FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

技術にも品質がある

カテゴリ:未分類 [2007年03月20日 12時52分]
以下はこの本の抜粋ですが、われわれ技術者への新たな提言(警鐘?)かもしれません。品質管理ではなく品質工学ですか・・・。
「もはや作業の効率化や管理指標の追求などの「プロジェクトX」的な手法ではなく、実質を重視する「ためしてガッテン」的な認識が、世界の潮流になりつつあるのだ。技術の本質であるアートの心を取り戻す技術マネジメントが、これからは求められているのではないだろうか」
「品質工学の3原則」
1.原因を追究してはいけない。2.品質にこだわってはいけない。3.ばらつきを大きくしなさい。
全ては逆説のようで本質です。
しかし、2000時間の保障と思っていたのが、そうではなかったとは知りませんでした。


技術にも品質がある―品質工学が生む革新的技術開発力
MARCデータベースより
企業経営者や組織管理者を対象とした、品質工学の解説書。一流の経営者に向けて、高品質を達成するにはどうすればいいか、高品質を生み出し続ける技術体質に変革するにはどうすればいいか、経営戦略的な視点から解説する。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

カテゴリ:未分類 [2007年03月19日 12時45分]
各々1軒しか経営していない「餃子屋」と「高級フレンチ」で両方とも繁盛している条件で考えれば、固定経費が少ないけれど(繁盛しても)売り上げが少ない「餃子屋」よりも、固定経費は多いけれど(繁盛すれば)売り上げが多い「高級フレンチ」が儲かるでしょう。
逆に、繁盛しなければ「餃子屋」は残っても「高級フレンチ」はすぐつぶれるでしょう。このようなことを理解できるように説明してくれています。(一応売れている本ですね。)


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? 読むだけで「経営に必要な会計センス」が身につく本!
MARCデータベースより
会計を使えない経営者が会社を潰す! 会計とは何か。ビジネスストーリーで学ぶ、ビジネスパーソンのための管理会計入門。決算書の読み方やキャッシュフロー経営のしくみなど、経営に必要なテーマをわかりやすく説明する。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

悲しき人形つかい

カテゴリ:小説・マンガ関係 [2007年03月18日 11時38分]
設定はなかなかいいとは思いますが、ちょっとやりすぎのような気がします。いつものカジシン節とは違いますね。あまり感動しませんでした。


悲しき人形つかい
ホーキング博士に、自分の足で歩いてもらいたい! 無名の天才発明家・機敷埜風天は、脳波を直接受信して動作をサポートする介護支援機器「BF」を開発するが…? 想像力がエスカレートしていく痛快スラプスティック長編。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

県土は子孫からの預かりもの

カテゴリ:未分類 [2007年03月17日 11時36分]
守秘義務違反になりかねないこともかなり書いてあります。
(時効でしょうし、)神奈川県のためにはなったかもしれませんが、国費を詐取したことをここまで書いていいのでしょうか?


県土は子孫からの預かりもの 若き日の土木技術者の挑戦と夢
MARCデータベースより
橋、道路、まちづくりのプラン策定から施工まで、神奈川県の土木行政に長年携わってきた技術者が、豊富な経験をもとに綴る。土木工事の実際から、各種プラン作りへの参加、デザインや職場・組織のことなどを取り上げる。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本語どっち!?

カテゴリ:未分類 [2007年03月16日 12時59分]
完璧だったのは、漢字の読みだけでした。
時々は読み返して勉強しなければ・・・。
「流れに棹さす」は、なんど覚えてもすぐ忘れます。流れに逆らうイメージなんですけど、本当は棹さして早く進めるのですけどね。
「やおら」はどうしても急いでいるように感じます。本当はゆっくりなのですけどね。


日本語どっち!?
MARCデータベースより
ご家族みんなで、クイズにチャレンジ! 正しい言葉の使い方、同音異義語、まちがえやすい漢字やことわざなど、基本的な日本語が楽しみながら身につきます。送り仮名、仮名づかい、四字熟語、カタカナ語等のミニクイズも掲載。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

若者はなぜ「決められない」か

カテゴリ:未分類 [2007年03月15日 12時52分]
2003年の本なので、最近の社会情勢の変化で「フリーターの正社員化」が進んでいる現在とは少し状況が違います。
しかしながら、本質的には違わないのでしょうね。(わが子のための若年破綻防止マニュアルのつもりで書いたとのことです。)


若者はなぜ「決められない」か
BOOKデータベースより
八〇年代以降、フリーターの数は増え続け、今や就業人口のなかで無視できない存在となった。日本の近代史をふり返れば、たとえば「高等遊民」という現象のように、「決められない若者たち」は過去にも存在した。けれども現代のフリーターは、先進国のなかでも特殊な今日的現象である。なぜこうした現象が生じたのだろうか?自らも「オタク」として職業選択に際し違和感を抱いた著者が、労働(仕事)観を切り口に、「決められない」若者たちの気分を探る。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人道支援

カテゴリ:未分類 [2007年03月14日 11時54分]
「人道支援では国の利害ではなく、犠牲者の苦しみを和らげることが優先されなくてはならない。人道支援の基礎は個人の尊重にある。」ですよね。
アメリカの(国からの多くのお金をもらう)NGOは、国の意向に沿わざるを得ないので、なかなか個人の尊重ができないことがよく解りますね。


人道支援 ボランティアの心得
MARCデータベースより
戦争や災害時における望ましい支援のあり方とは? ヨーロッパで生まれた人道支援という考え方の歴史を踏まえ、実際的な理念と原則を解説。国際赤十字連盟委員を長年務めた著者ならではの経験と指針が満載。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

読書会

カテゴリ:未分類 [2007年03月13日 12時40分]
ほとんどが読みそこなっていた本でしたが、読んだような気になれました。
アシモフ、ル・グィン、キング、山田正紀、萩尾望都の未読の本がありました。


読書会
MARCデータベースより
名作は、寿命が長い。読んで語ろう、呑みながら! 「石の血脈」「はだかの太陽」「ゲド戦記」など古今東西の傑作小説を語る対談集。萩尾望都、笠井潔をゲストに迎えた特別対談も収録。『SF Japan』誌連載の単行本化。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

会社をダメにする隣の小さなサボリ豚

カテゴリ:未分類 [2007年03月12日 11時37分]
日本語訳がこなれていないせいかも知れませんが、いま一つピンときませんでした。素直に、「怠け心」と書いてもらったほうがよりピンときますね。
「同僚や部下、そして自分のサボリ豚(怠け心)を受け入れよう」というヒントは含蓄があります。


会社をダメにする隣の小さなサボリ豚
MARCデータベースより
「サボリ豚」とはドイツ語で人の心に棲んでいるサボリ心、怠け心のこと。会社によくいるサボリ豚の発見、サボり豚の戦術、うまくやってゆく方法などを指南。会社の日常に役立つヒント、サボり豚と付き合うためのヒントも紹介。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

あなたの話は、なぜまわりくどいか

カテゴリ:未分類 [2007年03月11日 11時41分]
私は、強迫性性格者のようで、どうしてもまわりくどくなりがちです。
しかし、みずからがそれを理解していれば、いくらかは変わるようです。


あなたの話は、なぜまわりくどいか
MARCデータベースより
「うまく話せない」と感じている人、それは「言葉が足りない」か「まわりくどい」かによるのです。気鋭の心理学者が、パーソナリティー分類の視点から解き明かす、会話改善の妙技。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin