ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

お休み

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:自分のことまたは日々雑感 [2012年08月31日 21時55分]
孫がしばらく来ていたので、本が読めていません。
いつもは読みかかりの本が数冊あるので、その日に読み上げると感想を書けますが、読み上げることができません。
しかも、今日は飲みだったので備忘録はお休みです。
コメント (1) /  トラックバック (0)
編集

歴史に学ぶ 減災の知恵: 建築・町並みはこうして生き延びてきた

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年08月30日 20時56分]
日本家屋にも減災の知恵があったのですね。
コンクリートだけが生命財産を守ってくれるわけではないようです。
歴史に学ぶ 減災の知恵: 建築・町並みはこうして生き延びてきた歴史に学ぶ 減災の知恵: 建築・町並みはこうして生き延びてきた
(2012/06/15)
大窪 健之

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

モリタク流 アキバ経済学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2012年08月29日 20時53分]
この10年ぐらいの経済情勢のモリタク流分析です。
結構、間違いが多いですね。
モリタク流 アキバ経済学モリタク流 アキバ経済学
(2012/07/19)
森永卓郎

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

8月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2012年08月28日 18時52分]
8月は暑くて効率が落ちるはずなのですが、晴れの日が多かったせいか、なかなかの成績です。
どうやら去年より電気を使っているようです。
光熱費201208
9月2日修正

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

心をひらく「ほめグセ」の魔法 (経済界新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年08月27日 21時49分]
チャレンジすれば、成功か(失敗ではなく)経験が得られるというのはいいですね。
忘れずに、しっかりホメて(少し)注意したいものです。
心をひらく「ほめグセ」の魔法 (経済界新書)心をひらく「ほめグセ」の魔法 (経済界新書)
(2012/07/25)
西村貴好

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

韓非子に学ぶ ホンネで生きる知恵

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年08月26日 21時47分]
韓非子ですか。法治国家のもとを作った人ですよね。
日本の戦国時代の武将が読んでいたなんて不思議な感じがします。
ケン爺は、自分で作った法律で処刑された人だと思い込んでいました。
韓非子に学ぶ ホンネで生きる知恵 (-)韓非子に学ぶ ホンネで生きる知恵 (-)
(2012/06/07)
童門 冬二

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人を動かす人柄力が3倍になるインバスケット思考

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2012年08月25日 22時11分]
人柄力ですか、ケン爺にはなさそうですね。
せいぜいできるのは、笑顔ぐらいですかね。
人を動かす人柄力が3倍になるインバスケット思考人を動かす人柄力が3倍になるインバスケット思考
(2012/02/16)
鳥原 隆志

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2012年08月24日 22時07分]
ケン爺は適当なところでなんでもあきらめてしまいます。
しかし、極限まで考えることが大事ですよね。
ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50
(2012/07/25)
星野陽子

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

がんばる人ほど見落としている気づかいの極意

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2012年08月23日 21時34分]
「気遣い」って難しいですよね。読む価値のある本だと思います。
土産のお菓子をあえて複数の種類買ってくるとか、残業する部下や同僚にお菓子を渡すとかは、昔やったことがあります。戦略的な気遣いではなくただ何となくでしたが…。
メールとは別に手紙を送って確認してもらうというのは、なかなかの手ですね。
がんばる人ほど見落としている気づかいの極意がんばる人ほど見落としている気づかいの極意
(2012/07/25)
美崎栄一郎

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お盆のはなし

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年08月22日 21時26分]
お盆の由来や行事の本です。
お盆も終わりましたが、ケン爺には昔から「墓」についての疑問があります。
彼岸などに墓参りしますが、先祖はどこにいるのでしょうか。(千の風ではないですが)そこ(墓)には誰もいないはずですよね。
お盆に先祖の霊が還ってくるのは地獄(天国?)からですよね。
墓って何のためあるのでしょう?墓は地獄への扉なのでしょうか?
お盆のはなしお盆のはなし
(2012/06)
蒲池 勢至

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin