ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

立川忍びより

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月31日 21時18分]
『僕僕先生』の著者による現代忍者ものでしたが、まーまーですかね。

【内容情報】(出版社より)
借金のカタに婿入りする先は……忍者一家!?

 ブラック企業を辞め、東京都立川市にある実家の中華料理店の二階で引きこもっていた青年・大倉多聞。両親の借金のカタに見合いをさせられるが、その相手の家族がどうにもおかしい。婿入りを前提に(?)、あれよあれよと相手の家に居候することになったが、許嫁となった女子高生・杏子も、当主の祖父・藤林源吾も、凄腕の忍術の使い手だった!
 杏子と同室(の押入れ)で寝起きし、屋敷中に仕掛けられたトラップにへどもどしながら日々を過ごす多聞。車に変化する蛙・山王丸の遣い手でありながらアイドルオタクとしても活動する、杏子の兄の三太や、黒装束に身を包みある秘密を抱えている母親の美佐など、他のおかしな家族とも徐々に関係性を築いていく。
 「立川の大盛りの店を守る」謎のバトルを、中華料理で見事に闘い一皮むけた多聞だったが、彼が藤林家に婿入りするのには、隠された背景があった。鍵となるのは、立川で活動をしているある地下アイドルで……。

「忍びの家があったっていいじゃないか。俺、すげえ楽しいよ」
『僕僕先生』の著者による、現代の「忍者一家」で過ごすことになった青年の日常を描く、はちゃめちゃボーイ・ミーツ・ファミリーな成長物語!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブラック企業からの脱出、忍者一家への婿入り、大盛り中華料理バトル、許嫁とアイドルと!??『僕僕先生』の著者が描く、「忍者一家」に舞い込んだ青年のはちゃめちゃボーイ・ミーツ・ファミリーな成長物語!ご町内忍者ロマン!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

宮崎駿の「半径300メートル」と『風立ちぬ』

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月30日 21時15分]
宮崎駿本は多いですね。読んでしまうのは何故でしょう。

【内容情報】(出版社より)
フジモトとは何者なのか。宮崎駿が口にする「半径~メートル」の意味とは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長編アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。宮崎アニメーションにひそむ遠大なプロジェクトへの疑念と浄化との訣別をあざやかに読み解く。
はじめにーーなぜモネなのか
一 フジモトとは誰か
二 『風立ちぬ』と半径300メートル
三 宮崎作品と身分、階級、序列
四 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない
五 宮崎駿と「教養主義」
六 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
遠大なプロジェクトへの疑念。フジモトとは何者なのか。宮崎が口にする「半径~メートル」の意味するところとは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長篇アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 フジモトとは誰か/2 『風立ちぬ』と半径300メートル/3 宮崎作品と身分、階級、序列/4 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない/5 宮崎駿と「教養主義」/6 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

8月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2017年08月29日 21時11分]
今年の夏は超猛暑でした。
例年ほとんど使わないエアコンを7月はかなり使いました。
光熱費201708

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本男子♂余れるところ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2017年08月28日 21時24分]
なんということのない不思議な本でした。

【内容情報】(出版社より)
確かに余っているーー。
仮性包茎のヒデミネさんは自らの男根(ちんちん)を見つめながら、気がついた。
まさに『古事記』でいう「余れるところ」ではないか。
なんで、こんなに余っているのか?
その謎を解明すべく、日本中をたずね歩いた。
老若男女の語る男根秘話の数々、阿部定の情念にたじろぎ、
インポ(ED)になりながら、辿り着いた境地とは?
正しい計測法、巨根幻想を、考古学、宗教、医学、生物学から紐解く。
三島由紀夫も仰天!?のノンフィクション!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 仏説男根/第1章 包皮前進/第2章 千摺指南/第3章 愛染雁高/第4章 男色交換/第5章 阿吽阿吽/第6章 絶頂巡礼/第7章 針小棒大/第8章 麩茎反転/終章 是菩薩位
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

時代のお葬式とお墓

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年08月27日 21時20分]
色々な葬式関係の本を読むと、今の葬式や家墓は最近のもののようです。
今後、社会変化の中でどのように変わっていくのでしょうかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“ひとり死”の時代になりつつある今、火葬のみのお葬式や、共同墓がさらに広まり、墓の無縁化も進んでいる。個人は死後を誰に託したらいいのかを悩み、自治体は身寄りがいても遺骨を引き取らないケースが増えているといった、新たな課題に直面している。日本各地の具体的な事例とともに、これからを展望する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 社会が変われば死も変わる/第1章 何が起きているのか/第2章 お葬式は、どうなるのか/第3章 お墓は、どうなるのか/第4章 “ひとり死”時代で葬送はどこへ/第5章 誰に死後を託すのか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

コンプレックス文化論

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年08月26日 21時17分]
コンプレックスがないと大成しないのか?
そうでもないと思うのですが。

【内容情報】(出版社より)
文化はコンプレックスから生まれる。
天然パーマ、背が低い、下戸、ハゲ、一重(ひとえ)、遅刻、実家暮らし、親が金持ち……これまで腰を据えて熟考されることのなかった10個のコンプレックスに向き合い、数々の文献を読み解きながらしつこく考察した評論集。
各章、評論と評論の間に、そのコンプレックスを背負い、クヨクヨしつつも嗜んできたミュージシャンやデザイナーなど表現者たちへのインタビューも収録。

「天然パーマ」
天然パーマという自然エネルギー/ミュージシャン 有馬和樹(おとぎ話)/カルチャーはクルンクルンが支えてきた

「下戸」
「お酒飲めない」から生まれるもの/ミュージシャン 澤部渡(スカート)/今こそ、下戸の反乱を

「解雇」
「明日から来なくていい」と言われたので/ハイパー・メディア・フリーター 黒田勇樹/切実な表現は残酷な解雇から生まれる

「一重」
二重ファシズムの中で/アイドル 朝倉みずほ(BELLRING少女ハート)/一重にしかできないことを探しに

「親が金持ち」
「あいつ、親が金持ちなんだぜ」/昆虫好きクイズ女王 篠原かをり/親が金持ちならではの表現なんてあるのか

「セーラー服」
直視できなかったから/イラストレーター 中村佑介/スクールガールへのコンプレックス

「遅刻」
遅刻はアーティストへの近道/デザイナー・ソラミミスト 安齋肇/絶対に負けられない戦いが、遅刻にはある

「実家暮らし」
実家暮らしならではの表現活動/現代美術家 泰平/朝ドラと実家暮らし

「背が低い」
「背の順」で腰に手を当て続けた人たち/ミュージシャン 鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)/ジャニーズと自衛隊と韓流アイドルとチビ

「ハゲ」
ありのままの姿見せるのよ/臨床心理士 矢幡洋/ハゲまされている場合か

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
コンプレックスに向き合い、しつこく考え続けた評論+インタビュー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1回 天然パーマ/第2回 下戸/第3回 解雇/第4回 一重/第5回 親が金持ち/第6回 セーラー服/第7回 遅刻/第8回 実家暮らし/第9回 背が低い/第10回 ハゲ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

マンガ食堂

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月25日 21時15分]
無い食材は似たもので代用していますが、よく頑張って作っていますね。
食べてみたいものもありました、

いらっしゃい、今日はどのマンガ飯にします? ・・・じゃあ、今日はこのマンガ飯にしようかな。

「いつか食べてみたかった!」 あのマンガのあの料理を徹底的に再現!
読んで作って味わって・・・ おなかいっぱいマンガ飯レシピ 全49品。

『ドラえもん』 大根シチュー
『深夜食堂』 牛すじ大根玉子入り
『伝染るんです。』 子ランチ
『3月のライオン』 ふくふくダルマ
『ハッピー・マニア』 フクちゃんのディナー
『西洋骨董洋菓子店』 秋のチョコレートパルフェ アンティーク風
『デトロイト・メタル・シティ』 緑の血のパスタ
『孤独のグルメ』 いわしと大根のカレーライス
『聖☆おにいさん』 甘酒ぜんざい
『包丁人味平』 ブラックカレー
など、全49品。

カバーイラスト : 渡辺ペコ (『ラウンドバウト』『にこたま』)
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いらっしゃい、今日はどのマンガ飯にします?『ドラえもん』『伝染るんです。』『あしたのジョー』『3月のライオン』-。「いつか食べてみたかった!」あの漫画に出てくるあの料理を徹底再現。読んで作って味わって、おなかいっぱいマンガ飯レシピつき。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

安全な食材は自分でえらぶ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2017年08月24日 21時12分]
ほとんどが復習でした。
先が見えてきたので、そろそろ考えなくていいかなとも思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
食べて良いもの、危険なもの、食品添加物、遺伝子組み換え食品、気になる食の問題…。でも大丈夫、食材をえらぶチカラはこの1冊で身につけられる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 食べ物をえらぶチカラをつけよう(野菜をえらぶ/お肉をえらぶ/お魚をえらぶ/主食をえらぶ/豆腐、納豆、こんにゃくをえらぶ/調味料をえらぶ/お菓子をえらぶ/飲料をえらぶ/輸入食品はだいじょうぶ?/遺伝子組み換え食品ってどんなもの?)/第2章 食品の裏側を読み解こう(表示される場合と表示されない場合/生鮮食品の表示を読み解く/加工食品の表示を読み解く)/第3章 食べかたの工夫ですこやかに(まずは味覚を育てる食事をしよう/微量栄養素を大切にしよう/食事は心と脳に影響する)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

放課後の厨房男子

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月23日 21時07分]
居酒屋ぼったくりの秋川滝美の学園ものです。

男子校「包丁部」なんとか活動中!

がっつり炒飯と伝統の豚汁で涎(よだれ)の大洪水!!

創立百二周年を迎えた県立末那(まな)高校は男子校だけあって
部活動の主流は運動部。料理好きの先輩が立ち上げた通称
『包丁部』は、常に部員不足で存続の危機に晒されている。
今年こそ新入部員を獲得しなければ、と部員たちが目を付けたのは……
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
創立百二周年を迎えた県立末那高校は男子校だけあって部活動の主流は運動部。料理好きの先輩が立ち上げた通称『包丁部』は、常に部員不足で存続の危機に晒されている。今年こそ新入部員を獲得しなければ、と部員たちが目を付けたのは…。男子校「包丁部」秘伝のコツ。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

なぜ「近大発のナマズ」はウナギより美味いのか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2017年08月22日 21時03分]
近大の活躍はマグロといい凄いですね。
近大経営のレストランがあるとのことなので、一度は行ってみたいものです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「近大マグロ」に続く話題の「ウナギ味のナマズ」は、こうして生み出されたー数々のハードルを乗り越えて、既存の制度や権益や商習慣や硬直した常識を相手に悪戦苦闘しながら新商品を開発し、市場へと放ってヒットさせた大胆不敵な一人の研究者の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 蒲焼き難民を救え!(「ウナギ味のナマズ」の衝撃/生産が追いつかないほどの人気に ほか)/第2章 「ウナギ味のナマズ」を生んだのは誰だ?(ナマズ料理にスポットライトが当たる/村中川の経験が、人生を大きく分けた ほか)/第3章 日本人とナマズの長くて深い関係(実は超メジャーな食材/世界中で売れる?ナマズの可能性とは ほか)/第4章 ウナギは本当に地球から姿を消すのか?(10年で倍になったウナギの値段/絶滅危惧種なのに大量販売という謎 ほか)/第5章 世界への挑戦とジェネリック・マーケティング(出発点は、研究よりマーケット/ナマズの次のビジネス戦略とは ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin