FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

田舎者ですが、なにか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2011年06月20日 21時13分]
「田舎者度」で行動パターンを分析というより、「田舎者が都会に出てきてどう行動するか」という行動パターンによる分析です。
田舎者をパターンわけするというのは成功しているようです。
田舎者ですが、なにか? (角川文庫)田舎者ですが、なにか? (角川文庫)
(2009/10/24)
樋口 裕一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「持ってる人」が持っている共通点

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2011年06月19日 21時00分]
日ごろ「持っている」という言葉をあまり聞きませんでしたが、こういうことだったのですね。
チャンスを物にでき成功する人が持っている「サムシングエルス」の意味なんですね。
「持ってる人」が持っている共通点―あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか (幻冬舎新書)「持ってる人」が持っている共通点―あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか (幻冬舎新書)
(2011/05)
小笹 芳央

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

これからの特許の話をしよう

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2011年06月18日 21時32分]
特許制度を使った景気対策もありそうですね。
これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション)これからの特許の話をしよう―奥さまと私の特許講座 (Sanwaセレクション)
(2011/03)
黒川 正弘

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

浮き草デイズ 2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2011年06月17日 21時11分]
まんがエッセイです。今日読んだのは2でした。
「150cmライフ」から活躍が始まっていたのが分かりました。
何かほのぼのとします。
浮き草デイズ(1)浮き草デイズ(1)
(2008/05/16)
たかぎ なおこ

商品詳細を見る

浮き草デイズ〈2〉浮き草デイズ〈2〉
(2009/03)
たかぎ なおこ

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本の食糧が危ない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2011年06月16日 21時56分]
飼料用コメやエコフィードで確保できる(家畜の)餌はたいした量ではないのですが、何もしないよりはいいですよね。
東北大震災の対応も大事ですが、食の確保も忘れないことが必要です。
日本の食糧が危ない (岩波新書)日本の食糧が危ない (岩波新書)
(2011/05/21)
中村 靖彦

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今こそ、エネルギーシフト

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2011年06月15日 21時47分]
私は以前から放射性物質の処理コストが高いので原発の方がコストが高いと考えていました。そのため、エネルギーシフトが必要だと思っていました。しかし、多くの人が電力会社の「ウソ」の情報で原発の方がコストが低いと思わされてきました。
今回の残念な津波による事故で原発のコスト高がやっと公表されたといっていいでしょう。
今こそ、エネルギーシフト――原発と自然エネルギーと私達の暮らし (岩波ブックレット)今こそ、エネルギーシフト――原発と自然エネルギーと私達の暮らし (岩波ブックレット)
(2011/05/28)
飯田 哲也、鎌仲 ひとみ 他

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

頭を空っぽにする技術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2011年06月14日 21時24分]
黙想や瞑想で頭を空っぽにして、ストレス解消だそうです。
やってみましょうかね。
頭を「空っぽ」にする技術 (Nanaブックス)頭を「空っぽ」にする技術 (Nanaブックス)
(2010/05/22)
藤井義彦

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

世界の宗教がざっくりわかる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2011年06月13日 20時41分]
本当にざっくりとはわかりますね。
私の中の多神教至上主義が少し揺らぎました。
この書評はよかったです。確かに、日本人の宗教に対する姿勢が世界を救うかもしれませんね。
世界の宗教がざっくりわかる (新潮新書)世界の宗教がざっくりわかる (新潮新書)
(2011/04)
島田 裕巳

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ニコニコポイント制度って面白いですよ

ジャンル:日記 / テーマ:日記 / カテゴリ:公務員 [2011年06月13日 20時06分]
いつも読ませてもらっている坂本康宏のWriter's Diaryにあった「ニコニコポイント(ニコP)」はなかなか面白いものです。
以下引用
 のべつまくなしに呑みに行くのではなく、誰からの誘いも連続した呑み会は一定の基準で断るのである。
 簡単に言うと、ニコPは嫁さんの機嫌と理解していただきたい。
 もちろん、お財布の都合も、体力的なこともこのニコPで表現される。このポイントが10ポイントになるうちは、飲みに行けないという表現をして断るのである。もちろん、ポイントカードがあるわけではない。そういう細かい数字の管理は「酒を飲む」という行為には似つかわしくないからだ。
 ただ、呑み会の際、「ごめん、昨日も飲みに行ったからポイントがない。俺パス」「今日は、ポイント前借りで呑みに行くが、次が心配」などと周囲を説得あるいは印象づけ、自らの過度な飲酒を抑制しようとする取り組みなのだ。

私もニコPを使おうかな。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

三度目の奇跡日本復活への道

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2011年06月12日 21時54分]
一つ一つの記事は納得してしまいますが、批判がほとんどで、「復活」するためにやるべきことはなかなか見えてきませんでした。
ちなみに、公務員の高給について書かれていましたが、結構年配の私の年収ぐらいが平均というのには違和感がありました。
緊急出版 三度目の奇跡 日本復活への道緊急出版 三度目の奇跡 日本復活への道
(2011/05/17)
日本経済新聞社

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin