FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

デジタル教育は日本を滅ぼす

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年06月22日 21時23分]
デジタル教科書には期待しているのですが、否定的な意見もあったのですね。
デジタルだけではだめでしょうが、活用すれば(教えるだけではなく、一緒に考えたり議論したりできる先生という)新たな展開が期待できそうですけどね。
デジタル教育は日本を滅ぼす 普及版デジタル教育は日本を滅ぼす 普及版
(2012/01/13)
田原総一朗

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

鈴木宗男が考える日本

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年06月21日 21時12分]
鈴木宗男氏は戦後保守政治家の末裔だそうです。
いろいろな考え方があるものですね。
鈴木宗男が考える日本 (洋泉社新書y)鈴木宗男が考える日本 (洋泉社新書y)
(2012/03/24)
鈴木 宗男、魚住 昭 他

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

日本人には何が欠けているのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年06月20日 21時11分]
日本人とユダヤ人の著者による日本人論の集大成。
しばらく前の考察ですが、そう昔だとは思えませんね。
日本人には何が欠けているのか タダより高いものはない日本人には何が欠けているのか タダより高いものはない
(2012/04/04)
山本七平

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

長寿と性格

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2012年06月19日 21時55分]
長生きする人は、「勤勉性」「社会的ネットワークの形成」がある人のようです。
私は短命のようです。
長寿と性格長寿と性格
(2012/01/17)
ハワード・S・フリードマン、レスリー・R・マーティン 他

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

文章を論理で読み解くためのクリティカル・リーディング

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2012年06月18日 21時43分]
この本を読んで、論理で読み解くことが苦手なことがわかりました。
最後まで読み切れずに、途中であきらめました。
文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング (NHK出版新書 377)文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング (NHK出版新書 377)
(2012/04/06)
福澤 一吉(よし)

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

大人のジョーク

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2012年06月18日 20時51分]
ふーん、子どものジョークではなさそうですが、真の大人のジョークではないようです。
大人のジョーク (文春新書)大人のジョーク (文春新書)
(2009/04)
馬場 実

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

もう、ビニール傘は買わない。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2012年06月17日 21時46分]
この本の半分弱は、女性でないと分からないみたいです。しかしながら、本質は一緒でしょう。
もう、ビニール傘は買わない。もう、ビニール傘は買わない。
(2011/12/20)
大平 一枝

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

読書のチカラ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2012年06月16日 21時35分]
「変換読み」というのは、斎藤さんの造語だと思いますが、読書家はそれなりの(似たような)読み方をしていると思います。
「素晴らしい人」と会える機会はそうないと思いますが、「本」であれば可能ですよね。
そこまで考えてはいないのですが、「本」のエネルギーは感じます。
読書のチカラ読書のチカラ
(2011/05/22)
齋藤 孝

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

ビジネスに活かす「論語」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2012年06月15日 21時40分]
最近読まれている本のようです。
「論語」が結構流行っていますね。親を大事にしない人を採用しないという観点は面白いですね。(孝なければ忠なしといったところでしょうか。)
『ビジネスに活かす「論語」』『ビジネスに活かす「論語」』
(2012/05/10)
北尾吉孝

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

税高くして民滅び、国亡ぶ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年06月14日 21時36分]
本当の平等が一律課税というのはどうなんでしょうか?なんらかの累進性は必要だと思うのですが。
しかし、高収入の人が税金を払っていないという視点にはうなずかされます。
税高くして民滅び、国亡ぶ (渡部昇一ベストセレクション 政治1)税高くして民滅び、国亡ぶ (渡部昇一ベストセレクション 政治1)
(2012/02/21)
渡部昇一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin