ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

赤いランタン(藤水名子)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2005年08月28日 11時53分]
中国物では、木っ端役人が好きな作家です。この人もはずせません。
中国怪奇幻想小説集とありましたが、原案の多くは「聊斎志異」でしょう。


赤いランタン―中国怪奇幻想小説集


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

3度のメシより!?レバニラ炒め

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2005年08月27日 03時39分]
木っ端役人は、食べ物系の書籍が大好きです。並んでいたら手に取ってしまいます。
餃子やチャンポンの発祥の地は知っていましたが、冷やし中華の発祥の地が仙台など初耳のことが書いてありました。

BOOKデータベースより
昭和の匂いを色濃く残す町の中華料理店に愛を込め、ニッポン中華の“謎”に迫る!“ニッポン中華”とは日本をホームグランドに活躍する中華料理のスターたち。その豪華オールスターが夢の競演!チャンポンの魔球がうなり、中華丼の弾丸ライナーが炸裂、焼き餃子のファインプレーに酔い、レバニラ炒めと冷し中華のアベック・ホーマーが爆発。



コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「所得半減」経済学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2005年08月21日 08時59分]
森永卓郎氏は1957年生まれ、昭和30年代に幼少期を過ごしています。
あの時代は「全てが良かった」とは思いませんが、やはりノスタルジーは感じますね。
「昭和の町」はノスタルジーの町でした。



「所得半減」経済学―「昭和30年代」に学ぶしあわせ術

BOOKデータベースより
「年収300万円以下時代」に負けない生き方教えます。



コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ごくらくちんみ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2005年08月20日 08時59分]
この方も亡くなりましたね。
環境屋の木っ端役人としては、江戸エコロジーの伝道士が減るのは残念です。
この本は、江戸のことではなく食べ物のことです。

BOOKデータベースより
未婚の母を決意したタマヨが食べたいという「たたみいわし」。幼なじみの墓参の帰りに居酒屋で味わう「かつおへそ」。元放蕩息子のロクさんが慈しみつつ食す「ひょうたん」。ほかにも、「青ムロくさや」「からすみ」「ドライトマト」など68種。江戸の達人が現代人に贈る、ちんみと酒を入り口にした女と男の物語。全編自筆イラスト付き。粋でしみじみ味わい深い、著者最後の傑作掌編小説集。



コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

おなかがすいたらごはんたべるんだ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2005年08月19日 09時54分]
相田みつをよりも、私は好きですね。



コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

南の島で、暮らそうか!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境 [2005年08月16日 12時17分]
木っ端役人は日本語がやっとなので、国内の南の島で暮らしたいと考えています。
そのため、この手の本はよく手にとります。(仕事がないと食えないので、いろいろ考えるためです。)
久しぶりに、公設市場でノコギリガザミか、グルクンでも食べたいものです。


南の島で、暮らそうか!


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

土木遺産ヨーロッパ編

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2005年08月14日 11時14分]
写真が綺麗です。オランダの風車やフランスの運河などしか見たことはありませんが、機会があれば他の土木遺産も見てみたいものです。



土木遺産―世紀を越えて生きる叡知の結晶 ヨーロッパ編


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

卵でピカソを買った男

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2005年08月14日 10時49分]
題名で惹かれて読んでしまいました。
日本の卵事情もわかりました。


卵でピカソを買った男―「エッグ・キング」伊勢彦信の成功法則


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

波に座る男たち(梶尾真治)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説 [2005年08月13日 01時58分]
 梶尾真治の新作を読みました。SFテイストは余りありません。(あえて言えばエマノンシリーズのガンになった超人の話に近いか?ネタばれになりそうなのでこれ以上は書きません。)
 さすがに熊本在住、熊本も舞台になっていますね。
 ひさしぶりに鯨を食べたくなりました。(アゲを使った偽物のハリハリ鍋ではなく本物が・・・。)
 給食で鯨を食べていた木っ端役人でした。


波に座る男たち


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

寄生虫博士のプーラン・プーラン

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:環境 [2005年08月11日 15時00分]
寄生虫で有名な藤田博士が、アジアを旅して考えたことを書いています。
アトピーやアレルギーは日本人の潔癖症がもたらしていると言う持論が詳しく説明されています。


寄生虫博士のプーラン・プーラン―モノの豊かさに心を蝕まれたニッポン人への処方箋

BOOKデータベースより
30年間通い続けたアジアの熱帯雨林の村で発見した“宝物”とは?貧しくても、イキイキと瞳を輝かす子どもたちが教えてくれたこと…ゆったりとした“生身の時間”が流れるなかで見えてきた本当の幸せ…―21世紀、心豊かな生き方を取り戻すために。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin