FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

脳にきく色身体(からだ)にきく色

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2017年02月18日 21時27分]
ピンクのマーカーで文字をマーキングすると、よく記憶できるそうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
黄色く弱い光はくつろぎと心地よさをもたらす。緑色光は創造性を高める可能性が高い。昼の白い光の下では味覚が敏感になる。高齢者には青色が見えにくい…色が人の心や身体に与える不思議な影響を具体的に解説。思わず誰かに話したくなる蘊蓄満載のおもしろサイエンス読み物。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 身のまわりのちょっとしたことを色で考える/1 色が見える仕組みはどうなっているのか/2 色を正確に表し伝えるためにはどうすればよいか/3 色によって見え方が変わる/4 光の色が心や身体にどのような影響を与えるのか/5 ユニバーサルデザインと色
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

虚影神

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2017年02月17日 21時24分]
せつらをタレントにするとは行くところまで行ってしまいましたね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人捜し屋・秋せつらは、“区外”の芸能プロから、“新宿”のウィアード・プロに引き抜かれた蒼海ユカの捜索を依頼された。凄腕と評判のその事務所は、頂点を極めたタレントが必ず死亡するという謎に満ちた会社だった。所在地さえ掴めないせつらは、自らの美貌を餌に、ウィアードのスカウトと接触を図る。だがそれは、芸能界だけに収まらない大争乱を呼ぶことに。やがて、せつらが操る必殺の妖糸さえも拒む異世界が口を開ける!仁義なき争奪戦の渦中に置かれたせつらの捜索行の行方は?魔界の中の“魔界”を舞台に贈る最新刊!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

孤独のグルメ 2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2017年02月15日 21時16分]
谷口ジローが亡くなりましたね。
1巻の方が面白かったと思います。
2巻の方が最近なので、まだ店は残っているのでしょう。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

いちばん未来のアイデアブック

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2017年02月14日 21時05分]
老人の皆さんが困られていることは。ほぼ想像通りですね。
ただ、人によっては違うことを考えておられるのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
老人のアタマのなかは、宇宙なのだ。延べ28時間に及ぶセッションで飛び出した、社会を変える285のポジティブメッセージ!

【目次】(「BOOK」データベースより)
カラダのアイデア/記憶のアイデア/食のアイデア/人づきあいのアイデア/時間のアイデア/住まいのアイデア/街のアイデア

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
キャンベル,ルース(Campbell,Ruth)
1939年、フィラデルフィア生まれ。ミシガン大学でソーシャルワークの修士号を取得。ミシガン大学老年医学センター、ターナー老人専門クリニックで、ソーシャルワーク部長、副所長を務めた。専門は家族介護者の問題、認知症ケア、介護保険など
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

専業主婦で儲ける!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2017年02月13日 21時01分]
当然ながら、配偶者が働いたほうがいいのは当たり前です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年収1000万円夫+主婦VS.共働き世帯年収1000万円。トクするのはどっち?夫の給料アップ・節約・資産運用より早く、確実に手取り・年金を増やす基礎知識。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「働いても貯まらない」は家計破綻の前兆(ボーナスで赤字補填の危険な家計/食費も車両費もあえて削らない ほか)/第1章 専業主婦が働くと家計はみるみる改善される(江戸時代は「銘々稼ぎ」/専業主婦は高度成長期に生まれた ほか)/第2章 お金の自由度を上げると、生活が安定する(年収の壁を意識する人ほど損する/103万円より130万円の壁! ほか)/第3章 どうすれば妻はよろこんで働いてくれるのか(専業主婦の就職の現実/狙うは地元中小企業の正社員 ほか)/第4章 家庭のタイプ別、理想の働き方(反対する人にはプレゼンで説得/サポートはどんどん活用していい ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

強父論

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2017年02月12日 22時10分]
ケン爺の連れ合いの父と似たような人だったのですね。
ただ、連れ合いの家では「恐父論」になりそうですが・・・。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
94歳で大往生。破天荒な父がアガワを泣かした34の言葉。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 立派な老衰(一に妻子を養うため、二にいささかの虚栄心のため/老人ホームに入れたら、自殺してやる! ほか)/第2章 父とわたし(結論から言え、結論から/なんという贅沢なヤツだ! ほか)/第3章 父と母(この草履を切り刻んでやる/これでもウチはまともなほうだ ほか)/第4章 最期の言葉(お前の名前はお墓から取った/三味線にしちまうぞ! ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ルポニッポン絶望工場

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年02月11日 22時03分]
商売人はあまり長い時間軸では考えていないのでしょう。
それを政治家が実現してしまうから問題が多いのでしょうね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
外国人犯罪者の1/4がベトナム人、“奴隷労働”が支える新聞配達、日本語学校によるボッタクリ、犯罪都市「NY化」する日本、日本への出稼ぎをやめた中国人ー新聞・TVが報じない「現代の奴隷労働」

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ベトナム人留学生という“現代の奴隷”/第2章 新聞・テレビが決して報じない「ブラック国家・日本」/第3章 日本への出稼ぎをやめた中国人/第4章 外国人介護士の受け入れが失敗した理由/第5章 日本を見捨てる日系ブラジル人/第6章 犯罪集団化する「奴隷」たちの逆襲
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

シロクマ転生

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2017年02月10日 21時02分]
それなりに面白かったです。

【内容情報】(出版社より)
シロクマになって、ケモミミ少女と森暮らし!
小説家になろう発 大人気異世界シロクマ冒険譚!
久間田熊吉は、大好きな山登りの途中で谷へと滑落したはずが、気づけばシロクマになって異世界の深い森の中で目を覚ました。
人族に追われて森へと逃げ込んできたウェアウルフの姉妹たちを保護した彼は、その強靭なシロクマの肉体と、前世でつちかったサバイバルの知識を駆使し、危険な森での生活をどんどん快適にしていくーー。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

株主はじめました

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年02月09日 21時00分]
特別な本ではありませんでしたが、たまにはこの手の本も読んでいます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あのカリスマ投資家が教え、ベテラン女性トレーダーが描いた!日本一やさしい少額投資入門。株は「怖い」かもしれないけど、「難し」くはありません!3万円から楽しめる、株の見方・買い方・運用方法のすべて。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 株ってなぁに?(お母さん、危ないよ/投資の事件簿/変わり者登場)/第2章 ネットで株を始めよう(証券会社を探す/取引口座の聞き方/どうすれば儲かる?/少額だって大丈夫/いざ購入!)/第3章 レッツ株主ライフ(初めての値上がり!/選び方にはコツがある/嬉し恥ずかし株主総会/優待生活できるかな/配当金もお楽しみ)/第4章 投資生活はじめました(NISAを賢く使うには/市場は甘いかしょっぱいか/1億だって夢じゃない)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

奇跡を起こす見えないものを見る力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2017年02月08日 21時58分]
龍や宇宙人まで見ていたんですか?
ちょっと信じられませんが、一生懸命やられているのはよく分かっています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「心が変われば地球は変わる」-奇跡のリンゴ農家が受け取った、見えないものからのメッセージ!「無農薬・無肥料でリンゴの実をならせる」という奇跡を成し遂げた青森県のリンゴ農家・木村秋則が、リンゴ畑に現れたUFOや龍との不思議体験を語った話題の書籍を文庫化。また、「答えは必ずある」「バカになったら見えてくる」など、これまでの壮絶な体験から得た独自の人生哲学を語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 龍との出会い、不思議とのつきあい(17歳の出会い/北海道で見た龍 ほか)/第2章 なぜ「奇跡のリンゴ」が実ったのか(リンゴを無農薬で育てたい/追い詰められた日々 ほか)/第3章 リンゴと土から学んだこと(農薬や化学肥料は空気と地下水を汚す/ミツバチとアインシュタインの予言 ほか)/第4章 これからも、「奇跡」を起こし続けるために(今は、つぼみの「つ」にも至っていない/ある出会い ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin