FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

臆病な金融ド素人がお金を増やそうと思ったら

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月19日 21時42分]
外国債には近づかないことにしました。

内容紹介
"株式投資だけで年利6%は難しくない! 金融ド素人に告ぐ! 金(きん)と外国債には
近づくな! 絶対だぞ。「損しない人生」に41の答え
銀行に預けていても増えません。 毎年30年間100万円ずつ日本株に投資で9,000万円になる?! 目からウロコの金融ビギナーBOOK
銀行に預けっぱなしではダメ!
お金のことで
損したくないなら
この本を読みなさい
今さら聞けないあんなこと、こんなこと41

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 どうして投資が必要なの?/第2章 資産運用にはどんな種類があるの?/第3章 株式投資のイロハ/第4章 マイホームはどう考えたらいいの?/第5章 保険はどうしたらいいの?/第6章 具体的にはどのような投資がいいの?
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金さま、いらっしゃい!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月18日 21時36分]
カルト村出身の方の本は初めて読みました。
他の本も読んでみましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
生まれ育った「カルト村」(所有のない社会を目指す、農業を基盤としたコミューン)の思い出を描いた『カルト村で生まれました。』『さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで』で話題となった高田かやの新作コミックエッセイ。

どんなに働いても対価はもらえず、物は共有でお金のやりとりは一切なし、当然子供のお小遣いは0円で、隠し持っているお金が大人に見つかったら即没収……。そんな「カルト村」で育ったことから、「お金は滅多にさわれないすごいもの」「お金さま!」とお金そのものへの憧れが人一倍強くなってしまった著者が、19歳で村を出て両親との同居生活→ひとり暮らし→結婚して夫の家族と二世帯住宅暮らし……と環境を変えながら、自由に持つことができなかった「お金」とどう付き合ってきたか? を包み隠さず丁寧に描く。

お金が貯まる心構えやリメイク料理など節約術も学べ、お金に対する感覚の違う夫婦の生活を覗き見る楽しさもあり。
読めばお金が貯まるかも!?

〈かや流“お金さま”との付き合い方〉
村時代に染みついた「我慢」で貯金/買い物トレーニングに100均活用
どこで何を買ったか値段も含め毎日メモ/財布の残金は1円単位まで把握
車の免許など必要なものにはドーンと使う/安い発泡酒に焼酎を足して度数アップ
自己流の「宝くじ必勝法」を考案/料理も服もリメイクして2倍楽しむ
食材にひと手間加えて保存力アップ/「夫婦50割」などお得制度をどんどん活用

【目次】(「BOOK」データベースより)
おずおずお金黎明期/いそいそお金確立期/いけいけお金発展期/ぐるぐるお金混迷期/ぼちぼちお金成熟期
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

過労死110番

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月17日 22時19分]
過労死はなんとか避けてほしいものですな。
【内容情報】(出版社より)
「過労で人が死ぬはずがない」といわれた当初から、遺族の声なき声に耳を傾け続けてきた無料電話相談。今や「KAROSHI」は、英語の辞書にも載る日本発の言葉となった。だが依然として過労死・過労自殺が減る兆しは見えない。「過労死」を死語にするための一歩として、その救済のための闘いの歩みをたどり、今後の課題を見据える。
はじめにーー過労死のない社会を目指して

過労死の現状と「働き方改革」の行方……………森岡孝二
過労死110番の三棚年……………松丸 正
取材を通して考える……………織田柳太郎
遺族の話・1 夫を,そして父を家庭に取り戻すために……………平岡チエ子
遺族の話・2 夫の生きた証,一棚年九か月の闘い……………寺西笑子
遺族の話・3 まるで無法地帯の職場が奪った息子の命……………中間博光(仮名)
【リレートーク】「過労死」を死語に
 大阪過労死問題連絡会 略年表

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「過労で人が死ぬはずがない」とされ、「急性死」といわれていた当初から、遺族の声なき声に耳を傾けてきた無料電話相談「過労死110番」。今や「KAROSHI」は、英語の辞書にも載る日本発の言葉となった。だが、依然として過労死・過労自殺が減る兆しは見えない。今、改めて過労死をなくすために、どういった取り組みが必要なのか。考える出発点として、その救済の歩みをたどり、現在の課題を見据える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
過労死の現状と「働き方改革」の行方/過労死110番の三〇年/取材を通して考える/遺族の話・1 夫を、そして父を家庭に取り戻すために/遺族の話・2 夫の生きた証、一〇年九か月の闘い/遺族の話・3 まるで無法地帯の職場が奪った息子の命/リレートーク 「過労死」を死語に

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

精神科医が教える3秒で部下に好かれる方法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月16日 21時27分]
褒めるのではなく、認めるというのは良いかもしれませんね。

【内容情報】(出版社より)
300社以上で顧問医を務めてわかった
「部下を元気にするノウハウ」を大公開。

会社員のメンタル不調が国益にもかかわる深刻な問題となった今、
必要とされているのは、部下に好かれ、「部下をメンタル不調にさせない上司」です。
ところが、当の「上司」が、メンタル不調の原因1位なのです。
部下を元気づけようと、かえって不安にさせてしまう不器用な上司たち。
そんなあなたに、精神科医がわかりやすいアドバイスを贈ります。(イラスト JUN OSON)

まえがき
第1章 3秒で部下に心を開かせる方法
1 「嫌われ役」の時代は終わり
2 ドアを開けて3秒で好かれる方法
3 命令するな、応援せよ(「頑張れ」は命令である)

第2章 部下のタイプ別HOW TO 其の一 愚痴が多い部下編
1 求められているのは「親バカ上司」
2 かわいい部下には「どうやって」シートを作らせよ
3 「上司あるある」1・2・3 愚痴の多い部下へのNG対応

第3章 部下のタイプ別HOW TO 其の二 高すぎる評価を求める部下編
1 部下が欲しいものの「正体」
2 部下の自己評価基準を「競争」から「協力」に変えさせる
3「上司あるある」1・2・3 ハイプライド人間へのNG対応

第4章 部下のタイプ別HOW TO 其の三 指示待ちニンゲンな部下編
1「ヨイ出し」の連発で勇気づけ
2 具体的な期間入りのミッションでドキリとさせる
3 「上司あるある」1・2・3 指示待ち部下へのNG対応

第5章 部下のタイプ別HOWTO 其の四 失敗して……自信ソウシツ部下編
1 部下の話をしっかり聞くのがいい上司?
2 前向きなエピソードを用意する
3 過剰な自己観察は有害である
4 「上司あるある」1・2 自信ソウシツ部下へのNG対応

第6章 部下のタイプ別HOWTO 其の五 仕事を抱えすぎていっぱいいっぱいの部下編
1 しんどい仕事は他者への配慮による仕事
2 仕事を「他人軸」と「自分軸」に分けさせる
3 「上司あるある」1・2・3 いっぱいいっぱいの部下へのNG対応

まとめ 3秒で部下に好かれる方法の大原則

エピローグ もし世界の有名な精神科医が、上司の皆様にメッセージを贈るとしたら
1 ヴィクトール・フランクル 2 アドラー

あとがきにかえて
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月15日 21時24分]
この資産運用方針は、今使えるのでしょうかね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
投資信託、ETF、REIT等金融商品から、ブーム前夜の海外不動産、ワインなど現物投資までを完全網羅!貯金(金融資産)1000万~5000万円の人のための着実な投資入門。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに あなたが資産運用を今すぐ始めるべき理由/第1章 なぜ必要なお金を手に入れられないのか/第2章 資産運用を始める前にやるべきこと/第3章 まず「1000万円」作るためのシンプルな方法/第4章 アセットアロケーションと積立で資産を作る/第5章 貯金が1000万円になったら考える金融商品/第6章 リアルアセットを使った資産運用/第7章 資産金額別運用ガイド/あとがき これからのお金とのつきあい方
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

お金のプロに聞いてみた!どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年11月14日 21時24分]
あたりまえのことが書いてあるだけの本ですが、アメリカなどではちゃんとお金が増えるのに日本では増えないという不条理にガッカリしますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お金の不安から解放された人、続々!貯金ゼロ、投資経験ゼロでも大丈夫!数千円のお小遣い程度を元手にお金をしっかり増やす方法を教えます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 安月給の香港人が日本人より金持ちなワケ(利息6%と言われたら、信じてお金を預けますか?/安月給の香港人が日本人の2倍も金持ちな理由 ほか)/第2章 プロでも難しい金融商品(日本の金融機関はお金が融けてなくなるところ/浪費信託にすり替えられた投資信託 泣く子も黙る「8630の法則」 ほか)/第3章 定年までに3000万円貯まる仕組み(貯まる仕組みも増える仕組みも2つしかない/単利を選ぶと貧乏になり、複利を選ぶとお金持ちになる ほか)/第4章 月3万円はタネ銭がつくれる!(自動的に毎月3万円が貯まるコツ/日本人に昔から寄生する在来固有種「生保」 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

狼は眠らない 02

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年11月13日 22時01分]
面白いですが、しばらくは次の本がでないですね。

【内容情報】(出版社より)
師のもとで薬草、魔法と、強さの為にさらに技術を磨くレカン。
<黒衣の魔王>と周りに呼ばれ冒険者としての日々を過ごすなか
<回復>の力を取り巻く人の欲望に巻き込まれる。
様々な人々の想いが渦巻くなかで、己の剣(みち)を信じ
大切なものを守るため、レカンは戦うーーー。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

狼は眠らない 01

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年11月12日 21時58分]
このシリーズも面白いですね。

【内容情報】(出版社より)
迷宮の底でみつけた〈黒穴〉に飛び込み、別世界に転移した〈片目狼〉レカン。
元いた世界との違いに戸惑いはしたものの
冒険者であるレカンは新転地でも己の進むべき道に迷いはなかった。
異世界の迷宮に挑むことーー。
強さを求め、ただひたすら迷宮の奥深くへ。

孤高の狼・レカンの英雄譚、開幕!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

手取り15万円でも年60万円貯まる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月11日 22時18分]
特に新しいことは書かれていませんでした。
アパート(賃貸)については、他の本より詳しく書かれているので、都市圏に住んでいる方には役に立ちそうです。
田舎に住んでいるといろいろな意味で節約は難しいですね。

【内容情報】(出版社より)
支出を減らす仕組みをやさしく解説
ズボラでも無理なくできる!切り詰める生活は卒業!

【本書の内容】
◆大きな支出が見直せる
 家賃、保険、通信費、クレジットカード……。家計に占める割合が大きい支出を一気に節約できる知恵が満載。

◆各分野のプロが徹底解説
 不動産のプロ、保険相談のプロ、カード選びアドバイザーなど一線で活躍している識者が監修。

◆豊富な図で分かりやすい
 見開き1テーマで図版+文章の構成だから直感的に理解できる。

◆節約疲れの対策もバッチリ
 有名ブロガーとファイナンシャルプランナーが節約生活を続けるコツを伝授。
第1章:節約と貯金の大原則
第2章:アパート探しと家賃交渉
第3章:保険の見直し
第4章:通信費(スマホとネット回線)
第5章:クレジットカード活用法
第6章:その他節約のアイディア
第7章:資産運用の大原則
第8章:節約疲れの解消

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
毎月の支出をしっかり削るアイディアが満載。家計に占める割合が大きい「家賃」「保険料」「通信費」といった固定費を見直すことで、毎月の貯金額は飛躍的に増えます。本書では、本格的に節約生活を始めようという人に役立つ手法を紹介します!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

元国税局芸人が教える読めば必ず得する税金の話

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年11月10日 22時14分]
知らなければ損をすることを教えてくれるという意味では良い本なんでしょう。
しかし、特別新しい内容はないようですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
買い物、結婚、離婚、災害、生命保険、医療費、住宅、副業…あらゆる場面で得をする税金の知識!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 10分でわかる税金のきほん/第2章 税金が安くなる!今すぐ利用したい得する控除/第3章 所得の特徴を押さえよう/第4章 経費・減価償却 会社にまつわる税金の知識/第5章 相続税・贈与税で得する/第6章 知っておきたい消費税と税金の法律の話
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin