ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本史の一級史料

カテゴリ:未分類 [2007年01月31日 12時41分]
「固定された正しい歴史はない。史料により変わっていくものだ。」ということを教えてくれる本です。


日本史の一級史料
MARCデータベースより
歴史は1秒で変わる! 「一級史料」を題材に、歴史家がどのように史料を読み、歴史を描き出していくのかを探り、そのうえで、教科書や歴史書の記述を鵜呑みにしない、自分なりの「歴史感覚」の身につけ方を学んでいく。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

つぶすな!農村と農業

カテゴリ:環境 [2007年01月30日 11時36分]
国政に翻弄された「農村と農業」が、地方(山口県)から見える。


つぶすな!農村と農業―近代的いなか社会づくりをめざして
MARCデータベースより
時事通信社『農林経済』のフロントに投稿し、掲載されたものの中から、適当なものを選んで収録。「農村と農業と農政の課題」「十字架を忘れてJAになった農協」「農村づくり抄録」の3部構成。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万―パソコンひとつで成功!のコツ

カテゴリ:未分類 [2007年01月29日 12時02分]
有名な「藍玉」さんの本です。月収50万円はすごいですね。


主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万―パソコンひとつで成功!のコツ


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

吉野家

カテゴリ:未分類 [2007年01月28日 11時00分]
吉野家はなぜアメリカ産牛肉にこだわらざるを得ないのか?
味だけではなかった理由が紐解かれます。


吉野家
MARCデータベースより
アメリカ産牛肉輸入停止から2年9カ月。ついに「吉野家の牛丼」再開! 100年以上の歴史を重ねた「吉野家の牛丼」から見た、「吉野家の企業姿勢=吉野家イズム」の全貌を公開。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お墓の誕生

カテゴリ:未分類 [2007年01月27日 11時16分]
えー、○○家の墓って、昔はなかったんだって。
25年ぐらい前に、私の同居人の母親の実家に行った時、洗骨?に立ち会いました。この本の分析とは少し違うような気がします。


「お墓」の誕生 死者祭祀の民俗誌
MARCデータベースより
「お墓」とは何か。伝統的な祖先への敬愛の表現か。家制度の因襲か。お盆、葬儀、「お墓」参り、そして嬰児や戦死者の鎮魂…。各地の習俗から儀礼の「常識」を見つめなおし、民俗学から見た死者祭祀のありようを探る。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

スコットランド人大富豪がそっと教えてくれたお金の法則

カテゴリ:未分類 [2007年01月26日 13時35分]
私の読み方がたりないのでしょうか。絶対使わない「賢者の貯金」をすべきことを進めているところとそれ以外のところの関連性が良く分かりませんでした。
このような私には賢者の貯金は無理でしょうね。


賢者の貯金箱 スコットランド人大富豪がそっと教えてくれたお金の法則
MARCデータベースより
人生の成功には不可欠で、その扱い方次第で人を幸せにも不幸にもするすごいチカラを持つお金。著者がスコットランド人大富豪から学んだ、絶対お金に困らない人になるための正しい扱い方を伝授する、お金のセラピー本。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

由布院の小さな奇跡

カテゴリ:未分類 [2007年01月25日 13時14分]
「まちはよみがえる」に湯布院(由布院)があったので読みました。
『交通実験』(国交省がいうところの社会実験)は、『まちづくり実験』という言葉には感心しました。
筆者は私より10歳年長の土木系の地方公務員OBです。(筆者を初めて知りましたが、早期退職されるぐらいの方ですから、「木っ端役人」ではなかったのでしょう。)


由布院の小さな奇跡
BOOKデータベースより
由布院は盆地である。かつては山に囲まれた普通の田舎だった。名所旧跡もない。温泉の湧出量は全国第二位という豊富さだが、客は少なかった。現在、旅館も増え、みやげ物屋が立ち並び、国内温泉地のなかでトップクラスの人気を集めるようになった。年間の観光客は三百八十万人、宿泊客は九十五万人を数える。この奇跡的な成功の陰にはどのような努力があったのか。「由布院ブランド」を築き上げたまちづくりの物語。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お父さんの成仏経済学

カテゴリ:未分類 [2007年01月24日 12時09分]
時々は(私が死んだ後どうなるのかを)考えるのですが、なかなかしっかりとは考えようとはしませんね。ある意味、時々考える必要がありますよね。


お父さんの成仏経済学―転ばぬ先の未来家計簿
MARCデータベースより
浪野道男、45歳。妻と2人の子あり。死神に余命3ヶ月と宣告され、あわてて家計を見直すが、何から始めたらよいのか…。わが家の経済力を見直し、整理する手順を、ストーリー仕立てでわかりやすく解説する。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

格差社会

カテゴリ:未分類 [2007年01月23日 13時39分]
1月23日の日経新聞記事の内閣府調査結果の生涯賃金格差「日本が最小」は信じられません。
このままでは、格差の固定化(階級化)が予想されます。この解消法が提案されています。


格差社会 何が問題なのか
MARCデータベースより
教育や雇用などあらゆる場で格差が拡大するなか、いま日本社会に何が起きているのか。格差問題の第一人者である著者が、様々な統計データによって、格差の現状を詳細に検証し、不平等化が進行する日本社会のゆくえを問う。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

まちはよみがえる

カテゴリ:未分類 [2007年01月22日 11時28分]
まちづくりには、(外から)若い女性を呼ぶことが大事。また、本物が大事というのは良く分かります。


まちはよみがえる―田舎の再生から日本は復活する!
MARCデータベースより
過疎で潰れるしかないような田舎が活気を取り戻した! 劇的復活を遂げた、あるいは遂げようとしている14市町村の、名もなき人々の奇跡の物語。大合併で揺れる全国の市町村、さらに企業経営者まで必見の一冊。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin