ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

デイ・トリッパー

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月11日 21時12分]
また、機敷埜老人が出てきました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
最愛の夫・大介を結婚後わずか三年半で亡くした香菜子。叶わないと知りながら「大介に会いたい」と願う香菜子の前に現れたのは…?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

キミはイケメン。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月10日 21時09分]
軽く読めました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
憧れのイケメンと付き合ってみたら、彼はムカつくほど自由奔放。そんなイケメン彼氏との、悩みが絶えないトホホな毎日。

【目次】(「BOOK」データベースより)
イケメン彼氏との始まり/顔以外は残念なダーリン/イケメンのカノジョ改造計画/ありえない2人の結婚/トホホな同棲生活へ/顔面格差カップルの馴れ初め
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

はじめよう、お金の地産地消

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年08月09日 20時09分]
地域のお金を地域で生かすためのNPOやソーシャルビジネスの話でした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
子育て、介護、環境…地域づくりに取り組む人をみんなで応援する仕組みをつくろう。若者たちが始め、金融機関、自治体、企業、大学、そして多くの個人を巻き込んで広がる「地域のお金を地域で生かす」挑戦。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 新しいお金の流れをつくるーいま各地で起きていること/第2章 過去を見るか、未来を見るかーNPOバンクmomoはなぜ貸し倒れゼロなのか/第3章 お金と人のエコシステムー地域に必要な仕事を、みんなで応援する/第4章 仕事の「価値」って何だろうーお金でないものを見つめる/第5章 小さな一歩から始まるー地域課題への挑戦者たち/第6章 共助社会をめざしてー誰もが当事者になる時代
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

退屈のすすめ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2017年08月08日 20時01分]
「遊びをせんとや生まれけむ」ですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
車と遊ぶ、靴と遊ぶ、アートと遊ぶ、体と遊ぶ、夢と遊ぶー頭と体をリフレッシュさせる刺激に満ちた遊び方のヒント!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 靴と遊ぶ/第2章 声と遊ぶ/第3章 体と遊ぶ/第4章 車と遊ぶ/第5章 アートと遊ぶ/第6章 本と遊ぶ/第7章 夢と遊ぶ/第8章 何とでも遊ぶ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ゴチソウ山

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月07日 21時34分]
こんな風にうまくいけばいいですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
蛍川にある旅館の主たちが、山びと、漁師、教師、居酒屋チェーンのオーナー、政治家たちを巻き込み、豊かで美しい町を自分たちの手でつくろうと大奮闘!!疾風怒涛の書下ろし長篇小説。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ナディアが群れを離れる理由

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2017年08月06日 20時34分]
あたりまえ過ぎて、今一つ分からない本でした。
硬直化した組織はダメだというのはあたり前ですが、組織を下から変えるのは非常に難しいことですよね。

【内容情報】(出版社より)
『カモメになったペンギン』で組織変革の要諦を示したリーダーシップの泰斗が、今回はミーアキャットの物語で、スピードと適応力をもたらす組織づくりのアイデアを示す。「変革を成功に導く8段階」「大企業が変化対応力を発揮するデュアルシステム」といった著者がこれまでに示してきた理論が詰まったビジネス寓話。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
敵は少なく、食料は豊富ー理想の環境を手にしていたミーアキャットの群れが、ある日ハゲワシに襲われた。過去の成功体験にとらわれるリーダーたち、手段から目的に変わってしまった管理手法、報告だけが繰り返され、アイデアの出ない会議。群れに突然訪れた危機は、成熟した組織ならではの問題を浮かび上がらせる。変化への対応力を欠いた群れをハゲワシの興威から救うために、新米リーダーのナディアがとった行動とは?!

【目次】(「BOOK」データベースより)
理想の大地/ナディア:クリエイティブなタイプ/ニコラス:規律正しく信頼できるタイプ/永遠の研修/危機の始まり/嵐のような会議/アーヨウ:木の上の警備オタク/増え続ける管理指標/我慢の限界/マット:切ない過去を語る〔ほか〕
コメント (1) /  トラックバック (0)
編集

孫が夏休みに帰省

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:家族のこと [2017年08月05日 20時28分]
孫がお江戸から娘に連れられて帰省してきました。
しばらくは読書どころではありません。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

らいんらいんらいん

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月04日 20時24分]
介護離職は大変です。
今後はこういうことが増えるのでしょうね。

内容紹介
父の面倒を見るため会社を離職し、実家で介護に専念することになった四十代男性の物語。社会との繋がりがなくなったように思え、会社員時代には感じなかった孤独感や焦燥感に苛まれているが、傍目から見ると将来に不安を抱えた不幸な状態なのか、あるいは、仕事から解放された自由な身なのか。そんな複雑な思いを抱えながら過ごす日々の心の揺れ動きを丁寧に綴っていく。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

居酒屋ぼったくり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2017年08月03日 20時21分]
なかなか面白いですよ。
ネットも含め読みたくなりました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情があるー旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の書籍化!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
暖簾の向こう側/想い出につける付箋/丑の日の孝行娘/汗かき職人の夏/拾った子猫/夏休みの過ごし方/ゴーヤの苦み
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新幹線はなぜあの形なのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2017年08月02日 21時04分]
ケン爺は、流星ジェッタ―の時代ですから、流線形に対するあこがれ?はありましたね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦前のスピード感あふれる流線形車両はデザイン優先だったが、高度成長期に航空技術や空力を考慮して造形された高速鉄道車両、新幹線が登場。以来、新幹線の形は、トンネルやカーブが多い日本特有の環境下で、スピードだけでなくエネルギー効率や乗り心地、騒音削減などの課題に対応しながら進化を続けている。リニアにも言及し、デザインから機能で変化していくようになった高速車両の造形について、図版を豊富に使って紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 流線形の萌芽と隆盛/第2章 戦前の造形と空気力学理論/第3章 湘南電車から新幹線へ/第4章 世界初の高速列車・新幹線/第5章 JR発足後の東海道・山陽ライン/第6章 東京以北にも大進展する新幹線/第7章 最新の新幹線車両/第8章 造形技術の周辺/第9章 リニア新幹線の造形
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin