FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

安易な民営化のつけはどこに

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月16日 21時43分]
PPPやPFIで、公営企業や行政の財政状況が改善できるというのは、もともとの仕組みがあまりに非(不)効率だったのでしょうね。
確かに公務員を信じすぎるのは問題でしょうが、民間に期待し過ぎるのも同じでしょう。
指定管理者ぐらいが(落ち着きどころで)、いいのではないかと思います。

【内容情報】(出版社より)
執筆者は、オランダ、アムステルダムの政策研究NGOトランスナショナル研究所で水道再公営化の研究を行う岸本聡子氏、国内外の公共事業、そのPFI事例を法律家の視点で分析する弁護士で新宿区区議会議員の三雲崇正氏、長らく水道の現場に携わり、現在は水道労働者の組合である全水道書記次長を務める辻谷貴文氏、水ジャーナリストとして国内外の水問題とその解決方法を取材してきた橋本淳司の4名。「公共事業は民間の方が効率化できるか」という課題を、パリ・ロンドンというPFI先進地での現状・理由・未来から解説する。
序 章 改正水道法の成立と今後のまちづくり ------- 橋本淳司
第1章 公共の私営化の現状と未来 ------- 岸本聡子
第2章 事例 世界各地で進む再公営化の流れ ------- 岸本聡子
第3章 岐路に立つ新自由主義政策のトップランナー ------- 三雲崇正
第4章 日本における公共サービスの私営化の現状 ------- 三雲崇正
第5章 PFIとは何か ------- 三雲崇正
第6章 水道法改正の経緯と今後 ------- 辻谷貴文
第7章 持続可能な水道を目指すこと ------- 橋本淳司
終 章 いま日本で起こっていること ------- 三雲崇正

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
水道民営化したパリでロンドンで何が起きたのか。不透明なお金の流れや行き過ぎたコスト削減。再び公営化する過程でわかる教訓。「民間契約は変更も廃止も難しい」やみくもな民営化ではなく持続可能な公共の再構築を。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 改正水道法の成立と今後のまちづくり/第1章 公共の私営化の現状と未来/第2章 事例 世界各地で進む再公営化の流れ/第3章 岐路に立つ新自由主義政策のトップランナー/第4章 日本における公共サービスの私営化の現状/第5章 PFIとは何か/第6章 水道法改正の経緯と今後/第7章 持続可能な水道を目指す/終章 いま日本で起こっていること
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

すべての新聞は「偏って」いる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月14日 21時31分]
マスコミは明らかに(各々)偏向しています。
ネットメディアはもっとどうだかわかりません。
しかし、限られた情報の中で自分の意見を持たなければどうにもなりません。

【内容情報】(出版社より)
特定のメディアの偏りばかりが目につくとしたら、
それは観察する者が
何かの立場に強くコミットメントしているためだーー

 人と人とのコミュニケーションに、偏りが存在しない状態はない。この世に「真実そのもの」が仮にあったとしても、それをまっさらに伝えることのできる「なかだち」は存在しない。文字であろうが映像であろうが音であろうが、伝えられる情報量は有限だ。
 ニュースは出来事を要約して伝えなければならいし、仮に無限の伝達が技術的に可能であろうと、人の時間は有限である。すべての情報は断片的で、切り取られたものだ。何かの断片的で編集された情報を手にしたうえで、「真実を知った」と思い込むのは誤っている。
〈本書まえがきより〉
 
 評論家・ラジオパーソナリティとして活躍する著者による、分断の時代のメディア論。
 本書では、安保法制や軽減税率など過去の新聞記事を引用しながら、あるいは独自データを用いながら、各メディアの「クセ」が示される。
 それを見て、「やれやれ」「やっぱり」と溜飲を下げるかもしれない。が、本書の目的は、むしろ、そうした“ふるまい”へのリハビリにある。
「バイアスのないメディアなど存在しない」という前提に立ち、その「クセ」を詳らかにすることで、分断する社会で溢れる情報とつきあう具体的スキルを提示する一冊だ。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
読売の本音、朝日の法則、産経の戦略ー新聞にもネットニュースにも“真実”はない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 新聞はいかにして「偏る」のか(新聞の個性と偏り/メディアは「誰」を選ぶのか?/メディアが先か、思想が先か)/第2部 メディアと政治の距離(権力とメディアの距離感/沈黙する政治家と調査報道/メディアの語りの影響力/陰謀論に加担しないために)/第3部 これからのメディア(軽減税率報道が遺した教訓/書評ジャーナリズムの可能性/社会運動とメディア)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

くまモン知事

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月13日 21時51分]
我が古巣の親分の本です。
なかなかこのような首長はいないと思います。

【内容情報】(出版社より)
くまモン誕生、川辺川ダム建設凍結、そして熊本地震の復興まで。逆境に立たされたとき、リーダーがするべきことをしてきた熊本県知事:蒲島郁夫。その人の人物像に現役テレビマンと政治ジャーナリストが迫る。「苦労に苦労を重ね、その苦労を苦労と思わない」などこれまでの実績に見る決断力を探る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
熊本の農協職員からアメリカに渡り、名門ハーバード大学で政治学を学び東京大学法学部の教授となり、そこから熊本県知事へと転身した異色の知事・蒲島郁夫。3度の熊本県知事選挙そして10年間の熊本県政運営を検証することにした。キーワードは“決断”である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
蒲島熊本県知事誕生/ヨイトマケの唄/まずは財政再建/川辺川ダム建設計画凍結表明/県民幸福度を重要視した決断/水俣病問題解決ー被害者救済へ/2回目の選挙戦をどう闘ったか?/悲願の九州新幹線全線開業/3回目の選挙戦/2016・4・14/度重なる困難に立ち向かう/熊本県の海外戦略/100年先を見据えた判断/東京大学時代の人脈が熊本のブレーンに/蒲島知事 特別インタビュー
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

超訳「国富論」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月09日 21時01分]
アダムスミスと言えば、「神の見えざる手」と習ったことを思い出します。(自由経済こそが素晴らしいと習いました。)
しかし、この本の内容が正しいとすれば全く違うと思います。

【内容情報】(出版社より)
企業モラル低下、経済と政府とカネ、格差拡大、生産性の向上ーー現代の経済の大問題に対する答えは『国富論』に書いてあった!元国税調査官にして歴史研究家である著者が「経済学の原点」をわかりやすく解説する。今こそ読むべき、「仕事」と「お金」の教科書。
第1章 どうすれば私たちは豊かになるのか
第2章 「独占」こそが悪である
第3章 「公正な貿易」を実現するために
第4章 なぜ国民の教育がここまで重要なのか
第5章 税金は「公正」で「応分負担」に
第6章 国の浪費を防ぎ金融を安定させるには

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたは、「神の見えざる手」を誤解していないか。私たちはもっと「豊か」になれる。どう「稼ぐ」か、どう「働く」かーあらゆる問題への「解答」は240年前に書かれていた。アダム・スミスに学ぶ、今こそ読むべき仕事とお金の教科書。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

達人が教える!ハナコの資産運用術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月06日 21時34分]
外資保険はどうかと思いますが、日本円にだけ投資する問題だという意見には賛成です。
一部の貯金については、少しリスクを取ろうかと思っていますので、今後どうしようかと迷っています。

【内容情報】(出版社より)
いま、資産運用に悩んでいる女性が大勢いらっしゃいます。ゼロ金利の時代が長く続いて、定期預金をしてもお金はいっこうに増えません。いま持っている資産を守るだけでなく、増やしていくには、どのように資産を運用していったらいいのか、それをぜひ、私と一緒に勉強していただきたいと思います。それはあなたにとってプラスになるだけでなく、社会にとっても役立つことなのです。
 本書では、投資や資産運用について、初めての方にもわかるように、紙上授業の形でやさしく解説しました。いまなぜ投資が必要なのか、どんな資産運用をすればいいのか。この授業が終わった頃には、きっと目からウロコが落ちるように、それらの答えがはっきりと見えてくると思います。
【1時限目】教えて達人!お金の意味を知らないと、貯めても増えないってホント?
【2時限目】教えて達人!いまの貯金を続けても、いつか生活に困るってホント?
【3時限目】教えて達人!日本の国債も安心できないってホント?
【4時限目】教えて達人!やり方次第で5年後10年後に大きく差がつく運用法があるってホント?
【5時限目】教えて達人!外国の国債のほうが安全でお金が増えるってホント?
【6時限目】教えて達人!円以外で運用する究極の資産運用法があるってホント?
【7時限目】教えて達人!人気の確定拠出年金に落とし穴があるってホント?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
銀行員も知らない意外なお金の増やし方。ビギナー女子も安心!目からウロコの日本一よくわかるお金のホントの話。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 目からウロコ!日本一わかりやすいお金の授業/1時限目 教えて達人!お金の意味を知らないと貯めても増えないってホント?/2時限目 教えて達人!いまの貯金を続けてもいつか生活に困るってホント?/3時限目 教えて達人!日本の国債も安心できないってホント?/4時限目 教えて達人!やり方次第で5年後、10年後に大きく差がつく運用法があるってホント?/5時限目 教えて達人!外国の国債のほうが安全でお金が増えるってホント?/6時限目 教えて達人!円以外で運用する究極の資産運用法があるってホント?/7時限目 教えて達人!人気の確定拠出年金に落とし穴があるってホント?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

証券会社が売りたがらない米国債を買え!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年07月05日 21時29分]
この本が出た頃に読んでいればよかったと思います。
今では米国債の利率も下がっっているので、この本に書かれたようなメリットが小さくなってしまいました。
それでも、日本の国債よりはましかもしれませんね。
NISAの対象になっていたら、今でも買いたいと思いますが・・・。

プロやセミプロが自分は買ってるくせに一般人には教えない米国債投資とは何なのか? 購入手数料ゼロ、為替手数料もごくわずか。投資信託と違って信託報酬もかからず、売却手数料もなし。そんな「シンプルで低コストで確定利回り」という、今まで大々的にアピールされてこなかった米国債の魅力に迫る!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本円からの脱出と資産運用を本気で考えたい人に、証券会社が教えないシンプルな答えがここにある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 あなたの資産、いくらあるかたな卸しよう!/第2章 日本国債は大丈夫か?-リスクと暴落のメカニズム/第3章 世界一安全でシンプルな米国債投資のすすめ/第4章 米国債の買い方は?債券の基本とともに学ぼう/第5章 株式投資、投資信託、不動産投資、金投資はなぜダメなのか?/まとめ ストレスフリーで運用しよう!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

僕でもできた!「おもしろい」を仕事にする

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年06月30日 21時31分]
多くのサラリーマンは「おもしろい」と思わず働いていると思います。
サラリーマンのままで面白く働くなのは難しそうですが・・・。

内容紹介
あなたの仕事はおもしろいですか?

いま、仕事をしているときに、目の前が明るくて楽しい気持ちなのでしたらそれはすでに、「おもしろい」を仕事にしていると言えます。一方で、仕事の内容にかかわらず、なんとなく目の前が暗い、冴えない気持ちなのだとしたら・・・・・・
本書の出番です!

フツーのサラリーマンでも、「おもしろい」を仕事にできる

著者の松本圭司さんは、20年以上「仕事がおもしろくないな」と思いながら満員電車に揺られていたごくフツーのサラリーマンでした。
しかし、いまではハゲ・薄毛に悩む男性のパーソナルプロデュースを手がけている経営者です。「なにそれ、おもしろいことしてるねぇ」と言ってもらうことがほとんどで、本人も毎日「おもろいな〜」と思いながら働いています。
誰かから言われたことを、ただやったり、引き継いだりするのではなく、自分で「おもしろい」アイデアを考え、自ら動いて始めている人たちこそが、人生を「おもしろい」ものにしている。
ここまでは、ある意味、当たり前とも言えます。
重要なのは、その「おもしろい」を見つけて仕事をするには、一定の法則があるのではないか、ということです。
本書は著者の経験や、豊富な事例で、「おもしろい×仕事」をロジカルに解剖していきます。

クリエイティブや笑いのセンスはいりません。
「おもしろい」を仕事にする3つの条件を徹底解説!
○ おもしろいタネの見つけ方
○ そのタネを広げていくビジネス視点
○ そして実際に行動していく

テレビやメディアで話題の社長が贈る
「おもしろい」を仕事する極意
○ 計画はないが、文脈はある
○ 「おもしろい」は「正しい」より強い
○ 「この人と仕事をしたい」と思わせるなにか
○ 世界の片隅の「おもしろい」が世界へ
○ 自称「その道に詳しい」
○ デッドボールでも塁に出る
○ 「おもしろい」にマーケティング分析はいらない
○ ご縁がご縁を運んでくる
○ アカデミックな裏付けをとる
○ 何はともあれ「モノ」を作る
○ 命名する
○ 三軸以上を掛け合わせる…etc.

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
たとえ、あなたが「おもしろい人」でなくても大丈夫です。「薄毛を魅せる」を仕事にした著者が贈る、「おもしろい」の種を見つけるコツと、それをロジカルにひろげて、仕事にしていく方法。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

[社長の裏技]年金をもらって会社にお金を残す

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年06月27日 21時58分]
在職厚生年金で損をしていた社長向けの本ですが、今新聞などで話題になっているように在職厚生年金の取り扱いが変わればこの本の価値は0になりそうです。

【内容情報】(出版社より)
もらえなかった年金をもらい、会社にお金を残すための本。通常、社長はほとんど年金をもらえない。しかし、年金をもらえる年齢になる1年以上前に、70歳までの年金見込額を確認するという方法でもらうことができ、これにより、自分の報酬を下げ、会社にお金が残るようにする裏技マニュアル。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“9割”の社長が知らないトクする在職老齢年金のもらい方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
小さな会社の「社長の年金」は、経営上の重要課題です/まずは「社長の年金」の基本形を知ろう!/報酬が高いともらえない年金と、報酬が高くてももらえる年金があることを知ろう!/年金をどのくらいもらえるようになるのか/社長が年金をもらう際の実務上の注意点とは/65歳からの報酬設定は3通り。65歳からの年金のもらい方は4通り/どの年金を、いつから、いくらもらうのかを考えよう/年金の「もらいもれ」にも注意しよう!/若年社長は、「選択制確定拠出年金」を使って老後資金を確保することもできる/税金面で優遇されている共済制度も活用してお金を残そう!/助成金を使って働き方改革を実現し、生産性向上、業績アップを!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

節税のツボとドツボ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年06月23日 21時57分]
こと、ケン爺にはあまり役に立ちませんでしたが、財産を持っている人には役に立ちそうな本ですね。

【内容情報】(出版社より)
あなたの家計は大丈夫?

2019年の「消費税10%」、2020年の「会社員の給与所得控除の改正」と、会社員いじめの“増税ラッシュ”が次々と続く。放っておけば手取りは減少の一途。

だからこそ、今のうちに何らかの対策を練っておく必要があります。
そこで本著では、会社員が所得税や相続税の負担を減らすための“ツボ”と、策を講じて失敗しやすい“ドツボ”を、具体的な事例を交えて分かりやすく紹介。

税金や社会保険料の壁を壊すのは無理があるが、合法的な節税で壁に小さな穴を開けていくことなら十分可能! 本著でそのヒントを得ていただければ幸いです。

≪目次≫
【第1章】本当にお得? 扶養や年金繰り下げ受給の落とし穴
◆年末調整の結果バレた娘の秘密のバイト収入
◆新・パート収入「150万円の壁」に振り回されるな!
◆「年金の繰り下げ受給がお得」にならない人もいる

【第2章】誰でもできる “税金をミニマム化する”制度活用法
◆"申告漏れ"はもったいない医療費控除の大いなる誤解
還元率は下がっても高所得者ほどやるべき「ふるさと納税」
◆稼いでも税金で持っていかれる「仮想通貨」課税の仕組み

【第3章】どうする? 相次ぐ税制改正が会社員の懐を直撃!
◆増税のターゲットになった「中高所得」会社員受難の時
◆もはや50代は“貯め時”ではない「年収1000万円破産」が急増!?
◆特例解除の「2022年問題」で都心の土地が大暴落する?

【第4章】搾取額が大きい“相続迷宮”を抜け出すヒント
◆相続の命運を握る土地評価額8割カットの特例
◆暦年贈与、賃貸アパート経営 失敗しやすい相続対策
◆8割の人が追徴税を払う憂き目に!“本当に怖い”税務調査
◆払ってしまった相続税から「1億円」を取り戻せた理由

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「その税金、払い過ぎかもしれませんよ!」実情と仕組みを知れば、「取られっぱなし」が、「節税上手」に!“実は我が身”の税金話。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

1億総投資家時代

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年06月14日 21時32分]
勝った人は何でも言えますが、多くの負けた人がいるんですよね。
それでも、年金では2000万円不足と言われると挑戦せざるをえないんですかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
株、FX、不動産投資、仮想通貨…自分に合った投資とはーFX界の貴公子が初めて明かす今からの資産形成法!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 私とお金の24年ーお金がほしいことは悪いことじゃない/2 教養としての資産運用ー自由を謳歌する生き方へ/3 複利の力を知る者だけが勝ち抜ける時代に/4 誰にでもわかる!実践FX複利運用/5 情報弱者注意!知っておきたい投資のいろいろ/6 稼いだお金は愛を生み、人を幸せにする
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin