FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

1000円から増やす積み立て投資術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月18日 21時27分]
いまさらと思いながらも読んでしまいます。

【内容情報】(出版社より)
■お金の不安を積み立て投資で解消!
給料は増えない、銀行の預金も増えない、でも出費は増えるばかり…
そんな中でおすすめしたいのが、投資信託を毎月一定額ずつ買う「積み立て投資」です。
教育・住宅・老後の資金を、無理せず堅実にためることができます。

■知識ゼロでも・資金ゼロでも・忙しくてもずぼらでも大丈夫!
投資というと「なんだか難しそう」「そんな大金なんて持っていない」と思いがちですが、
積み立て投資なら、それでも十分取り組めるでしょう。
難しい知識は必要ありませんし、購入したらあとは基本ほったらかしです。
しかも本書では、毎月1000円ずつでも積み立てていく方法を大公開。
これから投資をスタートさせたい人にぴったりです。

■つみたてNISA・NISA・iDeCo…お得な制度がよくわかる!
少額の積み立て投資と相性がいいのが、
投資で得られた運用益にかかる税金がゼロになる「つみたてNISA」「NISA」、
運用益の税金の非課税に加えて、積み立て時・運用中・受取時にさまざまな
税金の優遇が受けられる「iDeCo」です。

本書では、これらの制度の基本はもちろん、人気FPの頼藤氏・高山氏の監修のもと、
ライフプランごとのポートフォリオ(資産の構成)事例を紹介!
いちばん得する「自分に合った制度」が、きっと見つかります。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本発母性資本主義のすすめ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月17日 22時10分]
時代に合った「死に方」「生き方」があるんでしょうね。
また、冷たくない資本主義というのもありえるのかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
今やポンコツ化した資本主義に血の通う温かい母性資本主義を!
困った人を助ける本能、「母性」を生かして誰もが「満足して死ねる社会」を築きましょう

令和の日本が直面する問題は少子化やAI化ではなく、高齢者の「長く緩慢な死」の爆発的増加がもたらす「多死社会」の到来。世界史上初の事態(ピンチ)をチャンスに変えるためにはポジティブな死生観「(パラダイムシフト)を確立し、介護・看取り分野での「母性」機能の提供に「価値」を認める経済社会システムの構築が喫緊の課題である。本書はこれまでの霞ヶ関の常識を打ち破る、現役経産官僚による渾身の「日本改造プラン」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 多死社会での「望ましい死に方」/第2章 パラダイムシフトが進む「家族のあり方」/第3章 人を人たらしめるスピリチュアリティ/第4章 介護は多死社会における基幹産業/第5章 多死社会に不可欠な母性資本主義/第6章 母性の通貨で多死社会を乗り切れ/補論 日本における多死社会(増田幹人(駒澤大学経済学部准教授))
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

データ・リテラシーの鍛え方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月14日 21時51分]
データ自体は真実でしょうが、ちゃんとした集め方や集計の仕方がちゃんとしていない物が多く、とりまとめた結果が真実を示すというわけではないんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
情報社会に惑わされない「リテラシー」を!「内閣支持率○○%」「顧客満足度No.1」「○○人に○人が利用」「○○ランキング第一位」…。現代人は膨大な情報に囲まれ、日々アンケート結果やランキングの数字を目にしている。しかし、そこには統計や調査手法に罠があり、真に受けると誤解するものだらけなうえ、ネット社会ではウソの言説が独り歩きしがちだ。ニュースや広告、キャンペーンなど、世の中に流布する「データに基づく話」には、どんな誤りがあるのか。実例を挙げてデータの裏にある問題点を解説し、騙されない方法を伝える。無意識にデータを過信し、「思い込み」で社会を見ないようにするための処方箋。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「ネット・アンケート」に潜むウソ(なぜアンケートをするのか?/アンケートの理想と現実 ほか)/第2章 すべての「ランキング」は参考値(ランキングが好きな日本人の国民性/あらゆるところにランキングが! ほか)/第3章 「うまい話」には裏がある(税理士の平均年収は三〇〇〇万円!?/ロースクール・バブルはこうして起こった! ほか)/第4章 データ・リテラシーを鍛える(常に比較の視点を持つ/「率」か「数」かに注意する ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

スマホメモ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月08日 21時57分]
スマホを使いだして多くの人はメモをしていないと思います。
スマホを新たなメモとして使う方法が書かれています。
あと十年もすれば自動的に脳波や言葉からメモができるようになるとは思いますが、しばらくはスマホメモが役に立ちそうです。
それが、きっと新しい気づきやビジネスに繋がるんでしょうね。

【内容情報】(出版社より)
自分でも信じられないほど頭が冴える!
「スマホを使った思考メモ」の手法と効用。

スマホに、気になったことをとにかくメモる。すると、スマホは自分の思考の無限倉庫になる。
そして、都度リマインド、絶えずバージョンアップしていく仕組みをつくる。
将来的にはスマホにAIが接続されていくはずだ。今からスマホを「自分人工知能」にしておこう。
博報堂で35年間トッププレゼンターとして活躍した著者が5年前から実践、効果を実感している「スマホメモ」の方法を紹介。
はじめに 本書は、「スマホメモによる知識創造のメソッド」の本です

第1章 「スマホメモ」で生活が一変
1 きっかけをくれたのは「スマホメモ」だった
2 本を出せるとはどういうことか
3 きっと自分を価値化する手段になると確信
4 インプットとアウトプットのバランスが変わった
5 あなたも変われる

第2章 「スマホメモ」って何?
1 脳が考えたことの記録
2 人間の脳はフラッシュメモリー
3 あなたの脳は日々すごいことを考えている
4 スマホメモの定義
5 博報堂の社員は「思考メモ」好き
6 スマホメモはあなたの脳を覚醒させる
7 定年を迎えてもまったく時代遅れになっていない自分がいる
8 文字で伝える力が磨かれる
9 答えはあなたの脳にある

第3章 どうやる?「スマホメモ」
1?ゆるだら?でいい
2「すぐメモ」「いつでもリマインド」がスマホの最大の利点
3 ステップ1 メモる
4 ステップ2 見返す
5 ステップ3 俯瞰する

第4章 「スマホメモ」であなたの脳はこうバージョンアップする
1 ?まったく違うと思っていたものがつながる
2 スタートアップが成功することと本が売れることとは同じなんだ
3 ?大きなコンセプトが見えてくる
4 これからのマーケティングのテーマが見えてきた
5 ?思い込みをただす(違う見方を発見する)
6 スマホメモが教えてくれたこと。起業ってそんな甘いもんじゃない
7 ?いい解が見つかる(根っこが見つかる)
8 歌がうまくなるソリューションを見つけた!

第5章 「スマホメモ」であなたはこう変わる
1 スマホメモでSNSがうまくなる
2 一家言ある人になれる
3 趣味の深掘りがエネルギーになる
4 自分を知る
5 自信がつく
6 幸せな生活をつくる

第6章 すぐ始めよう、「スマホメモ」生活
1 人類は新たなステージに入った
2 人間の役割の変化
3 個人の時代
4 スマホメモであなたの脳をバージョンアップする
5 スマホメモはいずれ人工知能につながる
6 人工知能と共にワークするイメージを考えてみた
7 スマホの弱点を解消する画期的アイデア
8 まだ誰も気づいていない
9 スマホとのつきあいはこれからが本番
10 結局、?いい習慣の人?がすべてを手に入れる
11 億劫な人はまずは自分の得意分野から
12 自分の思考の無限倉庫をつくって生き抜こう

おわりに メモとは何か

謝辞

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の思考をスマホに溜めていくだけで、アウトプットの質が劇的に上がる!つねに自分をイノベーションできる!未来の自分の価値が上がる!元博報堂のトッププレゼンターが教える「スマホで思考メモ」の手法と効用。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

投資信託の超入門書

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月07日 21時58分]
結局、「雪だるま」を積立NISAで買うんでしょうね。
ただ、この時期からドルコスト法を使うのはどうなんでしょう。
せいぜい、月1万円ぐらいの積立にしておいて、次のバブル崩壊を待つんでしょうね。

内容紹介
「投資信託」「ファンド」ってよく聞くけど、
どうやるのかよくわからない! という方にうってつけの内容です。

この時代、多くの投資専門家がおすすめする投資法とは、
じつは「投資信託」なのです。

投資信託と聞いて、
“難しそう"“お金がかかりそう"と思ってしまうかもしれません。
ところが、最低限のことを知っておけば、
ふだん忙しい人でも、どんなに投資オンチな方でも、
なんなく手軽に取り組めるのです。

……その最低限なことだけを、
ギューッと凝縮したのが本書です。
しくみや買いかたはもちろん、
取り組みかた、商品の選びかた などなど、
最新情報をもとに、“初心者目線"をモットーに
解説しています。

著者の湯之前さんは、
実力派の人気ファイナンシャルプランナー。
30年間、日々、何もわからない個人投資家から、
かれこれ1000件以上の相談を受けています。
そんな現場のプロだからこそ、語れる内容も盛りだくさん!

さらに巻末には、2017年から始まった、
iDeCo(個人型確定拠出年金)について
もれなく解説しています。

全編にわたって、図やイラストもふんだんにあるので、
だれでもストレスなく読み進められます。
“これから"の人も、“もう一度"の人も、
この本をもとに豊かな生活を実現してください。

内容(「BOOK」データベースより)
“これから”の人も、“もう一度”の人も必要なのはこれだけ。1000円からできる資産運用。iDeCo(個人型確定拠出年金)もわかる。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ものすごく真っ当で、ありえないほど簡単なお金の増やし方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月06日 21時55分]
この本を読んで、やっと信託を買う気になりました。
しかし、何たらショックが起こって、日経平均が20000円を切ったら始めます。

【内容情報】(出版社より)
年5%の運用、20年で資産1.7倍も夢じゃない!
面倒な手間は一切なし! たった1つの方法を選ぶだけ。

著者は投資信託を中立的に評価する会社の代表をやっているが、内容はタイトル通りで、これ以上に効率がよく、簡単な投資の本は存在しないだろう。
愛称「雪だるま」(SBI全世界株式インデックスファンド)という投資信託1本をやればOKなので、読者は迷う必要が一切ナシ! なぜそれが一番お勧めなのか。
「雪だるま」は販売手数料なし、信託報酬0.15%と劇的に手数料が抑えられており、これ1本で全世界のさまざまな分野にバランスよく投資できるという優れもの。過去のデータからいえば、年5%の運用、20年続けると資産が1.7倍に!
また国や分野(金融や情報技術など)の成長具合によって、「雪だるま」の投資比率も自動的に変わるので、一度積み立てを始めれば、あとは寝かせておくだけ! 本書では、その仕組みをわかりやすく解説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年5%の運用、20年でお金1.7倍も夢じゃない!面倒な手間は一切なし!たった1つの方法を選ぶだけ。実は、ものぐさな人ほど、お金がたまる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 結局、真っ当な方法でないと、お金は増えない(投資でお金を増やすのは危ない?/「投機」「ギャンブル」では儲からない理由 ほか)/第2章 これ1本でOKのすごい投信があった!(これまで日本にほとんど「いい投信」がなかった!?/「つみたてNISA」ってどんな制度? ほか)/第3章 投信は「積み立て」で買うのが大正解!(お金を着実に増やすための合言葉は「長期・分散・積み立て」投資/「リスク=危険性」という誤解 ほか)/第4章 10年積み立てたら、どうなる?結果を大公開!(世界の株に分散して10年積み立てれば、年5%の運用が目指せる!/過去のデータで「積み立て10年」の結果を検証すると… ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

リスクが嫌いな人のお金の教科書

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2020年01月02日 21時34分]
特別なことは書いてありません。
一年の初めにこんな本を読んで今年のマネー生活を始めます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
銀行の定期に預けっぱなしでは、あなたのお金は絶対に増えません!!では、具体的にはどうしたらいいの?超低金利のいま、安全、確実に少しでもお金を増やす方法を誰にでもわかりやすくお伝えします。

【目次】(「BOOK」データベースより)
銀行に預けてもお金が増えないことを知ろう!/お金が増えるメカニズムを知ろう!/手堅く堅実に増やすための第一歩はネット銀行の定期預金から/個人向け国債で着実な不労収入を/不動産投資信託(REIT)で家賃収入を得よう!/株式投資は高配当銘柄の配当金や株主優待を狙ってみよう!/投資信託(ファンド)は、どのように選んだらいいの?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

おさえておきたい「平成の経済」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年12月27日 21時31分]
平成って、結構浮き沈みがあったんですね。
過ごしているときにはあまり感じなかったんですが、それは私にかぎられるのでしょうか。

【内容情報】(出版社より)
「令和」経済を読み解くためのヒントは「平成」経済にあり!「バブル崩壊」から「ゴーン逮捕」まで、大きく変貌した「平成期の経済」のトレンドを分野ごとにわかりやすく解説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
おさえてる?ニュースによく出るキーワード。暗号資産、FinTech、FTA、IoT社会、GAFA…。「令和」経済のヒントは「平成」にあり!今さら聞けないキホンのキを、気鋭の経済ジャーナリストがやさしく徹底解説!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜ日本は「世界に類例のない長期デフレ」なのかー遠因は「バブル経済」、早期に脱却し「成熟社会」に備える/第2章 日銀の「平成」金融政策の歩みー「バブル退治」から「異次元緩和」まで/第3章 金融業界の激動は続くー平成の大再編、令和「デジタライゼーション」の大波/第4章 「平成デビュー」の消費税、今後の行方は?-日本の財政の問題点を点検する/第5章 このままで大丈夫?日本の「ものづくり」「農業」「経営」-人口減による内需減少、IoT社会への対応/第6章 質的変化をとげた「貿易立国」日本の実像をチェックする!-日米貿易摩擦からTPP、米中貿易戦争まで/第7章 「石油依存」から変われるか?日本のエネルギー事情ー東日本大震災のインパクト「電力自由化」「脱炭素」はどうなる?/第8章 生活を変える「IT革命」の荒波はこれからだ!-「スマホ」がけん引 商売も銀行も「お金」もIT化/第9章 「人口減少」「少子高齢化」社会のビジネスと暮らし方ーネックは労働力不足 あらゆる人が働きやすい社会に/第10章 令和日本の立ち位置を確認し、あらたな「売り」を探すー「課題先進国」のピンチをチャンスに変えるには?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

生活者の金融リテラシー

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年12月26日 21時34分]
こういう学生向きの本も発刊される時代が来たんですね。
もう少し分かりやすい内容(一部が不必要に難解に感じました。)であれば、後輩にも勧めるのですが。

【内容情報】(出版社より)
生活者の視点で金融リテラシーを身につけることで,経済社会での自分の立ち位置を意識し,意識的な選択行動ができるようになる。〔内容〕生活と金融/稼ぐ・使う/生活設計/貯める・遺す/借りる/リスク管理/ふやす/相談する。
監修:吉野直行(慶應義塾大学名誉教授)
編集:上村協子(東京家政学院大学) 藤野次雄(横浜市立大学名誉教授) 重川純子(埼玉大学)
執筆者:伊藤宏一(千葉商科大学) 上村協子(東京家政学院大学) 斎藤悦子(お茶の水女子大学) 重川純子(埼玉大学) 藤田由紀子(大東文化大学非常勤講師) 藤野次雄(横浜市立大学名誉教授) 宮村健一郎(東洋大学) 村上恵子(県立広島大学) 米山高生(一橋大学名誉教授)
第1部 総論
 第1章 生活から金融を考える 上村協子
 第2章 お金と経済 藤野次雄
第2部 家計管理・生活設計 
 第3章 人生とお金 重川純子
 第4章 稼ぐ・使う 重川純子
 第5章 生活を設計する1 藤田由紀子
 第6章 生活を設計する2 斎藤悦子
 第7章 貯める・遺す 上村協子
第3部 金融と生活 
 第8章 お金を借りる 宮村健一郎
 第9章 生活者のリスクについて考える1 米山高生
 第10章 生活者のリスクについて考える2 米山高生
 第11章 お金をふやす1 村上恵子
 第12章 お金をふやす2 村上恵子
第4部 社会とつながる 
 第13章 お金について相談する 伊藤宏一
 第14章 持続可能な社会を創る 上村協子
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新!働く理由

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年12月09日 21時15分]
世の中が変わりつつある以上、働く理由も変わるんでしょうね。

【内容情報】(出版社より)
16万部超のロングセラーが、新たな名言を70加え、12年ぶりに全面改稿。
「やりたいことがない」「才能って何?」
「好きな仕事と向いてる仕事って違うの?」
「今の仕事でいいんだろうか?」
「だいたい、人は何のために働くんだろう?」

その答えを人生の先輩たちに訊いてみよう!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人生の先輩たちと考えよう!ベストセラー『座右の寓話』著者の代表作が12年ぶりに全面改訂!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
「ただ生きること」×「よく生きること」/「“好き”を仕事にする」×「仕事を“愛する”」/「好きな仕事」×「合う仕事」/「やりたいこと」×「やりたくないこと」/20代はいろいろ試してみる/幸運を引き寄せる法則/人生100年時代と自立的キャリア形成/「自分にしか出来ない仕事」と「誰にでも出来る仕事」/「夢や方向性を持つこと」と「努力すること」/才能=可能性×10年間の努力/「本当の自分」はどこにいる?/何のために働くのか?/日本人の生き方と日本型雇用システム/私たちはどんな時代に生きているのか?/ポスト近代の仕事論
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin