ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本の醜さについて

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年10月21日 21時09分]
都市の景観からすると、「ヨーロッパの方が集団主義で協調性がある」という。今までにない観点の本です。
個人では日本の方が協調性を求められ、都市景観ではヨーロッパの方が協調性を求められるというのはなんとなく分かります。
しかし、日本は空気で協調性を求められ、ヨーロッパはもっとステマティックに協調性が義務付けられているような気がします。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
個人主義で自己主張の強い欧米人とくらべ、日本人は集団主義的で協調性があり、「和をもって貴し」とする民族だと言われてきた。しかし、ひとたび街に目をむければ、それはまちがいだと気づく。利権まみれで雑多な東京。くいだおれ太郎やかに道楽など人形だらけの大阪。“千年の都”と称されながら破壊と建設をくりかえす京都。ローマと東京、ヴェネツィアと大阪、フィレンツェと京都ー街並をくらべると、近代化と自由化をすすめ謳歌するあまり、無秩序とエゴにおおわれたのは欧米ではなく日本なのだ。都市景観と歴史が物語る、真の日本人の精神とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本人の協調性?/第2章 靴をはいたまま、ベッドに横たわれるか/第3章 ホテルにならない日本の城/第4章 カーネルおじさん、ペコちゃん、くいだおれ太郎…店頭におかれる人形の謎/第5章 安全か景観か/第6章 スクラップ・アンド・ビルドの国/第7章 東京の戦争、ローマの戦争/第8章 戦争と建築/第9章 坂口安吾の「日本文化私観」を批判する/第10章 利権まみれの街
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

特権キャリア警察官

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年10月07日 21時40分]
本部長にランクがあるんですね。
確かに昔は土木部長にランクがあったと聞きましたので、そういうものなんでしょう。
しかし、本当に、キャリア警察官を捕まえないのであれば、国民からすると許せないですね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

どこにでも神様

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年10月06日 21時37分]
さてさて、本来、日本全国にどこにでも神様がいるんですよね。
出雲は何度言っても不思議な感じです。

【内容情報】(出版社より)
庭に神様、巨木に神様、膝小僧にも神様がいる──。発見と驚きの出会い旅。紅白歌合戦より人気の神楽、「荒神様有」と記された不動産広告、神話を信じて卵を食べない町や、「妖怪さん」のおかげで栄える町。出雲・石見・境港。そこには神様と人が織りなす暮らしがあったーー。とっておきの話と出会いから見えてくる縁の不思議、心に沁みる生き方、意外なしたたかさとは。日本人の奥深さに触れる一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 スーパーから“異界”へ/第1章 出雲はバリ島である/第2章 “神社ガール”と出雲をめぐる/第3章 神様に会いたい/第4章 水木しげるロードの謎/第5章 「懐かしさ」の戦略/第6章 “出雲世界”とは何か/第7章 石見神楽は闇に輝く/第8章 神になり、鬼になり
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

シンガポールで見た日本の未来理想図

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年09月21日 21時50分]
マネが出来るとは思いませんね。

【内容情報】(出版社より)
日本が本気でマネしたら世界一の経済大国に!
賢くておもしろい国家戦略。

経済成長率年3.5%、
65歳以上の労働力率3.6割で毎年増加、
人口減少に影響されない社会保障、
共働き大国でも待機児童ゼロ、
外国人労働者4割でも優秀な技術者を優遇……

マネーの達人として「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などで活躍したファイナンシャルプランナーがシンガポールへ移住。
そこで見たのは賢くて合理的な政策、世界基準の教育、合理的なインフラ。
日本と同様、少子高齢化社会で消費税は7%。なのに老後の不安はゼロ。67歳まで同賃金での雇用義務、共働き率9割でも待機児童ゼロ。シニアも女性も活躍して、さらに労働人口4割は外国人も優秀なエンジニアを優遇し高技術労働力を確保しているから、労働人口も個人の所得も増えるばかり。
シンガポールには日本が取り入れたら経済的に得をして、国民が幸せになる理想社会があった。

第一章 合理的で賢い政策
第二章 快適な生活
第三章 「世界標準」の人をつくる教育
第四章 物価の高さは世界一でも合理的
第五章 シンガポールリッチの暮らし
第六章 シンガポールで暮らすなら
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年09月17日 21時14分]
水力発電を増やすことには大いに賛成します。
しかし、ダムの嵩上げはそう簡単ではありません。
新たな用地の確保や付替え道路の付替えが必要になりますし、水特法以前のダムでは地元からの相当大きい要求があります。
また、ダムの容量の使い方を変えるのも、なかなか水利権者の理解を得るのは困難です。
まー、そのためにも河川法の改正が必要というのは理解できますね。

【内容情報】(出版社より)
真の自立のため人々は立ち上がった!
福島からエネルギー革命が始まる!!
新規大型ダムを建設しなくても、既存ダムの潜在能力を発揮させれば水力発電量が2~3倍に。
安定的な再生可能エネルギーを確保し、
地元経済を活性化し、
100年後の日本に大きな富を残す
ーー夢のプロジェクトが動き出した! 
福島のみならず日本を救う「ふくしまモデル」を実現するために国民一人ひとりができることとは?
ベストセラー『水力発電が日本を救う』実践編。

【主要目次】
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

葬式に迷う日本人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年09月14日 21時59分]
葬儀をしたい人はすればいいし、したくない人はしなければいいと思います。もちろんお墓も一緒です。
(ケン爺が住んでいる)西日本ではどのみち全てのお骨を墓に納めない慣習がありますから、0葬でもいいと思っています。
確かに、先祖を想う時(時間)はあった方がいいと思いますが。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
仏式葬儀、日本人の死生観、現代の人間関係、核家族化…さまざまな背景から往復書簡と対談で両者が繰り広げる葬式論攻防戦。ここから見える、今と未来の葬式のかたち。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 葬儀とは何か?-往復書簡(「葬式は、要らない」の出発点(島田裕巳)/それでも「葬式は必要!」と断言する(一条真也)/なぜ、私は0葬にたどり着いたのか?(島田裕巳)/「葬式批判」を超える新しい葬儀像(一条真也))/第2部 対論・葬式を問い直す(直葬・家族葬が増える背景/葬儀にお金をかけられない人たち/面倒か、迷惑か?/葬式組から冠婚葬祭互助会へ/死を公にしない/セレモニーホールの功罪/葬式仏教が生まれた背景/死と死後の世界観が変わった/葬儀の是非を語る/死生観ー死者の魂と遺族の心をどう考えるか/自然葬ー「葬送の自由をすすめる会」での経緯/O葬、シンプル葬…これからの葬儀像)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

看護師も涙した老人ホームの素敵な話

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年09月10日 21時23分]
それなりの本でした。

心から人を好きになれる実際にあった19の感動ドラマ
序 章 老人ホームに魅せられて
第1章 人生で必要なことは、ぜんぶ入居者が教えてくれる
 第 1話│ごめんなさい、アホの子で
 第 2話│たかが爪切り、されど爪切り
 第 3話│入居者の?犬?になったけど……
第2章 介護される親と、介護する子。親子の美しき絆
 第 4話│父と娘、唾吐きの効用
 第 5話│父と息子、想いを繋げたシイタケ狩り
 第 6話│母と娘、可愛いピンクの晴れ姿
 第 7話│母と息子、縁起物の恵方巻
第3章 認知症でも、動けなくても、いくつになっても、夫婦愛
 第 8話│夕刻のふたり いつか訪れる別れの日まで
 第 9話│大好きすぎて、あほんだらぁ!
 第10話│その声が、愛おしさを募らす……
 第11話│働き者の夫に重なった奇跡
 第12話│?お迎え?に土産を渡して追い返す
第4章 優しさに包まれて、ひとりで生きていく
 第13話│痛いイタズラは、愛情表現の裏返し
 第14話│老人ホームでひとり酒
 第15話│盲目の入居者さんを楽しませたお花見
 第16話│母の日に 身寄りのない方は─
 第17話│それぞれの人生、それぞれの最期
終 章 施設に新風を吹き込んだ、ガハハな一家
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
泣ける!笑える!最強のじいじ&最愛のばあば。老人ホームの素晴らしき面々。親子の愛、夫婦の絆、独り身の喜怒哀楽…実際にあった19の感動ドラマ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 老人ホームに魅せられて/第1章 人生で必要なことは、ぜんぶ入居者が教えてくれる/第2章 介護される親と、介護する子。親子の美しき絆/第3章 認知症でも、動けなくても、いくつになっても、夫婦愛/第4章 優しさに包まれて、ひとりで生きていく/終章 施設に新風を吹き込んだ、ガハハな一家
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お寺さん崩壊

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年08月30日 21時23分]
私が若い頃は、街中のお寺は税金もかからず儲かっていいなと言っていましたが、(特に田舎では)大変な状態になっていたんですね。
お寺を心のよりどころにしている方々にとっては大変な時代です。

【内容情報】(出版社より)
「坊主丸もうけ」なんて、大ウソ! 檀家激減で、寺院経営は大ピンチ。アルバイトで生計を立てる住職、金持ち寺院に出稼ぎに行く僧侶など、ズバリその収入から本音までを地方寺院の住職がぶっちゃける。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今、日本のお寺が危ない!特に地方は過疎化や仏教離れで檀家が激減、門を閉ざす寺院が続出している。「もう寺だけでは食えない」と嘆く兼業住職、金持ち寺院へ出稼ぎに行く僧侶など、現状は「坊主丸もうけ」とは縁遠い話ばかり。ズバリお坊さんの収入は?院号はなぜ高い?檀家さんに知られたくない本音は?問題作『高学歴ワーキングプア』の著者にして地方寺院の住職がぶっちゃける、お寺さんの不都合な真実。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 寺が潰れた…/第2章 「坊主丸儲け」なんて大ウソ/第3章 寺とお坊さんの未来予想図/第4章 お坊さんのぶっちゃけ本音集/第5章 現代人に届け、仏教!/第6章 それでも私は仏道を歩む
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

失敗の法則

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年08月26日 21時45分]
「失敗の本質」では分析できなかった本質を分析した本ですね。
トップダウンでもなくボトムアップでもない、中間層が強すぎたことによる失敗なんでしょう。

【内容情報】(出版社より)
なぜ、現場は優秀なのに無能なトップが多いのか、どうして日本人の働き方はいつまでも非効率なのか……。そして、日本人がいつも同じパターンの間違いを繰り返す理由は何なのか?

名著『失敗の本質』が描いたのは、日本人がどのようなときに「失敗」するのか、という日本軍の作戦の分析だった。だが著者はいう。『失敗の本質』は個々の分析は素晴らしいが、抽象化が不十分なため、繰り返し起こる失敗の原因がよくわからない、と。

本書は『失敗の本質』がパターン化できなかった「失敗の法則」について、東芝崩壊、電通事件、豊洲移転問題から原発事故まで、現代日本の「失敗」のなかで行なわれた「日本人の決め方」を緻密に分析し、それを8パターンにまとめたものである。

そうした「失敗のパターン」を理解できれば、組織のなかで「失敗しないため」にはどうすればよいのか、という戦略も見えてくる。山本七平、丸山眞男などの日本人研究から最新の経済学まで膨大な知見をもとに展開される、どこにもない日本人論の誕生。


【本書の内容】
プロローグ 優秀な兵士と無能な将軍
第1法則 現場が強いリーダーを許さない
第2法則 部分が全体を決める
第3法則 非効率を残業でカバーする
第4法則 「空気」は法律を超える
第5法則 企業戦略は出世競争で決まる
第6法則 サンクコストを無視できない
第7法則 小さくもうけて大きく損する
第8法則 「軽いみこし」は危機に弱い
エピローグ 勤勉革命の終わり

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ現場は優秀なのに無能なトップが多いのか、どうして日本人の働き方は非効率なのか…。名著『失敗の本質』がパターン化できなかった「失敗の法則」について、稀代の評論家が「日本人の決め方」を分析しながら八つに類型化。東芝崩壊、電通事件、豊洲移転問題から原発事故まで…経済学をはじめ膨大な知識に裏打ちされたどこにもない日本人論の誕生。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1法則 現場が強いリーダーを許さない/第2法則 部分が全体を決める/第3法則 非効率を残業でカバーする/第4法則 「空気」は法律を超える/第5法則 企業戦略は出世競争で決まる/第6法則 サンクコストを無視できない/第7法則 小さくもうけて大きく損する/第8法則 「軽いみこし」は危機に弱い
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

トランプ王国の素顔

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2018年08月24日 21時37分]
トランプは世界をどこに連れて行こうとしているのでしょうか。
破滅への道しか見えてきません。
次の大統領の時代に安心できればいいのですが。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
この裸の王様をアメリカ国民はどう見ているのか。メディアではあまり報じられてないありのままをルポ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 NHKを辞めたスクープ記者が新大統領の就任する国に乗り込んだ理由/2章 就任式会場周辺に集まった、白人の「私」たちに感じた不快と恐怖/3章 中高年求職イベントと老人ホームで聞いた「私たちもトランプに言いたい!」/4章 いまの米国で「バスにしか乗れない」「英語が喋れない」人々の生活と意見/5章 科学者の抗議デモで、政権の言い分を「虚数のような嘘」と断じた少年/6章 製造業とプライドを取り戻すために、オハイオの人々は「王」を選んだ/7章 星条旗に祈り、マッチョに体を鍛えるジョージアのお父さんたち/8章 潜入した「王の居城」で、心臓が凍えるような恐怖を体験/9章 「海兵隊の街」に潜入して見た最強軍団の“聖地と秘密”/10章 「王」と戦う米国ジャーナリズムの批判精神はこう作られる
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin