ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

過労死落語を知ってますか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年01月15日 21時56分]
過労死を減らすための落語には興味を惹かれました。

【内容情報】(出版社より)
過労死と落語。「水と油」の取り合わせに見える「過労死落語」には、理不尽に死んでいく人の悲しさと、その死への怒りが込められてはいても、なぜか温かい。その温かさがなぜ生まれるのかを生き生きと描き出した新聞記者・松井宏員氏の「毎日新聞」連載と、急逝した落語家・桂福車師匠の演目を再現して収録する。落語がもつ文化力が際立つ書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
過労死落語を知ってますか(「エンマの願い」開演/鬼が語る労働法/家族の会のたたかい/モーニングコーヒーを供えて/「ケンちゃんの夢」に託す夢/働き方改革というけれど/原点を語る/桂福車さんを悼む)/桂福車の過労死落語「エンマの願い」/落語を通じて伝えたい「過労死防止」の大切さ(落語作家との出会いをきっかけに/過労死への世間の認識に変化が)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年01月14日 20時51分]
共有が大事なんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「死」と向き合うことは、「自分」と向き合うこと。終末期の人の心をケアする臨床宗教師が説く、「死の悲しみ」「別れのつらさ」の乗り越え方のヒント。いますぐ「死」と向き合うための35のレッスン。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 そもそも、現代人は「死」を理解できない(「死」と向き合うことは、「自分」と向き合うこと/今や「死」は身近なものではなくなっている ほか)/第2章 どうすれば「死の恐怖」をなくせるか(「死ぬのが怖い」のは、死んだらどうなるかわからないから/「死後の世界」があるかないかは、自分で決めていい ほか)/第3章 もしも「自分が死ぬ」としたら(死ぬ瞬間まで、自分にできることは意外とある/話せるうちに、「ありがとう」を伝える ほか)/第4章 「大切な人の死」に直面したときにできること(ただ寄り添うこと。それだけでも「癒やし」になる/サポートできることは「話す」「歌う」「触れる」 ほか)/第5章 「死別の悲しみ」を乗り越えるために(人は亡くなった後も、心の中で生き続ける/「悲しみ」を共有することが、立ち直る力になる ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

異教の隣人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年01月13日 21時22分]
日本にも多くの異教徒がいるんですね。
相手を尊重する異教徒は素晴らしいと思いますし、多くの日本人はそうなりえると思います。

【内容情報】(出版社より)
いま私たちの社会では、多様な信仰を持つ人たちが暮らしている。でも仏教、キリスト教ならなじみはあっても、その他の宗教となるとさっぱりわからない。異国にルーツを持つ人たちは、どんな神様を信じて、どんな生活習慣で、どんなお祈りをしているのか? イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教からコプト正教まで、気鋭の宗教学者と取材班がさまざまな信仰の現場を訪ね歩いて考えたルポ。読めば「異教徒」もご近所さんに。毎日新聞大阪本社版で大好評の連載を大幅加筆のうえ単行本化。
0 異教の隣人の声を聞く 釈徹宗

■1

1 イスラム教 ご近所に溶け込む茨木モスク
──釈の眼 イスラーム
2 ジャイナ教 非暴力・不殺生を説く2500年の歴史を持つ宗教
──釈の眼 ジャイナ教
3 ユダヤ教 神戸のシナゴーグ 安息日の祈り
──釈の眼 ユダヤ教

◎ユダヤ教の安息日に入る前の礼拝に行きました 細川貂々

4 台湾仏教 北京語が飛び交う兵庫・宝塚の寺院
──釈の眼 台湾仏教
5 神戸の外国人墓地 さまざまな宗教の墓碑が共存する場
──釈の眼 神戸外国人墓地
6 修道女 生涯を神に捧げる生き方とは
──釈の眼 カトリック修道院

■2

7 シク教 異教徒も排除せず、違いを尊重する宗教
──釈の眼 シク教
8 「奇跡の主」の祭り ペルー発祥の聖行列を大阪で
──釈の眼 ペルーのカトリック
9 ベトナム仏教 姫路に根ざした元難民らの寺院
──釈の眼 ベトナム仏教

◎シク教の日曜礼拝に行きました 細川貂々

10 ヒンドゥー教 インドを体現する宗教の教えと暮らし
──釈の眼 ヒンドゥー教
11 韓国キリスト教 大阪・生野に95年、関西最大級の教会
──釈の眼 韓国キリスト教
12 日本人ムスリム イスラム教に改宗した女性たちの暮らし
──釈の眼 日本人ムスリム(ムスリマ)

■3

13 ブラジル教会 ハレルヤ!の声が響く元倉庫の教会
──釈の眼 ブラジル教会
14 華僑 民間信仰と先祖供養の拠点
──釈の眼 道教
15 ムスリムと衣服 高まるファッションへの意識
──釈の眼 ムスリムと衣服

◎イスラム教のモスクに行きました 細川貂々

16 ラマダン明け 断食終えた一体感が伝わる祝祭
──釈の眼 ラマダン明け
17 正教会 外国人らも集う厳かな祈りの聖堂
──釈の眼 正教会
18 「みとりの場」 タイの専門家と死生観を学び合う
──釈の眼 みとりの場 タイ仏教

■4

19 コプト正教会 原始キリスト教の典礼様式いまも受け継ぐ
──釈の眼 コプト正教会
20 イラン人の名物店主 イスラムの教えとオープンマインド
──釈の眼 イラン・イスラーム革命がもたらしたもの
21 朝鮮半島の巫俗 大阪の住宅地に息づく母国の民間信仰
──釈の眼 朝鮮半島の巫俗

◎日本にコプト正教会ができて1周年記念の礼拝に行きました 細川貂々

22 在日クルド人 住民間の交流が進む埼玉の「ワラビスタン」
──釈の眼 在日クルド人
23 春節祭 華やかで楽しい「ザ・祭礼」
──釈の眼 春節祭
24 宗教への感性を身につける 三木英×釈徹宗
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

仕事は将棋に置きかえればうまくいく

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年01月12日 21時09分]
私は果たしてなんだったのでしょうかね?
将棋好きには面白い仕事の本でしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたは「金」タイプ?「銀」タイプ?藤井聡太七段のずば抜けた「思考力の素」をビジネスに!

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 「将棋を指すときの思考法」でロジカルに物事を考えるー他人と違う視点を持つためのメソッド/まずは性格タイプ分類からーあなた、同僚、上司、部下、得意先はどの駒?自分を知って、相手を知るコミュニケーションは「対局」だ/8種類の駒はここに動ける/プロジェクトに参加するなら自分の適性を見極めてからーあなたは「金」タイプ?それとも「銀」タイプ?/素直に失敗を認められる人こそ大きな信頼を得られるー自分で「負けました」と口に出すのが将棋/打ち合わせを重ねるより多少のリスクはいとわず即断即決ー「安全勝ち」より最短距離で決めろ/“折衝中”の案件を多く抱えている人ほど仕事がデキるー「駒が3つぶつかっていたら初段」複数箇所で戦う/1人であれこれ動き回らずに仲間と連携プレーで正面突破ー「飛車+銀」の協力でゴリゴリ攻める「棒銀戦法」/斬新なアイデアは直線的ではない「斜めの視点」から生まれるー斜めに利く「角」が「妙手」を導く/想定内のビジネストークより感じたままのひと言が効くー「わかりやすい最善手」に勝る「意表を突く手」〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

もっと知りたい!定年の楽しみ方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年01月11日 21時26分]
一言でいえば、あまり参考になりませんでした。
定年本の初心者向けの本と思います。この手の本を初めて読む人には役に立ちそうですね。

内容紹介
定年後の人生を「楽しむ」ためには,それを下支えする基盤が重要であるという考えから,「生活を安定させるための基盤」である“健康"と“経済",「豊かで生きがいのある定年生活を送るための基盤」になる“人間関係"と“趣味",そして“時間"を加えて,定年前の準備段階から定年後を心豊かにして,楽しく過ごすために必要なことを提案する。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1編 お金/第2編 再就職/第3編 健康/第4編 人間関係/第5編 趣味/第6編 時間/第7編 整理する/第8編 楽しむ
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

スゴい白内障手術

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2019年01月10日 21時22分]
白内障手術はほとんど危険が無く、視界をクリアーに出来る手術だと理解できました。
しかし、眼内レンズや手術方法が進化し続けていることから、今後も進化することが期待できるので、困っていなければ急ぐ必要は無いように感じました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
早期の眼科治療で目は若返る!レーザーを用いた最先端の治療法をやさしく解説。視野がぼやける、まぶしく感じる、目がかすむ。そんな症状のある人必読。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 押さえておきたい「白内障」の基礎知識(「白内障」って、どんな病気?/白内障は「加齢」によって誰にでも起こる! ほか)/第2章 「白内障」の治療方法とは?(白内障に「サプリメント」や「目薬」は有効?/白内障の根治療法は「手術」のみ ほか)/第3章 レーザーで早く確実に治す「スゴい白内障手術」(「手術」の流れ/「手術」の種類 ほか)/第4章 症例に見る「白内障レーザー手術」の奇跡(眼鏡屋さんで目の異常を指摘されたAさん(62歳女性)/アトピー性白内障を発症したBさん(33歳男性) ほか)/第5章 生涯、健康な目で過ごすには1日でも早い受診がカギ(「自分に合う眼科」を選ぶための基準/「定期検査」のススメ ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

株は「ゲリラ豪雨」で買い、「平均気温」で儲ける!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年01月09日 21時19分]
株価全体として、長期的には(平均的には)上がっているんですよね。
年末からの下落に期待していたのですが、思うようにはいかないものです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“自然”に身を任せれば、お金は勝手に増えていく!気象学30年+投資15年の経験から編み出したお天気大好きな日本人の気質にピタリとハマる超お手軽運用術!!「暴落=ゲリラ豪雨こそチャンス!」「天気予報も株価の動きも、気が向いたらチェックでOK!」「株価も天気も平均回帰で必ずもとに戻る!」“独学”で資産4倍増を達成した気象予報のプロが初めて明かす株式投資の新常識!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 天気と投資の「共通法則」から見えた株式投資必勝法ー放っておいても必ず春には桜が咲く(天気と投資を結ぶ「ヘイキンカイキ」というおまじない/天気も投資も、統計や確率がモノを言う世界 ほか)/第2章 資産を守って増やす「平均気温戦略」から始めるーいつまでも気温35℃超えの“猛暑日”は続かない(長期戦略として重要なのは「平均気温」を目指すこと/株式市場全体の果実を享受する「インデックス投資」の効果 ほか)/第3章 株は「ゲリラ豪雨」を狙え!-どしゃ降りの後ほど青空はまぶしく輝く!(株で果敢に攻め入る際に、気をつけるべき「価値」とは?/株投資は「ゲリラ豪雨」こそがチャンスになる! ほか)/第4章 私の投資法、「過去の天気図」と「未来の予想図」-雨に降られて初めて傘のありがたみがわかる(銘柄名まで赤裸々に明かす3年間の私的「投資日記」/人の推奨銘柄を買って儲かるなら、誰も苦労はしないという真実… ほか)/巻末 レベル別オススメ銘柄12
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

未来を予告していた黒い手塚治虫

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年01月08日 21時16分]
黒手塚だそうですが、そこまでブラックなものはないと思います。
ほとんど読んでいたはずですが、結末を覚えていないものもありますね。

【内容情報】(出版社より)
手塚マンガに出てくる未来は明るいものばかりではない。むしろ、未来の戦争や人類の終末を描いたもののほうが多いくらいだ。代表作である「鉄腕アトム」の中でも、手塚は人間とロボットが共存するユートピアだけを描こうとしたわけではなく、人間の奴隷として働かされていたロボットが人間に対して反乱を起こすストーリーや、反対にロボットに人間が支配される世の中を描かれている。生誕90周年となる手塚マンガを通して、未来を再検証する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生誕90周年。もう一度、手塚治虫からの恐怖のメッセージを読む。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人類の最後ー継ぐのはナメクジ?それともゴキブリ?/第2章 暴走する権力ーぼくらは巨大な象と闘うアリなのか/第3章 蝕まれる自然ー人間の驕りが生み出す怪物/第4章 心に棲む悪魔ーあなたの中にも魔物がきっといる/第5章 異形の美少女たちー毒蛇姫からピノコまで、その孤独と愛について/第6章 ピカレスクの系譜ーどうして悪い奴ほど魅力的なのか/第7章 平凡な日常に潜む悪夢ー気づかぬうちになにかが動いている/第8章 お化けと妖怪たちがいる場所ー妖しの世界からぼくらへの伝言/第9章 未知の病魔と命の不思議ー孤独に病気と向き合う医師たち/第10章 個人の人生を狂わせる戦争ー国の正義がぼくらに牙をむく
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ぐるぐる♡博物館

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2019年01月07日 21時49分]
行ったことがあるのが国立博物館のみというのは残念です。
どの博物館も楽しそうで、ある意味すごいガイド本でした。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人類史の最前線から、秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検!書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」も収録!好奇心とユーモア全開、胸躍るルポエッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1館 茅野市尖石縄文考古館ー私たちはつながっている/第2館 国立科学博物館ー親玉は静かに熱い!/第3館 龍谷ミュージアムー興奮!の仏教世界/第4館 奇石博物館ーおそるべし!石に魅せられた人々の情熱/第5館 大牟田市石炭産業科学館ー町ぜんぶが三池炭鉱のテーマパーク/第6館 雲仙岳災害記念館ー災害に備えつつ穏やかに暮らすということ/第7館 石ノ森萬画館ー冒険と希望の館で失神するの巻/第8館 風俗資料館ー求めよ、さらば与えられん/第9館 めがねミュージアムーハイテク&職人技の総本山/第10館 ボタンの博物館ー美と遊びを追求せずにはいられない
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「もしもあの時」の社会学

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年01月06日 21時41分]
途中までは読みやすい内容でしたが、途中からは興味を失いました。

【内容情報】(出版社より)
歴史にifは禁物だと言う。だが、そうか? この思考により、過去をよりよく理解し、歴史に埋もれた可能性を掘り起こすことができる。その可能性を説く意欲作!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歴史にifはないと言われる。そうだろうか?「もしもあの時、~だったなら」というifの思考は、ある時代を生きた人々の、実現しなかった願望、失敗に終わった計画など、「ありえたかもしれない未来」の把握を可能にする。歴史に埋もれた「敗者」を救い出し、「未来」への視角を開く「歴史のif」。SFのP.K.ディック、歴史学のファーガソン、哲学のベンヤミン、社会学の大澤真幸らを取り上げその思考を検討し、「歴史のif」の可能性を指し示す。

〔目 次〕
序 章 歴史にifは禁物と言われるけれど
1 素晴らしき哉、人生!
2 時は分かれて果てもなく
3 昔ポストモダン、今ポストトゥルース
第一章 時間線を遡って
1 歴史改変SFの歴史
2 学問としての「歴史のif」
3 六〇/七〇/八〇
第二章 一九九〇年代日本の架空戦記ブーム
1 大逆転! 太平洋戦争史
2 荒巻義雄のシミュレーション小説
3 ガラパゴス化する日本の「歴史のif」
第三章 ファーガソンの「仮想歴史」
1 ヴァーチャル・リアリティ時代の歴史学
2 反実仮想はシミュレーション
3 操作された歴史?
第四章 「歴史のなかの未来」学派
1 マックス・ウェーバーと市井三郎
2 フィリップ・テトロックと二つのパラダイム
3 リチャード・ルボウと偶然の科学
終 章 もっともっと多くのものが
1 未来小説の「タイム・ディファレンス」
2 「未来の他者」という視点
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin