FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

そもそも島に進化あり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2016年08月21日 21時13分]
語り口が軽くて、オタクっぽい解説が面白いですね。

【内容情報】(出版社より)
第一作目『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』で好評を博した川上和人先生の著作第二弾。今回扱うトピックは「島での生物進化」。西之島新島の形成からしばらく経ち、島における生物の流入・定着に少しずつ関心が集まっています。島という隔離された環境・・・そこではいったい何が行われているのでしょう? 実はこの「島」という一見特異な環境、私たちの身近な場所にもたくさんあります。いったいどんな場所が「島」なのか? 離島の鳥類を研究する専門家が、実際の経験で感じた「島」という存在。その「島」で繰り広げられる生物たちの動向を、ユーモアあふれる語り口で、軽快に解説。鳥類学者が見つけた「島」という箱庭、そこにはどんな不思議な世界が広がっているのでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
島だ!進化だ!鳥類学者だ!!今度は島について考えた!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 そもそも島は/第1章 島が世界に現れる/第2章 島に生物が参上する/第3章 島で生物が進化を始める/第4章 島から生物が絶滅する/第5章 島が大団円を迎える
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

へんな生きものへんな生きざま

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2016年08月20日 21時04分]
へんな生きものの解説付きカラー図鑑です。
ちょっと怖いもの見たさですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
笑えて泣けて絶句する。生きるのに必死すぎて、こんなにも変てこになった生き物たちの、おかしくも切ない113の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
狩る 捕る 喰らう(ヨウカイカマキリ/サーカスティック・フリンジヘッド ほか)/愛する自分を守るため(トラフトンボマダラチョウ/グラスフロッグ ほか)/存在しない者たち(コノハチョウ/カレハバッタ ほか)/周りに合わせて生きてます(キリンクビナガオトシブミ/ジェレヌク ほか)/ある愛の詩(アオアシカツオドリ/オウギバト ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

松本零士・戦場漫画クロニクル

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2016年08月19日 21時57分]
単行本未収録作品なんですね。確かに読んだ記憶はありませんでした。

内容紹介
未単行本化7作品を収録したファン必携の書

松本零士のライフワークであり、緻密なメカと戦場の悲哀を描き、読者の心を掴んだ「戦場漫画シリーズ」から、
これまで一度も単行本に収録されることのなかった7作品を集成したファン必携の書が登場。
約150回分のストーリー&登場メカガイド、
名セリフ集、カラーイラストギャラリー、シリーズに影響を受けたクリエイターからのメッセージ等も収録。
「戦場漫画シリーズ」は第二次世界大戦をベースに松本零士が描いた短編漫画集です。
『ザ・コクピット』『ハードメタル』『ブルーメタル』『ケースハード』『コクピットレジェンド』
とタイトルや掲載誌を変えつつ30年以上にわたり発表されてきました。
生涯の仕事と位置づけ、全ての作品に込められた「機械工学に対する努力と熱意への敬意」
というテーマこそ、著者の平和への願いなのです。
松本零士のメッセージを本書を通じお届けします。

単行本初収録7作品
「過去からの帰還 パイロット262」「ブラック0」「帰還 影の老兵」「死神の誘導路」「髑髏の道程標」「自転弾道」「無のモナリザ」
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

きみに努力はいらない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年08月18日 21時36分]
お金にこだわり過ぎずに生きるのが、いいのでしょうね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今、力を注いでいるのは本当に自分がしたいことか?「人に合わせない、だから強いー」20年間無敗、伝説の雀鬼、人生を取り戻す思考。人付き合い、仕事の本質、お金との距離、本当の遊び方まで。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 努力を売りものにしない生き方(「努力」という言葉は心の中に閉まっておくものだ/敵から信頼感を持ってもらうことができれば、それは自らの強さの証といえる ほか)/第2章 持たないからこそ自由になれる(私が考える生活学は、必要最低限のものだけを稼ぎ、自然の中で隠やかに生きていく方法だ/問題は、衣食住の心配がなくなった時点からその先をどう生きるかである ほか)/第3章 自分らしさを取り戻す方法(人脈を使って金儲けを1つやったら、次は損得なしでその人と付き合ってみることだ/自分の会社だけが世界のすべてであると思い、それ以外の世界を見ることができなくなるのは実に危険なことだ ほか)/第4章 遊び心を忘れずに生きる(いつでも本心をさらけ出し、裸になったような気持ちで生きればいい/堅さばかりで柔軟性を失った人間は、逆境に弱い ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「平穏死」を受け入れるレッスン

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年08月17日 21時33分]
家族の情が平穏な死を遠ざけているんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
安らかな大往生を妨げていたのは、家族の「情」だった!「いつまでも生きてほしい」けれど「楽に逝かせたい」家族のジレンマにベテラン医師が答える。人が老いて死にゆくとき、最後に家族ができることとは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人には「安らかにいのちを閉じる力」がある/第2章 終末期医療、家族のジレンマはなぜ起きる?/第3章 日本人の医療依存を考える/第4章 いま必要なのは、「老い」と「死」を受け入れる姿勢/第5章 「その人らしさ」を尊重したケアで人生をハッピーエンドにする/第6章 「最善」の医療とは何か/第7章 試練は「人生で本当に大切なもの」に気づくためにある/終章 幸せな死を思い描いて、今日一日を楽しんで生きる
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

鈍感になるほど人生がうまくいく

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年08月16日 21時30分]
鈍感力です。敏感すぎる人はしょうがないですが、鈍感にもいいことがあるんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「鈍感」とは、空気が読めない人のことではありません。もう、小さなことで悩まない!もう、どうでもいいことで落ち込まない!読むだけで人生が変わる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 鈍感になって、たくましく生きる/第2章 鈍感な人は、人間関係にも強い/第3章 鈍感力で、自分らしい人生を実現する/第4章 鈍感力で、悩み事を引きずらない/第5章 焦らず急がず、自分らしく生きる/第6章 嫌な出来事は、その日のうちに忘れる/第7章 鈍感力で、怒らずに生きる/第8章 がんばりすぎずに、自分のペースを守る/第9章 鈍感な人は、限界を知らない
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

好奇心を“天職”に変える空想教室

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年08月15日 21時07分]
今からの人に読んでもらいたい本ですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、宇宙開発の常識を逆転。日本一の空想経営者が見つけた“どんな夢も実現させる方法”TEDXで話題沸騰!150万人の魂を震わせた感動スピーチ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 思い描く。/2 思い込む。/3 思いやる。/4 思い切る。/5 思い続ける。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

その島のひとたちは、ひとの話をきかない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2016年08月14日 21時43分]
自殺を避けるための方策は一つではないのは聞いていましたが、それでもどうするといいのかは分かりません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「今、即、助ける」「できることは助ける。できないことは相談する」数々の支援活動で注目をあびる精神科医が、生きやすさのヒントを探す旅に出る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 支援の現場で/第1章 助かるまで助ける/第2章 組織で助ける/第3章 違う意見、同じ方向/第4章 生きやすさのさまざまな工夫/第5章 助けっぱなし、助けられっぱなし/第6章 ありのままを受け入れる/終章 対話する力
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2016年08月13日 21時38分]
確かに高い運用利回りを目指すのは困難ですが、税金を返してもらうことによって、運用利回りを高くすることは出来そうですね。
しかし、定年が近いケン爺には、あまり使えなさそうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
確定拠出年金(2017年の法改正に対応!)・NISA…その驚きの節税効果は投資の運用益をしのぐ?!プロが教える、目からウロコのお金ハウツー!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 低金利をただ嘆いてないでまず、税金を取り戻しなさい(マイナス金利の時代、あなたのお金はどう増やすべきか/投資経験のない人でもできる「資産を増やす確実な方法」とは ほか)/2 「確定拠出年金」&「NISA」なら減税できて、資産がつくれる(確定拠出年金を活用して税金を取り戻す!/NISAを活用して税金を取り戻す!)/3 税金を「払わずにすむ制度」で有利にお金を蓄えよ(財形貯蓄制度を活用して税金を取り戻す!/個人年金保険を活用して税金を取り戻す! ほか)/4 あらゆる「控除」を駆使して、払った税金を奪還する(「源泉徴収票」をきちんとチェックしてみよう/税負担を軽くする「14の所得控除」をチェック! ほか)/5 困ったときにもらえる「給付」と「手当」の活用術(高額療養費制度…限度を超えた医療費は、そっくり戻ってくる!/傷病手当金…思わぬ病気やケガによる生活不安を取り除く! ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

県民ごはん作ってみました!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2016年08月12日 21時33分]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
北は北海道、南は沖縄まで。作って、食べて、取り寄せて。レシピ満載、もぐら初の“ごはんコミックエッセイ”。全国各地の名産お取り寄せも収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「富山県」キュウリのみそ汁/「東京都」もんじゃ焼き/「沖縄県」サーターアンダギー/「秋田県」だまこ鍋/「宮崎県」チキン南蛮/「北海道」ちゃんちゃん焼き/「愛媛県」タコめし/「新潟県」イタリアン/「愛知県」小倉トースト/「千葉県」さんが焼き/「岡山県」えびめし/「京都府」やぬきうどん/「群馬県」焼きまんじゅう
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin