FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年06月07日 21時01分]
すさまじいことが分りますした。

【内容情報】(出版社より)
ほふく前進でしか動けない部屋、開かずの冷蔵庫が4台ある部屋、物を捨てられない孤独な老人が済む部屋、キッチンがトイレになった部屋…。
想像を超える超ド級の汚部屋。
そこには現代社会が抱える闇があった!!
燻煙殺虫剤に逃げ惑うゴキ
取れた量は45リットルゴミ袋3つ分
亡くなったペットを供養せず自宅で保管
放置されたカレー鍋
ご飯かと思った白い物体はウジ虫
持ち上げたラグマットからボタボタとたれる尿
お風呂の排水溝から出てきた貞子
部屋が片付かないことに悩み大家に遺書を残して自殺した住人
家族と同居していたのに死後2週間で発見された老人
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ほふく前進でしか動けない部屋、開かずの冷蔵庫が4台ある部屋、物を捨てられない孤独な老人が住む部屋、キッチンがトイレになった部屋、想像を超える超ド級の汚部屋。そこには…現代社会が抱える闇があった。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

あるあるネタがいっぱい!イマドキ妖怪くつだる。

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年06月03日 21時08分]
子供向けの本でした。

【内容情報】(出版社より)
「人のあくびをみてたらうつっちゃった」「気がついたら鼻毛が出てる!」そんな日常の「あるある」は、実はイマドキ妖怪たちのしわざ!あなたの身の回りに起きる「あるある」な出来事は、実はすべてイマドキ妖怪たちのしわざなのです!アニメ化もした「くつだる。」がフルカラー8コマ漫画になって登場。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日常の「あるある」な出来事はもしかしたら、妖怪のしわざかも!『イマドキ妖怪くつだる。』が8コママンガになった!

【目次】(「BOOK」データベースより)
だるだるくつした/鼻から出太郎/きっちり隊/ガクン/チカちゃん/タルト・デ・カーン/クツイシ/チクチくん/ベツバラー/アバババババァ〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

異世界居酒屋「のぶ」 5杯目

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年04月17日 20時28分]
この人のシリーズでは一番面白く感じます。
ネットで読んでいても、六杯目もきっと読みます。

【内容情報】(出版社より)
シリーズ累計200万部突破! サンライズ&ぐるなびでアニメ化。BS11ほかにて10月からTV放映中です

秋の深まってきた古都で、居酒屋「のぶ」はいつものように営業していた。
お疲れ気味の参事会議長、幼馴染みを連れてきた宿屋店員の青年、食には興味がないという衛兵……
そして、スランプに陥っている〈四翼の獅子〉亭の副料理長。今回も様々なお客が居酒屋「のぶ」を訪れる。
運河の浚渫や商人を招いた晩餐会など、古都という街を見直す動きも活発になってきた。
仕事が人と人を結び、疲れた身体が働いた後の一杯を求める。さぁ今晩も居酒屋「のぶ」の暖簾をくぐろう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古都の季節は、夏から秋へと移ろいつつあった。居酒屋「のぶ」はいつものように営業を続けており、日々の仕事に疲れた人々は、美味い酒と料理で元気を取り戻している。そんな「のぶ」へやってきた一人の男。彼は大事な晩餐会を前にしてスランプに陥っている“四翼の獅子”亭の副料理長だった…。仕事が人と人を結び、疲れた身体を一杯の酒が癒やしていく。読めばお腹が空いてくる異世界グルメファンタジー、第5弾。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

異世界居酒屋「のぶ」4杯目

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年04月15日 20時23分]
ネットで読んでも本が読みたくなるのはたぶん病気なんでしょうね。

シリーズ累計12万部突破! 大繁盛の異世界グルメストーリー第4弾!!
本編(ヤングエース)と番外編(宝島社)のWコミカライズも進行中!
異世界にも醤油がある?
居酒屋の噂は海を越え
不思議な縁を運んでくる
春が来て暖かな陽が差し込むようになった居酒屋「のぶ」。
昼のランチ営業がはじまったことで「ヒガワリ」の定食を求める声が上がり、いつにも増して賑わっていた。
そんな中、連合王国からやって来た遍歴商人から買った豆が、大豆であることに気づいた大将としのぶ。こちらの世界にも醤油があるかもしれない?
海の向こうにある連合王国について調べるうちに、とある男が「のぶ」の戸を敲く……。
異世界の食材を取り入れてより美味しくなった居酒屋「のぶ」、今日も営業中!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「こっちにヒガワリ定食!」「この席にも同じもの二つ!」春が訪れた古都で、威勢のいい声が上がる。昼のランチ営業をはじめた居酒屋「のぶ」は連日大賑わい。その最中で見習い料理人のハンスが気になったのは、連合王国から来た商人が持ってきた豆ー大豆だった。さらには、大豆の入った壺からは醤油の匂いがして…。異世界にも醤油が存在するかもしれないという事実に、ハンスの胸は高鳴る。連合王国にその答えがある…?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お待ちしてます下町和菓子栗丸堂

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年03月28日 21時45分]
あまり和菓子は好きではないのですが、近くにあったら寄りたいかもしれませんね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
浅草の一角で、町並みに溶け込むかのように佇む栗丸堂。最近店を継いだ若い主人の名は栗田仁という。精桿にすぎる容貌で、どこか危なっかしいが腕は確かだ。とはいえ、店の切り盛りは別物で。心配した知人が紹介したのが葵だった。若い女性に教わるのを潔しとしない職人気質の栗田。だが、葵との出会いが、栗田の和菓子を大きく変えることになる。和菓子のやさしい味わいがもたらす、珍騒動の数々。下町の温かさ、そしてにぎやかさに触れるひとときをどうぞ。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

しろくまカフェToday 2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年03月25日 21時02分]
なんというこのとのないユルーイ日常です。
コロナウィルスで苦しい今からすると、こんなボーッとした日々が愛おしいですね。

【内容情報】(出版社より)
シロクマさんがマスターのしろくまカフェは、コーヒーがじまんのおしゃれカフェ。今日もパンダくんやペンギンさんがやってきて、のんびりまったりすごしています。パンダくんの弟・ディディは、ペンギンのヒナズと電車ごっこ。おやつ休憩の停車駅は、もちろんしろくまカフェ! ヒト&動物がゆったりおりなすゆるふわ系ユートピア・コメディ第2巻!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

よくわからないけれど異世界に転生していたようです2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年03月21日 21時38分]
気軽に読めていいですね。

【内容情報】(出版社より)
かつて地球と呼ばれる世界で実験中の事故で亡くなった三十代半ばの男性の研究者は、異世界で孤児の少女レンとして二度目の生を受けた。過酷な異世界でひとり、前世の知識と魔法の才能を頼りに生き延びてきた彼女も11歳。オーガロード退治やら何やらですっかり
生計が安定して、次なる目標は前世の食の再現。新たな料理や食材を求めて王都へと旅立つことに。同行するのはノルンとベルのフェンリル母子に、宿屋の食堂で働いていたリリーとその同僚のアリサ。実は二人は王都に実家がある冒険者なのだとか。ともあれ、餌付
け済みの美少女二人との旅に元おっさんのレンの心は浮き立つのであった。
異世界で生きる等身大の主人公像を描く、「小説家になろう」1800万PV突破のハイファンタジー佳編第2巻!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

よくわからないけれど異世界に転生していたようです

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年03月20日 21時35分]
ネット小説も本になれば読みやすいですね。

【内容情報】(出版社より)
孤児の十歳の少女レンは、身売り同然に悪徳商人に引き取られる途中、乗っていた馬車が盗賊に襲われて崖から落ちた衝撃で前世の記憶が蘇る。彼女はかつて、地球と呼ばれる世界で実験中の爆発事故で亡くなった三十代半ばの男性の研究者だった。十歳までの記憶と照らし合わせると、どうやら自分は事故死した後に異世界に転生して孤児院で育ったらしい。商人に囲われる未来から逃れるため、レンは全属性適正の魔法の才能と前世の知識とで新たな魔法を作りつつ、ひとり過酷な異世界を生き抜いていく。
異世界で生きる等身大の主人公像を描く、「小説家になろう」1300万PV突破のハイファンタジー佳編!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

屋根うらの絵本かき

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年02月28日 21時13分]
それほど好きではなかった漫画家ではなかったのですが、「あしたのジョー」だけは別格でしたね。

内容紹介
屋根うら部屋での体験が、僕の漫画家としての下地をつくった……日本を代表する漫画家ちばてつやは、どのようにして誕生したのか。その戦争体験やデビューの経緯、「あしたのジョー」をはじめとする名作の制作裏話など、画業60年の著者がイラストと文章で縦横に語る自伝集。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

巨大ロボットの社会学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2020年02月25日 21時11分]
社会学的アプローチなるものはよく分りませんが、それなりに読み応えはありました。

【内容情報】(出版社より)
巨大ロボットの登場するアニメ作品の世界と、玩具・ゲーム・観光といったアニメを超えて広がる巨大ロボットについて、社会学のアプローチで分析する。日本の文化における巨大ロボットとは何なのか、それに託して何が描かれてきたのかを明らかにする。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
荒唐無稽な想像力のなかを覗き込めば、社会の“リアル”がみえる。マジンガーZ、ガンダム、エヴァンゲリオン、パトレイバー…現実離れした「巨大な人型ロボット」を生み出してきた日本のアニメ。そのアニメの世界観とアニメから現実世界への延長(ゲーム・玩具・観光)を分析することで、戦後日本の社会を鮮やかに描き出す!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 「巨大ロボット」とは何か(巨大ロボットの想像力/持続する巨大ロボットアニメの想像力ー新作TVアニメ放送作品数の年次推移から/海外におけるロボットアニメ事情ーアメリカを中心に)/第2部 「巨大ロボット」を社会学する(巨大ロボットと身体ー「人型」であることの意味/巨大ロボットとジェンダーー『機動警察パトレイバー』と働く女性の未来/「組織」としての巨大ロボットー巨大な力を支えるもの/巨大ロボットと宗教ー「神にも悪魔にも」/巨大ロボットと戦争ー『機動戦士ガンダム』の脱/再神話化)/第3部 「巨大ロボット」と現実世界(巨大ロボットとビデオゲームー物語世界の接合を可能にする場の構造/巨大ロボットと玩具/模型ー虚構を内部化/外部化するメディア/巨大ロボットと観光ー現実・情報・虚構空間をめぐる想像力と創造力)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin