ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

たすかる料理

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年04月23日 21時27分]
普段の料理に近い料理店みたいです。近くにあればこんなお店に食べに行ってみたいですね。

【内容情報】(出版社より)
自炊はわがままでいい。台所にしばられず、自分らしく食べて、生きるには?
= = =
東京・代々木上原で行列の絶えない「按田餃子」のしなやかな生活のすすめ。

「按田餃子」は、水餃子をメインにした小さな飲食店。公園のように、だれにでも開かれた食堂。
キクラゲやハト麦など、からだが助かる食材を取り入れ、
ゆでらげ、ラゲーライスといった、他では食べられないメニューが並びます。
女性がひとりでも入りやすく、キャッチコピーは「助けたい包みたい按田餃子でございます」。
「近所に引っ越して、毎日通いたい」というお客さんの声が続出。
そんな多くのファンをもつ「按田餃子」をいとなむのは、
料理家の按田優子と、写真家の鈴木陽介。

本書では、今まで語られてこなかった、お店の成り立ちや厨房の裏側、
そして調理のベースになっている按田さんの自炊の方法がひもとかれます。

「ふだんの食事は、名前もレシピもなくていい。着地点は自由です。
常備菜をたくさん作れるから、料理上手で家庭的とは思いません。
台所中心はやめて、日々のリズムに合った自炊をみつけられたら最強です」と按田さんは言います。

按田さんが、さまざまな環境で料理して辿りついた、気楽に生きるための、超画期的な自炊の方法とは! ?
かたまりの肉と魚介、芋、豆、乾物、漬物、塩、酢、スパイス…。
食材を相棒にして、たのしく食べつなぐ按田式をヒントにしよう。

忙しい現代人が、日常をサバイブするための、自炊のアイデアが詰まった一冊!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自炊はわがままでいい。台所にしばられず、自分らしく食べて、生きるには?東京・代々木上原で行列の絶えない「按田餃子」の、しなやかな生活のすすめ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 助けたい包みたい按田餃子でございます/2 ふだんの食事はしびれ旨くなくていい/3 自由に生きるための自炊/4 料理の軸になる食材たち/5 みんなにとっての按田餃子/6 ふろく
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

うちメシ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2019年04月22日 21時21分]
作ってみたいような気がする料理本ですかね。
あくまで「気がする」だけで、やりませんが。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
味しみ肉豆腐/炊飯器のほろほろ煮豚/鮭の南蛮漬け/山芋のお好み焼き/ツナにんじんetc.今すぐ作りたくなる、木村家の定番メシ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ごはんに合う!肉・魚のおかず(味しみ肉豆腐/炊飯器の山盛りローストビーフ ほか)/2 食べ応えアリ!野菜のおかず(米なすの味噌田楽/厚揚げ味噌炒め ほか)/3 この一品で大満足!米・麺のがっつりメシ(満腹豚丼/焼きおにぎり茶漬け ほか)/4 お酒が止まらぬやみつきおつまみ(海鮮アヒージョ/ねぎどっさりさばの水煮 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

壊されつつあるこの国の未来

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2019年04月22日 19時53分]
色々思うところはあるのですが、この本を読書中の4/22に全盲のヨットマン岩本光弘さんの快挙を新聞で見たのはセレンディピティかもしれませんね。
読み終わってから修正します。

【内容情報】(出版社より)
第1章 官僚がおかしい、政治家がおかしい
第2章 北朝鮮情勢はどこに向かう 
第3章 思いもよらなかった事件が増えている
第4章 メディアを巡る闇

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
医学部裏口入学事件に懲りない文科省官僚、手を取り合う北朝鮮と韓国それぞれの思惑、2025年大阪万博と綱渡りで決まったIR実施法、新聞社が放送法改正を決して認めない理由…ニュスでは伝えられない日本の真実。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 官僚がおかしい、政治家がおかしい(天下り問題に懲りない文部科学省の官僚/自動運転技術を陳腐化させる国土交通省の愚策 ほか)/第2章 北朝鮮情勢はどこに向かう(ジミー・カーター元アメリカ大統領の罪/平昌オリンピックで起こった韓国外交の大失策 ほか)/第3章 思いもよらなかった事件が増えている(大阪北部地震で幼い命が奪われた背景/北海道胆振東部地震を教訓にあるべき電力供給体制を ほか)/第4章 メディアを巡る闇(LGBT差別問題を他者排除に使うマスコミ/新聞は本気でLGBTを守ろうと思っているか ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

技術コンサルタントとして独立開業して年間1000万円稼ぐ方法

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年04月21日 21時08分]
主に技術士が独立開業することについて書かれた本。ただし、ケン爺みたいな建設系の技術士の例はありませんでした。
自ら設計コンサルタント事務所をやるか、コンサルタントと個人で顧問契約という方法ですかね。。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
稼げている技術コンサルタントは何をしているのか?独立を目指すエンジニア・研究者必読の書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 まずはプロフェッショナルサービスの特徴を確認しよう/第2章 アンケートでわかった独立技術コンサルタントの実態/第3章 1000万以上売り上げる技術コンサルタントの特徴/第4章 1000万円以上売り上げるための戦略/第5章 ブランディング活動の詳細/第6章 仮想事例から考える年間売上1000万円の達成方法
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

へぇな会社

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年04月20日 21時58分]
いつも思うのですが、田舎は本当に損をしますね。
朝日新聞の夕刊なんて、ケン爺の住む田舎の政令指定都市では買えないんです。
子供の時からテレビのプレゼント(懸賞)の申込期限はいつも切れているのがスタンダードだったのですが、平成が終わる年でもそんな番組があって悲しくなります。
そえはそうとして、なかなか面白い会社があるんですね。

朝日新聞夕刊で好評連載中の「へぇな会社」が待望の書籍化! 『ぼく、オタリーマン。』『理系の人々』などで人気のマンガ家よしたにが、さまざまな会社の変わったルールを4コマ漫画で紹介します。
「もうけは客と社員で山分け」「光熱費削って感動イベント」「最終面接官は常連客」「大失敗を表彰、笑い飛ばせ」「「社長」殴ってスカッと爽快」「出社は午後、休みも自在に」など、思わず感嘆してしまう働き方や育成方法など40社を紹介!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
業績絶好調の裏には、常識では考えられないほどユニークなルールがあった!先進的な39社を徹底リポート!

【目次】(「BOOK」データベースより)
01 やる気出る仕組みにへぇ(もうけは客と社員で山分け/「ペットも家族」医療費助成ーブロードエンタープライズ ほか)/02 人材育成方法にへぇ(「3行提案」、全社員の日課ーサトーHD/大失敗を表彰、笑い飛ばせー太陽パーツ ほか)/03 斬新な働き方にへぇ(商品提案は寸劇仕立てー伍魚福/席はボール、仕事に弾みー中野製薬 ほか)/04 意外なもうけ方にへぇ(わらじも車も、田舎満たす店ーマキオ/オタクが生む憧れツアーー日本旅行 ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

財布はいますぐ捨てなさい

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2019年04月19日 21時54分]
ふーん、未来がある人には役に立つかもしれない本でしょうが、定年を過ぎたケン爺には役に立ちそうもないですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
限りある時間の大切さに気付いた人だけが限りなくお金を増やしていけるー。お金を稼ぐ時間がない人に贈るスマホひとつで年商5億稼ぐ人の“いらないこと”リスト。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 いろいろやめて「成功するための時間」を作り出す/第1章 マインド編ー99%の人は「方法」を知りたがる。成功する1%の人は「確信」を高める/第2章 環境編ー今の環境で異なる結果は得られない/第3章 人間関係編ー人間関係を変えない限り何も変わらない/第4章 お金編ー「お金の先にあるもの」を大事にする/第5章 ビジネス編ー報われない働き方から卒業するための2つの選択肢/第6章 プライベート編ームダなことが入り込みやすいプライベートを戦略的に過ごす/第7章 日常編ー決断の回数を減らすための基準を持て
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

らくご動物園

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境・自然 [2019年04月18日 21時46分]
なかなか面白い切り口の本でした。
けれども、理解できないサゲがあるということは、ケン爺は理解力が少ないということなんでしょう。
ちょっと、残念でした。

【内容情報】(出版社より)
落語に登場する動物を一堂に集めて102話を収録。登場する動物は
大別すると、獣(けもの)・鳥・魚・貝・虫の五種。2015年の天王
寺動物園開園100年にちなみ、大阪の地域情報紙「うえまち」の5
年におよぶ連載50話分に新たに52話加え、動物名の五十音順に排列。
冒頭に落語の簡単なあらすじを配し、その動物に関するあれこれを
面白おかしくご紹介します。写真100葉。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古典から新作まで。落語に登場する猛獣・鳥・魚・貝・虫と架空の動物を99%網羅。あらすじと豆知識が満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
あかがい『赤貝丁稚』/あなご『穴子でからぬけ』/アリ『鳥獣戯画』/アワビ『鮑のし』/イカ『てれすこ』/イタチ『雪てん』/いなご『いなご芝居』/いぬ『鴻池の犬』/いのしし『池田の猪買い』/イモリ『いもりの黒焼』〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

考える力

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:資格・勉強法 [2019年04月17日 22時02分]
ただ覚えるだけではダメだとは思います。考えつづけることは大事だと思います。
しかし、思い込みや考え過ぎはどうかと思いますね。

【内容情報】(出版社より)
“思考のみち”を行こう

“知識のみち”を歩むのは、意外と簡単です。本を読んで、勉強をしさえすれば行くことができる。
けれど、どこまでいっても借りものでしかなく他力依存なのです。

「たとえ間違っていても、自分の頭で誠実に考えたことは独創である。」
思い切って、“思考のみち”に踏み出すのはいかがでしょうか。
たとえまわりみちをすることになったとしても、案外悪くないのではないかと思います。

人生、世の中、生活、人の心、考えることの5つのテーマにそって、“思考のみちの歩き方”の手ほどきをしてくれています。

※本書は、2013年に弊社から刊行された『20歳からの人生の考え方』の新書版です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 人生について考える(思考のみちー自分の頭で誠実に考えたことは独創である/マイナスがプラスー苦はありがたい先生である ほか)/2 世の中について考える(目と耳ー複雑化する世の中では、聴きとる力が必要である/オールド・タイム(Mr.Old Time)-知識を英知に化する“トキ”の働き ほか)/3 生活の中で考える(思考のゴールデン・タイムー頭の最高のコンディションは朝と散歩である/セレンディピティー新しい発見や創造は生活の中にある ほか)/4 人の心について考える(ある推理ー他人のこころを知るには、推理せねばならない/善玉忘却と悪玉忘却ー忘れないより、不要なことは忘れるほうが頭がよい ほか)/5 考えることを考える(桃太郎ー古典に対して必要なことは、隠れた寓意を引き出すことである/知のケミストリー別々のものを結合させ、新たな化合の仲立ちをする触媒について ほか)
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

コミック昭和史 第8巻

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年04月16日 22時00分]
水木しげるによる高度成長期以降の話です。
ケン爺の同世代の人は良く分かるでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本列島改造論が吹きあれ、コンクリートの街があちこちに。そこへ石油ショックが襲い、たちまち狂乱物価と物不足が発生する。政界ではロッキード事件、リクルート事件に象徴される汚職がはびこる。昭和はどこへ行く。天皇崩御の悲しみと共に自らの還暦をふり返る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 万国博とハイジャック/第2章 美女エプペ/第3章 帰還兵たち/第4章 田中角栄と日本列島改造/第5章 家ダニのような生活(心象風景)/第6章 ロッキード事件〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

コミック昭和史 第7巻

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2019年04月15日 21時50分]
水木しげるによる戦後復興史です。
ケン爺の世代でも知らないことばかりですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
講和条約が結ばれると同時に、日本はアメリカと同盟関係に入る。安保条約が批准される。もはや戦後ではないといわれたが、漫画を描く貧乏生活は終わらない。60年安保騒乱、東京オリンピックの開催、東大紛争、ベトナム戦争の泥沼化など内外の激動が続く。高度成長の陰で、水俣病が発生し、公害問題が深刻化する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 講和条約と日米同盟関係/第2章 ついに、マンガ「ロケットマン」を仕上げる/第3章 もはや戦後ではない/第4章 「岩戸景気」はじまる/第5章 「もぐら」のような生活/第6章 六十年安保騒乱/第7章 どん底生活の日々/第8章 コーヒーより、そば〔ほか〕
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin