FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

お金の不安が消えるアドラー流家計管理

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2018年02月28日 21時39分]
今一つ、アドラー流家計管理とはよく分かりませんでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
節約できる性格になる6つのステップ。お金の使い方に迷わなくなる。給料日にお金を無駄なく振り分けられる。「できた!」が増える。惨めにならない、無理をしない、ストイックでなくてもいい。本当に意味があって、取り入れることができて、人生が変わる「真の節約術」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 何を「節約」すればいいのかもわからなかった/第2章 6つのステップで「できない」を「できた」に!/第3章 挫折しない貯金術/第4章 1枚でずっと家計管理ができるシート/第5章 失敗してもいいと思えたのは、アドラー心理学があったから/第6章 本当に得する節約行動
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

2月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2018年02月27日 21時12分]
歳を取ってきたので、暖房をよけいに使います。
しかも、昨年までと違いストーブを一つ減らしているので、エアコンの利用が増えています。
光熱費201802
光熱費201802
光熱費201802

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

死ぬまで好奇心!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2018年02月26日 21時42分]
もう、あまり好奇心はありませんが、サービス精神はそれなりにあると思います。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 好奇心のある人、ない人の違い(すぐ枯れる好奇心、花が咲き実を結ぶ好奇心/どこでもいい、とにかく外を歩け ほか)/第2章 好奇心を育てるきっかけは行動力(「面倒くさい」を楽しむようにする/友は一緒に「野次馬」になれる人がいい ほか)/第3章 好奇心を枯らす生き方は損だ(「無意欲な自分」が問題なのだ/「メシ食って、クソして、寝て」でいいのか ほか)/第4章 好奇心がないと「退屈」だけが残る(脳科学が明かした「年齢は言い訳にならない」/「死ぬまで現役」に欠かせないもの ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

天涯無限

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年02月25日 21時54分]
この方の小説はいつ終わりが来るかわからないのが困ります。
やっとですね。
創竜伝はどうなったのでしょうか???


マルヤム国に渡り国王ギスカールと手を結んだヒルメス、魔将軍イルテリシュに率いられたチュルク軍、そしてついに復活した蛇王ザッハークと魔軍ーー難敵に包囲され、絶体絶命の窮地に追い込まれたアルスラーンは、
身近な女性達を隣国シンドゥラに避難させるべく、軍船「光の天使」を出港させた。
同時に、ラジェンドラ王とのある交渉をジャスワントに委ねた。一方、パルス国内では、アンドラゴラス王が戻ってきたという噂が広まっていたーー。
最高の軍師を失ったパルス軍に打つ手はあるのか!? そして、蛇王ザッハークを斃すための方法は見つかるのか? 伝説的ベストセラー、堂々の完結。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語ー。周囲を難敵に包囲され、パルス国は絶体絶命の窮地に追い込まれた。解放王アルスラーンはシンドゥラのラジェンドラ王とのある交渉をジャスワントに委ねる。その頃、パルス国内では、先王アンドラゴラスが生きているという流言が広がり始めていた。新マルヤム国王ギスカールと手を結んだヒルメス、魔将軍イルテリシュに率いられたチュルク軍、孔雀姫フィトナを押し立てたミスル軍、そしてついに復活した蛇王ザッハークと魔軍!!パルス軍に打つ手はあるのか?蛇王ザッハークを討つことができるのか!?伝説的ベストセラー、堂々完結。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人生が変わる!ずるいスマホ仕事術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2018年02月24日 21時33分]
スマホを使いこなせていないからこそ、こういう本を読まざるを得ないのです。
といっても、この本に来てある内容でも知っていることもありました。
そうすると、この程度でスマホ仕事術と言うんですかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
PC仕事をスマホで片づける!メール、ワード、エクセル、名刺、PDFの管理ほか役立つスマホ仕事術が満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 まずはホーム画面を使いやすく!/1章 オフィスの環境と同期する/2章 大切な書類や情報を整理する/3章 スケジュールを管理する/4章 メモをすばやく正確に取る/5章 ググるだけじゃない情報の集め方/6章 外出時の行動を最適化する/7章 写真を編集・修整・整理する
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

未来の年表

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2018年02月23日 21時07分]
未来は分かりませんが、シミュレーションは出来ます。
こういう未来が待っていそうです。

【内容情報】(出版社より)
日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?
 人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。

 書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。

 本書が、その画期的な役目を担おう。
 第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

 これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!


<主な内容>
第1部 人口減少カレンダー
2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
・・・ほか

第2部 日本を救う10の処方箋 --次世代のために、いま取り組むこと
「高齢者」を削減/24時間社会からの脱却/非居住エリアを明確化/中高年の地方移住推進/第3子以降に1000万円給付 
・・・ほか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2035年、首都圏も高齢者が激増!「日本を救う処方箋」も本書で提言。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 人口減少カレンダー(序 2016年、出生数は100万人を切った/2017年 「おばあちゃん大国」に変化/2018年 国立大学が倒産の危機へ/2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ/2020年 女性の2人に1人が50歳以上に ほか)/第2部 日本を救う10の処方箋ー次世代のために、いま取り組むこと(序 小さくとも輝く国になるための第5の選択肢/戦略的に縮む/豊かさを維持する/脱・東京一極集中/少子化対策)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

西瓜チャーハン

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2018年02月22日 21時04分]
珠玉とまでは思えませんが、なかなかいいエッセイでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
老いのこと、本の未来、四季のうつろい、母の思い出、古本屋をめぐる珍奇譚…日常に垣間見える何げない風景を、名筆家がきらりと光る筆致で描く。表題作含む、74本の珠玉のエッセイ集!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 若返る(キャラメル/トトロの家 ほか)/第2章 暑さのせい(髪/絵葉書 ほか)/第3章 桂浜の月(今ごろ写真/初茸 ほか)/第4章 餅のお使い(ベーゴマ/おろし金 ほか)/第5章 追憶の汽車(追憶の「汽車」/コタカラハコ ほか)/第6章 本の数だけ(古本屋をひやかす/美少女 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「朝ドラ」一人勝ちの法則

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2018年02月21日 21時01分]
朝ドラのヒットのゴールデン法則は、いくつかはそう思っていました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
NHK「連続テレビ小説」、通称「朝ドラ」の全96作品を分析してわかった、ヒットの法則。そして、低迷する連続ドラマの復活の方法とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 V字回復した朝ドラ(連ドラの低迷/月9の栄光と没落 ほか)/第2章 朝ドラの黄金法則「7つの大罪」(文字通り、連続テレビ「小説」だった/朝ドラは一日にして成らず ほか)/第3章 朝ドラ「暗黒の中世」と「ルネッサンス」(暗黒時代の予兆/『君の名は』の失敗 ほか)/第4章 連ドラがつまらなくなった、たった1つの理由(月9のターニングポイント/『ビーチボーイズ』の功罪 ほか)/第5章 連ドラを面白くする2つの処方箋(ヒットすべくしてヒットした『逃げ恥』/かつて「脚本家の時代」と「連ドラ冬の時代」があった ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

貯金ドリル

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2018年02月20日 21時57分]
これもそれほど目新しいことは書いてありませんでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お金を味方につける、「新聞より大切な紙」とは?衝動買いを減らすお財布の使いかた、お金が貯まる買い物のしかた…ほか、「円安ドル高」「日経平均」など、貯金に役立つお金の話もわかりやすく解説!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 お金が貯まる体質になれる人、なれない人/第2章 お金を貯める前の体質改善/第3章 これだけは知っておきたい!教養としての支出の減らし方/第4章 これだけは知っておきたい!教養としての収入の増やし方/第5章 これだけは知っておきたい!教養としてのお金の使い方/第6章 お金わ増やす投資力を鍛える/第7章 お金が貯まる思考力を鍛える
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

グダグダの種

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2018年02月19日 21時55分]
結婚しない話が良く出てきますが、最近結婚されたんですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
パソコンを前に原稿の構想を練っていたはずが、気がつけば洋服箪笥を開けて一人ファッションショーを始めていたり、おなかが減って台所へ行くとなぜか急にヤカンの汚れが目について、ついつい真剣に磨き始めてしまったり。昼食の後、睡魔が襲うと迷うことなくベッドにゴロン。ああ、寝ている場合じゃないんだけどな…と思いながら、瞼を閉じる瞬間のなんという気持ちよさ。ゆるくてスローなシアワセは、おひとりさまの特権です!思わず噴き出し深くうなずく痛快無比の本音エッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1(音痴な感動/初テーブル/グダグダの種 ほか)/2(ふて寝椅子/さらばスポーツ/損な定め ほか)/3(第二の人生設計/趣味記帳/五十の無駄習い ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin