ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

なぜ日本人は、一瞬でおつりの計算ができるのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2015年08月31日 21時58分]
基礎的な訓練がなされているので、平均的な学力は日本人が高いというのは分からないでもないですね。
なお、語学が得意とは書かれていませんでした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界に出てわかった!国語も算数も、実は語学も、日本人は大得意!『住んでみたヨーロッパ9勝1敗で日本の勝ち』で話題の著者がおくる、比較教育論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 歴史ー寺子屋が日本人の知力を育んだ/第2章 学校ーなぜ日本人は分数、小数の計算ができるのか/第3章 制度ー落ちこぼれを作らない日本の教育/第4章 大学ー入試のないドイツ/第5章 就職ー一斉就職はあり得ないドイツ/第6章 仕事ー過重労働の日本人、過重休暇のドイツ人/第7章 革命ー反権威主義で揺れたドイツ/第8章 食文化ー昼も夜も、皆で食卓を囲む日本/第9章 言語ー世界で闘う武器を手に入れよう
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

一生嫌われない人生を手に入れる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2015年08月30日 21時56分]
サービスとホスピタリティは違うのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたは嫌われていませんか!?さりげない気づかいや、思いやりが人間関係を円滑にします。嫌われる勇気をお持ちの方にも、一読をお勧めします。ホスピタリティとはまごころを伴った言動です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ホスピタリティ・マインド(ホスピタリティとは/なぜという発想を持つ ほか)/第2章 マナーとホスピタリティ(心地よく一緒に楽しむマナー/挨拶・返事はシンプルだけれどもパワフルに ほか)/第3章 コミュニケーション(コミュニケーションはそもそもうまくいかない/コミュニケーションには「あきらめ」も必要 ほか)/第4章 言葉(情けは人のためならず/「おる」と「おられる」 ほか)/第5章 仕事に生かすホスピタリティ(サービスとホスピタリティ/競争から共創へ ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

こんなまちに住みたいナ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2015年08月29日 21時53分]
この方の語りはあまり好きではなかったので、本でもその口調が思い出されてしまいました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生きやすい「まち」にするために、みんなで参加するコミュニティデザインの素。人とのつながり、合意形成、創意と協働、歴史の引き継ぎ…絵本のコレクターにして、まち育ての達人が伝える、コミュニティに必要な心の栄養素とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「笑い」が突破口をつくるー生き方篇(発想の扉を開く/シンプルな生き方を選ぶ/友愛を分かち合い、コツをシェアする ほか)/2 「楽しさ」を旨とするー住まい・まち育て篇(子どものつぶやきは物語のはじまり/創意と協働で住まいをつくる/間合いがまちを元気にする ほか)/3 「あいだ」づくりを大切にするーコミュニティ篇(トラブルをドラマに変える/他者とともによりよく生きる/自然の力を感じる力を育む ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

すえずえ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2015年08月28日 21時51分]
しゃばけシリーズも13冊目ですか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
若だんなのお嫁さん、ついに決定~!!お相手は、いったい誰?えっ、けど、仁吉や佐助、妖達とはお別れなの?

【目次】(「BOOK」データベースより)
栄吉の来年/寛朝の明日/おたえの、とこしえ/仁吉と佐助の千年/妖達の来月
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

8月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2015年08月27日 21時30分]
台風は来ましたが、なかなかいい数字が出ています。
このまま発電して欲しいものです。
光熱費201508

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

もぎ塾実況ライブ!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2015年08月25日 21時02分]
受験のための勉強があまり役に立たないのは昔から言われますが、そうでしょうね。
ドーパミン生活ですか、結果として有名大学に行けるようであれば、将来のためになりそうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生きる力って何だ?めざせドーパミン生活!臨場感たっぷり、雑談つぶやき満載!笑いと感動の名講義を紙上実況中継!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1時間目 「生きる力」って何だ?/2時間目 国際化時代の国語科教育のブレを質す!/3時間目 必聴!ドーパミンの出し方・出させ方実践編/4時間目 『勉強』についてのWhen?Where?Why?/5時間目 教えます、「今」そして「これから」を生き抜く極意/6時間目 今こそ、教育現場に「文明開化」リターンズ!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日も嫌がらせ弁当

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2015年08月24日 21時00分]
継続は力なりと言いますが、すごいパワーですね。
うちの連れ合いにはそんなパワーは無いようです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いま話題の「仕返し弁当」を高校3年間作り続け、食べ続けたシングルマザーと反抗期女子高生親子の泣き笑いお弁当エッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
2012年「嫌がらせ弁当1年目」始まり(気を付けろ赤ずきん!/オヤジの恋 ほか)/2013年「嫌がらせ弁当2年目」反抗真っ只中(これが普通の女子高生/安眠妨害 ほか)/2014年「嫌がらせ弁当3年目」高校生活、残り1年(カワイイけど実は猛獣/5000円札の人 ほか)/2015年「嫌がらせ弁当4年目」そして卒業へ(まだまだ続く/最後の小言 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

徳川三百年を支えた豪商の「才覚」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2015年08月23日 21時00分]
童門冬二さんは、武士のことを書く作家だと思っていました。
そうでもないのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦国時代が去り、平和に見える江戸時代だが、「士農工商」という身分制度の中、商人には過酷な時代でもあった。武家の無理難題に「逆境こそ好機」と知恵と信念で立ち向かい、商機を掴んだ商人たち。庶民の暮らしを良くしようと奮闘した者から、困窮する大名家の財政再建に命を賭けた者まで、世界でも稀有な徳川三百年の“平和と繁栄”を支えた豪商たちの決断力や行動力は、現代の企業人にも通じるはずだ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 逆境を跳ね返し、江戸の繁栄を支えたー豪商の「発想力」(河村瑞賢(江戸元禄期の豪商)「カネも看板もなければ、知恵で勝負する」/角倉了以(京都の豪商)「日本海と太平洋の南北を“水の道”でつなぐ」 ほか)/第2章 江戸庶民に支持された「三方よし」という心得ー豪商の「行動力」(西川甚五郎(近江商人・「ふとんの西川」創業者)「客の要求に先んじれば、商品は売れる」/市島喜右衛門(越後・新発田の豪商)「人に潜む宝の能力を掘り起こせ!」 ほか)/第3章 お客様が第一「先義後利」という商人魂ー豪商の「決断力」(淀屋常安(大坂の豪商)「豊臣から徳川の世へ、“商人の目”で先の先を読む」/三井高利(三井中興の祖)「薄利多売と店前売りで、顧客を武士から庶民へ一新」 ほか)/第4章 大名の面目を潰さず、藩と民を救ったー豪商の「交渉力」(本間光丘(庄内・酒田の豪商)「借金の申し入れに、身分は一切不要!」/広瀬久兵衛(豊後・日田の豪商)「藩を越えて通用する新貨幣を発行」 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

色鉛筆は丸いのに鉛筆はなぜ六角形?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2015年08月23日 17時06分]
プルタブとか自販機、信号機については昔聞いたことがありましたが、結構知っているようで知らないですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
身近な謎と疑問を豊富なイラストで解説。ゼッタイ他人に教えたくなるー身の回りの不思議発見!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 こんなところが、なぜこの形?(缶飲料のプルタブの開け口は、なぜ左右非対称なの?/色鉛筆は丸いのに鉛筆はなぜ六角形?/コンセントの穴は、左右で長さが違うって知ってた? ほか)/2 これは何のためにあるの?(クリアファイルの下のほうにある三角形の切れ込みは何のため?/三角定規に穴は必要?/なぜプラスチックの定規は端まで目盛りがないの? ほか)/3 なぜ、この違いがあるの?(自動販売機のコイン投入口、縦型と横型はどう違う?/軽く押す自動ドアと、ふれるだけの自動ドアの違いは?/信号機にはなぜ縦並びと横並びがあるの? ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

全論点人口急減と自治体消滅

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年08月22日 21時51分]
大部の本です。
反論も含めて一定の論点整理がなされています。
人口が減るのはしょうがないと思いますが、なんとかソフトランディングしてほしいものです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2040年「ふるさと生き残り」の条件とは?自治体トップ24人、有識者36人の提言!76の実践例&資料!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 「ふるさと消滅」の衝撃(2040年ー「極点社会」が到来する/ルポー自治体に何が起きているか)/第2部 人口急減社会の論点(社会と人口/人口減と経済・財政/地方と人口減/人口減と自治体/人口減と若者/女性・家族・子育て/人口減と公共政策/人口減と雇用/人口減と安全保障/欧州との比較)/第3部 人口急減ー克服への提言(知事に聞く“地方創生”の具体論/市町村長に聞く“わがまち”の少子化・人口流出対策/人口急減に対する国の施策)/第4部 動き出した自治体ー生き残りを目指して(ルポー魅力ある地域づくり/“わがまち”の人口減対策 News & Data)/第5部 座談会ー人口減少社会の今、何をなすべきか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin