FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

お金さま、いらっしゃい!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月18日 21時36分]
カルト村出身の方の本は初めて読みました。
他の本も読んでみましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
生まれ育った「カルト村」(所有のない社会を目指す、農業を基盤としたコミューン)の思い出を描いた『カルト村で生まれました。』『さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで』で話題となった高田かやの新作コミックエッセイ。

どんなに働いても対価はもらえず、物は共有でお金のやりとりは一切なし、当然子供のお小遣いは0円で、隠し持っているお金が大人に見つかったら即没収……。そんな「カルト村」で育ったことから、「お金は滅多にさわれないすごいもの」「お金さま!」とお金そのものへの憧れが人一倍強くなってしまった著者が、19歳で村を出て両親との同居生活→ひとり暮らし→結婚して夫の家族と二世帯住宅暮らし……と環境を変えながら、自由に持つことができなかった「お金」とどう付き合ってきたか? を包み隠さず丁寧に描く。

お金が貯まる心構えやリメイク料理など節約術も学べ、お金に対する感覚の違う夫婦の生活を覗き見る楽しさもあり。
読めばお金が貯まるかも!?

〈かや流“お金さま”との付き合い方〉
村時代に染みついた「我慢」で貯金/買い物トレーニングに100均活用
どこで何を買ったか値段も含め毎日メモ/財布の残金は1円単位まで把握
車の免許など必要なものにはドーンと使う/安い発泡酒に焼酎を足して度数アップ
自己流の「宝くじ必勝法」を考案/料理も服もリメイクして2倍楽しむ
食材にひと手間加えて保存力アップ/「夫婦50割」などお得制度をどんどん活用

【目次】(「BOOK」データベースより)
おずおずお金黎明期/いそいそお金確立期/いけいけお金発展期/ぐるぐるお金混迷期/ぼちぼちお金成熟期
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月14日 21時24分]
あたりまえのことが書いてあるだけの本ですが、アメリカなどではちゃんとお金が増えるのに日本では増えないという不条理にガッカリしますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お金の不安から解放された人、続々!貯金ゼロ、投資経験ゼロでも大丈夫!数千円のお小遣い程度を元手にお金をしっかり増やす方法を教えます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 安月給の香港人が日本人より金持ちなワケ(利息6%と言われたら、信じてお金を預けますか?/安月給の香港人が日本人の2倍も金持ちな理由 ほか)/第2章 プロでも難しい金融商品(日本の金融機関はお金が融けてなくなるところ/浪費信託にすり替えられた投資信託 泣く子も黙る「8630の法則」 ほか)/第3章 定年までに3000万円貯まる仕組み(貯まる仕組みも増える仕組みも2つしかない/単利を選ぶと貧乏になり、複利を選ぶとお金持ちになる ほか)/第4章 月3万円はタネ銭がつくれる!(自動的に毎月3万円が貯まるコツ/日本人に昔から寄生する在来固有種「生保」 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

モノと家計を見直してお金のことで後悔しない暮らし方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年10月23日 21時39分]
特別なことが書かれているわけではありませんが、何故か連合いが読んでいます。
なにか役に立ちそうなのかもしれません。

【内容情報】(出版社より)
浪費からお金を守り、うまく家計をまわすコツを紹介します。
元々は給料を貰ったら、もらっただけ全部使っていた著者には、
数年前まで500万円の借金がありました。
結婚を期に、試行錯誤のうえ、浪費からお金を「守る」方法を編み出し、全額返済!
さらに今では年間100万円以上貯金ができる暮らしに変わりました。
「お金を貯める家計の考え方」、「モノが減ると自然とお金が貯まっていく」などヒントがたくさん!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お金が貯まらない人は消費が下手くそ。みるみる貯まる「収入ー予算=貯金」の法則。お菓子の消費量が食費の25%に到達していた!?健康でいることは何よりも節約になる。稼いでいるのに貯まらない人は社会を信用しすぎている。「これは仕方ない出費」の口癖をやめる。玄関はその家の様子を表す。食べ放題よりも、家で少しだけいいお肉を食べよう。モノは「ここに入るだけルール」を決める…つらい節約をしなくても、貯まる暮らしに変わる方法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「貯まる暮らし」を手に入れる考え方/2 「貯まる仕組み」をつくりました/3 モノを捨てるとお金が貯まる/4 家計簿をつけてお金の流れを把握!/5 貯金を決意してから始めた家事のルール/6 もっと貯めるための生活のルール
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

65歳で月収4万円。年金をもらいながらちょこっと稼ぐコツ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年10月12日 21時47分]
もともと女性を念頭に書かれた本ですが、参考になるところもありました。

【内容情報】(出版社より)
年金生活は、人生のおよそ3分の1を占めます。
「年金だけでは暮らしていけない」と不安に怯えるより、仕事を探して働き、毎月ちょこっとでも現金を手に入れる生活を、できるだけ長く続けるのが現実的な解決法です。
自身も著述業の傍ら、週に3日、パートで働く経験を生かし、若い人々に混じって生き生きと楽しく働く60代や70代の男女を突撃取材し、そこに辿り着くまでの知恵や工夫を聞き出しました。
また、シニアを受け入れている会社、一緒に働く若者の声、職場と人をつなぐ会社の意見、働きたいシニアを支援する公的な仕組みなども取材し、これから年金生活を迎える人々が、実際に仕事を得ることができるよう、ノウハウを盛り込みました。
不安が沸いてきたら、見えないお化けに囚われそうになったら、この一冊を手にして、早めに開いてみてください。きっと、道は開けるはずです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いくつになっても「今日行くところ」と「給料日」がある幸せ。老いの時間を豊かに生きよう!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 働く60代に聞いてみた/第2章 シニア向きの「ちょっと働く」職業はさまざま/第3章 働きたいと思ったときにまず考えたいこと/第4章 働くときの気持ちと心構えを変えてみよう/第5章 仕事はどうやって見つける?/第6章 仕事を得るにもコツが要る/第7章 楽しく老いるために楽しく働く!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

朝ドラには働く女子の本音が詰まってる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年10月07日 21時12分]
朝ドラの主人公はほとんど女性です。
しかも、頑張る女性ですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九六一年放送が始まり、六六年に「おはなはん」でブレイクした連続テレビ小説、通称「朝ドラ」のテーマは、なんだかんだいっても女の一代記、女の生き方。社会状況が劇的に変化しても、五十周年を機に放送開始時間が八時十五分から八時に変わっても、それは変わらない。そして今も、女子は朝ドラに励まされたり慰められたりしている。それはなぜか。ヒロインの人生の戦いは、すべての働く女子の戦いに重ねられるからだ。本書は朝ドラ論であるとともに働く女子論でもあり、働く女子を身近にもつ男子の必読書でもある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 働く女子に、励まされたり、裏切られたりー「ちりとてちん」(二〇〇七年下期)/第1章 ハンサム夫を愛でる/第2章 色気にやられる/第3章 せっかくなのに、な、なぜ?/第4章 真っ当な女子への讃歌/第5章 朝ドラが、問いかけるもの/巻末資料 本誌で扱った朝の連続テレビ小説
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

捨てる。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年10月05日 21時03分]
ビジネス版の断捨離ですね。

【内容情報】(出版社より)
デスクの両脇に書類を積んでいる人に仕事のできる人はいない!「断捨離のカリスマ」による、はじめての本格的ビジネス書。
モノが増え、仕事が遅れる元凶は、<先送り><何かあったら><もったいない>と思うこと。この余計な思いが、仕事の詰まりを生むのだ。
・デスクの上には進行中の仕事の書類だけを置く
・書類は基本的に読み終えた瞬間に捨てる
・財布は最も身近な情報の断捨離
・名刺をとっておく意味はない
・捨てる対象は、「使用頻度・価値・感情」で判断する
・捨てられないモノに目を向けると自分がわかる……
「よけいなもの」を捨てたとき、自分の個性と強さが残る! 仕事と人生を根底から変える一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 世の中はよけいなモノ・コトだらけ/第2章 なぜ、あなたはどんどん自分を忙しくするのか?/第3章 まずはモノを捨てて空間認識力を高める/第4章 よけいな考えを捨てると、感情に振り回されない時間が生まれる/第5章 情報の取り入れを自在にコントロールする/第6章 あらゆる関係を良好にする断捨離的アウトプット
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

残念な人のお金の習慣

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年10月02日 21時29分]
高いゴール設定の重要性だけは分かりました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
働いても働いても、なぜか増えない、貯まらない。あなたがやってしまっている“残念”な投資、消費、浪費とは?脱・貧乏思考でお金も人生も豊かになる方法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 お金を稼ぐために決定的に重要なこと(なぜ全国大会常連の公立高校が存在するのか/ゴール設定によって生まれる結果とプロセスの差 ほか)/2章 お金のためにすべてを変えろ(どのような手段で稼ぐか/稼げる仕事と稼げない仕事 ほか)/3章 お金を稼ぐ人の時間と頭の使い方(稼ぐ人と稼げない人の時間の使い方は、どう違うのか/稼ぐ人は仕事への投入時間量が多い ほか)/4章 貯金、そして投資、消費、浪費(貯金があれば安心か/当面の生活費六ヵ月分は、何を担保してくれるのか ほか)/5章 こうすると投資は失敗する(やっぱりお金は増やしたい/お金は銀行に預けたほうがよかった… ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

払ってはいけない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月28日 21時18分]
せっかく読んだのですが、特別なことが書いてなくて残念でした。
キャッチーな書名にやられました。

【内容情報】(出版社より)
知らない人はバカを見る! 「持病があっても入れる保険」「日本一売れている投資信託」「まとめ買い」--やってはいけない50の無駄遣いを一刀両断! 家族で読みたい資産防衛術、決定版。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お金が不安な人ほど、進んで財布を開いている。スーパー、病院、薬局、銀行ーやってはいけない無駄遣いを、経済ジャーナリストが次々指摘、甘い宣伝文句を一刀両断!「まとめ買いを、してはいけない」「持病があっても入れる保険に、飛びついてはいけない」「日本一売れている投資信託は、買ってはいけない」など50篇で、お金の常識を更新する。投資礼賛時代にバカを見ないために、家族で読みたい資産防衛術・決定版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにー「どうすれば儲かるか」ではなく、「どうすれば損をしないか」/第1章 その悪習慣が散財のもとー節約、家計/第2章 そのお金の常識は、もう非常識ー貯金、積立/第3章 入ってはいけない保険、頼れる保険ー生命保険、健康保険/第4章 夫婦仲改善が家計にプラスー家庭、子供/第5章 「投資しませんか?」から破綻まっしぐらー投資、資産運用/第6章 老後資金にまつわる大ウソー定年後、年金
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日も私は、老人ホームの看護師です 1

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月18日 21時11分]
こんな風なんだろうとは思っていましたが、それ以上なんですね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

世界一しあわせな臨終その迎え方の秘訣

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年09月16日 21時47分]
私が死ぬまでにはもう少し時間がありそうなので、この手の本をウォッチしていきたいと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平均寿命が一〇〇歳を超すと予想されるなかで、いかに充実した余生を送り、そして幸せな最高の臨終を迎えるか。50年を超す医師歴のなかで多くの患者を看取ってきてはじめてわかった幸せな臨終の迎え方。

内容紹介
世界一の臨終を迎えるための秘訣をお教えします。

幸せな臨終を迎える準備は四十代からはじまる
最高の臨終を迎えるために長生きする秘訣
幸せな臨終を迎えるための旅立ちの秘訣
最高の臨終のための医者のかかり方の秘訣
幸せな臨終を迎えるための生き地獄をのりきる秘訣

【目次】
第一章:世界一の長寿国にふさわしい臨終の迎え方
第二章:最高に幸せな臨終は畳の上からの旅立ち
第三章:幸せな一生の第一関門は四十代からの健康管理
第四章:六十歳からは免疫力で寿命が決まる
第五章:生涯現役を貫き一生を終えるための栄養学
第六章:最高の臨終を迎えるための医者のかかり方
第七章:最高の臨終を迎えるための自己防衛時代の生き方
第八章:この世の生き地獄を耐えて幸せな臨終を迎える秘訣
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin