FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

なぜ男は女より早く死ぬのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月17日 21時26分]
性が2とは決まっていなかったのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ男は女より早く死ぬのか、なぜ男は女より体が大きいのか、なぜヒトは男と女に分かれているのか…人間の性にはさまざまな謎があるが、そうした疑問を生物学の側面から考えると、どのような説明が成り立つのだろうか。ゾウリムシのような微小な生物から昆虫、爬虫類、哺乳類に至るまで、さまざまな生物の性の仕組みを紹介しながら、ヒトの性の不思議を解き明かす!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜヒトは男と女の2性なのか/第2章 男と女はどうやって決まるのか/第3章 実はあいまいだった男と女の区別/第4章 男と女の出会いの秘密/第5章 本当に男は生物学的に役立たずなのか/第6章 男女の概念をひっくり返したiPS細胞

地球上に住んでいる生物の「性」の不思議と面白さを、生物学の視点から読み解き、分かりやすく紹介!
生物のさまざまな性を知ることで、人間の「男と女」の本質が見えてくる!

なぜ男は女より早く死ぬのか、なぜ男は女より体が大きいのか、
なぜヒトは男と女に分かれているのか……
人間の性にはさまざまな謎があるが、そうした疑問を生物学の側面から考えると、
どのような説明が成り立つのだろうか。
ゾウリムシのような微小な生物から昆虫、爬虫類、哺乳類に至るまで、
さまざまな生物の性の仕組みを紹介しながら、ヒトの性の不思議を解き明かす!

まえがき
第1章 なぜヒトは男と女の2性なのか
第2章 男と女はどうやって決まるのか
第3章 実はあいまいだった男と女の区別
第4章 男と女の出会いの秘密
第5章 本当に男は生物学的に役立たずなのか
第6章 男女の概念をひっくり返したiPS細胞
あとがき
主な参考文献

まえがき

第1章 なぜヒトは男と女の2性なのか
・野生動物のヒトが、人になった
・イヌの雑種、ウマとロバの雑種
・「種より畑」というのには理由がある
・生命誕生のずっと後に性が発明された
・性は2つとは限らない
・有性生殖では半分の遺伝子しか伝わらない


第2章 男と女はどうやって決まるのか
・発生する場所でオスになったりメスになったり
・ミツバチでは女王蜂がオスとメスを自在に産み分ける
・オスのいないギンブナの子供ができる理由
・温度で性が変わるエゾサンショウウオ
・ヒトの卵子は1種類、精子は2種類
・チンギス・カンの子孫は1600万人
・哺乳類のオスは絶滅するか


第3章 実はあいまいだった男と女の区別
・「キューピッドの恋の矢」の始まりはカタツムリ
・カクレクマノミは社会的地位で性転換する
・ヒトも、もともとは男にも女にもなれる
・同性愛は「異常」ではない
・オスとメスで大きさや形が違う理由
・ヒトは何人の子供を作れるのか
・アメリカのスーパーウーマン


第4章 男と女の出会いの秘密
・異性と巡り合うための「繁殖期」というプログラム
・音で合いを奏でるスズムシ
・フェロモンで異性を引き付けるカイコガ
・クジャクの羽根飾りと性選択
・オスライオンによる子殺し
・ウシもネコもイヌも、交尾するかしないかはメスが決める
・ヒトの男女の出会い


第5章 本当に男は生物学的に役立たずなのか
・男の子と女の子の絵の違い
・男はつらいよ1--すべての年代で男が死にやすい
・野生動物でもオスが死にやすい
・乱婚制では精子の数が勝負
・男の脳と女の脳は違うのか
・方向音痴の男もいる


第6章 男女の概念をひっくり返したiPS細胞
・体細胞は一代限りで死ぬ
・山中教授と共同受賞したガードン教授の実験
・クローンヒツジ・「ドリー」の誕生
・核移植クローンのカギは「核の初期化」
・iPS細胞から始原生殖細胞をつくる
・iPS細胞時代の性

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「人生二毛作」のすすめ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月16日 21時29分]
定年後の人生を考えるうえで参考になる本だと思って読んでみました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
老いてなお、意気軒昂にすごすには?退屈しない生き方の極意。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 意気軒昂な八〇代へ向けて/第2章 脳をいつまでも生き生きとさせる生活/第3章 人生二毛作、つきあいの作法/第4章 知的生活の極意/第5章 前向きの人生観/第6章 人生九〇年時代の養生訓
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

教養は「事典」で磨け

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2016年12月15日 20時43分]
面白そうな事典があるんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
辞書・辞典・事典・図鑑。これらを、引いたり調べたりするものだと思ってはいないだろうか。また、大人になってからはすっかり縁遠くなってしまった、という人はいないだろうか。実は辞書や事典は、生涯をかけて読まれるべき、実に面白い「本」である。いまやインターネットでなんでも調べられるが、そこで得られる知識は、入力したキーワードから予測される範囲の事柄にすぎない。一方、辞書や事典を読むのにキーワードはいらない。適当にページを開けば、必ず知らない何かが記載されており、思いもよらなかった知識を得ることができるのだ。本書では、こうした類の本を「事典」と定義し、おすすめの作品を紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 最高の教養本は「事典」である(辞書・辞典・事典・図鑑、その定義/事典は読むものだ/グーグル先生は力不足 ほか)/第2章 面白い辞典・事典・図鑑(読むための事典/引くための事典/伝えるための事典 ほか)/第3章 事典はいかにしてつくられているか(良い装丁のために、本の表紙に樹皮を使用/どんなジャンルにも必ず読者はいる/構想から数年かかるのは当たり前)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

老いを愉しむ言葉

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月13日 20時46分]
老いですね。

誰にも訪れる老い。できることなら、不安にとらわれず、前向きに愉しく生きていきたい。人々の悩みに寄り添ってきた精神科医の著者が、老いの真実を捉えた古今東西の先人の言葉から、心穏やかに生きていく知恵を探る。「1日に10回、感動する」(加藤シズエ)、「死ぬる時節には死ぬるがよく候」(良寛)など、心に響く一言が、きっと見つかる。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
誰にも訪れる老い。できることなら、不安に囚われず、前向きに愉しく生きていきたい。人々の悩みに寄り添ってきた精神科医の著者が、老いの真実を捉えた古今東西の先人の言葉から、心穏やかに生きていく知恵を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 友だちづき合いの章/2 生きがいの章/3 健やかさの章/4 悲しみの章/5 気くばりと学びの章/6 老いと死の章
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2016年12月12日 21時55分]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本に対するドイツ人の素朴な疑問や驚きのほか、「ドイツ人は裸が大好き!」「ドイツ人はシュポンタンな人間に憧れる」など、ドイツ人の面白くて意外な一面も紹介!

【目次】(「BOOK」データベースより)
ドイツ人が日本に来て驚くこと/日本人は太っ腹!?/ドイツ人のお金の使い道/日本は犬に厳しい社会?/日本のマナーのここがスゴイ!/ラッピングの謎/ドイツ人が日本人に親近感を持つこと/満員電車のココがすごい!/日本人の歯は繊細?/ビールは流れる○○?〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

認知症にならないための歩き方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月10日 21時58分]
歩幅広めで早歩きしていたんですが、最近は少し遅くなっているようです。
頑張って早く歩くようにします。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歩幅広めで早歩きの人は長生き!歩くだけで脳が大きくなる!健康長寿のカギは「歩く速さ」だった。わずかな歩行の変化に気づくこと、それがリスク回避のチャンスです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 発症リスクを前もって知る(認知症より、認知機能で考えよう/いったん弱れば回復は不可能?/科学的根拠を頼る/人生90年時代を描く)/第2章 「歩く速さ」からわかること(歩行速度というサイン/運動で脳が変わる/歩行速度と歩幅に関する研究)/第3章 歩く速さを知る(加齢に伴う歩行速度の変化/歩行速度の変化を知る)/第4章 健康寿命を延ばす(健康寿命の延ばし方/いくつになっても回復可能)/第5章 人生のブルーオーシャン漕ぎ出す(人生のブルーオーシャン)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

キッチン戦争

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2016年12月09日 21時05分]
フレンチ料理人である小説家って初めて見ました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
隠れ家という名のフレンチ・レストラン『cachette』。ある日、オーナーに呼ばれた滝沢葉月は、自分が高名な料理コンクールの一次予選に通過したことを知らされる!?もちろん、葉月は応募していない。実は、葉月が入店する前に、料理長とソーシエが創った料理を、葉月の名前でコンクールに応募していた!戸惑う葉月…。実は、葉月の祖父は、戦後はじめて世界的なフランス料理のコンクールで優勝した滝沢征爾だった。オーナーは「女性のシェフが活躍する世界をつくりたい!」という熱い思いを語るが…。その日から、滝沢葉月の格闘が始まった!最高に「美味しい」料理小説の誕生!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月08日 21時15分]
沈黙は金ではないのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
笑顔の老後に向けて、今すぐできること!老化防止の処方箋。80歳・現役医師、書き下ろし36篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 今、できること(お喋りのすすめー認知症予防に必須の良薬/コーヒーブレークー気分一新、頭の無風状態に冷風を ほか)/第2章 賢老危うきに近寄らず(賢老危うきに近寄らずー自分だけの判断で、すぐに行動しない/年はときどき嘘をつくー体の不調を「年のせい」で片付けない ほか)/第3章 耳よりな話(インターンー人生の新たなステップに向かって/右か左かー目、耳、手足。高齢になるにつれて左右の差は顕著に ほか)/第4章 命の持ち時間(人を見て法を説けー「知らぬが仏」という選択肢/痩せ我慢ー精神を強靱にし、試練を丁寧に通過する ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

豚キムチにジンクスはあるのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2016年12月07日 21時18分]
食べることを書くことは大変ですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
群馬県高崎市在住、一人暮らし作家の泣くに泣けない自炊生活。試作に試作を重ね、今日も思いつき料理にトライ!?Hanakoから生まれた妙に切ない傑作エッセイ集。絲的おいしい生活24連発。

【目次】(「BOOK」データベースより)
力パスタ/冬の冷やし中華/大根一本勝負/すき焼き実況中継/GoGoお買い物/丼五連発/蕎麦屋で飲む酒/デパ地下チャーハン/豚キムチにジンクスはあるのか/春の日記/“ヘナッポ”の行く末/ようこそ我が家へ/エスニックこてんぱん(前編)/エスニックこてんぱん(後編)/素麺七変化/真夏の洋風ちゃんこ鍋/されどインスタント/サーモンのサンドウィッチ/高崎コロッケめぐり/秋は舞茸の季節/ゴロピカリはかあさんの味/たまごとトラバター/命からがら牡蛎ごはん/親父と作るキッシュ・ローレーヌ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

私は自分の仕事が大好き

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年12月05日 21時12分]
仕事を好きという人は素晴らしいですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アルバイト、平社員から経営者まで、輝いて働いている大人たちが「自分の仕事の素晴らしさ」「その仕事をなぜ好きになったか?」「その仕事をどんな価値だと感じているのか?」をそのままストレートに語ります!

【目次】(「BOOK」データベースより)
「可能性は無限大!」美容師・尾熊英一/「手のぬくもりが伝わる仕事」理容師・濱田有美子/「綺麗は内から作り出す」エステティシャン・佐久間由季/「笑顔の連鎖を生む仕事」リラクゼーション・平川翔/「視覚障がいの世界を変える!活法という仕事」治療家・樋口匡/「本当の気持ち…」国語教員・須山恵美/「本屋が第2の家になる」書店員・高橋佐和子/「生きているだけでありが豆腐」リヤカーの豆腐屋・菅谷晃子/「愛のあるご縁と喜びの宴」料理人・堺本卓哉/「男は度胸、女は愛嬌。ニューハーフは最強!」飲食店店員・伊藤愛子/「ほっとなsmileを日本に広める」-高校1年生のスープ屋経営者・宮本郁弥/「私の目指す薬師如来」-薬局店経営者・比留間康二郎/「社員の名前も覚えなかった俺」-トラックドライバー・杉本竜彦/「日本一の職人魂!最愛の妻との約束」-建設業・坂井秀雄/「名前を呼んでもらえる場所」-パチンコ店員・柳澤ありみ/「30歳引きこもりからの卒業」-紙のリサイクル業・鈴木健也/「社長、大好き!!」-日本一のネジ営業・鈴木美香
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin