ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

杏奈は春待岬に

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2016年07月31日 21時43分]
涙こそ出ませんでしたが、結構最後まで読ませてくれました。別のクロノスシリーズかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
初恋=最後の恋。この恋だけは、時空を超えると、信じているーー。春待岬に建つ洋館。そこに住む少女にぼくは恋をした。でも、会えるのは桜の咲いている間だけ。なぜなら彼女は、時の檻の中に閉じ込められているから。彼女を救い出すためには、クロノスをーー。オールタイムベスト級の感涙作「美亜へ贈る真珠」から45年。タイムトラベル・ロマンスの帝王が満を持して放つ、究極の恋物語。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「春待岬」に建つ洋館。そこに住む少女に、ぼくは一目惚れした。でも、そのときは知らなかった。会えるのが、桜の咲いている間だけだなんて。もちろん、歳をとるのがぼくだけで、彼女が永遠に、少女であり続けることもー“時の檻”に囚われた彼女を、なんとしても救い出す!そのためには、“クロノス”をー気がつけば、愛する人よりも大人になっている。そんなとき、あなたは、どうしますか?そして“ぼく”の選択を、どう思いますか?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

神様に一番近い動物

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2016年07月30日 21時41分]
ナンセンス本と言ってもいい話の本ですが、人によっては意味を感じ取れるかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
「夢をかなえるゾウ」著者が贈る、
全く違う7つの面白さが味わえる、新感覚エンターテインメント!
どの物語にも、あなたの人生観を大きく揺さぶる一文がきっと見つかります。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
7つの面白さが味わえる新感覚エンターテインメント!どの物語にも、あなたの人生観を大きく揺さぶる一文が、きっと見つかります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
三匹の子ぶたなう/お金持ちのすすめ/宇宙五輪/役立たずのスター/スパイダー刑事ーカブトムシ殺虫事件/愛沢/神様に一番近い動物
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

かつお節をまいにち使って元気になる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2016年07月29日 21時36分]
鰹節は偉大ですね。小さい頃は削りにくくなった鰹節をもらってかじっていたのを思い出しました。
ちょうどこの本を読んでいる頃に、カツオ漁の問題が国際的な課題になっていることがニュースになっていました。
南の海で獲られてしまえば、日本近海には来なくなるのは当たり前ですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたの知らない「かつお節」のチカラを、ぜひ本書で確認してください。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 かつお節でおいしくなる(本物志向の時代/3つ星で圧倒する日本料理/日本の食文化を支えるだし ほか)/第2章 かつお節で元気になる(良質なたんぱく質の宝庫/カツオのパワーの源/注目を集める疲労回復効果 ほか)/第3章 かつお節の秘密を知る(かつお節とその仲間たち/カツオのプロフィール/かつお筋になる魚 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

脳が目覚める「錯視」クイズ77

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2016年07月28日 21時32分]
小さい子供は錯視しないことがあるというのは初耳でしたが、遠近感などが経験で得られるというのを聞けば納得ですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“見る”クイズで頭をぐーんとストレッチ。錯視やだまし絵を駆使したクイズ満載。

【目次】(「BOOK」データベースより)
きらめく星が見える?-きらめき格子錯視/模様がずれる?-Yジャンクション/どっちのカステラがお得?-シェパード錯視/箱はいくつ?/魚はどうなる?-ピンナ錯視/箱の色をくらべると?-クレイク・オブライエン・コーンスイート錯視/おかしな壁?-カフェウォール錯視/近いのはどっち?-ザンダー錯視/どちらの円が大きい?-エビングハウス錯視/何て書いてある?〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

7月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2016年07月27日 21時37分]
雨が多かった割には健闘しています。
地震で太陽光の下の瓦が落ちたりずれたりして、雨漏りしたので修理してもらいましたが、まだ請求がありません。どうなっているのでしょう?
しかも、まだ雨漏りしている箇所があります。困ったものです。
光熱費201607

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

国語力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2016年07月26日 21時28分]
やくみつるっていう人も凄い人ですね。往年のはらたいらと並び立つ漫画界の物知りおじさんです。
その知識収集の一端がこの本に書かれていました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
集める力、読む力、覚える力、書く力、編む力、聞く力、考える力、伝える力、笑える力…。森羅万象漫画家・やくみつると日本語のプロ・齋藤孝による国語力向上のための指南書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
本には人格がある/子どもっぽさが知的活動の根源/水平方向と垂直方向のコミュニケーション/活字文化と絵文字文化/業界用語と方言の消長/会話力に基づく檀蜜ブーム/概念で経験を釣り上げる技術/五七五に秘められた韻律力/テンポのいい言葉/「語り」の文化/お笑いのフレーズを採集する/コメント力/万有引用力/漫画力/やくみつるの「国語力を高めるテキストブック10選」/谷岡ヤスジにみるオノマトペ/食味形容のオノマトペ/テロップにはツッコミ的要素がある/齋藤孝の「国語力を高めるテキストブック10選」/音読力/三色ボールペン読書法と質問力
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

田園回帰がひらく未来

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2016年07月25日 21時33分]
田園回帰は本当にできるのでしょうか?
若い世代の考え方がどう変わっていくのかによりけりだとは思いますが、せいぜい10万都市程度への回帰が限度ではないかと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
都市から地方への移住は、欧米では1970年代に始まった。これに数十年遅れて動き始めた日本の「田園回帰」は、単なる人口逆流ではない。地元の内発的な地域づくりに繋がり、都市と農山村の共生をも導いている。新しい意識と行動力を持った若者が牽引する地方移住の現状と背景、展望を開くシンポジウム記録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 人口減少社会から希望の定常化社会へー田園回帰の背景/2 「地域みがき」が人を呼ぶー田園回帰の本質/3 農山村と人が多様につながるー田園回帰の諸相/4 田園回帰のススメー実践者たちのメッセージ(「得意」を持ち寄って暮らす/まずは、つなぐことから/移住者視点で田園回帰をサポート/コメント 何が都市と農村をつなぐか)/5 一%の人と仕事を取り戻すー田園回帰の戦略
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

分断社会・日本

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2016年07月24日 21時29分]
世界中で分断化が進んでいるようです。
もともと支配するには「分断」がいい手段なんですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なんでこの社会は分断されているのか。所得も、働きかたも、人間関係も、どこを見ても刻まれている分断線。分断を超える突破口はどこに?

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 分断社会の原風景ー「獣の世」としての日本/2 分断線の諸相(働く人びとの分断を乗り越えるために/住宅がもたらす分断をこえて/日本政治に刻まれた分断線/西欧における現代の分断の状況ー右翼ポピュリスト政党の台頭を通じて/固定化され、想像力を失った日本社会)/3 想像力を取り戻すための再定義を
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

99%後悔しない65歳からのリフォーム&家づくり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:老後 [2016年07月23日 21時26分]
考え方は色々あるものですね。
次にリフォームするときには再度読んでみることにします。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いつまでも生き生きと暮らせる住まいのために!70歳目前の女性、60歳を超えた方、そして50代の女性から、暮らしの支えとなる住まいづくりについてのたくさんの声を集めました。リフォームや家づくりでは介護のことも必要ですが、この本では、これからの人生をたっぷり楽しむ工夫を優先した具体的な提案をまとめています。家づくりで「後悔したくない」人にとって、必読の一冊です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
玄関ー余裕をもったスペースを!/廊下ー大切な床材と手すりの素材選び/リビングー安らぎを生む“畳のある空間”/キッチンー高齢者に便利なシンプル機能でお料理教室/ダイニングー夫唱婦随で家事を楽しむ/寝室ートイレを置くことも想定しておこう/和室ー日本文化の“粋”を知る/押入れー貴重な収納スペースを有効活用/クローゼットーライフスタイルが変わったら断捨離も必要/洗面所ー便利で安全、安心な清潔空間/浴室ー事故と介護を視野にスペースづくり/トイレー多機能も使いやすさ優先で!/ユーティリティー“生活の知恵”で有効利用/階段ー段差、踊り場等の注意点/バルコニーー趣味の時間を楽しむ“健康空間”/庭ー“くつろぐの空間”をどう過ごす!?/駐車スペース・自転車置き場ー必要?必要なし?/番外編ー便利な最新機器に慣れて、“人生を楽しむ”/動線全体のことー知っておきたい“終の棲家”の暮らし方
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

武士道シックスティーン

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2016年07月22日 21時23分]
なかなか面白い小説でした。続きも読みたいですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利にこだわらず「お気楽不動心」の早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再会を果たすが…。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテインメント。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin