FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

ジェロントロジーで学ぶ40代、50代からの働き方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月16日 21時01分]
昨日の本と同じジェントロジーの本ですが、こちらは仕事の仕方ですね。
結晶性能力と「いうものを鍛える必要があるようです。

【内容情報】(出版社より)
70歳になっても働く時代が到来!
長くやりがいを持って働けるようにするために、
40代、50代からの能力開発法を伝授

 人生百年時代を迎え元気にシニアが増えるとともに、「老後資金2000万円問題」に象徴されるように、豊かな老後を築くための収入確保などが大きな課題となりつつあります。

 もはや多くのビジネスパーソンにとって65歳まで働く、あるいは70歳を超えても働くことが当たり前になりつつあります。そこで問題になるのは「各人が自分の能力を生かして、いかにやりがいを持って働き続けられるようになるか」です。

 役職定年後で肩書きを失った途端、誰でもできる簡単な仕事しか回されなくなった。定年後、再雇用されたものの職場に居場所がなく孤立しているーー。そんな「ああなりたくない」元上司や先輩を身近に見てきた40代、50代のビジネスパーソンにとっては、特に切実な問題でしょう。

 そこで本書でご紹介するのがジェロントロジーの活用です。ジェロントロジーとは医学、生理学、社会学、心理学など様々な学術分野を横断的にカバーする学際的な学問です。エイジングに伴う生涯発達や高齢化社会における生活、人間関係、心や健康の管理、老人介護や諸制度・政策、経済などの問題を多角的な側面からとらえ総合的に研究しています。

 特に注目したいのが結晶性能力です。ジェロントロジーによると人間の能力には2種類あります。比較的若い頃から衰え始める流動性能力に対して、洞察力や創造力といった結晶性能力は歳を取っても伸び続ける能力です。その結晶性能力を仕事や生活の中で鍛えていくことにより、豊かな未来が切り開けるようになります。

 本書では結晶性能力を鍛える働き方、そして生き方を具体的に解説しました。すぐに試せるワークシートも多数収録しました。ぜひご活用ください。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたは役職定年、そして定年後にどうするつもりか。このままじゃ、「ああなりたくない」元上司と同じ道。衰えない能力(結晶性能力)を磨けば仕事と人生の幅が広がる!自己診断できるワークシート付き。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 歳をとっても伸びる能力がある(私たちの能力には二種類ある/結晶性能力と流動性能力の実際 ほか)/第2章 「ジェロントロジー」をビジネスに生かす(「ジェロントロジー」とは何か/歳をとっても多くを「獲得」できる ほか)/第3章 「任せる」「断る」で結晶性能力を伸ばす(40歳からは「任せる」「断る」が必要な理由/任せる力を育む「自己肯定感」と「他者肯定感」 ほか)/第4章 人生後半からの結晶性能力開発(結晶性能力を延ばすため必要な方程式/物から心に価値観を変えると結晶性能力が伸びる ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ジェロントロジー宣言

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月15日 21時57分]
アンチエイジングに対するジェントロジーですね。
知の再武装ですか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ジェロントロジーとは、高齢化社会のさまざまな課題を解決することを目的とする学際的な学問。体系的な学びを通して、自分の生き方と社会のあり方を変えていく。今なぜジェロントロジーが必要なのか?異次元の高齢化社会を生きるための「知の再武装」とは?現実と向き合い、知的格闘を続ける著者が熱く語る、新・学問のすすめ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 ジェロントロジー宣言/第1章 異次元の高齢化社会とは/第2章 最大の課題・都市郊外型の高齢化ー戦後日本の帰結として/第3章 知の再武装ーなぜ必要か、そして何をどう学び直すか/第4章 ジェロントロジーへの新たな視界ーからだ・こころ・おかね/第5章 高齢者の社会参画への構想力ー食と農、高度観光人材、NPO・NGO/資料編
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金を増やしたいなら、これだけやりなさい!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月11日 21時16分]
この本とは違う本で読んだんですが、預金も国債に近い資産運用であり、ポートフォリオになるそうです。

【内容情報】(出版社より)
日本のインデックス投資は40年古い!
インデックス投資に○○を足せば、安心・安全・最強!

わずか5年前まで日本では、
個人投資家が分散投資のために金融商品を買うことは、
たやすいことではありませんでした。

ところが、NISAやiDeCoという
政府主導の非課税の投資制度が誕生したことで、
その扉は一気に開かれました。

ここ数年で、
安全で堅実な長期投資ができるお膳立てが
見事に揃そろったのです。

私は20年近く、
ウォール街で大口の機関投資家向けに
ビジネスをしてきました。

日本の個人投資家の中には、
「ランダムウォーク」を信奉する人が多くいますが、
これは40年前の理論であり、
すでに米国の個人投資家に広く実践されています。

一方、機関投資家のプロの世界では、
今は「ノン・ランダムウォーク」が
主流になっています。

ヘッジファンドのように
相場動向とは相関性を持たずに
絶対値収益を狙う新しい理論です。

最新のウォール街のテクニックを
家庭の主婦でも実践できるように記したのがこの本です。

初心者歓迎! おすすめ金融商品も紹介

本書では、どの資産をどの割合で購入すれば、
最もリスクを抑えつつ、
安定したリターンを得ることができるか、
また、おすすめの金融商品も
具体名を挙げて紹介しています。

ですので、書いてあるとおりに実践すれば、
即日投資をスタートすることができます。

はじめて投資を開始する方でしたら、
証券口座を開くところから、
毎月いくらどの金融商品を購入したらいいかまで
お伝えします。

すでに投資を始めている方であれば、
何を足せば、最強のポートフォリオになるのか、
知ることができるでしょう。

あなたにとって必要なところを熟読し、
ぜひ、実践してください。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

定年3.0

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月09日 22時02分]
定年もついに「3.0」の時代なんですね。
それほど革命的なことは書かれていませんが、それなりに読む価値はありました。

【内容情報】(出版社より)
時代が変われば、老後も変わる
これからは「他人と比べない」生き方が正解!
人生100年時代を安心して楽しく暮らすヒントが詰まった1冊

平均寿命も短く年金でのんびり「余生」を送れた定年1.0の時代、
年金制度が見直されて「老後資金」が悩みの種になった定年2.0の時代、
そして人生100年とも言われるほど寿命が延びた今は、
「お金」はもちろん「健康」と「孤独」の3つを
誰もが考えなければならなくなった<定年3.0>の時代です。

近年、世の中には老後不安を煽る記事があふれています。
でも、長年働いてきたサラリーマンなら
そう簡単に老後破綻することはありません。

むしろそのような不安にとらわれずに、
お金・健康・孤独の3つの問題を同時に解消するためなるべく長く働き、
他人と比べず自分の考えで生きることの方が大事なのです。

この本には、著者が自らの定年体験で得た、
人生100年時代を安心して楽しく暮らすためのヒントがたくさん詰まっています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「定年後は○○すべき」は思い込み!!他人と比べない生き方が正解!サラリーマン世帯は老後破綻の心配なし!でも親世代の生き方はもはや参考にならない!大江英樹が教える定年対策術。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 老後資金と年金のホントの話/第2章 老後不安を解消する働き方の話/第3章 スマートシニアになれるライフスタイルの話/第4章 安全で失敗しにくい資産運用の話/第5章 実は結構大事な健康と趣味の話/第6章 特別対談 大江英樹×蟹瀬誠一「べき論から自由になろう」
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

両親の送り方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月05日 21時28分]
私の両親はもういませんが、まだ連合いの両親は健在です。
しかし、棺桶に片足を突っ込みかけています。
少しは参考になるかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
実親の驚愕の変化!どうしようもない現実に何ができる?

看護師歴30年の著者は72歳の父親、80歳の母親(女性評論家の吉武輝子)を見送りました。「老いと病は人を変える」と500人以上の患者を看取ってきた著者は書きます。酸素ボンベを使わざるをえない状況なのに「あなたには迷惑をかけない!」と言って出かけようとする母親に振り回される周囲。「人の手を煩わせてまで、なんて思っていても、たぶん年を重ねれば宗旨替えするに違いない。人間はそうそう潔くはできていない」いつの間にか親を怒ってばかりの鬼娘になってしまい、親と子の立場が逆転する思いもよらない現実!「両親の送り方」に正解はないのでしょうか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人生の末期、親と子の立場は逆転する。両親を看取った看護師が本音で描く、親の老いと衰えへのとまどい、葛藤、泣き笑い。そして最期のとき!実の親だからこそむずかしい!やったという満足感を得られるのか!?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 死ぬのも死なれるのも未体験(死をどのように迎えるか/あきらめの達人だった父の死 ほか)/第2章 老いと病は親を変える(親と子の立場が逆転するとき/老いと病気で衰えていくパターン ほか)/第3章 やるだけのことはやった満足感(母の最後に後悔なし/親から解放されるということ)/第4章 上手に老いてゆくために(いつまで働きつづけるか/人生のリスクと向きあう ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

60歳からの新・幸福論

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2020年01月01日 21時04分]
何人かの人の話は読んでいましたが、ダイジェスト版でも内容はほとんど一緒でした。
先にこの本を読んでいたら、読もうと思わなかった人の話もあったかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
作家、文化人、知識人など13人に聞いた後悔しない老後の心得。
人生の後半戦をよく生きるには、何が必要で、何が必要でないのか。
曽野綾子氏、田原総一朗氏、弘兼憲史氏らが明かす日常生活と人生哲学。
孤独を愉しむヒント、老後の“常識”を捨て去る、「老い」と「死」に向き合う勇気ーー全国民必読の書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「孤独」を愉しむヒント(曽野綾子 作家ー「手抜き」を楽しみながら無理な努力はやめて、いい加減に生きるのがいいんです/田原総一朗 ジャーナリスト・評論家ー僕にとっての「死」とは、好奇心が湧かなくなり、仕事からも遠ざかってしまうこと/弘兼憲史 漫画家ー家族はバラバラになるのが当たり前 子どもが独立してからは「自分ファースト」で生きてみる/志茂田景樹 作家ー競争社会を抜け出したなら自分自身と向き合い、自分自身と戦うことが仕事)/第2章 老後の“常識”を捨て去る(荻原博子 経済ジャーナリストー老後資金は夫婦で最低1500万円を 老後のお金を投資で増やそうとする人はバカです!/近藤誠 近藤誠がん研究所所長ー“がんの常識”は非常識 悲惨な最期を迎えないためにがんは見つけない、手術しない/池田清彦 早稲田大学名誉教授ー年を取っても楽しいと思えることで最終的に残るのは、「人に褒められる」ことじゃないかな/勢古浩爾 評論家・エッセイストーこれまでの蓄積があれば「なんとかなる」 定年後の「~しなさい」という圧力にうろたえてはいけない/鈴木秀子 評論家・日本近代文学研究者ー「愛し、愛されながら、生かされる喜び」 老いとはそれを思い出すことで、生きる知恵を深める大切な時期なのです)/第3章 「老い」と「死」に向き合う(中村仁一 老人ホーム「同和園」附属診療所所長・医師ー「老い」と「死」に医療は無力 60歳を過ぎたら死と向き合う 死を考えることは生を考えることです/中島義道 哲学者ー50年間哲学をやってきたが、なんらかの形で「死を納得すること」が最後の課題だと思っている/菊池和子 「きくち体操」創始者ー終わりを意識して、最期まできちんと生きたいから私は身体を動かし続ける/内海桂子 芸人ー年寄りとして生きようと思ってはいない 年齢はもう100に近いけれど「老後」っていう考えはないね)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

脱!暴走老人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年12月31日 21時57分]
ヨーロッパも国民皆保険制度だが、日本ほどのサービスはないそうです。
死にそうな人を無理して生きさせる日本の今の制度はいかがかとは思いますが、治療を長く待たされるのは困りものですね

【内容情報】(出版社より)
【暴走老人・ぼうそうろうじん】
店員や駅の係員に無理難題を言って困らせたり、並んでいる列に割り込んできたり、 若い人を怒鳴りつけたりする高齢者のこと。

“英国流"幸せに年をとる方法=楽しみながら、時にシビアに

日本と欧州を行き来して暮らす著者は、ヨーロッパの国々には“暴走老人"がいないことに気づき、 不思議に思います。
日本は恵まれた国にもかかわらず、高齢者が暴走してしまうのはなぜなのか?
本書では「暴走」する日本の超高齢化社会を通して、日欧の高齢者たちを取り巻く環境の違いや、 その背景にあるものを探ります。
さらに、欧米の高齢者たちの暮らしぶりから、幸せに年をとるための前向きで具体的な提案をします。

=*=*=「おわりに」より=*=*=
もし街なかで暴走する老人を見かけたら、何が彼にそうさせてしまっているのかということも考えていただきたいのです。
これは実は若い人にとっても大変重要なことです。なぜなら、やがて現在の若者たちも高齢になり、厳しい状況に置かれる可能性が高いからです。つまり、現在暴走している高齢者のことを考えることは自分たちのためでもあるのです。
◆第1章 なぜ日本の老人は暴走してしまうのか?
◆第2章 社会の狭間で苦悩する日本の老人
◆第3章 暴走老人のいないヨーロッパ
◆第4章 人生を楽しむ欧州の老人
◆第5章 欧州ではどのように老後資金を準備しているか
◆第6章 欧州の老人に学ぶ節約術
◆第7章 「暴走老人」にならないために

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヨーロッパのお年寄りたちは何より楽しむことを大切にしながら、一方で老後の資産形成については、日本人よりはるかにシビアです。現在の、そして、未来の日本の高齢者が彼らに学ぶべきことは、少なくありません。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

定年後のトクする働き方・仕事の探し方 2019~2020

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年12月22日 21時03分]
それなりには役に立ちそうですが、一人一人の退職の状況は違うので、役に立つことが少ない人も多いのでしょうね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

おとなの週刊現代 2019Vol.1

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年12月21日 21時58分]
これぐらい分かっていれば大丈夫という本ですね。
もっと深く(裏技を)知りたい人には、物足りないと思います。

【内容情報】(出版社より)
死後の手続きに必要のことが、まるごとわかる「週刊現代」別冊。「復氏届」「姻族関係終了届」「法定相続情報一覧図」「国民健康保険資格喪失届」「株式名義書換申請書」……知らないと困る書類の数々、銀行や証券会社の口座名義変更の手続き、税務署に目をつけられずに得をする相続のテクニックなどをわかりやすく解説。60、70、80、90代、老親にもあなたにも役立つ完全保存版。

死後の手続きに必要のことが、まるごとわかる「週刊現代」別冊。
「復氏届」「姻族関係終了届」「法定相続情報一覧図」「国民健康保険資格喪失届」
「株式名義書換申請書」……知らないと困る書類の数々、銀行や証券の口座名義変更の手続き、
税務署に目をつけられずに得をする相続のテクニックなどをわかりやすく解説。
実際の書類を使った書き方のなどもカラーで紹介。
60、70、80、90代、老親にもあなたにも役立つ完全保存版。

【主な内容】
・銀行口座・証券・生命保険・自宅・葬式・墓・ペットの引き取り先ほか あなたが死んだら手続きはこんなに大変です
・死んだら必要な書類36
・最後の「手続き」に必要な書類の書き方、集め方
・銀行と面倒くさいことになる前にいまやっておくべきこと
・死ぬ前と死んだあと 気をつけなくてはいけない法律 知っておかなくてはいけない法律
・身近な人が逝ってしまったときの手続きと順番
・遺産相続「法定相続情報証明制度」の詳細と実際
・絶対得する「老老相続」「老老年金」「老老貯金」教えます
ほか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年12月19日 21時58分]
3億円を10年で返すなんて凄いですね。
お金を貯めたい人には少しは参考になるかもしれません。

1年間の生活に必要な金額は、たったの150万円!
残りは全部、貯金にまわせます。
そうして返した借金は、かれこれ3億円。

だからといって、ケチケチした貧乏くさい生活を送っているのではありません。
使うべきところには使うメリハリの利いた「倹約」生活だから、心は豊かに。
いわゆる節約が「ガマンの3K(厳しい・細かい・苦しい)」であるのに対して、
著者の倹約には「心地よい3K(健康になる・環境に優しい・工夫をする)」があります。

こんな生活なら、無理なく、楽しく、お金を貯められます!
【内容情報】(出版社より)
【社会科学/経済財政統計】「我慢の3K(厳しい・細かい・苦しい)」の節約に対し、倹約には「心地よい3K(健康・環境・工夫)」がある。夫が残した3億円の借金の返済を可能にしたノウハウを、実体験をもとに解説。倹約なら年150万円の生活費でも豊かに暮らせる!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「年150万円で無理なく豊かに暮らす知恵」が満載!3億円の借金返済さえも可能にした「暮らしの極意」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 金運を鍛える「倹約」生活(「3億円返済計画簿」=「臼井流家計簿」/「年収150万円生活」を始めた理由 ほか)/第1章 あなたがしているのは「倹約」?それとも「節約」?(「お金」は人生をともにするとても大切な相棒/借金の完済は「目標」であって、「目的」ではない ほか)/第2章 倹約を実践!年150万円でできる「清富」生活(倹約してマイナスになることは何一つない/機械や道具よりも、自分の心身を頼りにする ほか)/第3章 お金持ちに学ぶ「倹約生活」のルール(自分が主役の人生を歩むのが「倹約生活」/お金は「自分の働きの対価」として大切に扱う ほか)/第4章 倹約生活をより豊かにする「投資」のルール(稼いだら稼いだなりにお金を世の中のために使う/時計は長く愛用できるものを選ぶ ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin