ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「これやっといて」で部下が動いてくれる!技術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2013年03月30日 21時33分]
一言でいえば、「これやっといて」で部下が思うように動いてもらうためには、多くの努力がいるということです。
簡単に言えば、部下の経験や能力に応じた「確実な指示」が必要ということですね。
それは、「これやっといてワールド」ではないんじゃないんでしょうか?
しかし、この本の内容をちゃんとやっていけば、部下は育っていくでしょうね。
書名はともかく良書でしょう。
「これやっといて」で部下が動いてくれる!技術「これやっといて」で部下が動いてくれる!技術
(2007/05/10)
柴田 英寿

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2013年03月29日 21時05分]
市井の歴史書っていう感じですかね。
田舎者のケン爺にもそれなりに面白く読めました。
ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)
(2013/01/17)
今 柊二

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

僕の小規模な経済学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2013年03月28日 21時03分]
グダグダな本ですが、ある意味現代社会を切り取っているような本でもあります。
僕の小規模な経済学僕の小規模な経済学
(2013/02/07)
福満しげゆき

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人生の値段 ~ゼロからはじめて必要なお金をつくる本~

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2013年03月27日 23時22分]
「人生の値段」っていう書名はちょっと違うような気がします。
人生の値段 ~ゼロからはじめて必要なお金をつくる本~人生の値段 ~ゼロからはじめて必要なお金をつくる本~
(2012/11/26)
泉 正人

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2013年03月26日 23時16分]
大衆の集合の能力を最大化する「スマート・デモクラシー」ですか。
そのためにネットが果たす役割は大きいでしょう。
ネット選挙の解禁はこの方向性の後押しになればいいですね。
僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)
(2012/11/30)
荻上 チキ

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

3月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2013年03月26日 21時46分]
今月も先月と同じ傾向ですね。
光熱費201303



コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ニッポン再発見 愛すべき田舎あるある

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2013年03月25日 21時14分]
「あるある」と言いたくなるような本です。
中身は大したことはありませんが、田舎って感じですよね。
ニッポン再発見 愛すべき田舎あるあるニッポン再発見 愛すべき田舎あるある
(2012/11/16)
U字工事

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

むしろ暴落しそうな金融商品を買え! (幻冬舎新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2013年03月24日 23時42分]
この本の結論は、株式などの長期投資でも成果を出せなくなっているということです。
そのため、金利が安い時は銀行などの短い満期の預金で運用し、金利が高い時は国債に乗り換えればいいそうです。
また、この本の著者は円高基調は続くと分析れているようです。そのため、金などもダメだそうです。
むしろ暴落しそうな金融商品を買え! (幻冬舎新書)むしろ暴落しそうな金融商品を買え! (幻冬舎新書)
(2012/11/30)
吉本 佳生

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

60歳で小説家になる。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2013年03月22日 23時13分]
特別な本ではありませんでした。
60歳で小説家になる。60歳で小説家になる。
(2013/02/08)
森村誠一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

明日は内示

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:公務員 [2013年03月21日 21時42分]
ケン爺の職場では、明日の午前中に内示があります。
皆さん悲喜こもごもなのですが、夜には職場の退職者激励会があり、かなりの確率でからまれそうです。
明日は大変そうです。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin