ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「朝ドラ」一人勝ちの法則

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年02月21日 21時01分]
朝ドラのヒットのゴールデン法則は、いくつかはそう思っていました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
NHK「連続テレビ小説」、通称「朝ドラ」の全96作品を分析してわかった、ヒットの法則。そして、低迷する連続ドラマの復活の方法とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 V字回復した朝ドラ(連ドラの低迷/月9の栄光と没落 ほか)/第2章 朝ドラの黄金法則「7つの大罪」(文字通り、連続テレビ「小説」だった/朝ドラは一日にして成らず ほか)/第3章 朝ドラ「暗黒の中世」と「ルネッサンス」(暗黒時代の予兆/『君の名は』の失敗 ほか)/第4章 連ドラがつまらなくなった、たった1つの理由(月9のターニングポイント/『ビーチボーイズ』の功罪 ほか)/第5章 連ドラを面白くする2つの処方箋(ヒットすべくしてヒットした『逃げ恥』/かつて「脚本家の時代」と「連ドラ冬の時代」があった ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日からだれでも片づけ上手。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年02月17日 21時49分]
目新しいことはあまりないようです。

【内容情報】(出版社より)
<内容紹介>
少ないモノで気持ちよく片づいた部屋、いたるところに見られる暮らしやすさの工夫。だれもが使いやすい収納。
著者・さよさんのお宅は、今やシンプルライフのお手本ともいえるような、居心地のよい空間です。
ですが、3年前までは、まったく逆でした。

片づけベタ、めんどくさがり、家事が苦手なまま迎えた40代後半。
まわりを見回すと、取り込んだ洗濯物の山、テーブルの上には書類や郵便物の山、シンクの中には食器や鍋やザルが山のよう。脱いだ服や荷物は、そこかしこに置きっぱなし。出かけるときは「着る服がない!」、外に出れば「カギ、閉めたっけ?」、家に帰るとモノだらけの部屋にげんなりし、そばにいる家族に当たってしまい後悔する日々……。

50歳のある日、「こんな暮らしを何とかしなければ」と、自分なりのシンプルライフを探しはじめました。

本書では、どんなふうにして“片づけられない女”だった自分を動かし、モノ減らしと片づけを進めていったか、試行錯誤の中から導き出した方法と、続けるための工夫を紹介します。
いろいろ試してわかった「使いやすいしまい方」「家事をラクにこなすコツ」「50代からのモノ選びのヒント」も紹介。
片づいた暮らしを望みつつ、何度も挫折を繰り返してき た方々にぜひ読んでいただきたい一冊です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
53歳、言い訳ばかりのダメ主婦だった私がシンプルライフを手に入れた!累計700万PV突破の人気ブログ、待望の初著書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 人生後半からはじめる片づけ(探し物が見つからない!/50歳ではじめる片づけ ほか)/2章 家族の現状に合わせた収納づくり(すき間を埋めようとしないこと/「取る」ことより「戻す」ことに重点を置く ほか)/3章 シンプル家事で、毎日をラクに(夜の洗濯と、早朝の4分掃除/気づいたときにやっておく ほか)/4章 50歳からのモノ選び(暮らしがラクになるならサイズダウン/鍋やフライパンは軽くて安いものを ほか)/5章 人生をシンプルにする5つの考え方(ダメな自分を丸ごと受け入れる/人の手を借りてもいい ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

くまモン博士、カバさん

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年02月15日 21時44分]
くまモンが大きな結果を出していますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今や“くまモン”博士の異名を取る天下の熊本県知事とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 カバさん、華の“くまモン”街道の挑戦(二〇〇七年十二月二十八日の電話/カバさんとの初対面/政策研究会に、凄い連中が参加した ほか)/第2部 「カバさん」六十六才までの華の人生(電気をいっぱい灯けたい/留学、可能性を信じ夢実現に/オール5の世界 ほか)/第3部 世界のくまモンへ(二期目を迎えたカバさん知事/“くまモン”博士カバさん)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

教科書にないお金の増やし方・守り方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年01月14日 21時14分]
特別なことは書かれていませんでした。

【内容情報】(出版社より)
貯めたい(増やしたい)のに、いつまでも浪費がやめられない原因を解き明かし、後悔と不安だけが増えていくお金の使い方をやめるコツ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「通帳残高が増えない本当の理由」。「思い込みでつくられる購買意欲」。「聞いてはいけない営業トーク」。「やってはいけない保険選び」。「買ってはいけない金融商品」などを知り楽しくお金を使うことができる力を身につける!40万人以上の受講者を後悔しない人生に導いた専門家が教える、大事なお金の使い方を間違えないための超基本!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 人は「損失を避ける」ことを優先するーなぜ合理的に考えられないのか(どちらを選んだら「もらう金額」を増やせるか?-同じ100万円でも「価値の感じ方」はこんなに違う!/あなたは「損失回避性のバイアス」の虜になっているーあらゆる判断を左右する“プロスペクト理論” ほか)/2 誰もが「心の錯覚」で買ってしまうー直観や衝動は押しのけられるか(脳は明らかな間違いにさえ気づかないことがあるー思いちがいを生む「経験値とドタ勘」/投資信託の分配金に安易に満足すると、悲劇を招くこともあるー大半の人は自制を要することをやりたがらない ほか)/3 幸せになる使い方を選び取るーお金で買える楽しみを増やすには(「お金を使うことに、どのくらい満足できていますか?」-幸福感にプラスの影響を与えるお金の使い方/高額なものを買う快楽は、ほどなく大幅に落ち込んでいくー幸せを感じる強さが変わる“ウェーバー・フェヒナーの法則” ほか)/4 不合理な選択をしない体質になるー本当に欲しいものだけを買うには(「それを選ぶ理由」が見つかると、人は簡単に買ってしまうー浪費の最大の原因は、「判断の正当化」にある/情報負荷が大きい状況に直面すると、購買意欲はすっかり落ちるーなぜ、「まちの電気やさん」は潰れないのか ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

注文をまちがえる料理店

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年01月13日 21時07分]
経常的にある料理店だと思って読んでみました。

【内容情報】(出版社より)
「注文をまちがえる料理店」が、
この夏、三日間だけオープンしました。
そこには、数えきれないほどの笑顔と涙と、
てへぺろな奇跡が、顔をのぞかせていました。
そんな不思議な料理店のこと、カラー写真満載の、
完全ドキュメントで再現します。
「注文をまちがえる料理店」、本日、開店です。

この本は、6月のプレオープンから密着してくれている
フォトグラファーの森嶋夕貴さんのステキな写真を軸に
9月の「注文をまちがえる料理店」をドキュメントしていきます。
その中に、料理店のつくり方の“エッセンス”が散りばめられています。

ただし、この本は、あくまでも発起人である僕の目から見た
「注文をまちがえる料理店」のドキュメントであることを強調しておきます。
これから語られる話は「注文をまちがえる料理店」の
すべてでも、正しい解釈や解説でもありません。

「注文をまちがえる料理店」というのは不思議な場所です。
見る人によって、語る人によってその姿がさまざまに変わります。
ですから、大切なことは、この本を読んでくれたみなさんが、
それぞれのバックグラウンドをもって、
それぞれの感性で自由に解釈してもらうことだと思っています。

さあ、めいっぱいのワクワクとドキドキを胸に。
「注文をまちがえる料理店」の世界に触れてみてください。(「はじめに」より)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「注文をまちがえる料理店」が、この夏、三日間だけオープンしました。そこには、数えきれないほどの笑顔と涙と、てへぺろな奇跡が、顔をのぞかせていました。そんな不思議な料理店のこと、完全ドキュメントで再現します。「注文をまちがえる料理店」、本日、開店です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
01 開店前夜(3:00p.m.-RANDYの看板が、「てへぺろ」に変わる。/4:00p.m.-ある日、料理店の名が、頭の中に、降ってきた。 ほか)/02 1日目(9:00a.m.-懐かしい面々がほら、やって来てくれた。/11:00a.m.-初日、最初のお客様に、みんなで、挨拶をする。 ほか)/03 2日目(9:00a.m.-大雨の中、大阪から、お客様がやって来た。/1:00p.m.-ひとりのスタッフから、笑顔が消えてしまった。 ほか)/04 3日目(9:00a.m.-誰もが自分の持ち場で、ベストを、尽くしていた。/11:00a.m.-お客様のその一言で、心から、ホッとする。 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年01月08日 21時03分]
近々講演をするので読んでみました。
緊張を感じすぎないことが、あがりを防ぐんですね。
さっそく、いくつかのテクニックを使わせてもらいます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「あがりの源である緊張は、何かにチャレンジしている証拠」と考えよう。本書では、著者が15年かけて学んだ「プロっぽく見える話し方」のテクニックの数々を、誰でも簡単に使える形でわかりやすく教える!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 あがりとの付き合い方/2章 移動中にできる!-準備運動編/3章 本番直前!現場でできる!-準備運動編/4章 いよいよ本番!-登場シーン編/5章 いよいよ本番!-スタート編/6章 笑顔の作り方
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年01月06日 21時42分]
退職する年になって、いまさら遅そうですが、一応読んでは見ました。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ユダヤの投資世界で25年間生き抜いてきたノウハウ公開!誰でも簡単につくれる!「じぶんちポートフォリオ」でお金が勝手に増えていく!激動の時代の資産形成法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 マネーを動かす仕組みを知っているか?-連戦連勝のユダヤ投資法の秘密は「金融、戦争、契約」の深い理解にあった!(2017-2018年は大激動の年になる!/日本は新しい時代に入った!/アメリカ経済終わりの始まり?/ニューヨークで見ていた崩壊風景/すでに金融戦争のまっただ中にある! ほか)/第2部 あなたもヘッジファンドを活用できる!-誰でも、いつでも、ユダヤ並みにマネー武装できる「じぶんちポートフォリオ」(2017-2018年は「まさかまさか」の連続になる!/10年で資産が倍増する「複利効果」を利用しない手はない!/リスクとは何か?/リスクが高い株式投資、リスクが低い日本国債/リスクを下げるにはポートフォリオで投資を考える! ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

夢とお金をガッチリつかむ金トレ!!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2018年01月05日 21時45分]
目新しいことは何もありませんでした。ちょっと残念。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブタに教わるやりくり術であなたも“貯まる”体質に。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 毎日のお金(貯金の目標づくり/レシート集め ほか)/第2章 人生のお金(住宅購入/住宅ローン ほか)/第3章 備えるお金(給与の仕組み/年末調整 ほか)/第4章 増やすお金(投資とは?/色々な投資 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「はたらく」の未来予想図

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2017年12月31日 21時29分]
今までの働き方は変わっていくのですね。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「オフィス」から「ワークプレイス」へ/「効率」から「創造」へ/「みんなひとつ」から「ひとりにふたつ」へ/「指定席」から「自由席」へ/「座りなさい」から「立ってなさい」へ/「多・遠・長」から「少・近・短」へ/「ピラミッド」から「フラット」へ/「灰色」から「薔薇色」へ/「室内」から「地球」へ/「机上」から「屋上」へ〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「里山」を宮崎駿で読み直す

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2017年12月25日 21時00分]
人によって里山という言葉の解釈は違うと思います。
いかにも、自然と人間が共存しているようにとれますが、私は実は人間による簒奪の一形式だと思っています。
里山がバッファーゾーンになっていたのも間違いないですが・・・。

【内容情報】(出版社より)
今、地方創生の鍵語としてももてはやされ、のどかで自然豊かな理想郷として捉えられる里山は、本当に日本を救済するのか。
宮崎駿作品をひもとき、里山を、人と自然が交わる境界として、また文明のゴミが侵入する場、エネルギー消費の場としても捉え直したときに、その本質が見えてくる。自然回帰やノスタルジーにとどまらない里山の現代的意義を問い直す。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人の営みと不可分のゴミやエネルギー問題を抜きに持続可能な社会は語れない。ぽ『となりのトトロ』など宮崎駿作品をひもとき、自然賛歌やノスタルジーにとどまらない里山の現代的意義を問い直す。里山神話の虚構を暴く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 再発見された里山/第1章 文明のゴミと小国主義ー『風の谷のナウシカ』/第2章 里山神話の形成ー『となりのトトロ』1/第3章 怪異との同居ー『となりのトトロ』2/第4章 里山と人間のあり方ー『もののけ姫』1/第5章 山や森は誰のものなのかー『もののけ姫』2/第6章 里山から里海へー『崖の上のポニョ』
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin