FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

1

カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年09月20日 07時13分]

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

公共用地補償の最前線

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年09月19日 21時45分]
「用地交渉」ではなく、「補償説明」だという言葉には納得です。
収用権がないのが一番の課題だと思いますね。
二番目が土地所有者のいろいろな問題でしょう。
<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=rouankon-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=4802833644&linkId=ce24245560f240e6a78b13f138590511&bc1=000000&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
    </iframe>

【内容情報】(出版社より)
本書は、「用地ジャーナル」2017年1月号~2019年1月号までに掲載した座談会をテーマごとに分け、前・全国用対連事務局長、前・国土交通省関東地方整備局用地部長の筆者が解説部分等を加え編集し書籍化したものである。

用地現場の第一線で活躍中のプロフェッショナルから、現場における実態、課題について学ぶことで、“官民連携”の推進、“人材育成”の推進など、今後の公共用地補償の方向性が見えてくる。

事業を着実に実施していくために、用地取得をきちんと行っていくうえで参考となるヒントがここにある!
第1編
「公共用地補償の最前線」へのアプローチ
 新しい課題と持ち越されてきた課題
 公共用地補償業務の執行体制の確保
 -官民連携の推進と人材育成の推進ー

第2編
公共用地補償の最前線(現場編)
ー公共用地補償に携わるプロフェッショナルに学ぶー

第1章 現場の実態
座談会1「複雑化・高度化する公共用地補償業務の課題と対応策」
座談会2「公共用地補償業務における今後の国・地方連携」

第2章 官民連携の推進
座談会3「公共用地補償業務における官民連携」
座談会4「市町村の公共用地補償業務に対する支援」

第3章 用地担当職員に対するきめ細かい支援
座談会5「用地担当職員の人材育成ー様々な研修プログラムの取組みを中心にー」
座談会6「公共用地補償業務における不当要求への対応ー弁護士会との連携を中心にー」

第4章 困難なプロジェクトにおける果敢な取組み
座談会7「福島中間貯蔵施設の整備に向けた用地取得」
座談会8「木造住宅密集地域における街路事業の用地取得ー生活再建プランナー制度を中心にー」

第5章 用地取得と地籍整備
座談会9「用地取得と地籍整備」

第3編
公共用地補償の最前線(歴史編)
ー公共用地補償を切り拓いてきた賢者たちに学ぶー
「内務省技師・青山士」に学ぶ
「風雲・蜂の巣城闘争の関係者」に学ぶ
「吉宗抜擢の井澤弥惣兵衛」に学ぶ

講演 江戸期の公共用地取得について
ー我が国における近代的な土地所有権制度の胎動と、土地収用・損失補償制度の先駆者としての井澤弥惣兵衛ー

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
用地現場の第一線で活躍中のプロフェッショナルから学ぶ!事業を着実に実施していくために、用地取得をきちんと行っていくうえで参考となるヒントがここにある!現場で培った知見とノウハウ満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1編 「公共用地補償の最前線」へのアプローチ(新しい課題と持ち越されてきた課題/公共用地補償業務の執行体制の確保ー官民連携の推進と人材育成の推進)/第2編 公共用地補償の最前線(現場編)-公共用地補償に携わるプロフェッショナルに学ぶ(現場の実態/官民連携の推進/用地担当職員に対するきめ細かい支援/困難なプロジェクトにおける果敢な取組み/用地取得と地籍整備)/第3編 公共用地補償の最前線(歴史編)-公共用地補償を切り拓いてきた賢者たちに学ぶ(「内務省技師・青山士」に学ぶ/「風雲・蜂の巣城闘争の関係者」に学ぶ/「吉宗抜擢の井澤弥惣兵衛」に学ぶ/講演 江戸期の公共用地取得についてー我が国における近代的な土地所有権制度の胎動と、土地収用・損失補償制度の先駆者としての井澤弥惣兵衛)


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

まちがう人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年09月05日 21時03分]
こんな人でもそれなりに偉くなれる会社を尊敬します。
仕事の能力はともかく人間性はすごく良い人だったんでしょうね。

【内容情報】(出版社より)
この本は、「広告業界」に実在した、都市伝説的な人物「和田さん」の、

・「さまざまな、まちがい」
・「ビジネスマンとしては、あり得ない勘違い」
・「常識を超えた、不思議な行動」

を、和田さんを近くで見守る、私「K(ケー)」が、丹念に記録したものである。

東京の日本橋に本社を置く、ある広告会社に入社した「和田さん」。
入社早々、彼は、ありとあらゆる「まちがい」をしでかすのだが、その「まちがい」は、年月とともに、「増加の一途」をたどることになる。

・郵便番号の数字と「同じ値段の切手」を貼ろうとしたり
・出張日を1週間まちがえて広島に行き、翌週、再び広島へ行くことになったり
・「国連」へ提出する大切な署名すら、置き忘れたり
・「集会」の責任者でありながら、集合場所である静岡県の「伊東」と「沼津」をまちがえて、1人「沼津」へ行ってしまったり

……そんなことが、次から次へと、勃発するのであった。

そして、2000年末、和田さんの言葉や行動の「まちがい」を集大成した「Wadadas(ワダダス)」という小冊子が自主制作され、なんとなく「マスコミ関係者」、「広告業界関係者」、「作家」、「ゲームクリエイター」などに、人づてに広められ、いつの間にかギョーカイにおける「幻の書」として、ウワサされることになった。
そして、この度、その「幻の書」が、書籍として再編集され、出版される運びと、あいなった。

本書は、そんな「まちがう人」和田さんが起こした、仰天のエピソードを、身近で見ていた、私、K(ケー)が、記憶の限り、事実に基づいて記した「実話」なのである。

さくらももこ氏も大爆笑した「まちがい」の数々。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
想像を絶する「まちがい」に大爆笑、とんでもない「勘ちがい」に失笑、あり得ない「行動」に微笑。さくらももこ氏も大爆笑した「まちがい」の数々。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1笑 とっておき編/第2笑 ゲラゲラ編/第3笑 ワハハッ編/第4笑 クスッと編/第5笑 しみじみ編
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

外貨積立から不動産投資まで今すぐ資産を増やす「マネー新常識」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年09月04日 21時15分]
少なくとも不動産投資には向う気は増えませんでした。
この著者はうまく波に乗れたんでしょうね。今から向うのは無謀だとしか思えません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
分散投資、外貨建て、ドルコスト平均法…「複業」から始めてローリスクで増やす。人生100年時代を生き抜く新しい資産運用術!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 これからは「貯蓄がリスク」になる時代(お金についての常識を疑う/日本円での預貯金はハイリスク・ローリターンの資産運用だ ほか)/第2章 私の人生を変えた「3つの黄金法則」(独立事業者である祖父の背中を見て育った幼少時代/学生時代のアルバイトで月収100万円を超える ほか)/第3章 第1ステージ:「年収+α」を目指す稼ぎ方(財産形成のステージ/まずは『貯めるマインド』を作る ほか)/第4章 第2ステージ:「ステップアップ」するための投資術(自分が働くのではなく、マネーを働かせて増やす/何よりも大事なのは減らさないこと ほか)/第5章 第3ステージ:「リタイア」を目指す資産運用(キーワードは「レバレッジ」/不動産投資は事業である ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

リスクが嫌いな人のお金の教科書

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年09月03日 21時31分]
普通に銀行に貯金しても増えないことはみんな分かってはいるのですが、投資や運用となるとなかなか手が出ません。
ケン爺は、退職金を減らす可能性があるような投資となると躊躇してしまいます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
銀行の定期に預けっぱなしでは、あなたのお金は絶対に増えません!!では、具体的にはどうしたらいいの?超低金利のいま、安全、確実に少しでもお金を増やす方法を誰にでもわかりやすくお伝えします。

【目次】(「BOOK」データベースより)
銀行に預けてもお金が増えないことを知ろう!/お金が増えるメカニズムを知ろう!/手堅く堅実に増やすための第一歩はネット銀行の定期預金から/個人向け国債で着実な不労収入を/不動産投資信託(REIT)で家賃収入を得よう!/株式投資は高配当銘柄の配当金や株主優待を狙ってみよう!/投資信託(ファンド)は、どのように選んだらいいの?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

飲み屋の神様。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年08月29日 21時02分]
ドラッカーを持ち出すというのが、いかにも日本的なんでしょう。
基本は「顧客」というのはあたりまえですが、なかなか難しいですね


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お悩み解決居酒屋:樽一という不思議な店に集う客が、お悩み解決士“夏奈”と出会い、彼らに大きな影響を与える飲食店オーナーの言葉、体験談を通して、目覚め、成長していく。美味しい料理やお酒の紹介と、新宿に実在する店舗の紹介も兼ねて紡がれる物語。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

仕事で「敵をつくる言葉」「味方ができる言葉」ハンドブック

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年08月27日 21時24分]
考えれば考えるほど現職の時にできていなかったことに頭が痛くなります。
ただ、勉強していたとしても、いくらも改善はできなかったんでしょうね。

【内容情報】(出版社より)
「こうすればよかったのに」「わかります?」「オレ確認したよね?」「ちょっとは休んでね~」……こうした言葉を何気なく使っていませんか? 自分にとってはなんでもない一言でも、相手はその言葉から優越感や「上から目線」、保身の感情を感じ取ったり、単なる自己満足だと反感を抱いたりするかもしれません。本書ではついつい職場で使ってしまうこうしたNGワードについて、コーチングの第一人者がその言葉から垣間見える心理構造を解説し、好感度が上がる言い換え例を提案します。
「こうすればよかったのに」の場合は「今回は残念だったね」「これからどうしようか」。「わかります?」の場合は「伝わっていますか?」。「オレ確認したよね?」の場合は「ぼくの記憶のなかではこうなっているんだけど、きみの記憶のなかではどういうふうになっているのかな」。「ちょっとは休んでね~」の場合は「○○さんの仕事の進捗具合だと、いつぐらいに休みを取るのがベストかな?」といった具合です。
自分が言葉を発する前には、少し間を置いて、敵をつくる発言を抑えましょう。そして味方ができるような言葉を使って、自分も相手も気持ちよくなるコミュニケーションを心がけたいものです。打ち消し文
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

蘇るサバ缶

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年08月25日 21時56分]
娘夫婦が赤堤という経堂近くに住んでいたので、興味深く読ませて貰いました。
おいしいサバ缶は本当においしいですもんね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

なぜテーマパークでは朝から風船を売っているのか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年08月18日 21時39分]
テーマパークに「も」商売のあるべき姿があるのですね。
その姿を実現できるキャスト(従業員)を巣立てることも非常に大事だと思いました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
テーマパークはビジネスの宝庫!本書でビジネスのヒントを得て、1人でも多くの人が充実した人生を送っていただければと願っております。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 二大テーマパークで学んだこと(生きるうえで大切なことを学んだディズニーランド/子どものころから憧れるディズニーランド/ディズニーランドで感じた「利他の精神」/ジェットコースターの死亡事故で考えさせられる/なぜ2年でディズニーランドを辞めたのか ほか)/第2部 テーマパークで遊びながら学ぶ(テーマパークと遊園地の違い/マーケティングの教材があるエントランス/人材育成の秘訣はジェットコースターの待ち列に?/メリーゴーラウンドに学ぶ「一流」とは/飲食店・物販店での数字の見せ方や五感の刺激方法 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「社会を変えよう」といわれたら

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年08月17日 21時29分]
我々の世代は大学紛争の後なので、学生運動には無力感しかありませんでした。
しかし、年を取った(団塊世代)が重低音のようなものを醸し出せば、我々の世代も含め変わりえると思っています。

【内容情報】(出版社より)
冷戦後の世界秩序の変化に対応できなかった矛盾が噴出する3・11後の日本社会。この間デモや社会運動、政治に様々に参与してきた私たちの経験を戦後史のなかで叙述し、社会を変える力と協働の足場を解明した意欲作。
 はじめにーー平成の終わり、嵐の前の静けさ

第1章 安倍政権とは何者か

  ミネルヴァの梟は迫りくる黄昏に飛び立つ
  引き裂かれていく二つの顔
  「非常識」な支配
  日本国憲法における「同意にもとづく支配」
  「政治改革」がもたらした支配の条件
  反ファシズム条項が危機にさらされている
  「非常識な支配」にむかった反動的動機
  「アベノミクス」という支配の技法
  「新しい政治」をつくるには


第2章 私たちは戦後をどう生きてきたか

  戦後七〇年の社会運動の遺産と負債
  日本の社会運動は本当に「弱かった」のか
  「戦後」はどこからはじまったか
  「60年安保闘争」が「国民」を生み出した
  高度経済成長と大衆社会
  学生運動の衰退
  住民運動と革新自治体の台頭
  「豊かな社会」日本の困難
  「失われた四半世紀」と日本社会の変容
  「3・11後」にむかって


第3章 3・11後の社会運動と日本のかたち

 1 3・11後の社会運動はなにを変えたのか

  社会運動に参加する動機
  「危機」は「危険」だが「機会」でもある
  危機の下での化学反応
  変化の長い軌道から生まれる変革
  「共有体験」と「闘争経験」は引き継がれる
  すでに社会は変化している

 2 3・11後の社会運動は政治を変えたのか

  対抗的政治と第三極
  「ポピュリズム」とは何か
  さまざまな内容をもつポピュリズム
  ポピュリズムと民主主義の危機
  現代日本のポピュリズム
  二〇一七年東京都議会議員選挙
  二〇一七年総選挙で大失敗したポピュリスト
  リベラルなポピュリズム政党の誕生
  新自由主義的ポピュリズムの失墜
  日本共産党は変わったのか
  政治の「アンカー」の役割

 3 若者は保守化したのか

  社会運動に参加する若者が少ない
  二〇一五年安保法制反対運動に登場した学生たち
  大学という「拠点」の喪失
  台湾、香港の社会運動との違い
  安倍政権下で顕著になった低投票率
  若者が「保守」しようとしているもの
  「反動」ではなく「進歩」のきざし

 4 「日本のかたち」が変わる

  変わらないためには、変わらなければならない
  二〇一八年沖縄県知事選挙
  「イデオロギーではなくアイデンティティ」
  「デマと夢」を打ち砕いたもの
  沖縄県知事選挙のプロセスから学ぶ
  「アジアのなかの日本」という現実的な目標
  日本国憲法を「再発見」する
  「アジアのなかの日本」における日本国憲法の意味

 あとがき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
政治学者こたつぬこ先生が、ポジティブに政治と社会運動を語る!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin