ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

初女お母さんの愛の贈りもの

カテゴリ:未分類 [2006年04月29日 07時16分]
 「おむすび」だけで人生が変わるとは限りませんが、おいしいものは人生を変えることもあるでしょうね。


初女(はつめ)お母さんの愛の贈りもの―おむすびに祈りをこめて


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

方言が明かす日本語の歴史

カテゴリ:未分類 [2006年04月28日 11時14分]
 柳田国男の「方言周圏論(昔の言葉は周辺に伝わり、古い言葉ほど田舎(発信源より遠く)に残る。)」の拡大版か?
 時代と空間を自由に羽ばたき、日本語を解説しています。多くの部分で「なるほど!」と思います。


方言が明かす日本語の歴史


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

官の錬金術

カテゴリ:未分類 [2006年04月26日 11時00分]
へー。といいながらたいした読後感が無いのは公務員だからでしょうか???


官の錬金術―失業保険1兆円はどこへ消えたか


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本の私をやり直す

カテゴリ:未分類 [2006年04月25日 13時57分]
管理人の「ぼやき」のようなものも整理すれば本になるというような本です。
日本人を考え直すきっかけにはなるかも。しかし、私の考えは変わりませんでした。


「日本の私」をやり直す


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

時間の教科書

カテゴリ:未分類 [2006年04月24日 12時58分]
 木っ端役人は、本を読みながら飯を食って鬼嫁?にしかられます。
 運転中の信号待ちでは本を読んでいます。トイレではもちろん本を読んでいます。
 これ以上時間をプロデュースするためには、耳も使う必要がありますが、(奥さんの言葉を聞かないと家庭不和のもとですので)実施できません。


時間の教科書


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ミジンコ先生の水環境ゼミ

カテゴリ:未分類 [2006年04月23日 06時54分]
 色々知らないことってあるのですね。敵がいると角をはやしたりするなんて、すごいものです。深い湖では富栄養化が起きにくいそうです。
 しかし、ダムでもよく発生しますよね??


ミジンコ先生の水環境ゼミ―生態学から環境問題を視る


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ドラえもんの謎

カテゴリ:未分類 [2006年04月22日 07時04分]
 サザエさんに負けない国民的マンガ(それ以上の世界的マンガかもしれません。)の研究者と渡辺昇一氏が書いた本。
 確かにドラえもんは、大人になった子供も読み続ける本ですね。


ドラえもんの謎―『ドラえもん』の奥深い秘密を探る


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人に教えたくない出世する人の口癖

カテゴリ:未分類 [2006年04月20日 13時47分]
「自由に仕事するためには、(細かい上司には)マメに報告すること。」なるほど!
「『アレどうなった?』には、~の件でしたらと答える。仮に違っていてもそのほうがいい。」そうだ!といったことが書いてある本です。口癖かどうかには疑問がありますが、なかなかの本でした。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

大豆は世界を救う

カテゴリ:未分類 [2006年04月19日 11時31分]
確かに大豆はすばらしい食品です。大豆を食べて健康で長生きしましょう。


大豆は世界を救う―1日1回大豆を食べるだけで血圧、コレステロールがぐんぐんさがる


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

一勝九敗

カテゴリ:未分類 [2006年04月18日 12時24分]
 ユニクロの本ですが、公務員にも結構参考になりそうです。


一勝九敗


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin