ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:老後 [2012年07月31日 20時13分]
確かに親は加齢への道しるべになりえますね。
年表までは作らないとは思いますが、親の人生を知りたくなりました。
「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)
(2012/05/21)
水木 楊

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

悲しむのは、悪いことじゃない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年07月30日 20時51分]
私は「ほどよし主義」で生きてきたつもりなんですが…。人から見ると、そうでもないのかもしれません。
ただ、生きていく上では、人の意見より自分の考えですよね。
悲しむのは、悪いことじゃない悲しむのは、悪いことじゃない
(2012/05/10)
香山 リカ

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年07月29日 21時59分]
異端って、日本のような同質社会では、ある意味格好いいですよね。
ケン爺は、異端度5ぐらいにはなりたいと思っています。
多くの日本人が異端度3ぐらいになれると日本も変われるのでしょうね。
異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)
(2012/07/01)
町田 宗鳳

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

7月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2012年07月28日 20時34分]
梅雨が長かったせいなのでしょうか、成績不良です。
来月を期待しています。
光熱費201207
8/6更新


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年07月27日 22時02分]
ゴミ拾いや掃除にそこまでの「力」があるとは思えませんが、そのような気持ちには何らかの力があるかもしれません。
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?
(2010/11/27)
志賀内 泰弘

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

雑巾がけ: 小沢一郎という試練 (新潮新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2012年07月26日 21時20分]
このような人材育成方法がまだ残っていたなんて、さすが剛腕小沢ですね。
こんなことをやったら、即パワハラで訴えられそうです。
雑巾がけ: 小沢一郎という試練 (新潮新書)雑巾がけ: 小沢一郎という試練 (新潮新書)
(2012/04/17)
石川 知裕

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:健康 [2012年07月25日 21時16分]
今まで読んだ本とたいして変わったことは書いてありませんでした。
今日あった「いいこと」を思い出して、夜寝るのはいいことでしょうね。
「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39
(2012/04/21)
西多 昌規

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

頭のいい人がしている聞く・話す・質問する技術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2012年07月24日 21時01分]
4章までは、かなり役に立ちそうな本です。(年を重ねてきた中でできるようになったようなこともあります。)
5章以降は、多くのビジネス本の焼き直し程度と感じました。
頭のいい人がしている聞く・話す・質問する技術頭のいい人がしている聞く・話す・質問する技術
(2010/06)
松長 隆

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

軸のある人、ブレる人──日本はなぜ「上」から劣化するか (講談社プラスアルファ文庫)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年07月23日 21時58分]
書いてあることは、なるほどということが多かったのですが、この本を書かれた人が、軸がある人であるとは思えませんでした。
軸のある人、ブレる人──日本はなぜ「上」から劣化するか (講談社プラスアルファ文庫)軸のある人、ブレる人──日本はなぜ「上」から劣化するか (講談社プラスアルファ文庫)
(2012/05/22)
山崎 武也

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「絶望世代」は幸福でいいのだ!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2012年07月22日 21時54分]
ウエンツが書いた本です。
今の若い人たちの考え方や生き方の代表かもしれません。
「絶望世代」は幸福でいいのだ!「絶望世代」は幸福でいいのだ!
(2012/04/20)
ウエンツ 瑛士

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin