ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

おあとがよろしいようで

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年09月07日 21時27分]
作家の最後の晩餐の食べ歩きの同行とはいい企画ですね。

食べることが大好きで死が怖いという漫画家が、人気作家15人に最後の晩餐を訊いて死への怖さを和らげようとするコミックエッセイ。
【内容情報】(出版社より)
仕事の合間の自炊料理マンガを描くくらい、食べることも飲むことも好きな著者。そんな漫画家が、何よりも怖いものといえば、誰にでもいつかは訪れて、そのかたちも千差万別な「死」。想像力豊かな作家さんに「最後の晩餐」について訊ねることで怖さをやわらげようと、いまをときめく人気作家15人のもとへ。様々な死に方とこだわりのご飯、そして作家の「書く」ということへの姿勢が見えてくるコミックエッセイ!はたして著者の恐怖は克服できるのか。
伺ったのは綿矢りささん、戌井昭人さん、山崎ナオコーラさん 、津村記久子さん、円城塔さん、西加奈子さん、平山夢明さん、桜庭一樹さん、朝井リョウさん、辛酸なめ子さん、村田沙耶香さん&加藤千恵さん、朝吹真理子さん、春日太一さん、島田雅彦さん。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
食べるのが好きで死ぬのが怖い。だから死が怖くなくなる食べものを知りたい。そんな漫画家が今をときめく人気作家15人に聞きにいく。死ぬ前に、なに食べたい?

【目次】(「BOOK」データベースより)
綿矢りささんの場合 豆腐/戌井昭人さんの場合 鉄火巻き/山崎ナオコーラさんの場合 「神田まつや」鍋焼きうどん/津村記久子さんの場合 「ない泉」ロースかつ膳/円城塔さんの場合 極道すきやき/西加奈子さんの場合 豆腐/平山夢明さんの場合 ちくわぶ/桜庭一樹さんの場合 白米/朝井リョウさんの場合 「洋麺屋五右衛門」スパゲッティー/辛酸なめ子さんの場合 いかめし/村田沙耶子さん&加藤千恵さんの場合 ジビエ&アイスクリーム/朝吹真理子さんの場合 点心/春日太一さんの場合 「鮨源」本店の寿司/島田雅彦さんの場合 「埼玉屋」モツ焼き
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

宮崎駿の「半径300メートル」と『風立ちぬ』

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月30日 21時15分]
宮崎駿本は多いですね。読んでしまうのは何故でしょう。

【内容情報】(出版社より)
フジモトとは何者なのか。宮崎駿が口にする「半径~メートル」の意味とは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長編アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。宮崎アニメーションにひそむ遠大なプロジェクトへの疑念と浄化との訣別をあざやかに読み解く。
はじめにーーなぜモネなのか
一 フジモトとは誰か
二 『風立ちぬ』と半径300メートル
三 宮崎作品と身分、階級、序列
四 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない
五 宮崎駿と「教養主義」
六 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
遠大なプロジェクトへの疑念。フジモトとは何者なのか。宮崎が口にする「半径~メートル」の意味するところとは。宮崎はなぜモブシーンにこだわるのか。生涯最後の長篇アニメーション作品『風立ちぬ』はなぜ観るものにカタルシスをもたらさないのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 フジモトとは誰か/2 『風立ちぬ』と半径300メートル/3 宮崎作品と身分、階級、序列/4 「人がゴミのようだ」と言ってはいけない/5 宮崎駿と「教養主義」/6 なぜ「二郎」と呼ばれ「堀越」と呼ばれないのか
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

マンガ食堂

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月25日 21時15分]
無い食材は似たもので代用していますが、よく頑張って作っていますね。
食べてみたいものもありました、

いらっしゃい、今日はどのマンガ飯にします? ・・・じゃあ、今日はこのマンガ飯にしようかな。

「いつか食べてみたかった!」 あのマンガのあの料理を徹底的に再現!
読んで作って味わって・・・ おなかいっぱいマンガ飯レシピ 全49品。

『ドラえもん』 大根シチュー
『深夜食堂』 牛すじ大根玉子入り
『伝染るんです。』 子ランチ
『3月のライオン』 ふくふくダルマ
『ハッピー・マニア』 フクちゃんのディナー
『西洋骨董洋菓子店』 秋のチョコレートパルフェ アンティーク風
『デトロイト・メタル・シティ』 緑の血のパスタ
『孤独のグルメ』 いわしと大根のカレーライス
『聖☆おにいさん』 甘酒ぜんざい
『包丁人味平』 ブラックカレー
など、全49品。

カバーイラスト : 渡辺ペコ (『ラウンドバウト』『にこたま』)
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いらっしゃい、今日はどのマンガ飯にします?『ドラえもん』『伝染るんです。』『あしたのジョー』『3月のライオン』-。「いつか食べてみたかった!」あの漫画に出てくるあの料理を徹底再現。読んで作って味わって、おなかいっぱいマンガ飯レシピつき。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

キミはイケメン。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年08月10日 21時09分]
軽く読めました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
憧れのイケメンと付き合ってみたら、彼はムカつくほど自由奔放。そんなイケメン彼氏との、悩みが絶えないトホホな毎日。

【目次】(「BOOK」データベースより)
イケメン彼氏との始まり/顔以外は残念なダーリン/イケメンのカノジョ改造計画/ありえない2人の結婚/トホホな同棲生活へ/顔面格差カップルの馴れ初め
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

しろくまカフェToday's Special 1

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年07月10日 21時51分]
それなりに癒されます。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ごはんのおとも 2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年06月29日 21時43分]
食欲がわく本です。

【内容情報】(出版社より)
しあわせの笑みがこぼれる物語と美味しいレシピのあったかフルカラーコミック。あなたの、おいしい顔が、ごちそう。大反響のコミック第2弾!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

シアワセのレモンサワー

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年05月15日 21時19分]
大金を持たなくても、シアワセを感じることができれば楽しく生きていけますよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
シアワセのハードルを下げよう。場末のハンニバル・レクター、東陽片岡が贈る大不景気時代の世渡り術。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 一人遊び(酒/サラリーマンごっこ ほか)/第2章 私の経歴(幻の女/初接吻 ほか)/第3章 シアワセのアイスコーシー(焼き肉/メン玉丼 ほか)/第4章 カナシミのレモンサワー(減っていく貯金/印税生活 ほか)/あとがき 「やっぱしシアワセのレモンサワー」
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

マンガ熱

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年05月10日 21時43分]
マンガ家はマンガで語れとはいう人はいるものの、このような本はマンガ家の考え方やバックボーンが見えて面白いですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
読む!描く!!生きる!!!ベテランから気鋭まで11人のマンガ家が語るマンガ愛!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 マンガの情熱(島本和彦ーマンガの青春/藤田和日郎ーマンガの正義/藤子不二雄A、しりあがり寿、くらもちふさことの短い対話)/2 マンガの表現(岩明均ーマンガの演出/田中相ーマンガのファンタジー/荒川弘ーマンガの論理と倫理)/3 マンガの証言(ちばてつやーマンガの奇跡/諸星大二郎ーマンガの不思議/諸星大二郎との短い対話/大友克洋ーマンガの革新)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

石ノ森章太郎のまんが日本国憲法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年05月03日 21時27分]
ちょっと古い本ですが、憲法記念日に読んでみました。
憲法の理念は国民の大多数に理解されていrはずなのに、改憲が出てくる理由がよく分かりません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
改憲の是非を問う前に読む本!集団的自衛権、9条、表現の自由…憲法問題のツボが、まんがで簡単、わかりやすい!素朴な疑問を集めた、まるわかりQ&Aを大幅加筆。

【目次】(「BOOK」データベースより)
前文/天皇/戦争の放棄/国民の権利及び義務/国会/内閣/司法/財政/地方自治/改正/最高法規/補則
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ブラック企業やめて上海で暮らしてみました

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2017年04月21日 21時38分]
ブラック企業から中国のブラック?企業へという流れですかね。

ブラック企業での連日のパワハラに耐えかね中国へ。
たどり着いた上海での編集記者生活、昼は反日デモ、夜は親日の中国人。
洪水のような爆買いの果てに……。
崖っぷちを転がり続けるアラフォーオヤジの運命は!?

そう中国は、もっとブラックだったのだ!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin