FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

為政者の器

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年10月21日 21時17分]
まーそれなりの本です。
木っ端役人はただの地方の小役人で為政者でないので、木っ端役人には直接は参考にはならないようです。
為政者の器―現代の日本に求められる政治家像為政者の器―現代の日本に求められる政治家像
(2009/08)
丹羽 文生

商品詳細を見る

田中角栄 浜口雄幸 マーガレット・サッチャー 上杉鷹山 松岡洋右 岸信介 李登輝 西郷隆盛 山岡鉄舟 エイブラハム・リンカーン 吉田茂 ウィンストン・チャーチル 後藤新平 マハティール・モハマド 新渡戸稲造 星享 朴正熙 保科正之 聖徳太子 二宮尊徳
[要旨]
時代の牽引役として、激動の歴史を生き抜いた魅力溢れる二〇人のリーダーから、現代の政治家そして国民が学ぶべきこと。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

願わなければ叶う5つの真実

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2009年10月20日 21時15分]
今までの成功法の本とは大幅に違います。「プラス思考」自体が問題だという変わった本です。しかしながら、新たな成功法かもしれません。
自分の中に「境界線」(例えば限界)を勝手に作らないということが成功の鍵のようです。
私は気楽法と勝手に名づけました。
願わなければ叶う5つの真実―逆転の成功法則願わなければ叶う5つの真実―逆転の成功法則
(2008/07)
有野 真麻

商品詳細を見る

プロローグ 願うことをやめたらいい!
1 ココロに潜む境界線を見抜く―成功したいのにできない理由が見つかる
2 ココロのパワーを知る―ゼロ思考で無限のエネルギーがわきだす
3 「ほんとは願わなければ叶う!」を実感する―無限の可能性はイマ、ココにある
4 アタマで知りカラダで感じとる―人生の意味や価値が見えてくる
5 幸運を呼びこむカラダをつくる―何でもできてしまう成功法則が身につく
[要旨]
「ガンバリすぎる」あなたの本。「プラス思考で成功」の落とし穴。「成功したい」と思うほど罠にはまる。ココロに潜む境界線を見抜く。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「理系人間」との仕事術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年10月19日 21時59分]
理系の気持ちは判っているつもりでしたが、いかんせん土方公務員は文系かもしれません。
「理系人間」との仕事術「理系人間」との仕事術
(2009/08/06)
諒 純也

商品詳細を見る

序 「理系人間」「文系人間」ここが違う!
第1章 「理系人間」の生態系
第2章 「理系人間」のお仕事思考回路
第3章 「理系」のホンネ「文系」の気持ち
第4章 「理系」と「文系」最高のコラボのために
第5章 「理系」と「文系」が織りなす21世紀
[要旨]
東京大学大学院卒バリバリの理系化学者から1部上場化学メーカーの営業課長に転身した異色の著者がおくる理系と文系の最高のコラボ術。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「お通し」はなぜ必ず出るのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年10月18日 21時01分]
「お通し」は席料だったんですか。
大手チェーン店を「インフラ型」に分類するのはわかります。そうすると私の理解ではチェーン店は大型化を目指せば、インフラ型に移行するようにと考えられます。
しかし、個店化を目指すように理論が展開されています???
インフラ型を目指すと言う解もありそうなんですが。
「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ (新潮新書)
(2009/05)
子安 大輔

商品詳細を見る

そもそも飲食店って儲かるの?
ジンギスカンと立ち飲みのあいだ
「女性に人気のヘルシー店」は潰れる
情報化が偽装を産み出す
偽グルメ情報にご用心
「オーナーの夢だった店」は潰れる
ショッピングセンターはおいしいか
店舗拡大の落とし穴
上場は勲章ではない
飲食店の周りに広がる「宝の山」
「個店の時代」が到来する
食が日本の輸出産業になる
[要旨]
飲食店には製造、小売、サービス、流通等、あらゆる要素が詰まっている。飲食業はビジネスの原点なのだ。飲食店は本当に儲かるか?立ち飲みが流行り、ジンギスカンが廃れた理由は?成功の分かれ道、「少しのビックリ」と「少しのガッカリ」の差とは?上場すれば成功なのか?様々なケースを分析することで、成功するビジネスモデルが見えてきた。あらゆるビジネスに通じる「繁盛のセオリー」が明快にわかる一冊。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

魯山人の美食

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2009年10月17日 21時00分]
納豆雑炊は食べてみたい気はします。
ただ、納豆をあまりかき混ぜすぎるのは嫌いなんですよね。
鍋では一度に煮込まず、肉を食べてしまって、野菜を煮込む。その野菜を食べてしまって、肉を煮込む。出汁は前もって必要量を用意しておく。
確かに食べ時をはずさないので美味そうです。しかし、その手間を考えると???
魯山人の美食―食の天才の献立 (平凡社新書)魯山人の美食―食の天才の献立 (平凡社新書)
(2008/07/15)
山田 和

商品詳細を見る

第1部 美食の哲学(持ち味を味わう 美味いものを食べるのではなく、美味く食べる 料理は真心と聡明さ)
第2部 魯山人を食べる(雑炊とお茶漬―「贅沢な味」の追究 山葵と鮑―おろし方が味を決める すき焼きと湯豆腐―鍋ものの革命 季節の味覚―時を逃さぬ一品)
[要旨]
「美食にあらざれば食うべからず」―北大路魯山人は、書、陶芸、篆刻など多方面で活躍したが、食を極めた人でもあった。彼の料理は、特別な食材や調理法によるものではなく、素材の持ち味を最大限に引き出すことを求めたものである。『知られざる魯山人』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者が、魯山人の愛した三〇の料理から、その美食哲学を明らかにする。「すき焼き」「納豆雑炊」「まぐろ茶漬」「味噌汁」…、魯山人料理の“かんどころ”がここにある。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

Aさんは思わず絶句した!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2009年10月16日 21時55分]
「思わず絶句」はしませんでしたが、人生の矛盾などを感じました。
Aさんは思わず絶句した!Aさんは思わず絶句した!
(2008/11)
門 昌央

商品詳細を見る

第1章 人生編(趣味論 気立てと顔 ほか)
第2章 会社編(いけにえ モンスタービジネス ほか)
第3章 身体編(親切な上司 肥満撲滅 ほか)
第4章 世相編(栄光の喫煙 救済の方便 ほか)
[要旨]
日々、職場と酒場で繰り広げられる、先輩と後輩、上司と部下の「仕事術」「人生論」が照射する社会の矛盾。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人生を○洗い

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2009年10月15日 21時37分]
私の死んだ父は死ぬしばらく前に「般若心経」を読んでいました。
50才を越えると少しは興味が出てきます。
人生を○洗い―読めば心が軽くなる日本一やさしい般若心経人生を○洗い―読めば心が軽くなる日本一やさしい般若心経
(2006/10)
名取 芳彦

商品詳細を見る

第1章 あなただって菩薩さま
第2章 つくるな、きどるな、えらぶるな
第3章 少欲のすすめ
第4章 適当、いい加減、アバウトでいい
第5章 人生は、プラスマイナスゼロ
第6章 天真爛漫
第7章 人生の大問題「老」と「死」
第8章 「恐れ」を乗り越えて
第9章 「現実」を「現実」として受けとめる力
第10章 すでに「ご縁」に満たされている
第11章 心の宝石を輝かせるために
[要旨]
人生は重い荷物を背負って歩くようなもの。地位や世間体、財産などを荷物の中に詰め込んで、その大きさや重さに悩み、苦しみ、それでも生きています。般若心経径は、その荷物の正体を解き明かし、また、今後の人生を胸を張って笑顔で生きていくためのヒントがたくさん詰まった玉手箱なのです。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

どら焼きの丸かじり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2009年10月14日 21時06分]
もうある意味、「東海林さだお」中毒です。読まなくても生きてはいけるんですが、目の前にあると手が出てしまいます。
どら焼きの丸かじり 丸かじりシリーズ30 (丸かじりシリーズ 30)どら焼きの丸かじり 丸かじりシリーズ30 (丸かじりシリーズ 30)
(2009/06/19)
東海林 さだお

商品詳細を見る

にょろるワンタン
トロミの有り難み
レモンは意地悪
愛すべきどら焼き
釜飯ごっこ
精進料理を食べるとどうなる?
ラー油をなめたらあかん
マヨネーズは偉大なり
コンビーフは楽しい
ペットボトル持ち歩くなッ〔ほか〕
[要旨]
のんびり屋さんのどら焼きに潜む、自覚なきチラリズム。またしても押し寄せる諸問題に、今日もキゼンと立ち向かう!シリーズ最新刊、天衣無縫の食通エッセイ。とうとう第30弾。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ひとりぐらしも9年め

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2009年10月13日 21時03分]
今は2番目の娘がひとりぐらし中なので、なにか親近感を感じます。
ひとりぐらしも9年めひとりぐらしも9年め
(2009/04/22)
たかぎなおこ

商品詳細を見る

ひとりぐらしも9年めです
憧れの2Kライフ
念願の新聞デビュー
ゴミ出しの苦悩
恐怖の夜中コンビニ
気になるおとなりさん
家電新旧交代劇
愛しのDIY
誰とも話さない3連休
しょんぼりなベランダ〔ほか〕
[要旨]
ついに2K!徒歩1分でスーパー!ひとりぐらし9年生の日常生活。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

警視庁特捜班ドットジェイピー

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2009年10月12日 21時02分]
暇つぶしにはなりました。5人のうちの1人が美人の腐女子というのが現代的ですね。
警視庁特捜班ドットジェイピー警視庁特捜班ドットジェイピー
(2008/06/20)
我孫子 武丸

商品詳細を見る

[要旨]
警察のイメージアップを図るため、日本のお偉方たちは、安易にも戦隊ヒーローブームにあやかり「警視庁戦隊」を作り、広報活動をさせることにした。部隊名は「警視庁特捜班ドットジェイピー」。ジェイピーはジャパニーズポリスの略。ドットが付くのは、なんか今風だから。集められたのは、性格に大きな難があるものの、格闘、射撃、コンピュータなどの達人にして美男美女の五人の警官。しかし、彼らを逆恨みする犯罪者が現れて…。戦え!世間の眼に負けるな!ドットジェイピー!浅はかで投げやりな平成ニッポンを照射し笑いのめす怪作、誕生。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin