ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

知ってるようで知らないものの呼びかた

カテゴリ:未分類 [2006年12月31日 12時19分]
知らないことを知る喜びはありますね。しかし、すぐ忘れてしまいます。


知ってるようで知らないものの呼びかた
MARCデータベースより
ドングリの笠、徳利を置く器、口紅を回す部分…。みんな「袴(はかま)」と呼びます。意外なものや、響きの美しいもの、変わった由来のもの。日本の生活に根ざした「知ってるようで知らないものの呼びかた」をお楽しみ下さい。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

笑う大英帝国

カテゴリ:未分類 [2006年12月30日 12時16分]
イギリスはジョークで王室を取り上げますが、日本は皇室を取り上げません。
どちらが成熟した社会なのでしょう。(ちなみに私はイギリスはあまり好きではないのですが・・・。)


笑う大英帝国―文化としてのユーモア
MARCデータベースより
王様も神様もおかまいなしのイギリス・ユーモア! 痛烈なからかい、バカバカしいギャグ、ほろりとさせる優しい笑い。〈笑い〉と〈英国〉をこよなく愛する著者が、豊富な「笑いの文化遺産」の中に英国文化の本質を読み解く。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

地域と環境が蘇る水田再生

カテゴリ:未分類 [2006年12月29日 12時14分]
農業技術者や農業土木技術者がやってきたことのほとんどを否定しないと「人と生き物にやさしい農業」は難しいでしょう。
それでも、最後はここにたどりつくしかないのでしょうね。


地域と環境が蘇る水田再生
MARCデータベースより
身近な生き物が絶滅していくなかで、わたしたちは生き続けられるのか? 田んぼにコウノトリが舞い、小魚が泳ぎ、トンボの群が戻った! いのちに満ちた水田を再生しようと、歩み始めた人々のメッセージ。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

教育改革を評価する

カテゴリ:未分類 [2006年12月28日 13時07分]
市長が本気になれば教育改革もできるのですね。


検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する 犬山市教育委員会の挑戦
MARCデータベースより
教育格差の拡大を食いとめる手だては何か? 改革を推し進める原動力は? 全国に知られる「教育改革の町」、愛知県犬山市の7年間の動きを追いながら、その特徴、成果や課題、今後の展望までを明らかにする。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

温暖化クライシス

カテゴリ:未分類 [2006年12月27日 12時05分]
「メタルカラーの時代」の姉妹編。
土方も、取り上げて欲しいものです。


メタルカラー烈伝 温暖化クライシス
MARCデータベースより
大地震と巨大津波、集中豪雨と巨大台風が、日本を、地球を、壊し始めた…。だからこそ伝えたい、大災害時代の危機に立ち向かう人々の、命をも賭した感動の「33の見事な大仕事」。『週刊ポスト』連載から抜粋し加筆・再編集。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人は誰もがリーダーである

カテゴリ:未分類 [2006年12月26日 11時53分]
「自分自身で考え、判断し、行動できる人間は、自分自身をより高みへと向かわせるという意味において、「リーダー」と呼んでいい。つまり、字とは生まれながらにしてリーダーたりうるのだ。」だそうです。
この方の講演を聴いたことがありますが、面白かったです。


人は誰もがリーダーである
MARCデータベースより
組織を動かし成果を上げるためには、自分で考え、判断し行動できる「強い個」が求められる。いかに弱い自分を自覚して「強い個」を確立するか、「強い個」が集まった「強い組織」をどう作るかを紹介するマネジメントの教科書。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

おれちん

カテゴリ:未分類 [2006年12月25日 13時03分]
おれさま×ぼくちん=おれちんorぼくさま という方程式が成り立つようです。
いじめられっ子だった木っ端役人は、「わたし」族ではなく「おれちん」ですね。


おれちん 朝日新書017
MARCデータベースより
小泉前首相、安倍首相ら、おれちんリーダー、ニートやひきこもりになる若者…。肥大化した自己愛を抱えつつ孤絶し、漂流する人たち。彼らの深層心理に鋭く迫った、気鋭の韓国哲学者による次世代日本人論。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

エコシフト

カテゴリ:未分類 [2006年12月24日 13時03分]
エコシフト。あまり無理しすぎずに、環境を守るような行動に変える。みんなでそのような方向に変えていかなければ、人類の未来は暗いと思います。
「エコシフト」という言葉はともかく、私の生き方でもあります。


エコシフト チャーミングに世界を変える方法
MARCデータベースより
エコシフトとは、エコにシフトすること。経済を環境経済に転換させること。「100万人のキャンドルナイト」を仕掛けたコピーライターが、エコシフト中の自身の体験と、世界を包む新しいエコの形を紹介する痛快エコ戦記。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

アイデア会議

カテゴリ:未分類 [2006年12月23日 13時23分]
ディレクターの仕事はどういうものか。アイデアと企画を分ける。といった参考になることが書かれていました。
性格的なものか、(早見えしすぎるのか)私は「だめだし」は得意ですが、アイデアを(言い換えしたりして)育成することは苦手です。
また、今の立場上「ファシリテーター」になりがちですが、やはり「ディレクター」でなくてはならないと思いました。


アイデア会議 いい企画への近道知ってますか?
MARCデータベースより
「いきなり企画会議」からは“いい企画”は生まれない。いい企画を生むための「アイデア会議」の仕組みや運用方法、主役であるプランナーとディレクターの仕事について解説。「チームでアイデアを考える力」を養うための一冊。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

2011年、テレビが消える

カテゴリ:未分類 [2006年12月22日 12時47分]
私には読みにくい本でした。(内容的には10分もあれば理解できることなのに、4時間ぐらいかかりました。)
国が無理やり市町村に押し付けていることは良く分かります。(光ファイバーとは限らず、今までの国のやり方ですよね。特に交付税で充当すると言っておきながら、交付税を減らすやり方は、闇金やヤクザなみのやりくちですよね。)
このままでは2011年までにアナログの停波は困難なことも分かります。
しかしながら、全ての内容を10ページぐらいで書けるのではと思いました。


2011年、テレビが消える 光ファイバ、ケーブルテレビ化の真相
MARCデータベースより
2011年に停止されるアナログ放送とそれに代わるデジタル放送、そしてブロードバンド化についての問題点、実態を報告。今自治体で何が起きているのか、光ファイバで生まれる自治体と住民の負担など、事例とともに紹介する。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin