ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

理想の日本人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:社会制度 [2007年11月30日 20時00分]
ところどころに、私の知識と違うところがあり、信用できないようなところもあります。しかし、本質的には、著者の言いたいことについては同感です。
理想の日本人 理想の日本人
濤川 栄太 (2007/06)
中経出版
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
内村鑑三が『代表的日本人』を世に出してからちょうど100年。これから30年後の日本を創り、世界に貢献する日本人とは?古今東西の多くの理想的人物から学びつつ、渾身の力で描く。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

科学の社会化シンドローム

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:社会制度 [2007年11月29日 20時57分]
科学に関して実利を求める風潮が、データの改竄などを引き起こしているのでしょう。
基礎的な科学への予算の必要性を感じます。
科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー 131) 科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー 131)
石黒 武彦 (2007/05)
岩波書店
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
ヒトクローン胚からのES細胞ねつ造事件が韓国社会をゆるがした。日本でも、国立大学や一流研究所における論文ねつ造・データ改ざんの疑惑、研究費の不正運用が、世間を騒がし科学システムを脅かす。社会からの要請を前に、科学は病的症状を現すかに見える。科学は今後、どのようにあるべきか。問題の根源から考察する。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

勝手サイト 先駆者が明かすケータイビジネスの新機軸

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2007年11月28日 20時05分]
しばらく前から携帯サイトを作ろうと思っていますが、PCサイトの維持管理で手が出ません。
勉強する気が少し起きました。勝手サイトの受験サイトを作りたいと思っています。
勝手サイト 先駆者が明かすケータイビジネスの新機軸 (ソフトバンク新書 52) (ソフトバンク新書 52) 勝手サイト 先駆者が明かすケータイビジネスの新機軸 (ソフトバンク新書 52) (ソフトバンク新書 52)
石野 純也 (2007/10/16)
ソフトバンククリエイティブ
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
パソコンでは自由にサイトを作って運営する「勝手サイト」が常識。一方、ケータイではキャリアの審査が必要だが、メニューリストに登録され、課金も代行してくれる「公式サイト」でのビジネスが一般的だった。しかし、ケータイの世界でも検索エンジンやパケット定額の普及により、勝手サイトは巨大なビジネス市場へと変貌しつつある。そこで、このビジネスの先駆者を取材し、その成功の秘訣と将来性を明らかにする。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

自虐の詩

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:マンガ関係 [2007年11月27日 19時54分]
映画化されましたね。週刊宝石で連載されていた時にはよく知りませんでしたが、その後、結構ブレイクしましたね。
阿部寛と中谷美紀ではいい男といい女過ぎますが一応許しましょう。
ちゃぶ台をひっくり返すのは「自虐の詩」と「巨人の星」ぐらいしか知りません。(私は、もったいなくてひっくり返せません。)
自虐の詩 上巻 自虐の詩 上巻
業田 良家 (2007/08/24)
竹書房
この商品の詳細を見る

自虐の詩 下巻 自虐の詩 下巻
業田 良家 (2007/08/24)
竹書房
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
幸せになりたいですか?日本一泣ける4コマ漫画、ついに映画化!単行本初収録作を含む愛蔵版、上・下巻刊行。
BOOKデータベースより
人生には明らかに意味がある。誰もが号泣した、圧巻のラスト!人生の意味を問う奇跡の4コマ作品。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ルポ正社員になりたい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2007年11月26日 20時24分]
我が家の「子供」も、(介護系なので、)正社員になれないような状況です。
どうなるのでしょう。将来が心配です。
ルポ正社員になりたい―娘・息子の悲惨な職場 ルポ正社員になりたい―娘・息子の悲惨な職場
小林 美希 (2007/05)
影書房
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
今や働く人の3分の1にものぼる非正規雇用。その多くは学校卒業時に就職できず、“とりあえず派遣”となった若者たち。“景気回復”“グローバル市場で生き残るため”といった企業の掛け声の裏で、労働市場の規制緩和のしわ寄せを受け、希望なき不安な生を強いられている若者たちの声を聞け。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2007年11月25日 20時56分]
だれにでもある「マネータイプ」を見つけて、適切なマネー人生設計をしましょう。
私はどうやら「カメ」のようなので、もう少し「勇気」がいるようです。
ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?―「お金タイプ」でわかるマネー術 ダチョウはなぜ金儲けが苦手なのか?―「お金タイプ」でわかるマネー術
ジョーダン・グッドマン (2007/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
目次:
1章 だれにでもあるマネータイプを見つけよう
2章 もし大金が手にはいったら―お金に対するあなたの思い込みを知ろう
3章 クジャク―人は見た目が一〇〇%
4章 ダチョウ―お金のことは苦手、人まかせ
5章 ヤドカリ―あのお金はどこに消えた?
6章 カメ―もう安心だと思い込んでいただけなのか
7章 ウサギ―人生はギャンブルだ。勝つ見込みが小さくても勝負する
8章 リス―お金を使うことが恐ろしくてしかたがない


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

あなたの会社の評判を守る法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2007年11月24日 20時48分]
「会社の評判」は、けっして「金で買えるもの」ではない。
その通りですよね。
公務員の不祥事やバッシングで、公務員の優秀な人材確保が困難になってきています。
どうなっていくのでしょう。
あなたの会社の評判を守る法 (講談社現代新書 1913) あなたの会社の評判を守る法 (講談社現代新書 1913)
久新 大四郎 (2007/10/19)
講談社
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
FF暖房機、リチウム電池…。製品事故は必ず起こる。企業の明暗はここでわかれる。改正消安法、消費者団体訴訟制度などの本質をやさしく解説。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

コラーゲンの話

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:環境 [2007年11月24日 09時55分]
私には結構難しい本でした。
コラーゲンの話―健康と美をまもる高分子 (中公新書 (1917)) コラーゲンの話―健康と美をまもる高分子 (中公新書 (1917))
大崎 茂芳 (2007/10)
中央公論新社
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
細胞と細胞の橋渡しを担うコラーゲンは、骨格や筋肉をつくり、からだを支える重要なタンパク質である。また、皮膚の弾力を保つ働きは、健康と美を測る大きな指標ともなっている。コラーゲンはどのようにつくられ、どう働くのか?コラーゲン繊維の向きと並び方を明らかにした著者が、からだの仕組み、タンパク質の働きの視点からこれらの疑問に答える。さらに、合成高分子の機能、新しい皮膚移植法の提案など、新展開も紹介。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:環境 [2007年11月23日 20時09分]
この本に書かれていることは事実です。しかし、誰もが違うように理解しています。
私のように環境に詳しい人間でも、マスコミに騙されることが多くあります。
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029)) 環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
武田邦彦 (2007/09/12)
洋泉社
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
「今後100年間で地球の平均気温は6.4℃も上昇?」「まず、ありえない!」6.4℃とはIPCCが発表した最も悲観的なシナリオ下でのしかも予測幅があるうちの最悪の数値に過ぎない。イギリスのBBCは、1.8℃~4℃の上昇と報道している。京都議定書の削減目標を真に受けているのは日本だけに等しい、ツバルの海面水位上昇は温暖化による影響ではない!?日本人は地球温暖化についても正確な情報を得ていない!地球温暖化でも、ウソがまかり通っている!―ますます膨らむ「環境バブル」「エコの空騒ぎ」に「NO」を突きつける。


コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

なぜ、予想は裏切られたのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本。 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2007年11月22日 20時04分]
ニッチを狙う必要性がテーマの本です。
「新しいカテゴリーを作れば、貴社の商品は必ずシェアNO1になる。」
そうでしょうね。
なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング なぜ、予想は裏切られたのか 「こだわり消費」のマーケティング
夏目 幸明 (2007/07/26)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

BOOKデータベースより
「男前豆腐」が一丁450gもある理由とは?「ケータイ」、今や大きい方が売れるのはなぜ?今までの手法では売れる商品が作れない。気づいた会社はもう始めています。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin