ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

人生後半からの「好きな仕事」の見つけ方

カテゴリ:未分類 [2006年11月30日 12時54分]
サラリーマン生活が残り少なくなったためか、このような本に手が出ます。
転職は55歳までがいいとか・・・。


人生後半からの「好きな仕事」の見つけ方 今度こそ、楽しい〈自分時間〉で生きてみる
MARCデータベースより
ゆとりある生活、充実した時間。今度こそ、やりたいことをやって満足しよう。独自のケーススタディで、団塊世代の「第2の人生のつかみ方」を徹底解説。履歴書の書き方や職務経歴書の例も収録。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

気くばりのツボ

カテゴリ:未分類 [2006年11月29日 11時51分]
誰でもできることから、ちょっと難しいことまであります。このようにできれば、仕事もプライベートも上手くいきそうですね。


気くばりのツボ
MARCデータベースより
本を読んで気くばりする。なんとなく喜ばれる。クセになって自分が変わる。気がついたら周囲が変わる。そして、本当に毎日が変わる。誰でも簡単にできる、ちょっとした心がまえ25。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

海中奇面組

カテゴリ:未分類 [2006年11月28日 12時48分]
海の中は驚きに満ちていますね。きれいな写真で興味がわきます。


海中奇面組 ビジュアル版
MARCデータベースより
大小の魚が見せる神秘的な光景の数々…。水中写真の第一人者である著者が、2万7000時間もの水中の旅を通して撮影した作品から77点を選び出し、撮影秘話を交えたエッセイで紹介する。『読売新聞』連載を単行本化。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ベンチャー→便利屋

カテゴリ:未分類 [2006年11月27日 11時46分]
自己破産しても、ここまでやれるのですね。感心しました。


ベンチャー便利屋
MARCデータベースより
倒産、自己破産。所持金23万円で単身上京。48歳からの再出発。「便利屋日本」を設立し、わずか3年で年収2千万まで復活した著者が語る波乱の半生と、生き残り&成功の哲学。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

地球・環境・人間

カテゴリ:未分類 [2006年11月26日 11時18分]
環境を広く捉えた本ですね。数字で裏打ちされたものです。


地球・環境・人間
MARCデータベースより
食糧不足、絶滅の危機、地球温暖化…。世界中で集計され発表される統計データは何を語るのか。無機質に見える数値の裏側に見え隠れする、環境としての人間活動の実態を明らかにする。『科学』掲載を単行本化。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

小さな国の救世主3

カテゴリ:未分類 [2006年11月25日 12時57分]
やはり面白いですね。この作者が私と同い年のようですが、こんな風に書けるなんて頭が若いのでしょうね。


小さな国の救世主 (3)
BOOKデータベースより
実現不可能と言われていた有力部族の結集を成し遂げてしまった天才軍師シマオオカミこと、普通の高校生龍也。本人が望む望まないにかかわらず、反政府同盟軍のシンボルとなってしまった龍也は戦いの渦中にあった。政府軍とまともにぶつかれば、互いに深刻な被害が出ることは必至。それはセリカスタンを疲弊させ、泥沼の中に落とすことになりかねない。リューカ姫が暮らすこの国が、いつの間にか好きになっていた龍也は悩む。そして、思いついたのは―。戦わずして敵を倒す、周りも首を傾げる奇策で龍也は最後のミラクルを狙う!シリーズはクライマックスへ。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

転がる香港に苔は生えない

カテゴリ:未分類 [2006年11月25日 11時31分]
香港の返還からもう9年も経ったのですね。結構面白かったのですが、ちょっと厚かったですね。


転がる香港に苔は生えない
BOOKデータベースより
1997年7月1日、香港返還。その日を自分の目で、肌で感じたくて、私はこの街にやってきた。故郷に妻子を残した密航者、夢破れてカナダから戻ってきたエリート。それでも人々は転がり続ける。「ここは最低だ。でも俺にはここが似合ってる」。ゆるぎない視線で香港を見据えた2年間の記録。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

スウェーデンの税金は本当に高いのか

カテゴリ:未分類 [2006年11月24日 12時27分]
公務員の必読の書でしょう。
国民の負担という点からの、「真」の議論の入り口になるでしょう。
スウェーデンは必ずしもユートピアではないですが、一つの解ではあると思います。


スウェーデンの税金は本当に高いのか
MARCデータベースより
日本は税金が安く、スウェーデンは高い。単純にそう言い切れるのか。スウェーデンは企業負担が極めて高く、国民生活に徹底して還元されるが、日本はその逆である。ライフスタイルのあり方など様々な角度から、公平に比較する。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

つばき、時跳び

カテゴリ:未分類 [2006年11月23日 13時32分]
こんな女性に会えるのなら幽霊話もいいですね。
梶尾真治はタイムトラベル物の天才でしょう。最新作です。


つばき、時跳び
MARCデータベースより
幽霊伝説のある旧家に住むことになった「私」は、ある日、突然出現した不思議な少女に魅せられる。150年の「時の壁」を超える恋の行方は? 「黄泉がえり」の作者が放つ、究極のタイムトラベル・ロマンス。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

アメリカよ、美しく年をとれ

カテゴリ:未分類 [2006年11月22日 11時29分]
盛者必衰のことわりとアメリカの歴史を踏まえたアメリカのあるべき姿を書いた本です。(確かにローマもスペインも大英帝国も全て衰えていますね。)


アメリカよ、美しく年をとれ
MARCデータベースより
かつて世界から愛されたアメリカは、今や巨大な軍事力に支えられた「大米帝国」であり、衰退に向かうかに見える。リベラルな立場から歴史家としてこの国とつき合ってきた著者が米国の明暗を描き、今後の進むべき道を提示する。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin