FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

聞き上手になるには

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2009年06月11日 21時48分]
木っ端役人は、残念ながら聞き上手になれていません。努力が足りないようです。
フォーユー 聞き上手になるにはフォーユー 聞き上手になるには
(2008/04/10)
弘兼 憲史

商品詳細を見る

第1章 「聞き上手」のススメ(まず相手の言い分を聞く 「聞く」姿勢が福を呼ぶ)
第2章 なぜ島耕作は「聞き上手」なのか(いろいろな出会いが、ぼくを漫画家にした 「できる人の孤独」に触れたサラリーマン時代 出会った人を次々キャラに変えている漫画家生活)
第3章 ぼく流「聞き上手」になるために(現代人はなぜ「聞き下手」なのだろう 相手の舌を滑らかにする話し方「何を聞くか」より「どう聞くか」)
第4章 「聞き上手」とは気配りである(気配り人間はトクをする 人を育てるコツも気配り島耕作が出世したワケ 「人間の魅力」を漫画で伝えていく)
[要旨]
嫌な奴ほど自分から話を聞きにいく。相手の事を聞いておけば間違いない。目上には相談、目下には質問をする。話題や話の流れを「相手に任せる」。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

中国ビジネス とんでも事件簿

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年06月10日 21時39分]
中国は欧米並みの訴訟大国というのはよく聞きますが、すごいですね。
少し読みにくい本でした。
中国ビジネス とんでも事件簿 (PHP新書)中国ビジネス とんでも事件簿 (PHP新書)
(2008/08/19)
範 雲涛

商品詳細を見る

第1章 実録!日本人が嵌められた上海ガールの罠(行きずりの恋人ごっこ あるエリート商社マンの上海夜曲伝説 ほか)
第2章 唖然!中国ビジネス交渉風景(欧米企業と日本企業の違い 現地スタッフを味方につける言葉 ほか)
第3章 刮目!日中契約文化の相違(対中交渉に向いていない日本人 中国人との交渉の極意 ほか)
第4章 実践!中国でトラブルを起こさないために(「チャイナリスク」にどう対処すべきか 「権力」が支配する超大国 ほか)
[要旨]
不倫相手の日本人上司に、マンションや高級車を購入させた挙げ句「青春損害賠償」を要求した上海女の手口。「台湾」の表記の仕方を誤って営業停止を食らうも、妙案によりブランドイメージを好転させた日本のラーメンチェーン。政府高官が出席する会談で、卓上にバナナが山盛りになっているといった仰天エピソード…。日系企業の「駆け込み寺」と呼ばれる弁護士の豊富な経験談から、日本と中国の商文化、法文化の違いが見えてくる。契約の際の注意点、弁護士の選び方など、実践的アドバイスも満載。


コメント (0) /  トラックバック (1)
編集

笑う中国人―毒入り中国ジョーク集

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年06月09日 21時35分]
ジョークは面白いですよね。日本人が馬鹿にされても・・・。
笑う中国人―毒入り中国ジョーク集 (文春新書)笑う中国人―毒入り中国ジョーク集 (文春新書)
(2008/01)
相原 茂

商品詳細を見る

第1章 これが中国の「反日」ジョークだ(中国「反日」ジョーク 「反台湾」ジョーク ほか)
第2章 「職」あらば「権」あり(「酒」と「たばこ」 「職」あらば「権」あり ほか)
第3章 社会とは「人と人の間」なり(「人間」と書いて 男の子が欲しい ほか)
第4章 「戯れ歌」―男の三十は「日立」?(中国の「戯れ歌」 男の三十は「日立」 ほか)
番外編 漢字がジョークのもと
[要旨]
「反日」「反台湾」そして自国までをも笑いのネタに。中国語界のカリスマが、インターネットや現地での取材を通して集めた抱腹絶倒の笑話・戯れ歌集。ガイドブックよりも中国の今がよくわかる!中国人の笑話魂恐るべし!!


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

子供にマネーゲームを教えてはいけない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年06月08日 22時29分]
「子供にマネーゲームを教えてはいけない」そうでしょうとも、木っ端役人も同感です。
ただし、子供の頃から、金銭教育は必要でしょう。これが欠けているのが問題だと思います。
子供にマネーゲームを教えてはいけない (講談社プラスアルファ新書)子供にマネーゲームを教えてはいけない (講談社プラスアルファ新書)
(2009/01/21)
キャシー 松井

商品詳細を見る

第1章 私たちが農場で学んだこと
第2章 塾と小遣いは必要か
第3章 子供に何も残さない理由
第4章 この国の可能性
第5章 父アンディーの成功哲学
第6章 還元の精神が変える世界


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

できる人の直感力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年06月07日 22時19分]
「足りないものを探す」という発想は必要ですね。どうしても「そこにあるもの」で済まそうとするのが一般人ですがそれを越えれば新たな発想が生まれるんですよね。
直感力を鍛えるために「本のタイトルから内容を想像する」ということが薦められていますが、大概の人は無意識にやっていますよね。
他人や状況を把握するためには、「自らがぶれない、立ち位置を変えない」ということが薦められていますが、これはその通りだと思います。しかし、簡単にはいきませんよね。
できる人の直感力―あなたの潜在能力が目覚める30のメソッドできる人の直感力―あなたの潜在能力が目覚める30のメソッド
(2008/04)
佐々木 正悟

商品詳細を見る

第1章 直感とは何か?(直感のクオリア なぜコーラやiPodを開発できたのか ほか)
第2章 想像力がひらめきを生む(ウォーリーを探せ! クラークの第一法則 ほか)
第3章 頭のよさと直感力は関係があるのか(リスクをコントロールする 株を売買するとカンがつかめる ほか)
第4章 できる人のビジネスルール(直感的なデザインは欲望を誘発する 新しいサービスは失敗から生まれる ほか)
第5章 直感で決めていいこと・いけないこと(どんなときに直感を信頼しなくなるのか 他人のアドバイスは不幸という名の甘い蜜 ほか)


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

トップになる人のためのプロフェッショナル仕事術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年06月06日 22時04分]
この本は、読んだことがあるようなことばかりです。(一次情報が少ないのでしょうね。)
しかし、この手の本をはじめて読む人にはお勧めです。また、忘れっぽい(木っ端役人のような)人間には、刺激になっていいですね。
トップになる人のためのプロフェッショナル仕事術トップになる人のためのプロフェッショナル仕事術
(2009/01/22)
安恒 理

商品詳細を見る

第1章 高い志を持って仕事に取り組む(「社会に役立っているか」を何より考える 相手がひるむほどの強い信念&誠意で臨む! ほか)
第2章 チャンスを確実にものにする(成功者は凡人の10倍夢を諦めない! 継続する重要性と、ムダを続けない重要性 ほか)
第3章 常に積極姿勢で臨み、自分を高める(チャレンジ精神なくして成功はない! 成功の秘訣は現状&マンネリの打破 ほか)
第4章 上に立つ人は人の力の借り方がうまい(人の力を活用できる人ほど成功する素質十分! 人に愛されているか? ほか)
第5章 難題に立ち向かいどう解決していくか?(苦境に立たされたときの対応策 苦境を乗り越えた成功者たち ほか)
[要旨]
トップに立つ人と立てない人の差は、どこにあるのか?成功を勝ち取るには「確かな理由」があります。これを知ると知らないとでは、今後のあなたのステップアップに大きく影響します。情報収集や効率アップ、問題解決から、仕事に対する考え方や志まで、超一流とその他大勢の人たちの違いがこれでハッキリわかる!カリスマ経営者、名監督、トッププロデューサー…。成功者が実践している『超一流の仕事術』を網羅。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

これから食えなくなる魚

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2009年06月05日 21時59分]
この本を読んで、最近、サンマの安売りが多い理由がよくわかりました。サンマが増えているんですね。
配偶者にお願いして、イワシの代わりに(ツミレにして)食べさせてもらっています。
(たくさん取れて)食べられる魚を食べるようにしましょう。
これから食えなくなる魚 (幻冬舎新書)これから食えなくなる魚 (幻冬舎新書)
(2007/05)
小松 正之

商品詳細を見る

第1章 日本の食卓から魚が消える?(二〇四八年、海から魚が消える? 七五パーセントは、もう獲ってはいけない魚 ほか)
第2章 日本の漁業は倒産状態(三〇年以上前から始まっていた凋落 増えている養殖も実質は外国産 ほか)
第3章 マグロはいつまで食べられるのか?(世界の高級マグロの八割を食べる日本人 五〇年間で一五倍に激増した漁獲量 ほか)
第4章 この魚はいつまで大丈夫?(今や高級魚になったマイワシ マサバとゴマサバ、好まれるのは? ほか)
第5章 魚は国民の共有財産(日本の食卓から魚が消える日 早い者勝ち方式が乱獲を招いた ほか)
[要旨]
マグロが回転寿司やスーパーからなくなる、世界的シーフード・ブームで日本の業者が魚を買いつけられなくなる等、連日報じられる魚をめぐる危機。しかし事態はもっと深刻だ。このまま手をこまねいていれば、多くの魚が日本人の口に入らなくなる日は遠くない。国際捕鯨会議のタフネゴシエーターとして世界に名を馳せた著者が、あまりに世界から立ち遅れた日本漁業の惨状を指摘。マグロだけじゃない!サバ、イワシ、タラはいつまで食べられるのか。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

金融資産は今すぐ現金化せよ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2009年06月04日 21時54分]
金融資産といっても、ほとんど持ってはいないんですが、「現金化せよ」というのは庶民の感覚としてはあっていますよね。
世界の金融システムは壊れているような気がします。
金融資産は今すぐ現金化せよ (ベスト新書 208)金融資産は今すぐ現金化せよ (ベスト新書 208)
(2008/12/09)
須田 慎一郎

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

脱コンビニ食!―健康長者をめざす食生活のヒント

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2009年06月03日 21時50分]
ちょっと古い本ですが、本質は変わっていないと思います。
判ってはいるのですが、配偶者が疲れているときには、そういう食事になる時があります。
自分で作ればいいのですが・・・。
脱コンビニ食!―健康長者をめざす食生活のヒント (平凡社新書)脱コンビニ食!―健康長者をめざす食生活のヒント (平凡社新書)
(2003/09)
山田 博士

商品詳細を見る

第1章 日本人にいま真剣に問う。本当にコンビニ食でいいのか。日本人がこのまま滅亡していいのか。いのちを削るその実態を話そう―欧州各国でコンビニが少ない理由。頑固に伝統食にこだわる理由(「無生命食」であるコンビニ食 「無国籍食」であるコンビニ食 「無愛情食」であるコンビニ食 ほか)
第2章 コンビニ食に含まれる心と体をキレさせる五つの「主犯物質」―大人も子どもも荒れている、本当の原因はこれだった(きれいな色には毒がある。アトピーと花粉症の人はとくに避けるべき。まだまだ現役の着色物質、タール色素 安らかな名前で誰もがコロリとだまされる。喘息の人には絶対禁物の保存物質、安息香酸 胃の中で強力な発ガン物質を作るすさまじきもの。ウインナーを恥ずかし色に染める発色物質、亜硝酸塩 ほか)
第3章 口笛を吹きながら「健康長者」になれる7つの簡単な生活習慣―脱コンビニ食生活は暮らしをシンプルにし、他者のいのちに思いを馳せることが最大の条件だ(包丁一本 朝四時半の話
5:2:1の法則 ほか)
[要旨]
添加物を散らした「幕の内」弁当。子どもも大人も飲んでいる「健康」ドリンク。そして、孤食と欠食の毎日。食の安全に警鐘を鳴らして三十年の著者による、「脱コンビニ食」のすすめ。それでもまだそんな食事、つづけますか?怪しい食事が危ない日本人をつくっている!今日から始める食生活改善。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「今度こそ絶対!」続けるコツ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2009年06月02日 21時40分]
私は三日坊主ですが、全てが三日坊主というわけではありません。
三日坊主で無いものの理由を考えると、この本に書いてあるようなことが思い浮かびます。
私以上に三日坊主の人にはお勧めの本です。
この本の中で感心したのは、できる範囲からやること(スクワットを1日目には1回しかしない。2日目は2回・・・。)、4日続けてみること、ハイテンションのとき(ハイテンションのまま)始めないこと等です。
「今度こそ絶対!」続けるコツ (アスカビジネス)「今度こそ絶対!」続けるコツ (アスカビジネス)
(2007/12/25)
志賀内 泰弘

商品詳細を見る

「3日坊主」な自分から脱出するコツ(大丈夫。あなたも必ず続けられる
まずは、目標を定めよう
続けるコツ・性格別対策
続かない最大の天敵・時間の問題を克服しよう
続けるコツ・メンタルトレーニング
続けるコツ・こんな工夫(初級編)
続けるコツ・こんな工夫(中級編)
続けるコツ・こんな工夫(上級編)
続ける格言・続ける名言)
志賀内流「書き続けてきた」コツ公開(ズボラな私でも「モノ書き」になれた基本
障壁・誘惑に負けない工夫
自分流の極意)


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin