ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

マンガ雑誌は死んだ。で、どうなるの?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年10月20日 21時06分]
紙のマンガの時代は終わりつつありそうです。
しかも、立ち読み文化の後継としての無料マンガの時代ですから、作家の方も大変でしょうね。

【内容情報】(出版社より)
いま、日本のマンガビジネスは大転換の渦中にある
マンガアプリは「コミックス売上至上主義」を終わらせるーその過程と根拠を、著書『ウェブ小説の衝撃』でウェブ小説発のヒットコンテンツとビジネスモデルをいち早く洞察した著者が、解き明かします。マンガは「原作」としてあらゆるメディアで重宝される「原資」的存在でもあり、したがってマンガ産業の行く末は、マンガ界、出版界に留まらず、日本のコンテンツ産業全域の未来に関わる重大な問題です。マンガ界に進行中のビジネスモデルの変化は、マンガビジネスの勝者を変えます。変革の渦中にあるマンガビジネスの見取り図を提示し、本質的な変化は何か、この波のなかで何が鍵を握るのかを、関係者への綿密な取材と詳細なデータをもとに「熱く」「冷静に」論じます。
*以下、本書目次より抜粋
第1章 ストア/プラットフォーム系マンガアプリが、作品単品の勝負を加速する
第2章 マネタイズ手段の多様化
第3章 ブランド売りを再興するには、コミュニティを育てなければならない
第4章 相互模倣による収斂
第5章 マンガのウィンドウ戦略
補 章 韓国デジタルコミック事業者の動向と影響

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにーマンガアプリは「コミックス売上至上主義」を終わらせる/第1章 ストア/プラットフォーム系マンガアプリが、作品単品の勝負を加速する/第2章 マネタイズ手段の多様化/第3章 ブランド売りを再興するには、コミュニティを育てなければならない/第4章 相互模倣による収斂/第5章 マンガのウィンドウ戦略/補章 韓国デジタルコミック事業者の動向と影響/おわりにー2020年前後の再編を前に
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

広辞苑をつくるひと

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年10月18日 21時59分]
広辞苑の付録ですが、「舟を編む」のイメージの打ち明け話的な本ですね。

国民的辞典、10年ぶりの大改訂。充実の最新版、満を持して登場!

<小冊子「広辞苑をつくるひと」(文庫判)>
三浦しをんさん(小説『舟を編む』で2012年本屋大賞を受賞)の、『広辞苑 第七版』製作の現場を訪ね歩いたルポエッセイ。訪問先は、国立国語研究所、大日本印刷株式会社の秀英体開発部、古生物学者とイラストレーターのコンビ、株式会社加藤製函所、牧製本印刷株式会社。熱き仕事人たちを、温かく見つめ描いた入魂の作。書下ろし。

【内容紹介】
国民的な[国語+百科]辞典の最新版。第六版を全面的に見直して、学術研究の進展や社会の変化に対応。新たに1万項目を増補し、既存項目にも新しく定着した意味を加える。基礎語の語釈や古典用例の見直しにも重点をおき、特に類義語の意味の違いをいっそう分かりやすくした。漢字小字典などを収めた便利な別冊付録つき。

【第七版の特長】
1各界第一線の専門家が執筆
第六版に収録されている項目を分野ごとに抽出し、各界の専門家が全面的に校閲。文学・歴史から物理学・医学、美術・音楽に武芸・茶道、スポーツ・サブカルチャーまで、学問の研究の進展や最新の動向を反映し、また、より正確で簡潔な解説に改めました。一方、現代生活や各分野の理解に必須の言葉を新たに選定、執筆していただいています。

2言葉の変化、意味の違いをみつめる
世の中の激しい動きにともない、言葉の意味も変化していきます。新しく生じた意味は、その定着度を吟味しながら過不足なく加えました。また、言葉を発信する機会が増え、それぞれの言葉の意味を的確に把握し表現したいというニーズも増しています。動詞・形容詞を中心に類義語の意味の違いが分かる語釈を追求しました。

3日本語の基礎を見直す
言葉の根本の意味をきちんととらえた上で、歴史的な意味変化に沿って語釈を与えるのが『広辞苑』の流儀。その基本に立ち返り、「万葉集」「源氏物語」など古典から引用した用例を総点検しました。その他の古語項目もさらに充実させました。

4新たに1万項目を追加(総項目数25万[付録含む])
第六版刊行後に収集した言葉に加えて、旧版までは採用しなかった言葉もあらためて検討し、日本語として定着した語、または定着すると考えられる言葉を厳選。新加項目は約1万に達しました。ネットで何でも検索できる時代だからこそ、言葉の使用場面を越えた中心的な意味を一読して把握できるように、余分な言葉をそぎ落とし洗練した語釈を付しました。

5用紙・造本の質をさらに向上
第七版の本冊は第六版よりも140ページ増加、しかし厚さは変わりません。製本機械の限界である8cmに収まるように、さらに薄い紙を開発した結果です。しかも、手に吸い付くような、めくりやすい「ぬめり感」は保持したまま。これを高度な印刷・製本技術で1冊にまとめています。大型の「机上版」は、多くの方からご好評をいただいている2分冊です。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年10月03日 21時41分]
絵柄が水木調というのは、何故なんでしょう?
ちょっと厳しめの(社会主義的な)文学作品には合いそうですが。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新・水滸後伝 下巻

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年10月02日 21時07分]
上巻を呼んだので、最後まで読みました。
新天地は台湾なんでしょうかね。そうであれば、台湾と本土の関係は結局似たような感じになるんですかね。

【内容情報】(出版社より)
北からは金軍、西からは謎の術師・薩頭陀。強大な敵と対峙する梁山泊の好漢たちが、新たな仲間とともにたどり着く新天地とは!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
好漢たちが遂に一堂に会した。彼らは金軍の大型船百隻の奪取に成功、新天地を求め、一足先に海を渡った李俊のいる暹羅へと漕ぎ出す。だが暹羅では佞臣と謎の妖術使い・薩頭陀による政変が起きていた…。梁山泊の生き残り三十二人に、息子たち第二世代や新たな仲間も加わって、海戦の火蓋が切られる。肉弾戦、知略、そして妖術。原典『水滸後伝』の面白さはそのままに、より読みやすく、よりスピーディに、よりエキサイティングに再構成した田中芳樹版水滸後伝。個性豊かな好漢たちの群像劇と、新国家建設という驚天動地の大逆転劇は、読み出したら止まらない!ファンが待ち望んだ、梁山泊のハッピーエンドがここにある。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新・水滸後伝 上巻

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年10月01日 21時04分]
ふーん、水滸伝の方が面白いですね。
田中芳樹版でこれなら、ちょっと残念ですね。

【内容情報】(出版社より)
『水滸伝』で生き残った男たちが、ふたたび立ち上がる。再会は希望を生み、好漢たちの冒険が始まる。痛快無比、田中芳樹版「水滸後伝」。まさに巻を措く能わず!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
方臘征伐で大功を立てながらもその多くが斃れ、梁山泊集団が崩壊してから数年後。生き残りの阮小七は仲間を偲んでいるところを邪魔した役人を殺してしまう。ところが逃亡の最中、不思議な運命のいたずらで梁山泊時代の仲間たちと次々出会うことに。世は変わらず貪官汚吏がはびこり、良民を虐げていた。生き残った好漢たちは再び集い、登雲山と飲馬川に「替天行道」の旗が翻る…!今なお多くの読者を虜にする中国歴史伝奇小説『水滸伝』。その後日譚として十七世紀に陳忱が著した、いわば二次創作の傑作『水滸後伝』が田中芳樹の筆で甦る。『水滸伝』をしのぐスケールで繰り広げられる、好漢たちの破天荒な挑戦に刮目せよ!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

魔界都市ブルース 愁歌の章

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年09月19日 21時28分]
読めばそれなりですが。

【内容情報】(出版社より)
この門をくぐる者、全ての希望を捨てよ
今日もまた、光なき街に哀しき物語が生まれる。
詩情と哀切で贈る、累計700万部突破の超人気シリーズ最新刊!

「この門をくぐる者、全ての希望を捨てよ」そう落書きされた三つの〈ゲート〉だけで〈区外〉と繋がる〈魔界都市?新宿?〉。〈魔震〉に見舞われ〈亀裂〉に画された副都心は、妖物が跋扈する街へと変貌した。その片隅でせんべい店を営む秋せつらは、絶美の美貌を誇る人捜し屋でもあった。ゾンビに恋人を殺された女、地図に記されぬ場所に逃げ込んだ男と女、幽霊船から帰還した夫妻など、奇怪な依頼は尽きない。やがてせつらが不可視の妖糸をふるう時、斬り裂かれた闇の向こうに待つものは? 不朽の大人気シリーズ最新作!
土偶愁話
見返り
幽霊地点
船人の歌
退魔姫
ガイダンス
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

完全解析!出崎統

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年09月09日 21時19分]
宮崎駿と張り合えた出崎統の演出が良く分かりますね。
記憶が蘇ります。

【内容情報】(出版社より)
アニメ『あしたのジョー』を生み出したスタッフとして知られる、伝説のアニメーション監督、故・出崎統氏の仕事を、『あしたのジョー』生誕50周年記念にあわせ、一冊にまとめたファンブックです。出崎氏が生み出した『あしたのジョー』『あしたのジョー2』を中心に、『ガンバの冒険』『スペースコブラ』『エースをねらえ! 』『宝島』といった日本アニメ史に残る不朽の名作を徹底的に解説。また、『ブラック・ジャック』『白鯨伝説』といった、“出崎流”の演出技法が光る作品も紹介します。 さらに、インタビュー取材や、出崎氏から影響を受け、今も第一線で活躍する人気のクリエイターからの寄稿も集め、出崎統氏の仕事を多角的に検証します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『あしたのジョー』『あしたのジョー2』『ガンバの冒険』『宝島』『家なき子』『エースをねらえ!』『ベルサイユのばら』『ブラック・ジャック』『スペースコブラ』…伝説となった出〓演出を徹底分析!「ハーモニー」「透過光」「繰り返しショット」をはじめとした出〓演出をカラー解析!特別収録・初公開!出〓統秘蔵ロングインタビュー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 アニメ『あしたのジョー』『あしたのジョー2』総力解説(テレビシリーズ『あしたのジョー』『あしたのジョー2』とは/劇場版『あしたのジョー』『あしたのジョー2』の世界 ほか)/第2章 出〓統と『あしたのジョー』が生まれた時代(マンガ『あしたのジョー』、そして“監督”出〓統の誕生/アニメ『ジョー』で新たに生まれた名シーン ほか)/第3章 出〓統その道のり(アニメ『佐武と市捕物控』から見るハーモニーの源泉/貸本漫画家としての出発 ほか)/第4章 出〓統が拓いたもの(少女マンガ原作と出〓アニメの親和性/出〓監督が挑んだ不朽の名作『ブラック・ジャック』 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

女という生きもの

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年09月06日 22時12分]
何ということもないのですが、「益田ミリができるまで」ということですかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
はじめて生理がきたとき「女になった」とは思わなかった。生理が終わるときもまた「女じゃなくなった」とは思わない気がするー。「女の子は○○してはいけません」「お嫁さんにいけないよ」。いろんな大人たちに言われて大きくなって、今考えるアレコレ。誰にだって自分の人生があり、ただひとりの「わたし」がいる。じんわり元気が出るエッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
セックスミステリー/もしお母さんになったら/母なるもの/妻とのセックス/男と女、逆算したら?/すれ違いざまのチッ/人間型ロボット/バナナの教え/命のいとなみ/昔、美人〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

空想科学日本昔話読本

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年09月03日 21時53分]
昔話を「真面目」に科学的に分析することは、それだけで可笑しいですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
猿蟹合戦は本当にハッピーエンドか?たった3か月で乙女に成長するかぐや姫の悩みとは?かもとりごんべえが空を飛べる科学的理由とは?浦島太郎が開けてしまった玉手箱の中身とは?柳田理科雄が、日本最古のヒーローたちの謎に挑む!話題のベストセラー、待望の文庫化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
人の数だけ、昔話はある/一寸法師ー一寸法師はなぜ鬼に勝てたのか/猿蟹合戦ー子蟹たちの仇討ち成功は本当にハッピーエンドか/花咲かじいさんーシロはなぜ殺されねばならなかったのか/浦島太郎ー魚の国の姫君が仇敵たる漁師を招待した真意/かもとりごんべえー人間は鴨にぶら下がって空を飛べるのか/かぐや姫ー赤ちゃんが3か月で乙女に!?あまりに成長が早くないか/いなばの白うさぎーうさぎは皮を剥かれても生きていられるか/わらしべ長者ーたった1日で資産を350億倍にするコツ/かさじぞうーかさじぞうの雪中歩行を科学的に想像する〔ほか〕

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ブサメンガチファイター

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2018年08月15日 21時44分]
面白いといえば面白いのですが・・・。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブサメンだけど優秀な営業マンの吉岡しげるは、やってもいない痴漢の容疑で逮捕されてしまう。それ以来、極度の女性恐怖症となり、引きこもり生活を送っていた。ある日、異世界で人生をやり直せる方法を知り、試してみると、なんとRPG風ファンタジー世界に転生していた!異世界では女性に極力関わらないことを決めたしげるは、ルックスをはじめ、女性にモテそうなパラメーターを極限まで下げ、その分すべてを他のステータスに突っ込む。さらにブサメンに磨きがかかり、クラス『絶対神』として最強の力を手に入れた、しげるだが…。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin