FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

今日も私は、老人ホームの看護師です 1

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月18日 21時11分]
こんな風なんだろうとは思っていましたが、それ以上なんですね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

世界一しあわせな臨終その迎え方の秘訣

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月16日 21時47分]
私が死ぬまでにはもう少し時間がありそうなので、この手の本をウォッチしていきたいと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平均寿命が一〇〇歳を超すと予想されるなかで、いかに充実した余生を送り、そして幸せな最高の臨終を迎えるか。50年を超す医師歴のなかで多くの患者を看取ってきてはじめてわかった幸せな臨終の迎え方。

内容紹介
世界一の臨終を迎えるための秘訣をお教えします。

幸せな臨終を迎える準備は四十代からはじまる
最高の臨終を迎えるために長生きする秘訣
幸せな臨終を迎えるための旅立ちの秘訣
最高の臨終のための医者のかかり方の秘訣
幸せな臨終を迎えるための生き地獄をのりきる秘訣

【目次】
第一章:世界一の長寿国にふさわしい臨終の迎え方
第二章:最高に幸せな臨終は畳の上からの旅立ち
第三章:幸せな一生の第一関門は四十代からの健康管理
第四章:六十歳からは免疫力で寿命が決まる
第五章:生涯現役を貫き一生を終えるための栄養学
第六章:最高の臨終を迎えるための医者のかかり方
第七章:最高の臨終を迎えるための自己防衛時代の生き方
第八章:この世の生き地獄を耐えて幸せな臨終を迎える秘訣
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金に泣かされないための100の法則

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月10日 21時49分]
マンガの割には内容はありました。といってもそれほど参考になるようなことはありませんでしたが。

お金のプロに聞くお金の“性格”。ダイエットと記録好き、返さないと怒る!…コミックで学べるお金の本質。
【内容情報】(出版社より)
学校では教えてくれなかった、お金の真実。人生をサポートしてくれる「お金のとの付き合い方」をコミックでわかりやすく伝授します。

●第1章【使う財布】
お金=あなた自身。使いたいとき、
使いたいだけのお金を、使える自分であるためには?
お金は「あなたの価値観」である~節約=安物買いではない
お金は借りた以上に返すのがお約束~借入先は吟味せよ
お金は借り換え時期を見逃すと損!~住宅ローン金利で600万円もの差額が!

●第2章 【貯める(備える)財布】
「もしも」のとき、あなたを守るのはお金。
そのための貯蓄術・保険術を知ることこそ人生の防御。
お金は人生設計があってこそ貯められる~ライフプランを考えることが、貯金の始まり
お金で「明日の安心」を買っておく~自分に合った保険の選び方講座
お金は結婚・出産をあきらさせない~「お金がないから……」ではもったいない!
お金は平均的な教育資金をあざ笑う~「かかる」ことを前提に、計画的に貯蓄を

●第3章 【増やす財布】
実はお金は働き者。どこで働かせるか、
どう働かせるかは、あなたの持つ武器(情報)次第。
お金は寝かせず働かせると増える~実はあなたも知らぬ間に投資している!
お金は分散・ミックス投資で安心する~一攫千金はないが、「損を減らす」方法はある!
お金は”うまい話”の真実を知っている~「確実にもうかる話」には要注意~
お金は節税と納税を大歓迎する~賢く情報をゲットして、きっちり義務を果たせ!
など
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

長生きリスクに負けない!お金の増やし方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月09日 21時46分]
遅ればせながら、ポイント投資でもやってみましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
人生100年時代もこれで安心!

「リスクを取りたくなければ資産は預貯金で」
「老後資金は退職金+5000万円貯めればOK」etc. 
人生100年時代を迎え、これまでのお金の常識が音をたてて崩れている。
少子高齢化や年金不安といった先行き不透明な環境の中で、長い人生を豊かに
生きるために、お金との付き合い方をどう変えていけばいいのか。
長生きリスクに負けない資産形成のポイントとは。
人生100年時代のお金との付き合い方を分かりやすく伝授する。

老後破産・病気・介護 etc.

◆初心者でも失敗しない! 10万円から始める資産づくり
◆保険の常識が変わった! 長い老後への一番賢い備え方
◆上昇期待大! 勝ち組投資家の注目株60
◆始めた人から特をする ポイント投資のススメ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

親も自分もこれ一冊で一生お金に困らない!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月08日 21時36分]
この手の本で目からうろこというのは、私にはもうありません。
打てる手がないというべきか・・・。

【内容情報】(出版社より)
家計管理、老後資金、保険、投資…
知識がなくても答えは出せる!

日本人の平均寿命は男性が80歳を超え、女性が約87歳となった。
人並みの退職金や年金をもらえば、老後を問題なく乗り切れる、
そんな時代は、残念ながら終わってしまった。

人生の“3分の1”にもなる老後を豊かに過ごすためには、
今あるお金を増やす策に、早めに取り組むことが大切だ。
家計や保険を見直し、「少額から」「手堅く安全に」投資する。
賢く稼ぎ、ラクに増やす。手間いらずなマネー生活をスタートさせよう。

≪目次≫
Chapter 1 3000円から始める!ほったらかしマネー術
Chapter 2 これで安心!!親の私の老後のお金
Chapter 3 激変!最強の保険・ムダな保険
Chapter 4 ハズレなし!株主優待を青田買い
Chapter 1 3000円から始める!ほったらかしマネー術
[家計管理] 「残高みるだけ」貯金づくり
[自分年金] 「定期預金するだけ」で節税に!
[投資] 完全お任せでも増やせる!

Chapter 2 これで安心!!親の私の老後のお金
●老後資金をためる シニア編/現役世代編
●いいとこ取りの「家族信託」で老後資金を管理
●実家が負の遺産になる前に。早く高く現金化
●認知症に備える保険
●見守りサービス/個性派介護サービスで介護予防

Chapter 3 激変!最強の保険・ムダな保険
[医療・がん保険] 新型は「心疾患」で選べ
[貯蓄型保険] 逆風のなか生き残ったお宝保険を探せ
[収入保障・定期保険] 掛け捨て保険のコストを減らすテク
[就業不能保険] 「働けないリスク」に備える新ジャンル
[自動車保険] 超使える特約の付け方とは
[保険×テクノロジー] 保険の未来が変わる!

Chapter 4 ハズレなし!株主優待を青田買い
●超お得な新規・拡充優待はこれだ!
●達人が実践!優待「先回り投資術」
●厳選 高利回り優待カタログ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

長生きリスクに負けない!お金の増やし方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月07日 21時58分]
定年退職した人間としてはこういう本はどうしても読んでしまいます。
ポイント投資はやってみましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
人生100年時代もこれで安心!

「リスクを取りたくなければ資産は預貯金で」
「老後資金は退職金+5000万円貯めればOK」etc. 
人生100年時代を迎え、これまでのお金の常識が音をたてて崩れている。
少子高齢化や年金不安といった先行き不透明な環境の中で、長い人生を豊かに
生きるために、お金との付き合い方をどう変えていけばいいのか。
長生きリスクに負けない資産形成のポイントとは。
人生100年時代のお金との付き合い方を分かりやすく伝授する。

老後破産・病気・介護 etc.

◆初心者でも失敗しない! 10万円から始める資産づくり
◆保険の常識が変わった! 長い老後への一番賢い備え方
◆上昇期待大! 勝ち組投資家の注目株60
◆始めた人から特をする ポイント投資のススメ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「宿命」を生きる若者たち

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年08月30日 21時06分]
私がもし今の若者で経済的に厳しい状況にあれば、物申したいと思うんですが、今の若者はそうしないというのはなぜなんでしょうかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
近年、若者たちを取り巻く社会環境は悪化している。社会的格差の拡大とともに貧困も深刻化し、それらに起因するいじめや児童虐待も目立つようになっている。ところがその一方で、各種の意識調査によると若年層における幸福感や生活満足度は、逆に高まっている。この相反現象の秘密とはいったい何か?「宿命」をキーワードに、高齢層など他世代との比較、また時代による社会構造や意識の変化もふまえて解き明かす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 相対的貧困率と生活満足度(拡大する社会的格差/社会的排除の進行 ほか)/第2章 高原社会に広がる時代精神(生活満足度の世代格差/増加する高齢者犯罪 ほか)/第3章 いにしえからの自分の本質(かけがえのない自分の誕生/地元というフロンティア ほか)/第4章 格差と幸福をつなぐ宿命論(生得的属性と期待水準/人間関係の比重の高まり ほか)/補論ー「宿命」を問いなおす(分断線を越境する人びと/高原期における努力とは ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

まんがでわかる年収200万円からの貯金生活宣言

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年08月21日 21時53分]
【内容情報】(出版社より)
今度こそ"貯められる自分"になる!
ベストセラー、ついにマンガ化!

<あらすじ>
主人公・咲良は貯金ができず、悩んでいる。
そんな彼女がひょんな失敗からFP王子・白石光司と知り合い、
貯金ができない人が貯金できるようになるまでの90日間を追うTV番組「貯金生活宣言! 」に出演することになる。
「貯金生活宣言! 」では、もう一人の出演者・龍之介と貯金対決をしなくてはならない! !
貯金ゼロの咲良と龍之介の行く末はどうなる?!

この本の元本は読んだ記憶があるのですが、このブログにはないようです。
なぜか分かりませんが、こちらの方が読みやすいですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なかなか貯金ができない咲良は、ひょんなことからFP王子・白井光司と知り合い、貯金ができない人が貯金できるようになるまでの90日間を追うTV番組「実践!貯金生活宣言」に出演することになる。貯金を身につけるべく頑張る咲良を応援するうちに、この本では、いつのまにか横山式貯金メソッドがバッチリ学べます!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 貯金生活開始!-まずは自分を知る(あなたを「貯金体質」にする横山式90日貯金プログラム/お金を増やす3つの方法とは?/明るい貯金生活をおくるためのポイント ほか)/第2章 貯金の本質をつかむーお金を見える化する(明るい貯金生活をおくるためのポイント/明るい貯金生活をおくるためのポイント/明るい貯金生活をおくるためのポイント ほか)/第3章 自分の軸で貯金するー貯金生活を習慣化させる(明るい貯金生活をおくるためのポイント/明るい貯金生活をおくるためのポイント/明るい貯金生活をおくるためのポイント)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

弘兼流「ひとり力」で孤独を楽しむ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年08月11日 21時09分]
少なくとも私は、一人で(誰にも頼らずに)は生きられないと思いますが、そういう気持ちが大事だと言うことを感じました。
ほとんど、家のことをしない私が言えることではないですが。

内容紹介
定年後や老後の生き方を指南する書籍が書店で活況である。団塊世代が七〇歳を迎えたことと、中年世代でも老後に不安を感じている人が増えていることがその理由の一端と考えられる。
『課長 島耕作』の著者である弘兼憲史氏も七〇歳を迎え、身の回りの品を処分し始めるなど、「終活」を始めたという。本書はその弘兼氏が、老後でもっとも大きな不安のもとである「孤独」に対して、「ひとりでも楽しく、身軽に生きるための力」である「ひとり力」を身につけて向き合おうと提案する書である。
弘兼氏は「年を重ねると、誰にでも訪れる孤独を、マイナスにとらず、楽しくて自由なんだと考えることが大切」と説く。そして妻や家族、周囲の人との「つきあい力」、料理や身の回りを整理する「家事力」、一人で生きることを楽しめる「孤独力」など、自立して生きるための「ひとり力」の身につけ方をアドバイス。老後の幸せを左右するかっこいい老後ののヒントが満載。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「かっこいい老い方」「みっともない老い方」は“孤独を楽しめるか”で決まる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人生後半の幸せは「ひとり力」が左右する/第2章 「孤独」を味方につけて楽しむ/第3章 「ひとり力」を支える家事力/第4章 一人になったときの「お金力」/第5章 一人時間を充実させるヒント/第6章 配偶者の死との向き合い方、一人で死ぬ心得/第7章 身辺を整理して身軽に生きよう
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年08月06日 21時34分]
サービス業の所得は少ないのにサービスしすぎるぐらいな日本が、サービスが少ないドイツのような社会に向かう方法はあるのでしょうか。
その国の平均所得が幸せを決めるわけではないのですね。それだけは分かりました。

【内容情報】(出版社より)
ドイツ人の平均可処分所得(手取り)は年290万円と意外に低い。しかも、消費税(付加価値税)は19%と高い。にもかかわらず、多くのドイツ人が「生活に満足している」のはなぜか? いっぽう、サービスが行き届いた世界一便利な国・日本で、日本人の多くが生活に「ゆとり」を感じられないのはなぜか? ドイツ在住29年のジャーナリストが肌で感じた「ドイツ流・お金に振り回されない」生き方を明らかにした一冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界一便利な日本で「ゆとり」を感じられないのはなぜ?ドイツ流・お金に振り回されない生き方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ドイツ人の平均可処分所得は290万円!⇒でも、どこか生活に「ゆとり」があるのはなぜ?/第1章 サービス砂漠のドイツ、おもてなし大国の日本⇒でも、「便利さ」は「忙しさ」の裏返しでもある…!?/第2章 みんなが不便を「ちょっとだけ我慢する」社会⇒他人のサービスに期待しすぎない気楽な生き方/第3章 お金の奴隷にならない働き方⇒「ドイツの新しい通貨は自由時間」とは?/第4章 ドイツ人はお金をかけずに生活を楽しむ達人⇒ドイツ流・明るいケチケチ生活の極意/第5章 世界最大のリサイクル国家・ドイツ⇒使い回し、分かち合い「お金に振り回されず」に生きる/第6章 過剰な消費をしなくても経済成長は可能だ⇒未来の世代に「豊かさ」を引き継ぐ、ということ/終章 「求めすぎない」ことから始めよう⇒真の「豊かさと安定」を手に入れる第一歩
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin