ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

おうちごはんは適宜でおいしい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年07月22日 21時45分]
この手の本に蘊蓄は要りません。
ただただ、美味しそうです。それに合わせて、酒もいいですね。

【内容情報】(出版社より)
春夏秋冬、四季折々の美味しい食材をお取り寄せし、ほんのひと手間かけた
ご飯と旨い酒──細かいレシピなんか気にしない!! 感覚とノリでも
美味しいものは食べられる!?文系な著者が気合と地元愛で綴る、心を満たす極上エッセイ?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
細かいレシピなんか気にしない!!材料、分量、適宜でオッケー!!四季折々の東北の食材をお取り寄せ。地元・会津で、菅野彰が旬の味を食べ尽くす!!美味しいものには手間隙惜しまない著者が描く極上食べるエッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
恋し浜帆立に恋をした/山菜は春を連れて来る/シュウリ貝に乗ってスペインに/海賊達の捕る魚、早く食べるんだ/里芋はまるでセーラー服を着た女子高生/海の底からやってきたド迫力の真穴子/今年一年を顧みたりなんかしない/ザ・ハタハタショー/SAKEフェスタ!/やり直しの酒粕鍋/いぶりがっこを一度に三本も食べてはいけない/ピザパーティは楽しすぎる/大好きなアイドルと遭遇したくらいのテンション!/海は生きていた/東北の豚が東京からやってきた/会津坂下町で出会った熱/殻付き雲丹に何かタイトルなどいるだろうか/曙酒造一番しぼりを楽しむ会を楽しみ過ぎた/米崎牡蛎を舐めてはいけない
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

食でたどるニッポンの記憶

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年07月03日 20時51分]
ケン爺より若干年配の小泉さんが食物について書いていることは、それなりに理解できます。
30年代以降は、ほぼ似たような感じですよね。

【内容情報】(出版社より)
食文化研究者である著者が、半世紀以上に渡る様々な食との出会いについて綴る。食卓から浮かぶ、戦後から現代までの日本社会と食文化の変遷が描かれる。著者の個人的「食歴」であり、戦後の日本人の食卓の貴重な記録。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
終戦直後、野山を駆け回っていた小泉少年のお腹を満たした食べ物、懐かしいふるさとの味、そして戦後西洋化した日本の食卓まで。半世紀以上にわたるさまざまな食べ物との出会いを通して、日本の食文化の移り変わりをたどる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 田舎の悪童たちの胃袋を満たしたもの(昭和二〇年~三〇年)(四〇〇年近く続く造り酒屋に生まれて/カヨちゃんとの痛い思い出 ほか)/2 伝統食の崩壊と新たな食材の登場(昭和三一年~三六年)(日本の食生活が大きく変わった昭和三〇年代/出世魚のごとき「あだ名」が示す食の遍歴 ほか)/3 オリンピック前後の東京の生活文化と食事情(日本全体が希望に満ちていた大学時代/醸造学科のお坊ちゃまレベルは日本一 ほか)/4 激変する日本の食文化への提言(二六歳で訪れた沖縄で肉の多さに圧倒される/沖縄の「おばあ」が教えてくれたこと ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ヒミツがまる見え!「おいしい!」の断面

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年06月14日 21時25分]
断面で見せるというのは面白いですね。
食欲が出る本です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
石焼きいもは、120分でねっとり。フルーツの甘い場所が丸わかり!コンビニの唐揚げに「もどき」が潜んでいる!?行列ができるパンケーキのカロリーはなんと…!ナポリタンの麺は、水で締めるとモチモチ!天丼のえびは伸びきっている!ハンバーグの肉汁は牛乳で作れる!コーヒー豆の煎り方からそば打ちまでわかる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
みんな「大好き!」のおいしさ(カップ麺/おにぎりとおむすび/ナポリタン ほか)/ジューシー脂がおいしい(唐揚げ/ハンバーグ/メンチカツ ほか)/甘味の中身(いちごのショートケーキ/石焼きいも/たい焼き ほか)/絶妙な組み合わせ(広島のお好み焼き/みそ汁/ハンバーガー ほか)/魚のうま味(さんまの塩焼き/黒まぐろ/さば缶)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日本の誇る酒

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年06月03日 21時23分]
飲んだことのない銘酒(日本酒)がたくさんありました。
まだまだ、人生の楽しみがたくさんあります。
球磨焼酎がしっかり取り上げられていて、嬉しいですね。

【内容情報】(出版社より)
『ほんものの日本酒選び』(1978・三一書房)で「越乃寒梅」を世に知らしめた稲垣眞美の最新刊。
世界的にもっとも鑑評が厳しいとされる全国酒類コンクールにおいて、日本酒部門の本醸造、純米酒、純米吟醸・純米大吟醸、普通吟醸・大吟醸、古酒、本格焼酎の米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖その他焼酎、泡盛、地ビール、リキュール等の各部門で、2017年秋季までの毎年春秋に行われた酒類コンクールで首位を競い、審査員特別賞なども得た名品を紹介。
それぞれの酒蔵や、水、米等の原料のよさ、造る杜氏のすぐれた技能、人間性等にもふれつつ、求めれば得られる美酒の数々を多くの方々に!
第1章
1 超いい水を発見ーーぶなのしずく
2 「君の名は」、カムイカンデ、飛騨の酒
3 本格焼酎の次のブームは? --球磨焼酎の躍進
4 協会酵母と果実酵母、花酵母
5 名杜氏たちに学ぶ
6 全国酒類コンクールと現代日本名酒番付
? 現代日本名酒番付
(1)日本酒の部(小結以上)
(2)本格焼酎の部(小結以上)
? 泡盛部門
? 地ビール部門・ベスト10
? リキュール部門・ベスト10

第2章ーー日本の誇る酒 北から南まで

第3章ーー地ビール散策
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

大江戸食べもの歳時記

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年05月31日 21時28分]
この手の本はいいですね。
将来、ウナギやマグロが食べられなくなっても、食べたことのある我々の世代はその記憶と共に生きていけます。
食べたこともない過去の食を想像できるならば、食べられない時代が来てもなんとか生きていけそうではないですか?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
天ぷら、鮨、鰻の蒲焼きー。現代人の大好物はすべて江戸時代にルーツがあり、さらにうまいものを食べていた?!醤油や酢といった和食の基本を普及させ、上方や外国からの食文化を貪欲に取り入れ、料理本の出版が相次ぐという食への飽くなき探究心。弁当を持って花見に出かけ、水菓子で涼をとるなど、食とともに季節を味わう粋な心。世界から注目を浴びる和食ブームの秘密に迫る。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 江戸の食・事情(武家の食卓、庶民の食卓/大名行列と殿さまの道中食事風景/いまよりおいしいご飯を食べていた/江戸のご飯の食べ方/雑穀と江戸時代 ほか)/2 江戸の食・歳時記(春/夏/秋/冬)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「やせる舌」をつくりなさい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年04月29日 21時36分]
どちらかといえば、私の口は濃い味ではないと思うのですが、体はふくよかになりつつあります。
この本からすれば、痩せてもよさそうですが・・・。

【内容情報】(出版社より)
【あなたの「舌」、じつは異常かもしれません!】ファストフードや外食、できあいの惣菜…便利ではありますが、これらは、とても味が濃い食事。もし「美味しい、美味しい」と違和感なく食べているとしたら、あなたの舌(味覚)は異常になっているかも。でも、人の味覚は何度でもリセットできるんです! 味覚が変われば、必然的に食べる量が減り、体が本当に欲している美味しさと栄養分を、適度に摂取できるようになります。摂取カロリーも自然と減り、余分な体重が減り、体型も自然とスッキリして、心まで健やかになっていくのを感じることでしょう。--【味覚のプロ】が慶応大学との共同研究で初めて明かす、究極の減量法。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書では味覚と体重との関係に着目し、「舌」を変えることで減量していく新しいダイエット方法を公開。“味覚のプロ”がすすめる究極の減量法。「甘い」⇔「しょっぱい」…魔のループが止まる。舌や体が、自然と「薄味」を求めだす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに あなたの「舌」、じつは異常かもしれません/あなたの「舌」は敏感?鈍感?診断リスト/1章 そもそも「味覚」とは?-私たちはこうして「美味しさ」を感じている/2章 これは危険!食欲がどんどん増していく、恐怖の食習慣/3章 これで大満足!薄味でも、少量でも満たされる「やせる舌」のつくりかた/4章 さあ、「やせる舌ダイエット」に挑戦しよう!/5章 もうリバウンドしない!理想の「やせる舌」をキープする方法/6章 カロリーや量はじつは重要じゃなかった!ダイエット常識のウソ・ホント
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ヤバすぎる酒飲みたち!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年04月26日 21時31分]
しかし、禁酒した人がこういう本を書くというのも不思議ですね。
酒を飲み過ぎる人は昔から多かったというのには、少し安心させられました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 太古の昔から日本人は酒飲みだった(邪馬台国ではどんな酒が飲まれていたか/大海人皇子と額田王の不倫めいた恋情 ほか)/第2章 酒と情事にふける貴族たち(古代日本の禁酒令とは…/藤原北家が摂政・関白を独占する家筋になっていく ほか)/第3章 もののふが一杯の盃に命を賭けて(頼朝は御家人を慰労するために酒を活用する/静御前が白拍子の姿で舞を舞った ほか)/第4章 幕末に日本の酒造が大変革された(国と国のはざまで翻弄された対馬藩家老/江戸では市民が一日一合飲んでいた ほか)/第5章 酒飲みたちが先頭にたって近代日本を創った(エピソード豊かな酒飲みであった福沢諭吉/明治の酒税および酒屋会議 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

馳星周の喰人(しょくにん)魂

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年04月18日 21時38分]
本当に食べたくなりますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
喰人の故郷・北海道。小説とサッカーの取材で訪れた日本各地やアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの国々。愛犬のために移り住んだ軽井沢。その行く先々で著者が出会った絶品料理(たまにハズレも)や食材の数々、至高の料理人たちを盛りだくさんに紹介!そして、世界を駆けめぐる食いしん坊作家が辿り着いた、無理せずにダイエットできてしまう「なんちゃってマクロビオティック」とはー!?人気作家が辛口&ユーモラスに綴った、著者初の食エッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
喰人の原点/イタリアの胃袋/江戸前鮨は江戸で食え/奇跡の料理人/奇跡の香り(奇跡の料理人番外篇)/旨い店ー軽井沢篇/サン・セバスチャンの至福/腹が減っても食べられない/マンゴープリンの放浪者/男たちのムール貝〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

絶対味覚

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年04月13日 21時47分]
料理の食材がわかるというのは凄いですね。

川越達也の新感覚料理本。料理を食べれば「使われた食材」をすべて当て、はたまた、作るときは調理前から「できあがりの味」が頭の中でイメージできてしまうという「絶対味覚」の持ち主・川越シェフ。味覚力をアップさせ、調理力を向上させるためには「おいしい味を徹底的に記憶する」ことが何より大事と言います。さらにその記憶を鍛えるためには「ファミレスの味を覚え込むこと」と、料理人らしからぬ!? 斬新な説をあえて批判覚悟で唱え、誰でも実践できる「敷居の低い」味覚力・調理力アップ方法をこれでもか!!というくらいご紹介。ポテトチップスを10の料理に使うアレンジや、伸びきった麺や塩っぱくなった炒め物を細かくカットしたり、調味料代わりに使っておいしくする「外科的手術」の方法などなど、いまいち料理力に自信の持てない女性のために、まるで川越シェフが家庭のキッチンにやってきて手取り足取り教えてくれるような本です。・・・レシピは載っていません。でも使える調理テクと、愛はいっぱいです(笑)。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「9歳からシェフだった!」川越達也が贈る「美味しい」を作る発想のヒント。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1楽章 食べて、食べて、記憶する。豊富な食体験が「味の記憶」を作る(宮崎の自然の恵みが僕の「味覚」を育てた/苦みを知って、味覚のものさしを知った ほか)/第2楽章 「味を正確に記憶」すると「逆算」できる。「できあがりの味から素材へさかのぼる」(ファミレスで「おいしい記憶の引き出し」を作る/手に入れた「味の記憶」をどう生かすか ほか)/第3楽章 1つが3つ、3つが9つに。「逆算できる」と料理上手になれる(新しい調理作業が逆算力を高める/線を反対にたどって逆算する ほか)/第4楽章 失敗料理、あまった料理は蘇る。「作った料理をひろげていく」(なぜそう作り変えるのか、発想法に注目!/「食感が悪い」は真逆の「いい食感」に持っていく ほか)/第5楽章 有名シェフになろうとも自分は自分。戦うときは戦うぞ。「そのままの自分で勝負」(料理職人に対する思いは裏腹/テレビ出演は僕なりの戦術 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ラーメンを科学する

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2018年02月03日 21時26分]
ラーメンは美味しいですね。
食べたくなりました。

【内容情報】(出版社より)
ラーメンを通して食と科学の関係を伝える
初のラーメン科学読本! 食品会社、製麺所、味覚研究所etc・・・
徹底取材から導き出されたラーメンの秘密とは

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界で5番目の新たな味覚「UMAMI=うま味」とはどんな味なのか?おいしい「だし」「麺」はいかにして生まれるのか?…ラーメンにまつわる様々な「なぜ?」を科学の力で徹底解明。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ラーメンの味は「うま味」で決まるのか?/2 飲んだ後のラーメン、なぜ美味い?/3 おいしい「麺」とは何か?/4 つけ麺はなぜぬるいのか?/5 無化調ラーメンとは何か?/6 インスタントラーメンの科学/7 名店の味を再現しているのは誰か?/8 人は、なぜ「ずるずる」とすするのか?/9 なぜあの店に行列ができるのか?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin