FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

スマートシティはどうつくる?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年08月21日 21時30分]
スマートシティの概念はたぶん人によって違うのではないかと思います。
今の時点では、かなり広めのスマートシティの本でした。
今後どのように進んでいくのでしょうか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
エネルギー、水資源、情報通信、交通など私たちのくらしを構成するすべての機能がつながり、循環するスマートシティ(スマートコミュニティ)。省エネルギーや創エネルギーを主体とした環境配慮・低炭素のスマートシティ構想が世界的な広がりを見せている。種々の産業が活気にあふれ、環境負荷は減少し、人々の生活は心地よいーどうすれば、そのようなまちが生まれるのか。日建設計を母体とする日建グループのシンクタンクである日建設計総合研究所(NSRI)が、いま世界の都市が取り組むスマート化の課題と実現へのプロセスを解く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 都市の現況ー膨張し続ける都市・成熟を超えた都市(世界的な都市人口の集中/加速するエネルギー消費/高齢化する都市/課題解決に向けて期待されるスマート化)/第2章 スマート化とは何か?(スマート化の概念整理/スマート化に関する施策/都市・コミュニティにおけるスマート化/スマート化の標準化の動きについて)/第3章 スマートシティ検討のプロセス(スマートシティ開発の現況/スマートシティ実現のための統合的検討プロセス/スマート化を実現するための事業の進め方)/第4章 スマートシティ技術の導入計画1(コミュニティづくりと都市計画の方法/建物の低炭素化の推進/エネルギー供給系インフラ計画)/第5章 スマートシティ技術の導入計画2(上下水道系インフラ/廃棄物処理系インフラ/インフラとしての緑・水環境/交通系インフラ(道路、公共交通、自動車)/ICT系インフラ)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

健康半分

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2015年08月20日 21時12分]
著者の本は「老人力」ぐらいしか読んでいませんでしたが、なかなか洒脱な方だったんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
健康は半分くらいでちょうどいい。病気になって、はじめて見えるものがたくさんある…。病気と上手につきあいながら過ごす著者の毎日は、ニヒッと笑えるおもしろさにあふれている。目からウロコのエピソードあり、しみじみとした感動話あり。医療健康雑誌『からころ』の連載をまとめた『健康半分』(2011年、デコ刊)に9本のエッセイを追加した増補版。絶筆となった「頭に広がる謎の答え」を収録。自筆イラストも25点収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 二〇〇六~二〇〇七年(病気旅行に出かける/病気さんとのお付き合い ほか)/2 二〇〇八~二〇〇九年(ヒマだから見えること/電話に出ると咳込む ほか)/3 二〇一〇~二〇一一年(ピンチをチャンスに/目の充電 ほか)/4 二〇一二~二〇一三年(蒲団の中の眠り方/雑用の神様 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

格差固定

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年08月19日 21時59分]
国の調査では下流が増えていないというのは、実態を表していないように感じます。
大金持ちを除くみんなが貧乏になれば、非正規で厳しい人も中流と思うのかもしれませんが。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
下流43%。昭和35年並みになった日本。上流は自民党、下流は無投票。選挙権年齢引き下げは自民党の策略か?下流はテレビすら見なくなった!公務員は現代のお代官様。タイムマシンで行きたい時代は「バブル時代」!衝撃のベストセラー『下流社会』から10年ー日本は新しい「身分社会」に突入していた!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 階層格差の実態ー持てる者は富み、富める者同士が結びつく/第2章 格差固定の実態ー落ちるのは簡単だが、上がるのは難しい/第3章 職業別分析ー公務員が上流という新封建社会/第4章 政治と政策ー自民党に投票したのは夫婦のみ世帯という不快な結果/第5章 メディアーインターネットが政治を「保守化」させた/第6章 消費意識ー下流は精一杯 上流は欲しいものがない/第7章 コミュニティとコミュニケーションー若い世代はソーシャル系と文化的オムニボア、シニアはUBRCに注目/第8章 将来展望ー行きたい時代はバブル時代。学生、非正規雇用、無職は江戸時代も多い
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

理系クンイクメンできるかな?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2015年08月18日 21時03分]
育児だって科学的な分析で最適化できるはずというのは分かる気がします。

【内容情報】(出版社より)
理系男子と文系女子の間にある暗くて深い河を越え、夫婦となったN島クンと漫画家のえり子。長女が誕生し、「仕事と家事と育児……ちゃんとできるかな?」と不安がるえり子に、N島クンは「大丈夫! えり子が仕事とか病気のときはボクが育児をする」と、堂々のイクメン宣言! ネット(主に2ちゃん?)で育児情報を勉強しまくって、“ママと互換性のあるパパ”を目指して大奮闘するN島クンにえり子はタジタジ……。
そして第二子の男の子がお腹にやってきた! それを知った翌日、N島クンはソッコーで会社の上司に育児休業のお願いをして、なんと6カ月もの育休をゲット! 理系クンのイクメン生活、果たしてどうなる!?
パパの理系脳を受け継ぐ長女ハルカ、笑いの沸点が低いニコニコ長男カオル。かわいい家族が増えてますます盛り上がる爆笑&感動のコミックエッセイ「理系クン」シリーズ第四弾、ついに登場!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

まんがのソムリエ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2015年08月17日 21時55分]
おおむね半分ぐらいは読んでいるようです。
ギャグ系は嫌いだったのでほとんど読んでいませんでしたが、そのうちチャレンジしてみましょうかね。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 まんがで心がほこほこするっていいんじゃない/第2章 まんがだから描ける壮大なドラマがあるのだ/第3章 道に迷ったときにはこのまんがをどうぞ/第4章 まんがで歴史が好きになっちゃまずいのか/第5章 まんが表現の魅力に出会うまんがはいかが?/第6章 世の中のことはみんなまんがが教えてくれる/第7章 笑えるまんががやっぱりいい
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

亡国の集団的自衛権

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年08月16日 21時46分]
集団的自衛権の行使については、この本にかいてあるように問題が多いように感じています。
さて、政府が言っているようなことが起こるリスクはあるのでしょうか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
安倍政権は、集団的自衛権の行使容認をめざして、着々と足場を固めている。戦後七〇年間続いてきた「憲法九条」体制も、大きく揺らいでいる。著者は、イラク戦争時に、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣の下、自衛隊海外派遣のための法整備と現場指揮を主導した、元防衛官僚である。「立憲主義」への挑戦ともいうべき現政権の安全保障政策を、豊富な事例を挙げながら徹底批判。わが国でもっとも戦争を知る人物だからこその、国際紛争の現実に即した説得力のある議論を展開!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 集団的自衛権の視点(真の政策目標はどこにあるのか/自衛隊を出動させることの重み ほか)/第1章 集団的自衛権と日米ガイドライン改定の行方(ガイドライン改定中間報告/イスラム国・中国・北朝鮮とガイドライン/政治が先か軍事が先か)/第2章 七月一日閣議決定のおかしさ(従来の政府見解との乖離/現実性のない事例/効かない歯止め)/第3章 バラ色の集団的自衛権(「普通の国」とは何か/何を抑止するのか?/抑止力を高めて日本を平和にする? ほか)/第4章 国際情勢はどう変わったか(戦争をめぐる要因・戦争のやり方/「米国による平和」の行方/米中の力関係 ほか)/第5章 集団的自衛権は損か得か(日米同盟のバランス感覚/米中対決のシナリオと日本の役割/日中戦争とアメリカの対応)/第6章 世界の中でどう生きるかー今日の「護憲」の意味(日本とは、どういう国か/日本のパワーの源泉と弱点)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

被災弱者

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2015年08月15日 21時54分]
復興から取り残されるのが、在宅の被災者というのは知りませんでした。
行政側ではなかなか分からないですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東日本大震災の集中復興期間終了を目前に、復興から取り残される人びとがいる。くらしの再生に必要なものは、巨大プロジェクトの加速ではない。「いつまで被災者なのか」と弱者を切り捨てるなら、社会はその負債を将来にわたって抱え込むだろう。被災は、誰にとっても人ごとではない。災害多発国日本のあやうさを現場から問う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 プレハブ仮設住宅で(「ミスター仮設住宅」の孤軍奮闘/「見守り」は続けられているが… /ボランティア活動の意義ほか)/第2章 みなし仮設で(みなし仮説親睦会「若松会」/みなし仮説とは/みなし仮説の功罪 ほか)/第3章 在宅被災者という存在(暗闇の町で/支援対象外の被災者/食料を届けた石巻市 ほか)/第4章 被災者とは誰なのか(不公平な扱い/罹災証明をめぐる問題/無力だった災害対策基本法 ほか)/第5章 子どもたちー学校と遊び場は取り戻せたか(バスケットボール教室で/子どもに寄り添う/失われた放課後 ほか)/第6章 生業再建の希望と困難(二次災害のダメージ/冠水被害の農地/いちご農家の試練 ほか)/第7章 復興事業の不条理(災害危険区域設定/自治会の解散、消えていく集落/「住民合意」を尊重した地域も ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「うまくいかないあの人」とみるみる人間関係がよくなる本

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2015年08月14日 21時53分]
最近では上司の数も少なくなってきたので、直接には必要でない本かとは思いましたが、少しは未来を考えましょうかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
職場・夫婦・親子…昨日までの悩みがパッと消える!離職率・離婚率・犯罪率が激減!世界62カ国で実証されている「選択理論」であらゆるパートナーとうまくいく!30万人の人生が変わった!新しい人づき合いの入門書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 うまくいかない原因は私たちの「間違った常識」にある/第2章 「行動のメカニズム」がわかれば、誰とでもうまくつき合える/第3章 「小さな選択」でどんな人間関係もみるみるよくなる/第4章 業績までアップする!職場での人づき合いの鉄則/第5章 心が通い合う最高の家庭のつくり方/第6章 いつまでも信頼し合える親子関係の秘訣
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

社会資本整備と国づくりの思想

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2015年08月13日 21時51分]
社会資本整備の必要性がある地方の人には響く本です。
B/Cだけで判断するのは楽でいいのですが、それだけで進めると田舎はどうにもならなくなりそうです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 社会資本整備と国の発展(社会資本整備の歴史的考察/明治から戦前の社会資本整備と国づくり/戦後の社会資本整備と国づくり)/第2章 川と道をめぐる住民と行政(川をめぐる住民と行政/道をめぐる住民と行政/明治以降の河川整備・道路整備に共通すること)/第3章 1990年代以降の社会資本整備(1990年頃の時代性/公共投資の推移と公共事業批判/世論に左右される社会資本整備/効率重視の社会資本整備/今日の社会資本整備の課題と国づくりの思想)/第4章 これまでの国づくりと新たな国づくり(大都市圏への集中と国土の均衡ある発展/海外に依存する国づくり/新たな大都市圏の創造による国の自立的発展)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

空想法律読本 3

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2015年08月12日 21時50分]
法律とは一般の人を対象にしたものですから、特殊な人への適応は難しいですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2009年、国民が審理に参加する裁判員制度が施行された。社会が成熟するにつれ、法律や裁判も複雑になっていく印象があるが、それらは社会の基盤であり、市民の日常感覚から乖離してはならない。同時にわれわれ市民も、法律や裁判を忌避すべきではないだろう。そこで空想科学研究所では、漫画やアニメの世界で起きている事件を法律的に検証し、約10年ぶりに書籍化することにした。扱ったのは、できるだけ新しい漫画やアニメや小説のエピソードで、『侵略!イカ娘』無賃労働事件、『けいおん!』エレキギター値引き事件、『デスノート』不可能犯罪連続殺人事件…など、全28事件。気軽に読めて、法律の考え方がよくわかる驚くべき入門書となっている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
『名探偵コナン』私立探偵なりすまし事件ー事件解決のたびに毛利小五郎を失神させる工藤新一の犯罪/『侵略!イカ娘』強制無賃労働事件ーイカ娘をずっとタダ働きさせているのはどんな罪?/『マジンガーZ』あしゅら男爵性別疑惑ーあしゅら男爵の性別を、法律はどのように決めるのか?/『けいおん!』エレキギター強制値引き事件ー楽器店社長の娘が店員に値引させるのはどんな罪?/『ケロロ軍曹』秘密基地違法建築疑惑ー他人の家の地下に勝手に秘密基地を作るとどうなるか?/『ライアーゲーム』賭博遊戯強制参加事件ー無関係な第三者を強引に賭博に巻き込むのはどんな罪?/『獣医ドリトル』猛犬指示命令暴行事件ー飼い犬に命じて人を襲わせたらどんな罪になるのか?/『キューティーハニー』わいせつ物陳列事件ー変身するとき公衆の前で全裸になるのはいかがなものか?/『宇宙兄弟』就活妨害事件ー辞めた社員の不祥事を他社にチクるのは違法?/『ルパン三世』銭形警部拳銃乱射事件ー警察官はドロボーに向かって発砲していいのか?〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin