ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

6月分の光熱費の結果(太陽光4.2kw)

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:太陽光発電とリフォーム [2011年06月30日 21時35分]
私の住む地方では梅雨に入って天気が悪かったためか、発電量が伸びませんでした。
しかしながら、なんとか100%自給は続いています。
光熱費201106
仕事に出ると悩みがあるためか、今日は「胃痛」が戻ってきました。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

孫とのふれあい

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:自分のことまたは日々雑感 [2011年06月29日 21時36分]
今日は夏休みが取れたので、2歳になったばかりの孫を連れて電車やJRやバスに乗りました。
孫は男の子のためか、乗り物が好きです。新幹線も2両見送りました。
昨日まで痛かった「胃」は爽快でした。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

議会中2

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:自分のことまたは日々雑感 [2011年06月28日 21時16分]
今日で委員会は終わりましたが、エネルギーを使い果たしました・・・。
初めての経験で先週の金曜日ぐらいから「胃」が痛かったです。
明日は休んで孫と遊ぶ予定です。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

議会中

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:自分のことまたは日々雑感 [2011年06月27日 21時07分]
準備で本が読めません
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ねぎを首に巻くと風邪が治るか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:その他 [2011年06月26日 20時21分]
最近の医療マンガで書かれていることも書かれていました。
昔の常識は今の常識ではありません。
マンガを読んでない人にはびっくりするような新常識がありますよ。
ねぎを首に巻くと風邪が治るか?  知らないと損をする最新医学常識  角川SSC新書ねぎを首に巻くと風邪が治るか? 知らないと損をする最新医学常識 角川SSC新書
(2010/03/10)
森田 豊

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日は連れ合いの実家

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:自分のことまたは日々雑感 [2011年06月25日 21時23分]
ちょっと連れ合いの実家がごたごたしているので、実家に来ています。
そのため、本の寸評は休止です。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

インターネット新世代

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2011年06月24日 21時32分]
結構知っていることが書いてある本です。
インターネット新世代 (岩波新書)インターネット新世代 (岩波新書)
(2010/01/21)
村井 純

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

もう、資格だけでは食べていけない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2011年06月23日 20時48分]
資格を金にする方法です。
とはいっても、結構当たり前のことしか書かれていません。
もう、資格だけでは食べていけないもう、資格だけでは食べていけない
(2011/04/16)
横須賀てるひさ

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

水惑星の旅

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境 [2011年06月22日 21時15分]
全般的にはいい意見だと思います。私の知っていることと大体符合しています。
しかし、荒瀬ダムだけはちょっと違うと思います。撤去しても(直上流に瀬戸内ダムがあり)環境にはほとんどよい影響はないのに、ほうぼうで取り上げられすぎなので、椎名さんも間違われたのではないでしょうかね。
水惑星の旅 (新潮選書)水惑星の旅 (新潮選書)
(2011/05/25)
椎名 誠

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「自然との共生」というウソ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境 [2011年06月21日 21時18分]
この本は凄い本です。私と同年代の著者が『「自然との共生」というウソ』を一刀両断にする本です。
30年以上昔から「自然」の定義に疑問を持っていた環境部門の技術士のケン爺も納得でした。
『万人に共通の「自然」の定義はないはず。一人一人の定義が違う。』ということが書かれていました。
自然保護をうたう多くの人は、自らが大事と思う「自然」(多くの場合、子供の頃の自然)の保護を訴えているだけというのは凄い切り口ですね。
「自然との共生」というウソ (祥伝社新書152)「自然との共生」というウソ (祥伝社新書152)
(2009/03/27)
高橋 敬一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin