ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

節約上手な暮らし方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:その他 [2009年08月31日 22時53分]
節約本はよく読みますが、この本はそれなりに役に立ちそうです。
節約上手な暮らし方 (クロワッサン ちゃんと役立つ実用の本)節約上手な暮らし方 (クロワッサン ちゃんと役立つ実用の本)
(2008/09/25)
マガジンハウス

商品詳細を見る

物価上昇、消費税アップ?この世の中を切り抜ける知恵とは。
いくら税金を払っているのか、知っていますか?
本当に「使うべきお金」ですか?
保険料を払いすぎていませんか?
すぐ頭金をつくり、効率的に完済する方法。
モノは少なく大切に使う、暮らしやすいドイツ式節約術。
本当にいい物だけ、持たない暮らしの大切さ。
料理上手の使いまわし術。
手間もかけない節約料理。
カード、何枚持っていますか?
試しました、節約グッズの効果。
とにかく教育費をおさえたい!
ちゃんと年金をもらう方法。
今から備えておきたい、介護にかかるお金。
[要旨]
物価上昇が止まらない。厳しい時代だからこそ、賢い節約で生活を見直したい。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

小さな幸せに気づく24の物語

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2009年08月30日 21時49分]
この手の本は、心のサプリメントかもしれません。
短い時間で感動が得られるので、読む価値はあると思います。
小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~
(2008/07/18)
中山和義

商品詳細を見る

1 心を成長させてくれる物語
2 仕事や働くことから気づき、成長させてもらった物語
3 家族や友人から成長させてもらった物語
4 夢を追いかけている人から成長させてもらった物語
[要旨]
16万部突破ベストセラーシリーズ!人生、仕事、人間関係、将来で悩んだとき、13歳から88歳までの男女に、「感動」と「勇気」を与えた物語集。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

嫌われない毒舌のすすめ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2009年08月29日 21時46分]
基本的な点では同意できることが多い内容です。
しかし、書かれた方がこの本を読んだら怒るんではないでしょうか。
それともシャレで済ますんでしょうかね。
嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)
(2009/07/09)
有吉 弘行

商品詳細を見る

第1章 マイナス評価をプラスに変える「人たらし」の方法
第2章 確実に相手を「たらし込む」人付き合いの方法
第3章 無駄なプライドを捨てて「クズ」として生きる方法
第4章 単純なヤツを使って自分の「株」を上げる方法
第5章 上司・先輩・同期・後輩を上手に「転がす」方法
第6章 苦手な相手を「小バカ」にして好感度を上げる方法
[要旨]
上手な媚びへつらい&ヨイショをマスターすれば面倒な人付き合いが楽になる!上司や先輩に取り入り、後輩をたらし込んで転がす逆説的な処世術入門。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日も飲み続けた私

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2009年08月28日 21時41分]
女性のプチ・アルコール依存症の方がプチ断酒を行った経験が書かれています。
私も毎日飲んでいるので、プチ断酒を行わなければならないと思いますが、なかなか思うようにいきません。
今日も飲み続けた私 プチ・アルコール依存症からの生還 (講談社プラスアルファ新書)今日も飲み続けた私 プチ・アルコール依存症からの生還 (講談社プラスアルファ新書)
(2008/07/18)
衿野 未矢

商品詳細を見る

第1章 私は「依存症体質」(不気味なもう一人の自分 「プチ禁酒」に挑戦 ほか)
第2章 リビングで酒を飲む女たち(脳内の「報酬系」メカニズム 巨大な猫の幻覚が! ほか)
第3章 複雑化する依存症(リストカットとお酒 彼氏ができれば救われる? ほか)
第4章 「適正飲酒」がしたい!(ついに受診を決意! 初めての患者体験 ほか)
第5章 それでも飲み続けるために(意外な素顔 睡眠不足との闘い ほか)
[要旨]
自覚症状は記憶の喪失、あなたは大丈夫か?セックス、薬物、摂食障害…複合依存が急増中!「酒の失敗はこりごり。でも断酒するのはイヤ」という著者が探した適正飲酒のコツとは。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ビジネス脳を磨く

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2009年08月27日 21時28分]
工業社会からのパラダイムシフトが必要なんですよね。
ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6)ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6)
(2008/05/09)
小阪 裕司

商品詳細を見る

第1章 ナスの細胞には確かに水があるけれど―「フレーム」を知る
第2章 こぶとりじいさんのこぶはもらわない―プロセスに目を向ける
第3章 価格ではない。付加価値でもない―感性情報をデザインする
第4章 花見はなぜ飽きないのか―人の感性は進化する
第5章 誰の目の前にもリンゴは落ちている―現象・データから何を読み取るか
第6章 パリにも、江戸にも、きっとあった―自分を伸ばしてくれる場
[要旨]
その頭のままでは仕事がなくなる!予想外の理由で商品やサービスが売れ、これまでの成功方程式が通用しない時代に、頭の回路をどう切り替え、荒波を乗り越えていくべきか。「感性とビジネスの第一人者」が、最新の研究と豊富な実践例で語る「さびないビジネス人」になる道。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

元祖 大人のための友だちのつくり方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2009年08月26日 21時32分]
70代になっても積極的に「友だち」をつくろうという著者に脱帽です。
最近は友だちを作ろうという気力が減っている木っ端役人です。
元祖 大人のための友だちのつくり方 - 人生はヒトと出会ってこそ面白い元祖 大人のための友だちのつくり方 - 人生はヒトと出会ってこそ面白い
(2007/04/17)
横沢 彪

商品詳細を見る

第1章 「友だち空間」を広げよう(ぼくの「友だち」観 友だちは「淡水の交わり」が理想)
第2章 出会いが人生を十倍楽しくする(「友だち」は仕事もお金も関係なし 「ほんとうにやりたいこと」を知っているのが個性 嫌われ者こそ強烈なキャラクターを持っている)
第3章 ネット社会のキーワードは「友だち」(最大の「情報」は「友だち」である タテ社会からヨコのネットワークへ 印象的なソフトとしての「友だち」)
第4章 「笑い」があるから生きていける(とことんやり抜くほうが生き方として気持ちいい 虫が好かないのは、すごい人だと思うから 人間観察力のある人が「心を動かす力」を持つ お節介もお互いが楽しければいい アホ・ボケ・カスといわれるからこそ愛される 楽しませるのが楽しみという天性のサービス精神 大人の悲しさと子どもっぽさを持つゲージツ家 精神的に同志でいられるのはとても大切な人)
第5章 友だちのつくり方・育て方 実践編(友だちになれる人・なれない人 友だちづくりの基本は「恋愛」と「外交」にあり これだけは心がけたい「友だちづくり」のコツ)


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

仕事するのにオフィスはいらない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2009年08月25日 21時30分]
公務員でも将来は「ノドマ」を目指さなければならないんでしょうね。
公務員も「クラウド」を使っていいんでしょうかね。
(機密性がある情報ってそうはないんでしょうけどね。)
仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
(2009/07/16)
佐々木俊尚

商品詳細を見る

第1章 ノマドワーキングのすすめ
第2章 アテンションコントロール
第3章 情報コントロール
第4章 コラボレーション
第5章 クラウドを使いこなす
第6章 ノマドライフスタイルの時代へ
[要旨]
さらば残業!さらば満員電車!自分の時間を増やし、人生を豊かにする“遊牧民”的働き方とは。スマートフォンとクラウドが新しい働き方を可能にする。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

逃亡日記

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2009年08月24日 21時10分]
失踪日記の続編だと思って読みましたら、全然違いました。
やっぱりギャグ漫画家は大変ですよね。アル中になるのも理解できます。鴨川つばめや山上たつひこがつぶれるはずです。
逃亡日記逃亡日記
(2007/01)
吾妻 ひでお

商品詳細を見る

1 失踪時代
2 アル中時代
3 生い立ちとデビュー
4 週刊誌時代
5 『不条理』の時代
6 『失踪日記』その後
[要旨]
『失踪日記』では描かれることのなかった、生い立ち・漫画家デビューから、失踪・アル中体験…そして、大ブレイクと今日までの周囲の変化。誰も知らなかった吾妻ひでおがここにいる。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

スラム化する日本経済

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年08月23日 21時21分]
世界が狭くなって競争が進んだので、コストカットのための人件費削減により先進国では不況が深刻化している。解決策はなかなかないんでしょうが、グラミン銀行的なものなんでしょうかね。
スラム化する日本経済 4分極化する労働者たち (講談社プラスアルファ新書)スラム化する日本経済 4分極化する労働者たち (講談社プラスアルファ新書)
(2009/03/19)
浜 矩子

商品詳細を見る

はじめに グローバル・ジャングルに広がる荒涼なる光景
序章 グローバル恐慌は第三幕へ
第1章 インフレとデフレの狭間で
第2章 豊かさのなかの貧困
第3章 新・資本主義の構図
第4章 国家がハゲタカになるとき
終章 砂漠化する地球経済


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

うおつか流大人の食育

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2009年08月22日 21時46分]
木っ端役人が尊敬する魚柄先生の本です。
食の常識が時代と共に変わっていることが書かれていて、納得できます。
うおつか流大人の食育うおつか流大人の食育
(2006/10)
魚柄 仁之助

商品詳細を見る

1 台所の穴から世界が見える(有機野菜はどこへ行く? 世界一の水輸入国は日本だっ! 日本人はクジラにもどらない うおつか流食糧安全保障 フツーの技術で災害をのりきれっ ほか)
2 オトナの食育(他人の作った料理を食べる 器がつくる食卓の現風景 もうサイテーッの底辺の食
アミノ酸トラップに警戒せよ 自己食育 ほか)


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin