ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

肉にガブリつく!

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2017年05月25日 21時06分]
なんということもありませんが、肉は魅力がありますよね。


コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

「ヤミツキ」の力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2017年05月24日 21時03分]
ヤミツキになるというのは、分かったようで、分かりませんね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一つのことに詳しくなる、上達する、極めるー人間の魅力の源は「ヤミツキ」にあり。そのパワーを最新の科学から徹底解剖。心理学の師弟コンビが贈る、楽しくも“健全な”「ヤミツキ」のススメ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「やみつき」ことはじめ/第2章 「やみつき度」を考える/第3章 快を求めて/第4章 やみつきになるメカニズム/第5章 「やみつき」がくれるパワー/第6章 人の輪の中で/第7章 「やみつき」から人間を考える
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

定年男子定年女子

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:老後 [2017年05月23日 21時59分]
退職後の生活は恐れすぎてもいけませんが、あまく見ては大変なことになります。
どうやって生きていきましょうかね。

【内容情報】(出版社より)
「定年後は悠々自適神話」は崩壊。65歳まで働くことを覚悟している現役世代がほとんど。
しかし勤務先で再雇用されても仕事のやりがい、給与ともに大幅ダウンし、職場の居心地はひどく悪いのが現実だ。
さらに65歳で会社を「卒業」し、年金収入だけになったら、本当に暮らしていけるのか…。
親や自分の介護にかかるお金は?60代からの就活ってどうやればいい?

人生100年時代に、経済的にも精神的にも豊かな定年後を送るために現役時代から準備すべきことを、
お金のプロであり、リアル定年男子&定年女子のふたりが自らの経験と知識を総動員してガイドする。
45歳から始める「金持ち老後」入門!
【はじめに】 「老後破産」が不安なあなたに
◆定年退職したとき、150万円しかなかった私(大江英樹)
 3000万円ないと「老後破産」するのウソ/居場所がなかった再雇用時代
◆お金のプロが「年金生活」を始めて分かったこと(井戸美枝)
 大半の女性が、最後には「おひとりさま」に/平均寿命と健康寿命の差、男は9年・女は12年

【第1章】 「金持ち老後」のために知っておくべきこと
◆老後のお金の「入」と「出」を把握せよ(大江英樹)
 定年後のお金不安の原因は「3つの分からない」/65歳の私の生活費の明細、公開します/投資は苦手ならしなくてよい
◆女子こそ早めに知っておく!年金は、いつから、いくらもらえる?(井戸美枝)
 あの「はがき」で私の年金額が、ずばり分かる/年金から差し引かれる意外なもの

定年男子×定年女子トークセッション1年金を賢くもらうコツ

【第2章】 月8万円の収入で「老後の赤字」は消える
◆定年後も働くことこそ、老後不安の最強の解決法(大江英樹)
 60歳からは嫌な仕事はしない/働き続けることで「私の価値」は1000万円以上にも
◆会社員も主婦も、心理テストで定年後の“適職”に出合おう(井戸美枝)
 定年夫婦の家計赤字は、平均で年100万円/「お金にならないこと」に意外なチャンスが

定年男子×定年女子トークセッション260歳以降も働くための心がまえ

【第3章】 病気と介護にかかるお金 ホントのところ
◆日本の健康保険は最強。私、医療保険“不要派”です(大江英樹)
 日本の健康保険制度は最強/健康とお金には、たくさんの共通点がある
◆医療+介護でひとり800万円を見ておこう(井戸美枝)
 女の一生には介護が3度ある/70歳未満&70歳以上の医療費が変わる

定年男子×定年女子トークセッション3親の介護から学んだ、お金周りの「断捨離」

【第4章】 幸せな老後のために45歳からやっておくべきこと
◆現役時代にえらかった人ほど“キレる老人”になる(大江英樹)
 会社員か自営業かで準備すべきことは異なる/「お金の貯金」より「人の貯金」
◆熟年離婚は夫婦両方を“ビンボー老後”にする(井戸美枝)
 夫に先立たれると、妻の収入が半減/離婚時の年金分割、たいしてもらえません

定年男子×定年女子トークセッション4長い老後を豊かに暮らす知恵

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
3000万円ないと老後破産するなんてウソ!妻の年金は「67歳からもらう」のがおすすめ!投資は苦手ならする必要なし!定年男子こと、元金融マンで経済コラムニスト(65歳)と定年女子こと、日本イチ年金通の社会保険労務士(58歳)。お金のプロふたりが本音で語る、「金持ち老後」入門。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに「老後破産」が不安なあなたに(定年退職したとき、150万円しかなかった私/お金のプロが「年金生活」を始めて分かったこと)/第1章 「金持ち老後」のために知っておくべきこと(老後のお金の「入」と「出」を把握せよ/女子こそ早めに知っておく!年金はいつから、いくらもらえる?)/第2章 月8万円の収入で「老後の赤字」は消える(定年後も働くことこそ、老後不安の最強の解決法/会社員も主婦も、心理テストで定年後の“適職”に出合おう)/第3章 病気と介護にかかるお金 ホントのところ(日本の健康保険は最強。私、医療保険“不要派”です/医療+介護でひとり800万円を見ておこう)/第4章 幸せな老後のために45歳からやっておくべきこと(現役時代にえらかった人ほど“キレる老人”になる/熟年離婚は夫婦両方を“ビンボー老後”にする)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

運命は「口ぐせ」で決まる

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2017年05月22日 21時11分]
ケン爺は「運」だけで世渡りしてきましたが、口ぐせは悪くなかったのでしょう。
究極の口ぐせ「これでいいんだ」はバカボンパパの口癖「これでいいのだ」に似ています。
だからパパは幸福なのかもしれませんね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これは、奇跡ではない。ほんの短時間で「あなたの望むこと」が必ず叶う法則。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 人は誰でも「口ぐせどおりの人生」を歩むー“言葉の力”で誰でも簡単に人生を「いい方向」に動かせる(仕事、健康、人間関係…「口ぐせ」の法則に例外はない/なぜ「思い込む」だけで人生が変わるのか? ほか)/2章 「望む人生」を口に出した瞬間から…-“口ぐせ”と“エンドルフィン”の不思議な関係(「古い脳」と「新しい脳」-二つの脳をうまく利用する方法/脳は「想像」と「事実」との区別がつけられない!? ほか)/3章 思いどおりの人生をつくる「脳のメカニズム」-“成功する脳”はこうしてできる!(あなたの「自己像」は、何からできている?/あれこれ悩むより、“脳のコンピュータ”にすべてまかせてみよう ほか)/4章 驚きの効果!…短期間で人生はここまで変わるーツイてる人に学ぶ“口ぐせ”の法則(いい言葉は「いわれた人」より「使った人」に効果がある!/“ほめ上手”の人が仕事で成功するのは科学的理由がある ほか)/5章 運をつかむ人の24時間ー“口ぐせ”習慣から仕事術・生活術・健康術まで(望みは思いきり“ぜいたく”にしていい/“失敗体験”を私がけっして口に出さない理由 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

誰も教えてくれない質問するスキル

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2017年05月21日 21時00分]
仕事をする上での基礎スキルのシリーズの本です。
上司の指示や顧客の要求を正確に理解するための質問スキルは大事です。
指示や要求を深読みするのではなく、的確な質問で主旨を汲み取ることが無駄のない仕事に繋がりますね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「6つのステップ」で部下が成果を上げる質問力が身につく!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 質問するスキルの効用(質問するスキルが役立つ場面/質問することで得られるもの)/第2章 質問するスキルの4要素(質問を要素に分解)/第3章 問いかけで「要求」を引き出す(要求を理解しているのか?/要求理解を阻む3つの要因 ほか)/第4章 問いかけで「人」を育てる(質問によるマネジメント/部下に成果を上げさせる6つのステップーSTEP1 要求(期待)を伝える ほか)/第5章 問いかけで「議論」を深める(良い議論とは?/ファシリテーションのプロセス ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

超一流の、自分の磨き方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2017年05月20日 21時20分]
日本人は人から好かれること(人から無視されないこと)を大事にしていますよね。
一流を目指すなら、「人と一緒」にこだわらないことが大事だと思います。

【内容情報】(出版社より)
結果を出す人は、
人が見ていないところで何をしているのかーー。

◎成功者ほど、日々「淡々と生きている」
◎挨拶、おそるべし
◎もっと「嫌われる勇気」を持て
◎“アウトロー”たちの突破力に学ぶ
◎あなただって、「突然変異」ができる
◎「売れている人」にはワケがある
◎時には「はったり」も、大きな武器になる
◎頭角を現す人の「叱る力」「叱られる力」
◎“山っ気”がある人の、人を巻き込む力

超一流の人に学ぶ、
「自分を磨き」「自分の価値を高める」50のヒント。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
成功者ほど、日々「淡々と生きている」。もっと「嫌われる勇気」を持て。“アウトロー”たちの突破力に学ぶ。あなただって、「突然変異」ができる。頭角を現す人の「叱る力」「叱られる力」。“山っ気”がある人の、人を巻き込む魅力。「自分の価値」を高めるヒント。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 こんな「人間的魅力」を磨く/2章 この「信念」をつくる/3章 こんな「折れない心」を育てる/4章 この「存在感」を高める/5章 この「人間関係力」を伸ばす/6章 こんな「充実感」を得る
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

私が偏差値27から年商10億円の社長になれた理由

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2017年05月19日 21時16分]
偏差値では測れないのは当然ですよね。成績が悪くてもいいところがある人は周りの人がどうにかしてくれると思います。
ちなみにこの人の場合は、本当にできない人ではなかったということでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
やる気で夢はかなう!偏差値27から国公立大学へ。大手上場企業内定率100%を達成し、住友不動産に入社。エリート街道を捨て27歳で独立。30歳で年商10億円に。未経験でもやる気のある若手を多く採用し、企業規模を拡大し続ける著者からのメッセージ。夢をもって働いてみないか!

【目次】(「BOOK」データベースより)
Prologue 横浜ランドマークタワー38階/1 偏差値27!/2 一念発起!このままじゃダメなんだ!/3 一発逆転!ダメな自分の戦い方/4 内定率100%!の就活戦略/5 年商10億円!その先に見えたもの/Epilogue 夢はいつでも無限大!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ゆでたまごを作れなくても幸せなフランス人

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2017年05月18日 21時13分]
シアワセの形は色々ありますよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
シャンブルドットとは、「オーナーが同じ家の中に住んでいること」「最大5部屋まで」「朝食付き」つまり、民宿である。2011年12月、画家セザンヌが描き続けたサント・ヴィクトワール山を望む町で、私はシャンブルドットをオープンした。「できないこと」を認めたら、幸せがやってくる!40歳を過ぎてフランス移住、シャンブルドット経営を始めてわかった幸せの鍵と、人生の宝物。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 愛(仕事より、アムール/「ジュ・テーム」はいつでもどこでも/毎日がバレンタインデー ほか)/第2章 暮らし(シャンブルドットの女将業/ゆでたまごを作れなくても幸せなフランス人/論理的に物事を考えるフランス人 ほか)/第3章 食(食べることをおろそかにしない/アペリティフは人生の潤滑油/ハレの日は思い切り贅沢 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

臆病な人でもうまくいく投資法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2017年05月17日 21時10分]
いまさら投資はしないかもしれませんが、ネットで稼いだお金ぐらいなら挑戦すrかも知れません。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「お金に働かせる」ってどうするの?毎月1000円から始める最も簡単な投資信託の活用法!人気FPが11人の真実な投資事例を解説!投資が趣味でも仕事でもない“ふつうのビジネスパーソン”は、どうやってお金をふやしているのか?1人ひとりの投資事例を通じてお金の知識とふやし方が学べる、まったく新しい「お金の教養書」!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 投資信託を使った積み立て投資はなぜ、最適の資産形成法なのか?/第2章 低コストのインデックスファンドを組み合わせて、世界に丸ごと分散投資する方法/第3章 たった1本保有するだけで、簡単&手軽に国際分散投資ができるバランス型投信の活用法/第4章 「非課税」という武器を最大限に生かす確定拠出年金を使った投資法/第5章 自分が応援したい会社や事業を投資家という立場で、サポートし、長期的なリターンを得る方法/第6章 コツコツ投資を始める前に押さえておきたい7つのこと
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

作家の口福 おかわり

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2017年05月16日 21時06分]
朝日新聞の連載ですが、まとめて読むといいですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
するめの出汁、トナカイの乳のミルクティー、ビーカーコーヒー、土筆の卵とじに素っぴん茶碗蒸し…。20人の作家が「食」をテーマに競演!大好物、調理における発見、思い出の味、食の結んだ縁まで、様々な「美味」が味わえる極上のアンソロジーエッセイ集、待望の最新作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
朝井リョウの口福/上橋菜穂子の口福/冲方丁の口福/川上弘美の口福/北村薫の口福/桐野夏生の口福/辻村深月の口福/中村航の口福/葉室麟の口福/平野啓一郎の口福/平松洋子の口福/穂村弘の口福/堀江敏幸の口福/万城目学の口福/湊かなえの口福/本谷有希子の口福/森見登美彦の口福/柚木麻子の口福/吉本ばななの口福/和田竜の口福
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin