FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

いま考えたい 災害からの暮らし再生

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2010年02月08日 21時05分]
今の復興政策は、戦後の仕組みがそのまま残っています。
被災者が生活再建できるような施策が必要ですよね。
いま考えたい 災害からの暮らし再生 (岩波ブックレット)いま考えたい 災害からの暮らし再生 (岩波ブックレット)
(2010/01/09)
山中 茂樹

商品詳細を見る

第1章 住宅再建支援
第2章 暮らしの再建
第3章 地域の再建
第4章 人間の復興
[要旨]
あの未明の大地震から15年。災害大国日本は、それからも水害や地震、土砂崩れなど多くの災害に襲われ、大きな犠牲を払ってきた。天災を人災にしないために、私たちは何を学ぶべきなのか。大震災の貴重な教訓から、人のいのちと暮らしに重点を置いた復興政策の必要性を訴える。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

やりたいことがないヤツは社会起業家になれ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2010年02月07日 21時01分]
新聞でトキワ荘プロジェクトのことが書かれていました。
どんな事業(プロジェクト)でも、そう簡単にはいきませんよね。
頑張って欲しいものです。
やりたいことがないヤツは社会起業家になれやりたいことがないヤツは社会起業家になれ
(2009/04/22)
山本繁

商品詳細を見る

1 やりたいことが何もない!
2 ボランティアから社会起業へ―神保町小説アカデミー
3 事業化失敗で大赤字―オールニートニッポン
4 三度目の挑戦で黒字に―トキワ荘プロジェクト
5 新たな挑戦―日本中退予防研究所
6 社会起業家になりたい人へ―はじめの一歩
[要旨]
若者の声をビジネスに変えてきた30歳の社会起業家、山本繁の挑戦記。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

貧困を考えよう

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2010年02月06日 21時07分]
ジュニア新書という分類はいかがでしょうか。
子供の貧困について、今まで読んだ本の中で一番分かり易かったです。
貧困を考えよう (岩波ジュニア新書)貧困を考えよう (岩波ジュニア新書)
(2009/10/21)
生田 武志

商品詳細を見る

1章 二人のひろし
2章 日雇労働者の貧困―あいりん小中学校
3章 子どもの貧困
4章 大阪市西成区で
5章 激化する貧困
6章 貧困の解決のために
[要旨]
大阪市のある区では、就学援助支給率が50%にもなっているという。いま、経済的理由で進学できなかったり、中退する生徒も各地で急増している。子どもや若者、また女性や高齢者の生活に重大な影響をおよぼす貧困。その実態を見つめ、問題解決の方法を考えてみよう。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

アマゾン源流「食」の冒険

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2010年02月05日 21時32分]
☆なんでも食べてやろうという気持ちがあるのでこの手の本も読みます。
アマゾン源流「食」の冒険 (平凡社新書)アマゾン源流「食」の冒険 (平凡社新書)
(2008/06)
高野 潤

商品詳細を見る

第1章 ユカとバナナはアマゾンの主食
第2章 森や川から獲た食べ物
第3章 旅の食料を模索する
第4章 川と湖の魚を味わう
第5章 蒸し焼きと保存食づくり
第6章 旅の酒と飲み物
第7章 熱風の「アンビエンテ」
第8章 レストランと市場の食
[要旨]
アマゾンに生きる人々の栄養を支えるバナナとユカ、ピラニアやピラルク、巨大ナマズなど多種多様な魚とその野外料理、彩り豊かな果物と野菜、そして、保存食づくりから森と川のキャンプで味わうラム酒と自家製の酒、奥地のレストランや市場の料理に至るまで、熱帯雨林と大河に育まれた食文化と、著者の冒険的食生活のすべてを紹介する。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

グリーン・ニューディール

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2010年02月04日 22時44分]
しばらく前の本ですが、アメリカの環境による経済発展計画の解説本です。日本でも最近は少し動きがありますよね。
グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)グリーン・ニューディール―環境投資は世界経済を救えるか (生活人新書)
(2009/06)
寺島 実郎飯田 哲也

商品詳細を見る

第1部 アメリカ グリーン・ニューディールが変える経済と社会(太陽光が雇用を生む 風力発電で地域を再生する 次世代電力網「スマート・グリッド」の衝撃
“グリーン・ファンド”―投資が当たれば利益は莫大 オバマ大統領と「グリーン・エコノミー」 グリーン・ニューディールを支える若者たち 環境技術で“勝ちにくる”アメリカ)
第2部 日本 世界一の技術力と迷走する環境政策(「グリーン産業革命」は、日本が起こす! 始動「日本版グリーン・ニューディール」 越えられない省庁間の壁 風力発電で地域活性化―理想と現実)
[要旨]
100年に1度と言われる大不況のなか、オバマ大統領が経済再生の切り札として期待をかけるグリーン・ニューディール政策。環境投資は、雇用と需要を生み出すのか。そして自然エネルギーへの転換は、私たちの生活と社会をどのように変えるのか。オバマの登場で急速に動き出したアメリカの「環境エネルギー革命」の実情、さらには日本の課題や最新環境技術までを網羅した一書。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

遺品整理屋は聞いた! 遺品が語る真実

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2010年02月03日 21時58分]
遺品整理屋というビジネスは大変そうです。
人間いつ死ぬか分からないので、パソコンや携帯のデータには注意が必要なようです。
(木っ端役人の場合は、家族にほとんど秘密はないので困りませんけどね。)
遺品整理屋は聞いた! 遺品が語る真実 ~消せなかった携帯の履歴、孤独死のサイン、女の遺し物…~ (青春新書INTELLIGENCE 220)遺品整理屋は聞いた! 遺品が語る真実 ~消せなかった携帯の履歴、孤独死のサイン、女の遺し物…~ (青春新書INTELLIGENCE 220)
(2008/12/02)
吉田 太一

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

図説 神々との心の交流をたどる!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2010年02月02日 21時52分]
1月12日に読んだ「図解 神道がよくわかる」に関連して読みました。
こちらの方が神道の基本が書かれているような気がしました。
図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)
(2009/12/22)
武光 誠

商品詳細を見る

1章 厄落とし・厄祓い入門(神道は厄落としの宗教である 人生に三度巡ってくる厄年 ほか)
2章 開運の知恵袋(願いは必ず叶う 家内安全のためにすること ほか)
3章 神詣でと神棚の祭り(氏神詣でが神道の基本 氏神と家の守り神 ほか)
4章 神々の系譜と神道の歴史(神様とは何か 日本の起こりと神道 ほか)
[要旨]
初詣で、厄年、厄除け、厄落とし、御利益、開運、合格祈願、なるほど、そういう謂われがあったのか。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

いつわりシャドー

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2010年02月01日 21時57分]
またまた、菊池秀行です。
菊池秀行は、単発ものよりシリーズものの方がいいですね。(いいものがシリーズ化されるというほうが正しいかもしれませんけどね。)
いつわりシャドー (FUTABA・NOVELS)いつわりシャドー (FUTABA・NOVELS)
(2009/11/18)
菊地秀行

商品詳細を見る

[要旨]
“新宿”の二月。午後二時。凍てつくような氷雨の降る中、いつわり師・影の元に凶報が届く。かつて“いつわり”の製作を請け負った天王子物産社長令嬢・天王寺美砂が何者かによって殺害されたらしい。直後、“いつわり”が創造主の前に姿を現した。その“いつわり”・理砂は、美砂の仇を討ちたいと訴え、影に助力を求める。調査を開始した影と理砂だが、行く手には殺人結社「シバカシュガ」や暗殺組織「ダリウス機関」が立ち塞がる…。一方、時を同じくして、世界中で人が突然中空に姿を消すという怪奇現象が発生する。各国で展開する“いつわり”による複製兵士構想に怒った“向う側”の報復なのか?“新宿”のみならず、全世界をも震撼させる未曾有の事態に、影は立ち向かうが―。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin