ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

戦国忍者武芸帳

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2008年04月30日 23時27分]
風魔小太郎、加藤段蔵といった名前は知っていましたが、こういう忍びだったんですか・・・。
フィクションでしょうが、何やら親近感が湧きました。
ちなみに、雑賀孫一は鉄砲打ちで忍者ではないでしょう。
戦国忍者武芸帳 (時代小説傑作選 5)戦国忍者武芸帳 (時代小説傑作選 5)
(2008/03)
多岐川 恭

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
百地丹波、風魔小太郎、加藤段蔵、服部半蔵ら合戦の陰で暗躍した忍びの者たちの秘術を尽くした凄絶な闇の闘い。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

近所がうるさい!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2008年04月29日 19時05分]
うちの家は一戸建てですが、隣家からの騒音に悩まされています。うちの「山の神」は突発性難聴になり、未だに片方の耳がよく聞こえません。
それで、読んでみたのですが、「解決策」はありませんでした。残念。
近所がうるさい!―騒音トラブルの恐怖 (ベスト新書)近所がうるさい!―騒音トラブルの恐怖 (ベスト新書)
(2006/06)
橋本 典久

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
現在、近隣騒音に悩んでいる人にも、そうでない人にも、トラブルに巻き込まれた際の対処法と、本当の解決法を伝授。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ワーキングプアの大逆襲

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2008年04月28日 22時04分]
ワーキングプア側からの視点で書かれた本です。といっても、本人が書いたわけではありませんでした。
ワーキングプアの大逆襲―労働争議最前線からの〈格差“使い捨て”社会〉の処方箋! (Yosensha Paperbacks 31)ワーキングプアの大逆襲―労働争議最前線からの〈格差“使い捨て”社会〉の処方箋! (Yosensha Paperbacks 31)
(2007/10)
設楽 清嗣

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
ドキュメント!「ハケンの品格」。「26歳になってハケンって終わってるな」きっかけは花見の席で発せられたこの一言だった。ハケンと契約社員、同じ仕事をしていながらなぜ100万円も年収が違うのか。義憤に駆られた2人のハケンが立ち上がり、職場や職種を越えて身分格差と闘う非正社員の労働団体「ガテン連帯」が誕生するまでの一部始終。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

マイ エコハウス

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境 [2008年04月27日 20時54分]
10年以上前に家を建てるときにはエコハウスを目指していました。しかし、先立つものがなくて、太陽光発電は高すぎました。ペアグラスも無理でした。せっかくつけた太陽熱温水器は壊れてしまいました。今も活きているのは地下水涵養の桝だけです。
マイ エコハウスマイ エコハウス
(2007/07/04)
佐藤 征雄

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
旧建設省で培った自然を生かし管理するワザが住宅にも生きた。身体も家計も元気になる家づくり。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

部落差別はなくなったか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2008年04月26日 23時53分]
差別がなくなる世界を目指しています。
しかし、こればかりは一人ではどうにもなりません。
部落差別はなくなったか?―隠すのか顕すのか (プロブレムQ&A)部落差別はなくなったか?―隠すのか顕すのか (プロブレムQ&A)
(2005/10)
塩見 鮮一郎

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
部落民は「見えない人間」になりつつあり、マスコミも部落についてふれようとしない。では、差別はなくなったのかというと、ネットなどではあからさまな部落差別表現がとびかう。こんにちの社会では、人種差別、障害者差別、エイズ差別など、さまざまな差別が発見され、その解消が訴えられている。そして、問題として提出されると、解決にむけ動いていき、その過程で人々は「平等」「人間」「人権」を学ぶ。本書は、部落差別もまた、同様に顕すことで、議論を深め、解決していく必要性を説いている。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

だまされずにお金をふやす本当のルール

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2008年04月25日 23時20分]
何も努力しないでお金が増えることはありません。
また、何らかのリスクなしにリターンは期待できないものです。それを再確認させてくれる本です。
それでも「ラクして儲けられる」という本を読んでしまう木っ端役人は、困ったものです。
だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用だまされずにお金をふやす本当のルール 10年先に差がつく資産運用
(2008/01/23)
佐瀬貴之

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
マネーの世界はサバイバル!知識をつけて生き残れ!本書では、知らなければ損をするマネー商品の裏側がよくわかります。正しい資産運用の方法も紹介していますから、未来の生活を豊かで安心なものにする助けになるでしょう。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

犬と私の10の約束

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2008年04月24日 23時02分]
ベストセラーですがだいぶ遅れて読みました。
飼い犬が死んでしまってしばらく経ったので、やっと、読む気になれました。
この本で涙が出るなんて・・・。年取って涙腺が緩んでいるのでしょうね。
犬と私の10の約束犬と私の10の約束
(2007/07/28)
川口 晴

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
あかりが12歳のとき、子犬のソックスがやってきた。亡くなった母とかわしたあの約束を、はたして、あかりは守れるのか…。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新個人主義のすすめ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2008年04月23日 23時41分]
新個人主義のすすめ (集英社新書 (0427)) (集英社新書 (0427))新個人主義のすすめ (集英社新書 (0427)) (集英社新書 (0427))
(2008/01/17)
林 望

商品詳細を見る

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

上司はひと言

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2008年04月22日 22時32分]
一応、管理職とやらになった木っ端役人は「部下の育成」を考えるようになりました。(どうやら「名ばかり管理職」ではないようです。)
この本の内容の中では「部下の名前を呼ぶこと」が一番印象に残りました。
私には、この本の内容を生かせそうもないですが、努力します。
―部下を伸ばす30の「ひと言」上司はひと言―部下を伸ばす30の「ひと言」
(2007/12)
白潟 敏朗

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
17万人上司が納得、部下を伸ばす30の「ひと言」。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

レバレッジ勉強法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2008年04月21日 23時07分]
寝転んで読んでみて、私の考え方に近いところを見つけて感心しました。
「勉強とは、わたしのような怠け者が、ラクに、最短距離で、最大限の成果を得る唯一の方法です。勉強は、やらないよりは、やったほうが絶対にトクなのです。」
私もそう思います。
実はベストセラーになってすぐに立ち読みした本です。
レバレッジ勉強法レバレッジ勉強法
(2007/09/25)
本田直之

商品詳細を見る

BOOKデータベースより
ベストセラー『レバレッジ・シリーズ』実践編!年収UPを目指すなら、働くよりも、「勉強」しなさい。「時間がない」「やる気が出ない」「続かない」―。忙しいビジネスパーソンのための、最短距離で最大限のリターンを得る技術。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin