。
ダウ理論に基づいて勝ちにいけるときは何度も勝ちに行く! リスクントロールをしながら、しっかりロスカットも入れていく。
だから、プラスになるんです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたを勝ち続ける体質にする、FXの入門書!トレンドの見つけ方からエントリータイミングまで、確実にわかる!30万円から楽しく資産を増やせる。上達の決め手!!勝てるエントリーのための練習チャート10選付き!再入門にも最適!

【目次】(「BOOK」データベースより)
0時限目 そもそもFXって何?/1時限目 すべての投資の考え方/2時限目 タイミングを見極めるためのテクニカル分析入門/3時限目 注文方法やMT4の設定を知る/4時限目 ダウ理論でエントリーと決済を極める/5時限目 勝てるエントリーのための練習チャート10選/6時限目 必ず勝てるメンタルの鍛え方/7時限目 ニュースはどこで仕入れてどう活かすか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

居酒屋ぼったくり10

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月24日 21時24分]
とうとう10冊目まできました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情があるー旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の第10巻!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
自分たちの城/黄ばんだ図面/休業のご挨拶/たこ焼きパーティ/我が家のすき焼き
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

居酒屋ぼったくり 9

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月23日 21時22分]
9冊目です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情があるー。旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の第9巻!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
傷を癒すもの/お助け栗きんとん/それぞれの居心地/家出騒動/いつか来た道
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

居酒屋ぼったくり 8

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月22日 21時20分]
8冊目です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情があるー。旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の第8巻!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載!2018年春TVドラマ化決定!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
おじいちゃんの記憶/女たちの仕返し/魔女につかまれた胃袋/黒豆ゼリーにとけた心/黄金色の出汁
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin