ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

基本は無敵

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月31日 21時09分]
これが基本というのならば、応用はどのレベルが求められるのでしょうか?
基本は無敵 プロの仕事力を身につける本基本は無敵 プロの仕事力を身につける本
(2008/10/22)
畠山芳雄

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「渋滞」の先頭は何をしているのか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2010年08月30日 21時22分]
リトルの公式ですか。役に立ちそうですね。定常状態という条件付きですが、待ち時間(分)=行列の総人数÷一分間の到着人数だそうです。
「高速道路で100km/hで走行中はみんなが40m車間距離をあけていれば渋滞しない」というのも目から鱗ですね。
「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)
(2009/06/10)
西成 活裕

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金持ちの習慣が身につく「超」心理術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月29日 21時19分]
昨日の本と全く逆の本です。
この著者はある意味正直です。自分が、大金持ちではないので大金持ちの人からの提案を待っておられます。
大金持ちの方よろしくお願いします。
それはそれとして、小金持ちへの知恵は十分ありそうです。
お金持ちの習慣が身につく「超」心理術お金持ちの習慣が身につく「超」心理術
(2008/04)
内藤 誼人

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

願わなければ叶う5つの真実

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月28日 21時08分]
世の多くの「成功本」に異議をとなえた本。
大多数の人間が成功できないという事実からすると、こちらの方が真実かもしれません。
中庸がいいのかもしれませんね。
願わなければ叶う5つの真実―逆転の成功法則願わなければ叶う5つの真実―逆転の成功法則
(2008/07)
有野 真麻

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月27日 21時18分]
「ふーん」
この手の知識があれば、人生での無駄(損)を減らすことができそうですね。
激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ 10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ 10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?
(2009/10/31)
坂口孝則

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「分かち合い」の経済学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2010年08月26日 22時37分]
分かち合いが必要なことは多くの人が分かっていると思うのになぜできないんでしょうかね。
ちなみにもっと分かりやすく書けないものなんでしょうか。(著者の頭がよすぎるのか、木っ端役人の頭が足りないのかもしれませんが、)普通の新書に比べて非常に読みにくい本でした。
「分かち合い」の経済学 (岩波新書)「分かち合い」の経済学 (岩波新書)
(2010/04/21)
神野 直彦

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

国民の見識

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2010年08月25日 20時34分]
この著者が書いていること全てを正しいなんて思いもしませんが、日本のマスゴミは自虐的過ぎるように思われます。
この著書とマスゴミの主張の中間ぐらいを望む木っ端役人です。
国民の見識―誇りと希望のある国を取り戻すために国民の見識―誇りと希望のある国を取り戻すために
(2010/02)
渡部 昇一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

地の螢

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2010年08月24日 20時42分]
この方の本も何か味があって結構好きです。
地の螢地の螢
(2007/12)
内海 隆一郎

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月23日 21時21分]
若い部下は、自分の子どもの世代です。部下は当然「公務員」なので一般の会社員とは若干違いますが、こういう傾向のある人もいます。
部下だけでなく、自分の娘にも読ませたいと思える本でした。
勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)
(2010/02/17)
前川孝雄

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

7割は課長にさえなれません

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2010年08月22日 21時23分]
今までのような年功序列人事は(社員の年齢構成上)ありえないでしょうね。
その一方、社員の意識は終身雇用を望んでいます。なんらかの揺り戻しもありそうです。
7割は課長にさえなれません (PHP新書)7割は課長にさえなれません (PHP新書)
(2010/01/16)
城 繁幸

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin